HOME

>

グッズ

>

SONYのノイキャン搭載完全ワイヤレス「WF SP800N」をレビュー!

SONYのノイキャン搭載完全ワイヤレス「WF SP800N」をレビュー!

柘植日向子
2020-07-08
2020-07-09

ワタナベカズマサ
ガジェットをこよなく愛する北海道在住のYouTuberです。2016年よりWEBマーケティング事業を展開し、自ら合同会社Fulfillingを立ち上げて現在も代表を務めています。2018年よりガジェット系YouTuberとして本格始動。スマートフォンやタブレット、PCなどのガジェット全般やワイヤレスイヤホンなどのオーディオ関連機器、カメラや撮影機材に至るまで幅広くガジェットレビューを発信中です。物欲MAXで大人のロマンを追い求めるチャンネルを運営しています。
連載【ワタナベカズマサのガジェットウォーカー】シリーズ|Moovoo
北海道のガジェット大好きYouTuber、ワタナベカズマサさんが旬のガジェットを紹介します!!オーディオ好き、スマホ好きの方は必見です!!テレワーク歴6年の経験を活かしたテレワーク術も大人気!!
Moovoo Youtubeアカウント モノ・サービスを通して知的好奇心を満たす、新しい価値観を提供するコンテンツ作りを心がけています。
毎週、Youtube動画を配信中!チャンネル登録、よろしくお願いします!

街でつけている人をよく見かけるワイヤレスイヤホン。 性能も上がっており気になるけれど、販売されている種類が多すぎて困ってしまう部分もありますよね。
ワタナベカズマサさん、今注目のワイヤレスイヤホン、教えてください!

そこで今回はSONYのワイヤレスイヤホン「WF SP800N」をレビューしてくれます。
この製品の特徴は大きく3つ。防水・迫力ある重低音・ノイズキャンセリング機能です。


生粋のガジェット好きがおすすめするワイヤレスイヤホンはどんなものか、さっそく見ていきましょう!

今回紹介するのはこちら!

PICK UP!
  • SONY
  • WF SP800N

  • 税込み24,000円
  • 防水仕様の高音質ワイヤレスイヤホン

  • 外れにくい防水ワイヤレスイヤホン。エクストラバスで十分な重低音を提供。迫力あるサウンドを実現します。

今回レビューしていく「WF SP800N」は、SONYから発売されている他のワイヤレスイヤホン製品とは差別化されているポイントがいくつかあります。実際に開封していきましょう!

「WF SP800N」を実際に開封レビュー!

このイヤホンの強みは?

SONY WF SP800Nの外装

外装からもわかるように、防水仕様のワイヤレスイヤホンです。スポーツ中に使いやすく汗や雨にも強い。使っていくうちにイヤホンが汚れても水で丸洗いができます。
ノイズキャンセリングと外音取り込み機能が搭載されています。エクストラバスで重低音に強いのも特徴で、ソニーの専用アプリを使えばイコライザー調整などもできます。

開けてみたらどんな感じ?

手に持っているシーン

ワイヤレスイヤホンを収納するケースは比較的大きめ。付属しているUSB-TypeCケーブルで充電することができます。

他にも付属品はイヤーピースや耳に引っ掛ける為のイヤーフックなどが付いています。
スポーツに向けた製品なので激しい運動でも取れにくいようになっています。ワイヤレスイヤホンが外れて、なくしてしまうことを危惧している方に嬉しいアイテムです。

イヤホン本体はどんな感じ?

イヤホン本体を見せているシーン

充電中は赤いライトが付きます。ケースからとってみると、すでにイヤーウィングが付いていました。イヤーウィングとは耳に挟み込んで安定感をアップできる形状のイヤーピースです。

実際につけてみると……

やはりフィット感が抜群。首をタテヨコに振っても大丈夫でした。

それではワタナベさんがお持ちのスマートフォンにペアリングして音質を確認していきます。

音質・ノイキャン機能はどんな感じ?

ゲームをしたり音楽を聴いたりノイズキャンセリング機能など、ワタナベさんが実際に1日つけて使ってみました。つけごこち良し「WF SP800N」の、音質や機能はどうでしょうか。

ワイヤレスイヤホンをつけた感じを見せている写真

音に関してはくっきりとしたクリアな音質で、こもった印象は全くありませんでした。ワタナベさんも「さすが、ソニー」の一言。

エクストラバスの重低音もガツンとくる迫力がありつつ、高音もしっかり聞こえていました。イコライザーなどで調整しなくてもテンションの上がる音質を提供してくれました。

一方で気になるポイントも。
ノイズキャンセリングのパワーは控えめでした。飛行機などで騒音をとにかくカットしたいという方には不向きだと実感。同じく外音取り込み機能も控えめ。会話やアナウンスなどは聞き逃さない程度で使えます。

機械的に取り込んだ音声という感じはないので、強いノイズキャンセリング機能で疲れてしまう方、自然に外音取り込んでいる感じが好みの方にはおすすめです。

おすすめ
  • SONY
  • WF 1000XM3

  • 税込み25,636円
  • ノイキャン機能の優れたイヤホン

  • 航空機内の雑音をカットし自分だけの空間を作りたい人におすすめの製品です。音質も良く高音と低音ともにバランスのとれたサウンドを提供してくれます。

優れたノイズキャンセリング機能なら同じくSONYの「WF 1000XM3」がおすすめです。

「WF SP800N」の機能は専用アプリ「Headphones Connect」で調節することができます。

外音取り込み機能をバー調整している写真

アプリのバーを動かして、ノイキャンや外音取り込みの強度を調整することができます。

ボイスフォーカスという機能も付いており、オンにすると声をよりクリアに聞き取ることができました。

アダクティブサウンドコントロールの写真

さらにこのアプリで自分の行動に合わせて自動でモードを変えてくれる、アダクティブサウンドモードを利用できます。

例えば通勤中はノイズキャンセリングで迫力のあるサウンドに、オフィスで使うときは会話取り込みを強めるなど、いる場所に応じて自分好みの音質を学習してくれます。

左側のイヤホンをタップすることでモードを切り替えることができます。音楽再生中に切り替えるとモード切り替えのアナウンスが入ってしまうので、気になるかもしれません。

まとめ

スポーツをするときやジムでの運動中に使うイヤホンとしてはぴったりのバランスの良いイヤホンである一方で、コンパクトに持ち歩きたい人には少し大きめの充電ケースでした。注目のイヤホンをチェックする際にぜひ参考にしてみてください!

今回の記事は動画にもまとまっております、持った感じなどよくわかるのでぜひそちらもご覧になってみてください!


※価格は2020年7月のものです。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!