HOME

>

PC・スマホ

>

【2020年】iPadはWi-Fiモデルがおすすめ!経験者がセルラーとの違いを徹底解説

【2020年】iPadはWi-Fiモデルがおすすめ!経験者がセルラーとの違いを徹底解説

かっきー
2020-10-22
2020-10-22

iPadを購入する際、Wi-FiモデルとWi-Fi+Cellularモデル(以下セルラーモデル)のどちらを買うか、悩む人が多くいます。iPad miniのセルラーモデルと、iPad ProのWi-Fiモデルを愛用してきた筆者が、Wi-Fiとセルラー両モデルの違いについて徹底解説します。iPadの購入を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

iPadはWi-Fiモデルがおすすめ!

iPadがある風景

まず、両モデルについて説明します。

Wi-Fiモデル:Wi-Fi環境がないとネット接続できない
セルラーモデル:通信キャリアと契約して、モバイルデータ通信でネットにつなげられる

自分自身で通信環境を用意するか、キャリアに用意してもらえるかの違いと言い換えられます。
そんな両モデルのうち、どちらを選べばいいのか結論からいうとiPadはWi-Fiモデルがおすすめです!

理由1)Wi-Fi環境は意外と整っている

Wi-Fiモデルでインターネットを楽しむには、自分でWi-Fi環境を用意する必要があります。しかし筆者の体験では、自宅や職場にWi-Fi環境があるなら不便ではありません。

さらに近年ではカフェや商業施設、公的施設など、無料のフリーWi-Fiが設置されている場所は増え続けています日常生活を送るうえでiPadを使うなら、多くの場合Wi-Fiモデルで問題ありません。

理由2)ポケットWi-Fiで使える!

Wi-FiモデルのiPadは、ポケットWi-Fiを使ってインターネットにつなげられます。ポケットWi-Fiは、セルラーモデルの通信料よりも安く契約できることが多くあります。

また仕事で使うなど、確実にネットにつなぎたい場合にも、フリーWi-Fiより安心感があります。iPad以外のタブレットやスマホでもWi-Fiにつなげられるので、複数の端末を持っている場合には一層便利に使えます。

そのためセルラーモデルを契約するよりも、Wi-Fiモデルを購入し、ポケットWi-Fiを契約するほうがおすすめできます。

理由3)端末代が安い!

Wi-Fiモデルは、セルラーモデルと比べて安く、かなり大きな価格差があります。

iPad、iPad mini、iPad Air:Wi-Fiモデルのほうが1万5000円安い
iPad Pro:Wi-Fiモデルのほうが1万7000円安い

この価格差はApple Pencilを購入してもお釣りがくる値段です。
Wi-Fiモデルとセルラーモデルには本体のスペック差はほとんどないため、Wi-Fiモデルの安さは非常に魅力的です。

Wi-Fiモデルとセルラーモデル、意外な違い

Wi-Fiモデルとセルラーモデルには通信機能や価格以外にも、実は違いがあります。使用目的によっては使い勝手に差が出てきますので、しっかり把握して購入しましょう。

Wi-Fiモデルとセルラーモデルの違い
Wi-Fiモデル セルラーモデル
GPS機能 なし あり
SIMカード対応 なし あり
テザリング できない できる

GPS機能

Wi-FiモデルのiPadにはGPS機能がついていません。そのため以下のような可能性があります。

ナビや地図アプリで位置情報を正確に表示できない
位置情報を必要とするアプリに支障が出る

iPadをカーナビや地図として使いたい場合、Wi-Fiモデルはおすすめできません。
またポケモンGOなどの位置情報が必要なアプリは、精度の面でどうしてもセルラーモデルには劣ってしまいます。

SIMカード対応

Wi-FiモデルのiPadには、SIMカードを入れられません。そのため購入後にSIMカードを入れて使ったり、キャリア契約して使うことはできないことは知っておきましょう。

テザリング

インターネットに接続している端末の電波を、他の端末にも共有できるテザリング機能ですが、これもWi-Fiモデルでは使えません。テザリング機能はキャリア契約しているセルラーモデルでなければ、利用することができないのです。

Wi-Fi・セルラー、こんな人におすすめ

iPadのある風景

ここまで両モデルの特徴をご紹介してきました。それぞれどんな人におすすめなのか、まとめたいと思います。

Wi-FiモデルのiPadがおすすめな人は次の通りです。

<iPadを家でしか使わない人>
iPadを家でしか使わず、自宅にすでにWi-Fi環境が整っている場合、Wi-Fiモデルで快適にネット接続ができます。
価格の高いセルラーモデルを買うメリットは少ないです。

<ポケットWi-Fiを持っている人>
ポケットWi-Fiを持っている方も、Wi-FiモデルのiPadがおすすめです。多くの外出先でもネット接続に支障がありません。

<安くiPadを手に入れたい>
もっとも安いiPad 32GBのWi-Fiモデルであれば、Apple製品としては手が届きやすい、税抜き34,800円で入手できます。これがセルラーモデルだと1.5倍近い49,800円に値上がりします。より高価格帯のiPad Proだとセルラーモデルなら1万7000円高く。そこにキャリア契約の料金も発生し、Wi-Fiモデルとの価格差はさらに大きくなります。

一方、セルラーモデルのiPadがおすすめな人は次の通りです。

<仕事で常に安定したネット接続がしたい>
外で仕事をすることが多いビジネスマンの場合、緊急時の対応や外でWi-Fi環境を探すことに時間を取られたくない人が多くいます。そういった場合、電波が入るエリアなら安定してネット接続できるセルラーモデルがおすすめです。

<カーナビ代わりに使う/ポケモンGOなどを精度高く楽しみたい>
Wi-FiモデルにはGPS機能がありません。そのためiPadを大画面のカーナビとして使いたい、ポケモンGOなどの位置情報を使うアプリを精度高く楽しみたい人には、セルラーモデルが向いています。

iPad おすすめWi-Fiモデル

それではここからは、iPadのWi-Fiモデルを紹介していきます。

iPadは3万円台で手が届く

PICK UP
  • Apple
  • iPad (最新第8世代,10.2インチ, Wi-Fi, 32GB)

  • 税込み38,280円
  • 初めてのiPadにもおすすめ

  • iPadの中で最も手に届きやすい価格で、気軽に使えるのがこちらの商品です。特定の用途がない方や初めての1台にもおすすめです。

こちらの商品iPad(無印)はWi-Fiモデルなら32GBで3万円台とiPadの中では最もリーズナブルな商品です。また、1万円追加するだけで容量の大きい128GBモデルにも手が届きます。2020年9月に発売された新型の第8世代モデルでも価格は据え置きながら、A12 Bionic チップが搭載されたことでパフォーマンスが40%向上しています。

前モデルと同じLightning端子を備えているので、第一世代のApple Pencilも引き続き使えます。

iPadの税抜き価格
32GB Wi-Fiモデル ¥38,280
32GB Cellularモデル ¥49,800
128GB Wi-Fiモデル ¥49,280
128GB Cellularモデル ¥59,800

軽くて人気なiPad mini

PICK UP
  • Apple
  • iPad mini Wi-Fi 64GB

  • 税込み50,370円
  • 片手で持てるコンパクトサイズで持ち運びに最適!

  • 軽量・スリム・コンパクトなiPad miniは持ち運びに適しているので外出先で使用する方にもおすすめです。

こちらの商品は他のモデルに比べて軽量なので、持ち運びに便利です。また、片手で持つことも可能なので通勤・通学時の動画視聴や読書にも最適です。

64GBと256GBモデルが用意されています。外出時に映画や本をダウンロードして楽しみたいという人には256GBモデルがおすすめです。

iPad miniの税抜き価格
64GB Wi-Fiモデル ¥45,800
64GB Cellularモデル ¥60,800
256GB Wi-Fiモデル ¥62,800
256GB Cellularモデル ¥77,800

ハイスぺなiPad Airは6万円台から

PICK UP
  • Apple
  • iPad Air (10.9インチ, Wi-Fi, 64GB)

  • 税込み69,080円(Apple)
  • 大きな画面も持ち運びやすさもどっちも手に入れたい方に

  • 最新型・第4世代のiPad Airは10.9インチのディスプレイながら500グラムを切る軽量ボディのバランスの良いモデルとなっています。

最新型の第4世代iPad airはNeural Engineを搭載したA14 Bionicチップを搭載しており、複数のアプリケーションを同時にサクサク使えるハイパワーモデルです。高性能なiPad Airでも64GBWi-Fiモデルなら税込み6万円台の手の届きやすい価格です。

また、iPadやiPad miniに比べて画面が大きいのでイラスト作成や映画鑑賞にも適しています。64GBモデルと256GBモデルが用意されています。仕事と趣味どちらにも積極的に使用したい場合には256GBモデルを選ぶと安心です。カラーも5色から選べるので、デザイン面にもこだわりたい方におすすめです。

iPad Airの税抜き価格
64GB Wi-Fiモデル ¥62,800
64GB Cellularモデル ¥77,800
256GB Wi-Fiモデル ¥79,800
256GB Cellularモデル ¥94,800

iPad Proは幅広いラインナップ

PICK UP
  • Apple
  • 最新モデル Apple iPad Pro (11インチ, Wi-Fi, 128GB)

  • 税込み93,280円
  • 全てが詰まったiPadの最上位モデル

  • iPad ProはA12Z Bionic搭載でほとんどのノートパソコンより高速です。最先端の技術が詰め込まれ、値段は張りますが、価格以上の働きを見せてくれます。

従来のものより使い勝手が進化した第二世代のApple PencilにiPadで唯一対応しているのもこちらの商品の特徴です。カメラも高機能なものを搭載しているので、クリエイティブな仕事にも対応できるiPadになっています。

また、4スピーカーオーディオ搭載により映画鑑賞やゲームも臨場感たっぷりで楽しめます。容量も128GBから1TBまで幅広く用意されているため、仕事や趣味など使い方にあった選択が可能です。

価格の高いiPad Proですが、11インチ128GBモデルだと税込みでも9万円台になるので少しでも価格を抑えたい方におすすめです。

iPad Proの税抜き価格
iPad Pro11インチ iPad Pro12.9インチ
128GB Wi-Fiモデル \84,800 \104,800
128GB Cellularモデル ¥101,800 \121,800
256GB Wi-Fiモデル ¥95,800 ¥115,800
256GB Cellularモデル ¥112,800 ¥132,800
512GB Wi-Fiモデル ¥117,800 ¥137,800
512GB Cellularモデル ¥134,800 ¥154,800
1TB Wi-Fiモデル ¥139,800 ¥159,800
1TB Cellularモデル ¥156,800 ¥176,800

Wi-Fiとセルラーモデルの見た目の違い

最後にWi-Fiモデルとセルラーモデルの見た目の違いをご紹介します。

Wi-FiモデルのiPadの背面を見てみると、何も施されていません。

wi-fiモデルのiPad背面上部の画像

対して、セルラーモデルの背面には、Wi-Fiモデルとは色やデザインが少し違う箇所があります。

セルラーモデルのiPad背面上部の画像

これは、この部分にアンテナが内蔵されているからです。
対してキャリア契約の必要がないWi-FiモデルのiPadには、アンテナ部分がないのです。

iPad Proの場合は、背面の下部にこじんまりとしたデザインが施されています。
細かい違いですが、Wi-Fiモデルなのかセルラーモデルなのかが見た目で判別できます。

まとめ

iPadにはWi-Fiモデルとセルラーモデル。
それぞれの良さがありますが、筆者は長年iPadを使ってきた経験から、Wi-Fiモデルの方がお得だと考えています。
この記事では、その理由も詳しく解説しました。ぜひ、iPad選びの参考にしてください。

※価格はいずれも2020年10月時点のものです。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!