HOME

>

グッズ

>

【最新】ネックウォーマーおすすめ15選【おしゃれ用やスポーツタイプの選び方】

【最新】ネックウォーマーおすすめ15選【おしゃれ用やスポーツタイプの選び方】

SHIHO、Kiuchi
2021-04-30
2021-04-30

冬の冷たい風から首元を守るネックウォーマーは、利便性だけでなくコーディネートのアクセントとしても注目したいアイテムです。ユニクロ・無印良品・ワークマンでは、手軽な価格のネックウォーマーを販売。

一方アウトドア用品ブランドのアンダーアーマーや、スポーツブランドのナイキやミズノからは、高機能でスタイリッシュなデザインのアイテムが揃います。今回はネックウォーマーの選び方と、メンズ・レディースどちらにもおすすめのアイテムをご紹介します。

ネックウォーマーをおすすめする理由

ネックウォーマーはマフラーのようにほどけないので、便利に使えおすすめです。スポーツや冬場のガーデニングで、動いたり下を向いたりしても崩れません。普段使いでもマフラーのようにかさばらないため、電車に乗ったらさっとたたんでしまえます。手袋・ニット帽・マフラーでビジネスバッグがふくらむ事態を避けられるのはうれしいポイントです。

ネックウォーマーの着用方法で選ぶ

ネックウォーマーなどの写真

ネックウォーマーの装着方法から、候補の商品をしぼりましょう。着用方法で分類すると3種類に分けられます。

最も手軽なかぶるタイプは伸縮性のある素材で作られているので、Tシャツを着るように頭からかぶれます。デメリットはヘアスタイルが乱れやすいことです。

続いて着用後に紐を引いて太さを調節できるアジャスタブルタイプは、ヘアスタイルやメイクが崩れる心配がなく女性にもおすすめです。あご下のほうが肩より細いため、上下の向きは紐が上側に来るようにかぶりましょう。

最後にボタン・ファスナー・マジックテープを備えたタイプは、帽子や眼鏡を身につけたまま着脱できるのがメリットです。髪が長い方も同様、簡単に行えます。

ネックウォーマーの素材で選ぶ

主な生地の種類をご紹介します。中には気温や天気によって使い分けできる、素材の異なる生地をリバーシブルにした製品もあるので、用途にあわせて選んでください。

一般的に使われるフリース素材やニット

ネックウォーマーの素材に多く使われているのがフリースです。あたたかく軽いうえ、速乾性も備えているので手入れが簡単に行えます。ウールやアクリルを使ったニット素材ではちくちくした刺激を感じる敏感肌の方も、フリースなら安心です。

一方ニット製のネックウォーマーは通気性がよく、鼻まで上げても眼鏡やゴーグルのくもりにくい点が魅力です。

薄手のネックウォーマーなら、カシミヤと絹素材

ウールの中でも希少価値の高いカシミヤは、薄手ながら保温力が抜群なため荷物を増やしたくない方におすすめです。

シルク製のネックウォーマーもかさばりません。絹のメリットはなんといっても素肌にやさしいことです。フリースでもアレルギーが起きてしまうアトピー肌の方は、シルク素材が向いています。

防寒重視ならダウンの入ったネックウォーマー

ダウン封入のネックウォーマーは、首に羽根布団を巻いているような最強のあたたかさを実感できます。洗濯のしやすさなど手入れの面ではフリース素材に劣るものの、長時間屋外ですごしても熱をキープ。ダウンの質は、600FP以上がおすすめです。

ネックウォーマーの機能性で選ぶ

ネックウォーマーの写真

ネックウォーマーには、防寒以外の機能を追加した商品も数多くあります。どんなシチュエーションで使うのかイメージしてみましょう。

スポーツやアクティビティに欲しい機能

早朝や仕事のあと、薄暗い時間帯にランニングする方は交通安全に配慮したリフレクター付きがおすすめです。バイクやロードバイクに乗る方は、防風加工をほどこしたアイテムや、首元に密着して冷たい風が服の中に入るのを防ぐタイプが最適です。

ウィンタースポーツを楽しむ方に最適

アウトドアで使うなら撥水加工のネックウォーマーが便利です。小雨や草木の露をはじくだけでなく、汚れがつきにくい効果もあります。

冬の登山やスキーなどのウインタースポーツには、吸汗性やストレッチ性に優れたネックウォーマーが適しています。表面がなめらかな素材なら雪が付きにくいので、より快適にすごせます。スキーやスノーボードは、雪の反射による日焼けも気になるところ。UVカット機能付きのネックウォーマーがおすすめです。

タウンユースで重視したいことは

タウンユースならデザイン性も重視しましょう。手持ちのコートやジャケットにあわせたカラーを選ぶのがおすすめです。汗をかくアクティビティには使いにくいファー素材のネックウォーマーも、タウンユースなら上品なコーディネートに。首元をゴージャスにいろどるなら、ボリューム感のあるスヌードのようなアイテムが適しています。

ネックウォーマーの色や柄で選ぶ

黒やグレーのネックウォーマーはコーディネートしやすいので、1つ目のネックウォーマーとして最適です。同色のセーターと組み合わせて、タートルネックセーターのようにも見せることも。赤や黄色のビビッドカラーやおしゃれな柄を選べば、コーディネイトのアクセントになります。

ナイキのリバーシブルネックウォーマーは、柄と無地のリバーシブルなので使い分けられて便利です。モンベルからはキッズ向けに、かわいらしい柄をあしらったタイプが発売されています。

一体型デザインのネックウォーマー

ネックウォーマーのデザインは多岐にわたります。帽子とネックウォーマーが一体となったフード付きデザインは、後頭部から首の後ろにかけて冷気をシャットアウト。冬の戸外でもあたたかくすごせます。

アンダーアーマーからはマスクとの一体型が発売されています。鼻と口に当たる部分は通気性が高く、呼吸がしやすいように作られスポーツに最適です。2way・3wayと銘打っているネックウォーマーは、帽子やヘアバンド(ターバン)としても使えるアイテムです。 アジャスター機能の紐を引くと帽子になるよう工夫されています。

【おしゃれ用】ネックウォーマーおすすめ10選

おすすめのネックウォーマーを、おしゃれ用・スポーツ用に分けてご紹介します。デザインや保温性に注目しながら、目的や用途にあった最適な商品を選んでください。

はじめにタウンユースにおすすめな、おしゃれ用のネックウォーマーからです。

おすすめ①
  • THE NORTH FACE(ザノースフェイス) 
  • マイクロストレッチネックゲイター NN71800

  • 税込み3,135円
  • サーモライト素材採用で保温性抜群

  • 軽さと保温性を兼ね備えたネックウォーマーです。体から発する熱を逃さずキープする、サーモライト素材が使われています。首元が開かない、前面が長いデザインです。

ストレッチが効いているので伸びやすく、フリーサイズで男女問わず着こなせます。戻る形状のため適度にフィット。着けているうちに生地が伸びていく心配はありません。裏地には防風機能があるフリース素材が使われ、荒れた天気の日に活躍します。

バリエーションが豊富なのも魅力の一つです。ブラック・チャコール・アーバンネイビーを含む、全5色が揃います。どれもコーディネートになじみやすい、シンプルで落ち着いたデザイン。複数枚購入して家族で共有すれば、その日の気分にあった色を使えます。

おすすめ②
  • Columbia Sportswear(コロンビアスポーツウェア)
  • バックアイスプリングスネックゲーター PU2282

  • 税込み2,340円
  • シンプルカラーから派手なデザインまで種類が豊富

  • ラインナップの豊富さが魅力です。シンプルで使いやすいブラックから、パターン模様の人目を惹きつけるカラフルなデザインまで揃います。

9種類から選べるデザインの中には、群馬県みなかみ町で行われるキャンプを通した人気音楽フェスNACや、インスタグラマーが監修したものもあります。ネックウォーマーをファッションのアクセントとして取り入れ、おしゃれを楽しみたい人におすすめです。ロゴは刺繍のため、経年変化で消えてしまう心配はありません。

軽量で毛足がつぶれにくい、MTRフリースを採用しています。厚手で耐久性にすぐれ伸縮に富んだ、メーカーオリジナル素材です。保湿力が高く速乾性も特徴のため、野外活動でも首元から温かさを感じます。風が強い日はアウターの襟を立てて使いましょう。

おすすめ③
  • セルヴァン(CERVIN)
  • シルクガーゼマスク ネックウォーマー

  • 税込み1,755円
  • 乾燥対策に!やさしいシルク生地で肌しっとり

  • 裏面に繊細なシルク生地を採用し、なめらかな肌触りを実現。保温性・吸湿性が高く、乾燥しがちな季節でも肌荒れ予防が期待できるアイテムです。

表面はガーゼ生地の二重仕様で、放湿・通気性にもすぐれています。装着時ゆとりができるように設計され、息苦しさを感じません。メイクを崩さず使えるので女性におすすめです。左右に耳をかける穴があり、ズレにくいのがうれしいポイント。自転車に乗って揺られても、口元から動かずストレスフリーです。

年代に関係なく取り入れやすい、シンプルで上品な6色展開が魅力です。普段使いしやすいブラックや首元が華やかに見えるオレンジなど、デイリーユースに落とし込みやすいバリエーション。春先や秋の肌寒い時期に似合うカラーもあります。

おすすめ④
  • Charm(チャーム)
  • ミックスオーガニックコットン ネックウォーマー

  • 税込み2,420円
  • オールシーズン活躍する1枚仕上げタイプ

  • 1枚仕上げのちょうどいい薄さで、オールシーズン使えます。オーガニックコットン100%素材の、医療用帽子にも使える万能アイテムです。

農薬や化学肥料が使われていない綿花を原料とした日本製です。肌にやさしく品質にも安心感があります。90%を上回るすぐれたUVカット率から帽子やフェイスカバーとしても使えるので、機能性を重視したい人にぴったり。帽子は真ん中を1回ねじって片側へ重ねれば出来上がりです。

アウトドア以外に自宅でのリラックスタイムでは、ヘアターバンとして活躍します。防湿性があり、お風呂上りに半乾きの髪へ巻くのもおすすめです。カラーバリエーションは豊富で、明るい色味のブルー・ライムグリーン・レッドを含む8種類が揃います。

おすすめ⑤
  • THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
  • ヌプシマフラー NN72003

  • 税込み8,320円
  • 保温力抜群!ボリューミーなダウンで首元をガード

  • 高級として内訳される、600FPダウンを使用しています。90%も含み空気を多く溜められ、体からの熱を逃しません。残り10%は弾力性に富んだ羽根のフェザーです。

長さ82㎝・幅14㎝と、ユニセックスのサイズです。ブラック以外はツートンカラーのデザインで、男女のほかカジュアルとフォーマルスタイルどちらでも重宝します。巻いたとき首元にくるブランドロゴが印象的です。

装着は端にある穴へ、片側を通すだけでOK。ポケッタブル構造を採用して、付属品を必要とせずコンパクトに収納できます。山登りやキャンプのように、荷物が多くなりがちなアウトドアでも活躍。上着のポケットに入れて持ち歩けます。

おすすめ⑥
  • PRODIGAL(プロディガル)
  • カシミヤ100% ネックウォーマー

  • 税込み4,000円
  • カシミヤ100%!リブ編みでファッション性抜群

  • 軽くてやわらかい触り心地の、カシミヤ素材を採用。肌の上からでも直接使える繊細な質感で、秋口からコーディネートの幅を広げます。

リブ編みのため伸縮性が高く、ストレスフリーに着脱可能です。一度のフィッティングでぴったり装着でき、冷たい空気が侵入するのを防ぎます。おしゃれな着回し力もアップする、贅沢な逸品です。セーターとの組み合わせで、襟元だけデザインのことなる服に見せられます。

カラーは全部で19種類あり、サイズはフリー展開。思わず複数枚買いたくなる豊富なラインナップも魅力の一つです。オフホワイト・チャコールグレー・カーキなど、シーズンごとにあわせやすい色味が揃います。軽くかさばりにくいので、使わないときはバックにしまえて邪魔になりません。

オススメ⑦
  • Buff(バフ)
  • COOLNET UV+

  • 税込み2,990円
  • 広いカバー力と伸縮性!多彩なシーンで活躍

  • ネックカバーやフェイスマスクのほか、すぐれた伸縮性をいかしてヘアアップに使えます。多くのシーンで活躍が期待できる汎用モデルです。

バリエーション豊かなデザインがうれしいポイントです。日本限定シリーズも展開され、富士山や花をモチーフにした日本人になじみ深い柄も手に入ります。個性を表現したい人におすすめです。天然銀塩の防臭・抗菌技術を施し、汗をかくシーンで活躍します。

素材はリサイクルペットボトルを使ったポリエステルファイバーです。UPF50レベルのUVカット機能を備え、身に着けるだけで98%の紫外線を防ぎます。肌に気を使う女性にぴったり。顔全体にフィットしやすく、日差しが強い時期にも重宝します。

おすすめ⑧
  • nakota (ナコタ)
  • ネックウォーマー

  • 税込み2,940円
  • 機能とデザインを両立!ボタンを使ったフィッティング

  • 被らずに前でとめるユニークな仕様。首元をすきまなく包み込めます。オリジナルのボタンが視覚的なアクセントと機能性を持つ、特徴的なデザインです。

静電気が起こりにくいうえ、セットした髪が乱れないボタン式。2つあるボタンを上だけ留めると、鎖骨周りもあたたまります。広げてミニひざ掛けとして使うのもおすすめです。裏地にはマイクロボアが採用され、素肌に当たってもチクチクしません。さらっとしているので、長時間付けていても快適にすごせます。

カバンの中に入れて邪魔にならない点もGOOD。冬はもちろん、日中との寒暖差が激しい春や秋のシーズンでも活躍する商品です。カラーは全部で15種類あり、ブラックやレッドといった冬のファッションになじみやすい色合いがチョイスされています。

おすすめ⑨
  • Arc'teryx(アークテリクス)
  • ロー LTW ネックゲイター

  • 税込み5,980円
  • 寒い季節のレジャーに適応する、あたたか設計!

  • 極地の厳しい寒さからも、顔まわりを守る本格仕様。長さが十分あるので、目の下まですっぽり覆えます。熱効率を考え抜いた素材で作られています。

素材はメリノウール・スパンデックスの2種類です。天然繊維のため軽量で保温性にもすぐれ、顔周りの湿気を適度に調節します。防臭性も高く、冬場に毎日使いたい人や泊まりがけのイベントへ気軽に持っていける点も魅力的。呼吸で湿りやすいサイクリングにもぴったりです。

伸縮性があるので顔周りにもフィットしやすく、ジェンダーレスな防寒具としてもおすすめです。前面には最古の鳥、アーケオプテリクス・リトグラフィカのブランドロゴが刺繍され、ファッショナブルな雰囲気を演出しています。

おすすめ⑩
  • UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)
  • リバーシブル ネックゲイター

  • 税込み3,300円
  • 夜間活躍するブランドロゴをふんだんにプリント!

  • ブランドの象徴ともいえるロゴマークが、全体に散りばめられています。反射材を使用することで、暗がりでも認識されやすい安全設計。夜のランニングに最適です。

裏返しても使えるリバーシブルタイプで、その日の気分によって使い分けられます。表のおしゃれなデザインとは異なり、裏面はシーンを問わない落ち着いた印象です。幅は手前25cmから一番短いところでも18.5cmと広く、使う人を選びません。首回り55cmの、フリーサイズ仕様です。

薄めに作られているので、寒い季節以外にオールシーズン活躍します。小さく畳めるためちょっとした外出時に便利です。反対に必要なものを厳選したい山登りや、部活動の遠征といったシーンにも適しています。

【スポーツ用】ネックウォーマーおすすめ5選

続いて、ランニングやワークアウトに最適なおすすめのスポーツ用ネックウォーマーをご紹介します。夏の使用やマスク代わりにしたい方は、素材にも注目して選びましょう。

おすすめ①
  • 美津濃(ミズノ)
  • ランニングネックウォーマー J2JY7501

  • 税込み2,750円
  • 寒い日でも蒸れにくく温かさをキープ!

  • ブレスサーモと呼ばれるミズノ独自の特殊素材を採用。皮膚から出る水分子の動きを熱に変える特性を活かし、顔周りを寒さから守ります。ウールやコットンより高い発熱量です。

繊維に吸着した水分子は、薄めの生地に反して高い保温力を発揮します。長時間あたたかさを保つためスポーツ用として販売されていますが、趣味のジョギングやサイクリング、トレッキングにも最適です。通気性にすぐれスリムなデザインで動きやすく、車の運転中にも使いやすいとユーザーからよろこばれています。

サイズはフリーで幅最大37.5cm・最小33cm、首回りは50cmと体格のいい男性でも装着しやすい余裕がある設計です。室内用の防寒具としても日常的に使えるアイテム。冬の朝、布団から出るまえに身に着けたい商品です。

おすすめ②
  • NIKE(ナイキ)
  • ネックウォーマー RN4001

  • 税込み1,500円
  • テンションがアップするナイキマークで安全にランニング!

  • 表面にあるロゴマークは、暗い場所でも見やすい反射構造です。ランニングする際の安全を確保しつつ、スタイリッシュな印象を与えます。昼夜問わず使いたいデザインです。

素材にナイキ独自のDri FITテクノロジーポリエステルと、ポリウレタンを採用しています。激しく身体を動かしていても溜まった湿気を逃がすので、装着部はドライなままです。生地が薄めなためフルフェイスで着用していても呼吸しやすく、冬場のライダーにもおすすめです。

口元から首元まですっぽりカバーできる長めな設計で、高性能のマイクロファイバーが体温をキープします。カラーは場所を問わず使えるブラックです。表面にプリントされたロゴマークは、コーディネートのワンポイントになります。

おすすめ③
  • Reebok(リーボック)
  • ネックウォーマー

  • 税込み1,815円
  • 使い道はさまざま!帽子やバンダナに素早く変身

  • 伸縮性があるポリウレタン素材を採用。ネックウォーマー以外に、帽子・バンダナ・スカーフにもなるマルチな使い道を秘めたアイテムです。

フリーサイズで性別や年齢を問わずおすすめできるアイテムです。カラーは無地のグレーとサーマル、プリント柄のジオキャスト・ブラックの4種類。通勤・通学といったデイリーシーンで使いやすいシンプルバージョンと、人の目を引きつけるおしゃれなデザインがあります。

表面にプリントされたブランドのロゴマークは反射性があり、夜道でも目立ちやすく安心です。ランニングを含むスポーツ用として作られているので、通気性がよくオールシーズン活躍。汚れたら洗濯機で洗え、長く清潔に使えます。

おすすめ④
  • Rivroo
  • 防寒フェイスカバー

  • 税込み1,680円
  • 柄は全部で30種類!つい揃えたくなるバリエーション

  • 豊富なバリエーションが大きな魅力。中には人間や動物の口元がプリントされたユニークなデザインもあり、スタイルにあわせて楽しくコーディネートできます。

イヤーフック付きでズレにくく、ゴム素材の伸縮性によって長時間つけていても耳が痛くなりません。表面には通気性のいいメッシュ素材が使われています。ぴったり装着しても呼吸がしやすく、眼鏡やゴーグルをかけていてもレンズが曇りにくい仕様です。

裏面には肌にやさしいフリース素材を採用。保温性も良好でカバー範囲も広いため、口元から首回りまでの露出を減らしたいウィンタースポーツにぴったりです。2,000円を切る比較的安価な値段で機能性が高く、コスパ重視の人におすすめです。

おすすめ⑤
アンダーアーマースポーツマスク フリース ネックウォーマーの画像
  • UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)
  • スポーツマスク フリース ネックウォーマー

  • 通気、抗菌性を強化した3層構造モデル

  • 表・内部・裏それぞれに異なる素材を採用。呼吸がしやすいポリウレタンや抗菌加工済みのアイソチルが使われ、よりアクティビティ向けに設計されています。

メーカーが独自開発した立体構造のエアポケット効果で、運動中でも息が苦しくなりにくい作りです。フィット感は後にあるコードで調整可能。激しく身体を動かしたときにマスクがズレるのを防ぎます。日常的にスポーツをする人におすすめのアイテムです。

肌に直接触れる部分は熱を分散させる冷感素材のため、夏場でも快適にすごせます。清潔な状態をキープできるよう、手洗いが可能。速乾性にすぐれているので、こまめに洗濯可能な点もポイントです。

ネックウォーマーで寒さを乗り切ろう!

WINTERのロゴの写真

ネックウォーマーは、寒さ対策として非常に効果的な商品です。マフラーと違い、外れてしまうこともなく、邪魔になりにくいのでウィンタースポーツのお供としても、きっと活躍してくれるでしょう。ただ種類が多いので、何を選べばいいのかわからない方は、今回紹介したことを踏まえて、ネックウォーマーを選んで観てはいかがでしょうか。自分に合った商品で、寒さを乗り切ってください!



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!