Products

ピント合うの速すぎ!新米YouTuberが噂のVLOGCAM ZV-1を使ってみた!

6月19日SONYから発売されたVLOGCAM「ZV-1」。

本当に...Vloggerに最適化されているの?という疑問を持った田所、実際にカメラを手に、1年ぶりに動画ライターに挑戦します。現役YouTuberはカメラに厳しいぞ!

背景はボタン1つでボカす時代に

このカメラを手にした第一声は、「えっこんなに小さいの?!」。

ポケットにすっぽり収まる手のひらサイズで、重さは約294グラムと、iPhoneより少し重たいくらい。フルサイズカメラ「α7ⅲ」と比較してもこの小ささ。

そして、「ZV-1」の特徴的な機能が「背景ぼけ切り替え」

ボタン1つで、背景を鮮明に見せる「くっきり」モードと、背景をぼかす「ぼけ」モードを簡単に切り替え撮影ができるんです。

この機能を使うことで、これまでカメラ初心者では難しかった、被写体にピントを合わせて背景をぼけさせるという映像が簡単に撮れるように。半信半疑で試してみると...

その精度の高さにびっくりしました。

操作も簡単だから、自撮りしながらワンプッシュで切り替えができ、1人でもストレスなく撮影が行えるのは非常に嬉しい機能ですね!

最強な要素がつまったZV-1

他にも、Vlogger用カメラとして最強な要素がたくさんあります。

商品レビュー設定でピント合わせも簡単

これまでのように、商品の後ろに手を添えてピントを合わせる必要がないんです。

Vloggerが1番嬉しい機能な気がする!

紹介したいモノをカメラの前に持っていくだけで、自動でピントを合わせてくれるこの機能。

ピントの切り替えが本当に一瞬。「手を添えなきゃ」「今ピントあってるのかな?」と考える必要はもうありません。

身の回りにあるいろんなもので試したくなるピント合わせの精度と、切り替えのスピードは、このカメラにしかない大きな特徴の1つです。

手ぶれ補正で自撮りでも綺麗な映像に

歩きながらの手持ち撮影でも、安定して動画撮影が可能になったとSONYもお墨付きの進化となっている手ぶれ補正。

専用のシューティンググリップを使用すれば、片手で録画の停止や、ズームが可能になり、1人での撮影も楽チン。三脚にもなる専用のグリップは、あらゆる1人撮影を想定しカメラとセットで、最強と言える仕様になっています。

バリアングル液晶で外付けカメラにも対応

横方向に開くバリアングル液晶はまさに圧巻!

これまでは、モニターが上下に開くカメラが多く、自撮りの際に目線が大きくずれてしまうのが少し残念だったが、「ZV-1」はレンズの真横に液晶がくるため、あまり目線もずれず自撮りができるようになったように思います。

高い録音技術を採用しており、そのままでも非常にクリアな録音が可能。さらに、液晶が横に開くようになったことで、外付けマイクがつけられるようになったのも特徴の1です。

本体よりも大きなマイクをつけても大丈夫。

こんな人にオススメのカメラです!

Vloggerに最適化されたVLOGCAM「ZV-1」、
実際に触ってみてその簡単さと便利さ体感することができました。確かにこれはすごい!

そして、カメラって難しいんでしょ?と思っている方や、カメラをあまり触ったことのない方にもぜひ、触ってみて欲しい一台だと確信しました。
ボタン1つで感覚的に操作ができる「ZV-1」は、はじめてのカメラとしてとってもオススメです。

もちろん、カメラ好きの人も、普段は大きなカメラを持ち歩いている方のセカンドカメラとしてもとってもおすすめの「ZV-1」です。

・ ・ ・

誰でも簡単に動画を撮れる日がはやく来て欲しい!そんな未来を一気に引き寄せる「ZV-1 」
これを機に、Vloggerを始める人が増えると嬉しいなと思う田所なのでした。

CREDIT
YouTuber :田所 美波
Support :菊田正剛
ZV-1

SONY

あなたにオススメ

RECOMMEND

PAGE TOP