HOME

>

グッズ

>

【専門家が教える】ジュニアシートおすすめ15選【必要な時期も解説】

【専門家が教える】ジュニアシートおすすめ15選【必要な時期も解説】

小保方 優樹
2020-06-17
2020-06-17

6歳未満の子どもはチャイルドシートの着用が義務付けられていますが、車のシートベルトは身長150cmくらいから安全に使えるよう設計されているため、6歳を超えていてもシートベルトが安全に使える体格になるまでは、ジュニアシートを着用しましょう。

しかしジュニアシートは種類が多く、どれを選べば良いのか迷うかもしれません。チャイルドシートからジュニアシートへ切り替えるタイミングも気になるところです。

そのような人に向け、本記事ではジュニアシートの選び方と、ジュニアシートの専門家に聞いた「おすすめのジュニアシート15選」を紹介します。

自動車生活ジャーナリスト
加藤 久美子
大学時代は神奈川トヨタのディーラーで納車引き取りのバイトに明け暮れ、卒業後は日刊自動車新聞社に入社。95年よりフリー。2000年に自らの妊娠をきっかけに「妊婦のシートベルト着用を推進する会」を立ち上げ、この活動がきっかけで2008年11月シートベルト教則が改訂された。一財)日本交通安全教育普及協会認定チャイルドシート指導員の資格を取得し、育児雑誌や自動車メディア、TVのニュース番組などでチャイルドシートに関わる正しい情報を発信し続けている。

ジュニアシートとは?チャイルドシートとの違い

ジュニアシートは別名「学童用チャイルドシート」とも呼ばれています。体重18kg、身長100cmを超えて幼児用チャイルドシートが物理的に使えなくなったら、ジュニアシートに移行します。

チャイルドシートがハーネス(お腹、両肩、お腹周り、股下の安全ベルト)で体を固定するのに対し、ジュニアシートの多くは車のシートベルトでの固定です。

なかには乳児と幼児、学童すべて兼用で使えるタイプもあります。

ジュニアシートは何歳から何歳まで必要なのか

ジュニアシートが必要な期間は4歳ごろ、身長100cm程度から、シートベルトが安全に使える身長150cmくらいになるまでです。

道路交通法で6歳未満の子どもはチャイルドシートを使用しなければならず、6歳を超えたらすべての席でシートベルトの着用義務が生まれます。

しかし自動車のシートベルトが安全に使えるようになるのは身長145~150cmです。そのため6歳を超えても、子どもが正しくシートベルトを使用できる体格になるまではジュニアシートを使用しましょう。

ジュニアシートの選び方

ジュニアシート購入の前に、以下の項目を確認してください。

固定方法を確認

車の座席と子どもの体を車のシートベルト1本で固定するジュニアシートが多いですが、近年はISOFIX対応のジュニアシート(背もたれ付き)も増えてきています。

ISOFIXとは車のシートに装備されているチャイルドシート・ジュニアシート用の金具にジュニアシートの金具をガチャッとはめ込んで連結する固定方法です。

走行中や乗り降りの時にジュニアシートがずれることがなく、安全性も高くなります。安全面を重視するなら、ISOFIXで固定するジュニアシートがおすすめです。

ISOFIXは2012年7月からは全車標準装備となっていますが、実際には2009年ごろから新車で発売されたほとんどの車に装備されています。

2座席のスポーツカーなど一部の車には対応していない場合もあるので、車種適合を必ず確認してください。ジュニアシート各社の公式サイトでも確認できます。

ブースターシートを使用する場合

ジュニアシートと聞くと、背もたれがない座面だけのブースターシートをイメージする方が多いかもしれません。

ブースターシートは値段が2000円前後と安く、軽くて場所を取りません。最新の安全基準では身長125cm、体重22kg以上の子どもが対象となっています。

2017年2月7日以前に認可を受けたジュニアシートは、3歳、体重15kg以上で使用可能となっておりますが、その年齢と体重で背もたれ無しのジュニアシートを使うのは大変危険なのでおすすめできません。

専門家のおすすめジュニアシート15選

それでは加藤さんによる、おすすめのジュニアシートを紹介します。

おすすめ①
  • Child Guard(チャイルドガード)
  • タカタ312 アイフィックス ジュニアS

  • 税込み24,200円
  • 折りたたみ可能で省スペース

エアバッグやシートベルト、チャイルドシートなどを製造していた、旧タカタのジュニアシートです。ISOFIXとシートベルトの両方で固定が可能です。

グラつかず安全なタカタ312 アイフィックス ジュニアの限定モデルとなります。背もたれ付きなのでチャイルドシートを卒業してすぐからでも安心です。折り畳みも可能で収納する際も場所を取りません。

子どもの体格に合わせてシートの横幅と背もたれの高さを調節できるため、成長に合わせてジャストサイズで使用できます。背中に100cm~150cmまで5cm刻みで表示するゲージがついているので、使用の目安が分かりやすいのもポイントです。

おすすめ②
  • cybex
  • ソリューションエスフィックス

  • 税込み28,008円
  • 微調整可能なヘッドレスト

ISOFIX、シートベルトどちらでも固定できるジュニアシートです。

ヘッドレストはリクライニング機能付きで、高さも12段階で調整できます。シートの幅も同時に広がるので子どもの成長に合わせて安全で快適なサイズで使えます。

おすすめ③
  • Mqxi-cosi(マキシコシ)
  • ロディフィックスAirProtect

  • 税込み26,950円
  • エアプロテクト搭載、世界トップレベルの安全性

世界トップレベルの安全性を誇るブランド、マキシコシのジュニアシートです。成長に合わせてヘッドレストの高さを調整でき、2段階のリクライニング調整可能です。

シートベルト、ISOFIXのどちらでも固定可能なので、ISOFIX機構がついていない車にも使えます。カラーバリエーションも豊富です。

おすすめ④
  • britax romer
  • アドヴァンザフィックス II SICT

  • 税込み65,479円
  • 5点式のハーネスで安全性が高い

生後9ヶ月ごろから使える兼用タイプのジュニアシートです。BritaxRomer(ブリタックス・レーマー)は、ドイツ車を中心に数多くの自動車メーカーが長年純正採用する信頼のブランドです。

こちらのジュニアシートはISOFIXとトップテザーアンカー(背面についているベルト)、シートベルトの3つで固定します。

生後9ヶ月ごろ、体重9kgから使用可能です。子どもの体重が25kgになるまでは、5点式ハーネスで体を固定できるので安全性が高いです。

またこちらの製品にはサポートレッグ(ジュニアシートを支える支柱)がないため、車内で移動するときも邪魔になりません。

おすすめ⑤
  • カーメイト
  • エールベベ・パパット2 プレミアム

  • 税込み36,600円
  • ブースターシートに変換可能

日本のチャイルドシートブランド、エールベベ(カーメイト)のチャイルド&ジュニアシートです。1歳ごろから使用可能な兼用タイプで、身長125cmを超えると背もたれなしのブースターシートとしても使用可能です。

肩ハーネス跳ね上げ機構と低めの座面により、乗せ降ろしのストレスが少なくなります。

ISOFIXまたはシートベルトで固定可能です。また他のジュニアシートはISOFIXのコネクタがむき出しの状態のものもありますが、こちらのジュニアシートはISOFIXのコネクタを座面側にスライドして引っ込める事ができます。

ISOFIXコネクタが格納できるため、ISOFIXに対応していない車でも設置可能です。背もたれ無しのブースターシートとして使う際も、ISOFIXコネクタを収納し、シートベルトを使っての固定となります。

おすすめ⑥
  • Recaro
  • J 1 Select

  • 税込み26,400円
  • 体重切替機能で簡単調整

ヘッドレスト調整もやりやすい兼用タイプのジュニアシートです。固定方法はシートベルトとなります。レカロブランド独自の体重切替機能(TSD)により背もたれを最も安全で適正な位置で使えます。1~12歳ごろまでずっと背もたれ付きで使用可能です

おすすめ⑦
  • Combi(コンビ)
  • ジョイトリップエアスルーGG

  • 税込み15,387円
  • 通気性が高いエアスルー

1歳ごろから使える兼用タイプのジュニアシートです。固定方法はシートベルトとなります。軽量コンパクト設計なので、ワゴン以外の軽自動車や2ドア車の後部座席など車内が狭
いクルマにも最適です。

ココチエアーという空気の循環構造のおかげで通気性抜群なので、体温調節が苦手な赤ちゃんや汗っかきな子どもにおすすめです。

おすすめ⑧
  • Joie(ジョイー)
  • エレベート

  • 税込み9,564円
  • リーズナブルなジュニアシート

1歳半ごろから使える、兼用タイプのジュニアシートです。シートベルトでのみ固定可能です。1万円台前半で買えるリーズナブルな価格でありながら、ヘッドレストは10段階調整可能で、通気性も抜群。わずか4.6kgという軽量さも魅力です。

おすすめ⑨
  • アップリカ
  • フォームフィットAB

  • 税込み35,000円
  • 機能満載なジュニアシート

1歳ごろから使える兼用タイプのジュニアシートです。固定方式はISOFIXです。

高さだけでなく、横幅も調節できる「ぐんぐん成長レバー」が使いやすく、子どもの成長に合わせてベストな位置に調整できます。

シートをリクライニングさせると座席が前に動き、快適な姿勢を保つ「ムービングシート」や体重18kg、4歳ごろになるまでしっかり姿勢をサポートする「サイドサポートクッション」も好評です。

おすすめ⑩
  • カーメイト エールベベ
  • サラットハイバックジュニア クワトロ

  • 税込み9,900円
  • スポーティーなデザイン

シートベルト固定のジュニアシートです。車のシートに合わせて5度~20度までリクライニングでき、ヘッドレストも身長に合わせて調整可能です。

頭、背中、腰にあるエアホールにより通気性抜群なので、暑い時期でも蒸れず、快適に使用できます。1万円以下というリーズナブルな価格も嬉しいポイント。

おすすめ⑪
  • GRACO(グレコ)
  • ジュニアプラス

  • 税込み5,546円
  • 最もリーズナブルなジュニアシート

5000円台で買えるロングユースのジュニアシートです。固定方法はシートベルトのみとなります。本記事で紹介する、背もたれ付きジュニアシートのなかでは最も安価です。

ウォッシャブルシートなのでカバーは丸洗い可能です。側面には収納可能なカップホルダーがついています。

おすすめ⑫
  • 日本育児
  • トラベルベストEC Fix

  • 税込み19,780円
  • 最小最軽量の固定シート

ISOFIX・シートベルト固定の両方で取り付けができるジュニアシートです。1歳~7歳ごろまで使用できる兼用タイプで、子どもの身長に合わせて肩ベルトとヘッドレストの高さの調節が可能です。

コンパクトなので小さい車でも窮屈になりません。

付属の収納袋は持ち運びに便利で、カーシェアやレンタカーを使う機会が多い家庭では重宝します。

おすすめ⑬
  • cybex(サイベックス)
  • パラスMフィックスSL

  • 税込み46,200円
  • ベルトが苦手なお子さんに

生後9ヶ月~12歳まで使える兼用タイプのジュニアシートです。固定方式はISOFIXとなります。他にない特長として、こちらの製品はハーネスがなく、セーフティクッションを採用しています。ベルトが嫌いなお子さんにおすすめです。

ジュニアシートが使えるようになれば、クッションを外して使用できます。

おすすめ⑭
  • GRACO(グレコ)
  • コンパクトジュニア

  • 税込み2,598円
  • 手頃な価格が特徴

背もたれのないブースターシートです。デザインやカラーによっては2000円台というリーズナブルな価格で購入が可能となります。

左右に収納式のカップホルダーがついています。

3歳から使用できると記載されていますが、より安全に使うために身長125cm体重22キロを超えてから使用してください。

おすすめ⑮
  • mifold(マイフォールド)
  • コンパクト&ポータブルジュニアシート

  • 税込み6,250円
  • 携帯可能なブースターシート

携帯できるブースターシートです。家に車が無い家庭はこのようなシートを携帯するのも良いでしょう。アカチャンホンポでは限定色も販売されています。

こちらの製品も3歳から使用可能と記載されていますが、より安全に使うためには体重22kg、身長125cmを超えてから使用してください。

まとめ

本記事では加藤久美子さんに選んでいただいたおすすめのジュニアシートを紹介しました。ぜひジュニアシート選びの参考にしてください。

加藤さんはチャイルドシートやジュニアシートに関する決まりや注意点、問題などさまざまな記事を執筆されています。チャイルドシート、ジュニアシートについてもっと詳しく知りたい人は、ぜひあわせてご覧ください。

※価格はいずれも2020年6月時点。特に記載がない場合はAmazonの価格です



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!