車専用のサブウーファーおすすめはこれ!性能や音質に優れた人気商品の特徴を解説!

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

グッズ

>

車専用のサブウーファーおすすめはこれ!性能や音質に優れた人気商品の特徴を解説!

車専用のサブウーファーおすすめはこれ!性能や音質に優れた人気商品の特徴を解説!

moovoo編集部
2019-10-31

車の中で音楽の良さを堪能したいなら美しい低音を実現するサブウーファーを付けよう♪

サブウーファーの写真

サブウーファーとは、純正のオーディオでは再現しきれない低音域を再現してくれる専用スピーカー。その音楽ならではの魅力と美しいサウンドを再現するには持って来いのアイテムです。今回は車専用のサブウーファーのおすすめ商品や選び方について紹介していきますので、気になる方はぜひ記事をチェックしてみてくださいね。

サブウーファーの選び方のポイント

まずはサブウーファーの選び方から見ていきましょう。今回はサブウーファーの中でも車専用の商品に絞っていますので、家で使うタイプをお探しの方は注意してくださいね。

スピーカー(カーオーディオ)のサイズは大きい方が美しいサウンドを再現できる!

サブウーファーは単純に、スピーカーのサイズが大きい方が音質や迫力は良くなります。もちろん、サイズが小さいと音質が下がるという意味ではありませんが、対応している周波数に違いがあり、モノによっては低音をキャッチしきれないこともあるのだとか。

せっかく購入するなら最高の低温室を楽しみたい!」という方は、スピーカーサイズは20cm以上の商品を選びましょう。音質に関しては、スピーカーサイズだけではなく、対応周波数やメーカー独自の特徴なども参考にしながら商品を比較してみてください。

メーカーの特徴やデザインから商品を選ぶ!

サブウーファーのことがよくわからない…という方は、メーカーの特徴から商品を選んでも良いでしょう。人気のメーカーの特徴を簡単に挙げると、モレルは重低音でありながら音質が柔らかく質の良さを感じさせてくれる商品が多いです。グランド・ゼロはシリーズそれぞれの方向性が明確ですので、自分好みのスペックから商品を選びやすいメーカーとも言えます。

また、カロッツェリアから販売されているシリーズの中には「ハイスピード」と「解像度」の両方のバランスを実現したサブウーファーもあります。メーカーの特徴はあくまでも大まかなものですが、おすすめ商品のところでそれぞれの良さをわかりやすく紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

設置スペースに限りがあるならシート下設置タイプで空間を有効活用

サブウーファーは欲しいけれど、車内に十分な設置スペースがないという方は、座席シートの下に設置できるタイプの商品はいかがでしょうか。本体が比較的薄いので、空間の有効活用ができます。これらの小型のサブウーファーはパワードウーファーと呼ばれるものが多いので、商品をチェックする際にはこちらのキーワードが表示されているかどうかも確認しておくと良いですね。

ただし、車種によっては座席下の部分がエアコンの吹き出し口になっているものや、バッテリーのスペースとなっているものもあります。設置できるスペースがあるかどうかや、設置しても車の性能に問題がないかなどと事前に確認しておくようにしましょう。

車内スペースが無い場合はリアカーゴタイプもおすすめ

リアカーゴタイプとは、車のトランク部分に設置するタイプのサブウーファーです。人が乗るスペースは広々と使いたい!という方におすすめしたいタイプですが、トランクルームに荷物を積み下げする機会が多い方には不向き。

リアカーゴタイプは基本的に本体の上に荷物を置いても熱がこもらないようにできているのですが、心配な方は別のタイプのサブウーファーを購入するようにしましょう。また、リアカーゴタイプにも様々なサイズがあるので、トランクルームの幅や奥行・高さなどをきちんと確認してから購入するようにしてください。

音質にこだわりがあるのなら周波数もチェックしておこう!

前項で軽く触れましたが、音質にこだわりたいのであれば周波数もチェックしておきましょう。正確に言うと「周波数特性」というもので、これは音域の幅を示している数値。周波数特性が低くければ低いほど低音~超重低音を再現できるというものなので、低音の美しさを最大に表現したいのであれば、80Hz以下に対応しているサブウーファーを選びましょう。

省スペースに設置できる小型のパワードサブウーファーは、超低音を拾えないものも多くありますので注意してくださいね。サブウーファーは大きく捉えて「スピーカーサイズが大きいほど低音に強い」という理解で、商品を比較していくとわかりやすいでしょう。

サブウーファー人気商品はこちら♪【2019車篇】

それではさっそく、サブウーファーで人気の商品をチェックしていきましょう。気になる商品は詳細も確認してみてくださいね。

おすすめ①
  • KENWOOD(ケンウッド)
  • KSC-SW11

  • 税込み10,360円
  • コンパクトなのにしっかりとした重低音が特徴

  • 高さ70mmのシート下に設置できるコンパクトさが魅力のサブウーファー。専用リモコンでお好みの低音再生が可能です。

KENWOODの KSC-SW11は、MOS-FETパワーアンプが搭載されているので本格的な重低音を楽しめます。最大出力は150Wで小型ですがハイパワー。カットオフ周波数は50~120Hzなので、キャッチできる低音も多いでしょう。省スペースへの設置ができるので、軽自動車や小型車をお使いの方にもおすすめです。

おすすめ②
  • Herdio
  • カーオートバイアンプ

  • 税込み7,999円
  • ローコスト&超重低音が魅力的なサブウーファー

  • こちらは最大出力500Wとパワーは抜群で、周波数は20〜25KHzなので超重低音を迫力のあるサウンドで楽しむことができる商品です。

Herdioから販売されているカーオートバイアンプは、リーズナブルな価格なので予算が少ない方でも手にしやすいサブウーファーです。こちらは車だけではなく、オートバイ国も設置が可能。防水性にも優れているところもこの商品の魅力でしょう。重低音やコストにこだわりたい方は、ぜひHerdioを試してみませんか。

おすすめ③
  • Pioneer(パイオニア)
  • GM-D1400-2

  • 税込み11,512円
  • コンソール内にも設置できる超小型サブウーファー

  • 全ての音質が際立ち飛び出すような躍動感が売りの人気サブウーファー

Pioneerのカロッツェリアシリーズの中で人気があるのが、こちらのブリッジャブルパワーアンプ 。本体の小ささから音質やパワーに不安に思う方もいますが、ユーザー満足度が高いサブウーファーです。音質、低音の迫力、躍動感は実力派の商品。コストパフォーマンスも良いので、サブウーファー初心者の方にもおすすめしたい商品です。

おすすめ④
  • ALPINE(アルパイン)
  • 20cmシート下設置型 パワードサブウーハー

  • 税込み29,800円
  • コンパクトなのであらゆるスペースに設置可能

  • カーオーディオとの音質バランスを求める方におすすめ。響くような低音を楽しめる小型のサブウーファーです。

アルパインのパワードサブウーファー SWE-1200は、本体は20cmと薄型なので、シート下はもちろんのこと、あらゆるスペースに設置することができるでしょう。最大出力は150W、周波数は50Hz~125Hzなので、パワーよりも音質のバランスを重要視する方向けの商品です。シンプルなデザインなので車内のインテリアにも合わせやすいサブウーファーです。

おすすめ⑤
  • Pioneer(パイオニア)
  • TS-WX300A

  • 税込み23,168円
  • バスレフ型ならではの重低音のパワー&迫力を体感できる一品

  • 瞬間最大出力1300Wと超パワフルなサブウーファーです。重低音の迫力だけではなく、キレのあるサウンドを楽しめる商品ですよ。

サブウーファーにパワーと重低音ならではの迫力をお求めの方は、PioneerのパワードサブウーファーTS-WX300Aはいかがでしょうか。再生できる周波数は20Hz~130Hzと範囲が広く、本体は30cmもあるのでしっかりとサウンドのパワーも体感できるでしょう。設置スペースに余裕があるのならTS-WX300Aで音楽をより堪能してみてくださいね。

おすすめ⑥
  • Clarion(クラリオン)
  • SRV250

  • 税込み14,100円
  • AMI-PPコーンを採用しているので歪みのない上質な低音を再現

  • シート下に設置できるタイプのサブウーファーです。無駄な共振を防いでくれるので音質が高く、フォルムが美しいスタイリッシュなデザインが好評の商品です。

クラリオンのSRV250は、コンパクトなボディと、機能性の高さが魅力。リモコンも搭載されているので、手軽に操作することも可能です。この小さな本体からは想像がつかないような低音の迫力をも感じられるでしょう。本格派のサブウーファーが欲しいけれど、設置スペースに限りがあるという方には打ってつけの商品です。

おすすめ⑦
  • Skar Audio
  • サブウーファーx2 3.5 VX35-ST

  • 税込み7,526円
  • ユニットタイプ×低コストのサブウーファーを探しているならこれ!

  • シンプルでスタイリッシュなデザインとコストパフォーマンスの良さが人気のサブウーファーです。ユニットタイプのサブウーファーを試してみたい方にもおすすめの商品です。

Skar Audioのサブウーファーx2 3.5 VX35-STは、シンプルでありながらどこか高級感をも感じさせてくれるデザインが魅力的な商品です。サイズも19.68×10.79×7.62cmなので、大きすぎないところも好評です。ユニットタイプのサブウーファーを体感して見たい方も、この価格なら試しやすいのではないでしょうか。

おすすめ⑧
  • Pioneer(パイオニア)
  • TS-F1740

  • 税込み6,039円
  • 洗練されたクリアな音質としっかりと感じられる重低音がクセになるサブウーファー

  • 力強い重低音が臨場感あふれるサウンドを実現。ハイレゾ音源を採用しているので低音だけではなく高音域にも強い製品です。

Pioneerのカロッツェリアシリーズファンの方にユニットタイプのサブウーファーをおすすめするならTS-F1740です。重低音はもちろん、高音域も美しく再現し、中でも中音域は臨場感たっぷりの音楽を聴かせてくれますよ。取り付けも比較的簡単に行えるので初めてサブウーファーを取り付ける方でも安心です。

おすすめ⑨
  • Pioneer(パイオニア)
  • カロッツェリア TS-WX400DA

  • 税込み24,931円
  • 大型振動版を搭載しているので厚みのある重低音を感じられる

  • サイズはやや大きめですが、車種によってはシート下にも設置可能なタイプです。トランクルームへの設置を検討している方にもマッチしたサブウーファーですよ。

またしてもPioneerのカロッツェリアシリーズですが、TS-WX400DAは他の小型タイプの商品よりもサイズはやや大きめ。アンプのサイズが大きいので、厚みのある重低音が再現できるほか、再生可能周波数は20Hz~100Hzなので、より低い音源をキャッチできるところも嬉しいポイントです。メンズライクなデザインも好評ですよ。

おすすめ⑩
  • ALPINE(アルパイン)
  • 20cmコンパクト・パワードサブウーファーSWE-1080

  • 税込み15,839円
  • アンプ一体型なので配線の煩わしさがないのが嬉しい商品

  • シート下設置型の薄型タイプです。最大出力は160Wで、無駄な共振を抑え、締りのある音楽を楽しめるサブウーファーを体感してみてください。

アルパインのSWE-1080は、性能とコストのバランスが良いサブウーファーと言っても良いでしょう。低音域にこだわった商品ですので、タイトで美しいサウンドを楽しめます。リモコンの操作性もよく、配線が少ないので取り付けも簡単に行えますよ。重低音の迫力よりもバランス感を大事にしたい方向けのサブウーファーです。

サブウーファーは人気ランキングよりもこだわりの条件で商品を比較しよう!

オーディオの写真

サブウーファーは人気ランキングを参考に商品を選ぶのも手ですが、シーンによって求めるスペックが異なるアイテムの1つですので、こだわりの条件を元に商品を比較していくことをおすすめします。設置スペースや音質・メーカーの特徴など、自分の求める性能をピックアップしてからサブウーファーを選んでいきましょう。これだ!と感じた商品があれば、詳細をチェックししてみてくださいね。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!