HOME

>

PC・スマホ

>

【2021最新】iPadでテレビを見る方法 おすすめチューナーを紹介!

【2021最新】iPadでテレビを見る方法 おすすめチューナーを紹介!

Ogata Haruki
2021-01-16
2021-01-28

通勤・通学中にテレビを見たいと思うことはありませんか?録画して家に帰ってみようと思っても寝てしまうこともあると思います。そんな時は電車などの移動時間やランチタイムにスマートフォンやiPadでテレビ番組を見ましょう!

チューナーを使ってテレビを見る方法を紹介!

チューナーを使って見れる仕組みとは?

以下のサイトに記載されているKDDIの説明をまとめると

・1チャンネルあたりの電波は13のセグメントに分割されている。
家庭用に使われることを前提にしている「フルセグメント」、略して「フルセグ」ではそのうちの12部分を使用している。
移動用に使われることを前提にしている「ワンセグメント」、略して「ワンセグ」では残りの1部分を使用している。

となります。

多くの電波を受信すればするほど、画質・消費電力なども比例するため

フルセグチューナーを用いれば、高画質で見ることができますが移動には弱く充電も多く消費するため、家で2、3台目のテレビとして・オフィスで落ち着いて見るのに向いています。

対してワンセグチューナーを用いれば、低画質にはなってしまいますが移動にも強く充電も長く持つため、通勤・通学時などの移動時に見るのに向いています。

おすすめのチューナーはこの2つ!

おすすめ①
  • ピクセラ
  • Xit Stick

  • 白:税込み12,526円/青:税込み10,790円
  • iPhone/iPadがお出かけ先でテレビに早変わり。

  • これをさすだけで簡単にフルセグ・ワンセグを受信、ワンタップで録画も可能。iPhoneやiPadの充電を利用するため本体は充電いらず。

この商品はiPhoneやiPadのLightningコネクタにさすだけで使えるため、チューター本体を充電する必要はなく気軽に使うことができます。
また、電波の入りやすさによって自動でフルセグ・ワンセグが切り替わるためわざわざ手動で入れ替える必要もなく、もちろん通信料もかかりません。
さらにボタン一つ押すだけでその瞬間から見てる番組を録画することができる上、テレビを見ながらインターネットも利用できる「ながら見」機能も搭載しています。

この商品の欠点しては底が厚いケースをつけている場合、ケースを外さないとうまくささらないことがある点です。
また、Lightningコネクタを使用するため、充電しながら使用できない点や、イヤホン端子がない場合、Bluetoothイヤホンしか使用できない点にも注意してください。

おすすめ②
  • ピクセラ
  • Xit AirBox

  • 税込27,800円
  • スマホ・タブレットがどこでもテレビに!

  • 通信環境があればどこでもテレビを視聴可能。家で見ていた番組の続きを通勤中にも。

この商品は、先におすすめ①でご紹介したピクセラ「Xit Stick」の姉妹製品です。さて、おすすめ①との違いですが、こちらの商品はiPhoneやiPadに専用のアプリをインストールすることで、ワイヤレスでテレビを視聴できます。

仕組みは単純です。家にあるアンテナの端子に製品の本体を繋げ、それを無線ルーターに繋げると、家中どこでもiPhoneやiPadでテレビを視聴できます。もちろん、通信環境があれば、家から離れてテレビを視聴することが可能です。本体にハードディスクを繋げることで番組の録画もできます。地方や海外にいても、家と同じ番組を視聴、録画の予約、再生をすることができます。

また、パソコンやAndroidなど様々な製品に対応しています。こちらの商品はiOS 10以降に対応しています。

「おすすめ商品が2つだけ?少なくない?」や「どっちも結構高いけど安い商品ないの?」と思う方もいるかと思いますが、基本的に現段階で安い商品はすでに生産終了していて対応しているiOSが10以下といった商品ばかりでした。

しかし、iPhoneやiPadでテレビを見る方法はこれだけじゃありません!

サービスを使ってテレビを見る方法を紹介!

基本的には各チャンネルでオンデマンド方式の配信(フジテレビオンデマンドや日テレオンデマンド)があるのですが、スマホやタブレットで見るならTVerとNHKオンデマンドの2つがおすすめです。
この2つは一般的な動画サイトと同様に、高画質な代わりにデータ通信量を消費して動画を視聴することになるため注意が必要です。

TVer(ティーバー)

<alt>TVerのサムネイル

知っている方も多いであろうこのTVerは、民法テレビ局である「日本テレビ」「テレビ朝日」「TBS」「テレビ東京」「フジテレビ」が連携した公式テレビポータルサイトです。

なぜTVerがおすすめなのかというと1週間限定にはなりますが、見逃した番組を無料で見ることができるからです。

ただW杯のライブなどの例外を除きリアルタイムで見ることは基本的にできません。

また、無料である代わりに長め(15~30秒)のスキップできない広告がいくつかつきます。しかし普段のテレビにはCMがあると考えたらあまり大きなデメリットではありませんね。

また、一週間などの期間に関係なく見れない番組(水曜日のダウンタウン、モヤモヤさまぁ~ず2 など)もいくつかあり、録画や保存はiPhoneの画面録画を含めできません

NHKオンデマンド

<alt>NHKオンデマンドのサムネ

そしてもうひとつのおすすめ、NHKオンデマンドです。
こちらもリアルタイム視聴はなく見逃し番組を配信する形になっています。

また無料の番組はほぼなく、まるごと見放題パックと1話ずつの単品購入に分かれており、

まるごと見放題パックは、NHKオンデマンドで配信されている番組が、過去作や最新作に関係なく配信期間中なら何本でも視聴できます。

料金は月額税込990円です。

どの方法が一番いいか?

生活スタイルによってどの製品・どのサービスを使うのがいいかは人それぞれです。

ちなみに、朝ドラが見たいけどそれよりも早く家を出なきゃいけなく、録画してても夜帰ったらすぐ寝てしまって見ることができていない筆者はNHKオンデマンドの見逃し見放題パックに加入しようか悩み中です(笑)

ぜひ自分の生活にあった方法でテレビ番組を楽しんでください!



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!