Technology

VRの感触はワイヤーで再現! 肩の上に載せる触覚デバイス「Wireality」

遠く離れた場所に住む友達とVR内でハイタッチ! なんてことがワイヤーで実現されるかも?

アメリカのカーネギーメロン大学が開発した「Wireality」は、肩の上に載せる触覚デバイス。ワイヤーが手や指を引っ張りVR内のオブジェクトの感触を再現してくれる。

開発者であるCATHY FANG氏の公式サイトから詳しくチェックできる。

ワイヤーで多くの形を再現

「Wireality」は仮想現実内で触ったオブジェクトの感触を、ワイヤーで再現できる。

ライオンの銅像・家具・車・壁・ピアノなど、それぞれの形に合わせて、指や手をワイヤーで引っ張ることで感触を再現する。

デバイスは比較的軽量だそう。安価に生産でき、量産バージョンは50ドル(約5400円)以下になるという。

・ ・ ・

遠く離れた友人とVR内で会う際に、喜びをわかちあうハイタッチを実現するのはワイヤーかもしれない。

CREDIT
Videographer / Writer :菊田正剛
Curator / SNS :にしまり
Wireality

Cathy Fang

あなたにオススメ

RECOMMEND

PAGE TOP