おすすめのパイプクリーナーとは?洗剤とワイヤーも同時に紹介!

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

グッズ

>

おすすめのパイプクリーナーとは?洗剤とワイヤーも同時に紹介!

おすすめのパイプクリーナーとは?洗剤とワイヤーも同時に紹介!

記助
2019-12-04

家の中を掃除するときに、苦労する場所の定番に「排水管」があります。排水管は生活排水や髪の毛などが流れるため、非常に汚れやすく、放置していると嫌なニオイが発生しやすいです。しかし、入口が狭いため中々綺麗に掃除できません。

そのときに使いたいのが「パイプクリーナー」です。パイプクリーナーには「強力な洗剤」と「直接ゴミを掻き出すワイヤー」の2種類あります。両者はどのような特徴があり、どのようなものを選べば良いのでしょうか。

ここからはパイプクリーナーについて特徴や選び方、洗剤とワイヤーの両方を紹介していきます。

パイプクリーナーには2種類ある

「パイプクリーナー」は大きく分けて「洗剤」と「掃除道具」の2種類あります。洗剤タイプは、他の洗剤と比較すると洗浄力が高く、排水管の汚れをしっかり落とすだけでなく奥で絡まっている髪の毛を溶かすことも可能です。

排水管の詰まりで最も多い原因が髪の毛なので、洗剤を注ぐだけで掃除ができれば、厄介な排水管掃除も楽になるでしょう。しかし、髪の毛の量が多かったり、別のものが絡まっている場合は、洗剤だけでは解決できないこともあります。

そこで、使うのが「掃除道具」としてのパイプクリーナーです。基本的に金属のワイヤーでできており、小さいブラシのようなものが先端についているため、排水管の奥まで届き、詰まっている原因を掻き出せます。

洗面所などの排水管が詰まってしまえば、生活に支障があるため、どちらかではなく両方用意しておけば、万が一のときにも安心です。

パイプクリーナーの選び方

ワイヤータイプのパイプクリーナーは、自宅の排水管の長さによって適したものは変わってきます。しかし、基本的にどのパイプクリーナーも同じ太さなので、心配であればワイヤーができるだけ長いものを選ぶと良いでしょう。

では、洗剤タイプのパイプクリーナーはどのように選べば良いのか見ていきましょう。

洗剤のタイプで選ぶ

パイプクリーナーは液体タイプが主流ですが、粉末タイプの洗剤もあります。それぞれ特徴が異なるので違いを押さえておきましょう。

液体タイプ

液体タイプのパイプクリーナーは、液体に汚れを溶かす成分が含まれており、髪の毛なども同時に溶かすことができます。ホームセンター以外にも、スーパーなどでも販売されているため手軽に排水管を掃除できる洗剤です。

しかし、1回に使う液体の量が多く使いきりのものが多いため、比較的コスパが悪いです。また、粉末タイプよりも重量があるため、買い物をする際に手間がかかるのがデメリットです。

排水管の流れが少し悪くなっているときは、手軽に使える液体タイプの洗剤がおすすめ。注いで放置しているだけで、排水管を綺麗にできます。

粉末タイプ

粉末タイプのパイプクリーナーは、洗剤と水が混ざることで反応し、強力な泡が発生して汚れを落とします。

液体タイプの方が洗浄力が強いイメージを持つ方が多いですが、粉末タイプは業務用としても利用され、少ない量で強力な洗浄力を持つのが特徴です。液体タイプと違い、一度に全部を使わないため、使用するときに必要な分だけ使えます。

汚れが詰まって水が流れなくなっている場合は、強力な粉末タイプのパイプクリーナーを使うと良いでしょう。

成分

パイプクリーナーに含まれる汚れを落とす成分は、大きく分けて「水酸化ナトリウム」「次亜塩素酸ナトリウム」の2種類です。それぞれ対応している汚れが違うので、排水管の詰まり具合を見てどちらを選ぶか決めてください。

水酸化ナトリウムは、主に油汚れを落とす性質を持ちます。つまり、油を使う機会が多い台所の排水管や、油が含まれている石鹸が詰まっていることが多い浴室の排水管を掃除するときは、水酸化ナトリウムを選びましょう。

それに対して次亜塩素酸ナトリウムは、タンパク質を分解する性質を持ちます。髪の毛が詰まって困っている場合は、次亜塩素酸ナトリウムが含まれているパイプクリーナーを選びましょう。

また、この2つの成分の量によって、パイプクリーナーの洗浄力が変わるため、購入するときは参考にしてください。

粘度

液体タイプのパイプクリーナーを選ぶときには、粘度も重要なポイントになります。粘度が高いパイプクリーナーの方が、排水管の汚れに密着し汚れを分解する時間が長くなるため、効果的に汚れを分解できます。
粘度が低いパイプクリーナーであれば、そのまま排水管の奥に流れてしまうでしょう。

しかし、粘度が高いパイプクリーナーの場合、洗剤が排水管の奥の汚れに到達するまでに時間がかかるため、掃除している周辺の水周りは使えない時間が長くなるので注意してください。

効果的なパイプクリーナーの使い方

液体タイプのパイプクリーナーを使う際は、規定の時間を守ることが大切です。規定時間よりも短い場合は汚れを溶かしきれず、規定時間よりも長いと溶かした汚れが固まってしまって詰まることがあります。

放置する時間が長くなりがちな場合は、掃除をする回数を増やすと効果的です。また、液体タイプのクリーナーを使う前に、40度前後のお湯を流すと汚れが浮きやすくなるため、液体洗剤の効果を高めやすくなります。

おすすめのパイプクリーナー

では、どのようなパイプクリーナーがおすすめなのか見ていきましょう。

おすすめ
  • パイプユニッシュ
  • パイプユニッシュプロ 濃縮液体タイプ コンパクト 3本セット

  • 税込み716円
  • 定期的な掃除におすすめな3本セットでお得!

  • 高粘度の密着ジェルが汚れに届き、しっかり汚れを落とせます。収納しやすいコンパクトサイズであり、1本で数回分の掃除が可能で用途によって使い分けられます。

排水管の流れが悪いと感じたときでも7回から8回ほど押すだけで、簡単に掃除できます。詰まってしまったときは20回押せば、しっかり詰まりの原因を除去できるでしょう。

おすすめ
  • サニボン
  • パイプ泡パワー4個セット

  • 税込み1,922円
  • 強力な泡のパワーで嫌なニオイや汚れをスッキリ撃退!

  • 次亜塩素酸塩、水酸化ナトリウムの両方を含んでいる洗剤であるため、油汚れも髪の毛もしっかり溶かすことができます。また、排水口周りのヌメリにも効果があります。

泡タイプなので、垂直方向に伸びている排水管でも汚れに長時間密着できるため、効果が高いです。除菌や消臭効果があるため、ニオイが気になったときに手軽に使えます。

おすすめ
  • Felimoa
  • パイプ クリーナー ワイヤー 詰まり取り

  • 税込み2,580円
  • 10mの長さでしっかり詰まりの原因に届く!

  • ワイヤータイプのパイプクリーナーであり、しつこい詰まりも簡単に取り除けます。洗面台や台所、浴室などさまざまな場所で使うことができます。

汚れがあるところまでワイヤーが届いたら固定し、手元のレバーを回すことで汚れをしっかり掻き出せます。

※価格はいずれもAmazonの2019年11月時点のものです。

まとめ

パイプクリーナーにはさまざまな種類があり、液体タイプだけでなく粉末タイプもあります。また、洗剤によって含まれる成分が異なり、対応している汚れが変わるため、よく注意して選びましょう。

また、洗剤を使っても詰まりの原因となる汚れが取れない場合は、ワイヤータイプのパイプクリーナーを使うのがおすすめです。

状況や目的によって適したパイプクリーナーを使い、排水管の汚れを綺麗に掃除しましょう。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!