キャンプにおすすめデザート26選!子供や大人も楽しめるレシピ大公開

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

アウトドア

>

キャンプにおすすめデザート26選!子供や大人も楽しめるレシピ大公開

キャンプにおすすめデザート26選!子供や大人も楽しめるレシピ大公開

aya0505m
2019-05-14

キャンプの醍醐味でもある、BBQ後のお楽しみデザートタイムを充実させたいと思う方は沢山いますよね。そこで早速素材ごとに、こんなデザートがキャンプ場で作ることができたら素敵だと思うレシピの候補をいくつかあげてみました。

・定番のマシュマロを使った簡単デザートレシピ
・焼くだけで美味しいフルーツのデザートレシピ
・ちょっと大人向けの美味しいデザートレシピ 
・りんごやバナナを使ったデザートレシピ
・ホットケーキミックスを使ったデザートレシピ
・スキレットを使ったデザートレシピ

上記の中でも、ホットケーキミックスを使ったデザートレシピは混ぜる作業などと言った簡単な作業が基本となるものが多いので、手軽に子供と一緒に作ることができるのも魅力的ですよね。

また大人向けの美味しいデザートレシピでは材料に、アルコールやコーヒーなどを使い定番のキャンプデザートにアイデアをプラスして、優雅で贅沢なひと時を味わうのも良いですよね。

そして夏場だけでなく、季節問わず楽しむことができるのもキャンプの魅力の一つ。せっかくですから、その季節にしか味わうことのできないデザートを食べてみてはどうでしょう?例えば・・・

・春のお花をイメージしたデザートレシピ
・夏に食べたい冷たいデザートレシピ
・秋の味覚を使ったデザートレシピ
・寒い冬におすすめの暖かいデザートレシピ

などと言った、四季の味覚を味わうことでキャンプの思い出がより一層忘れられない素敵な思い出になるでしょう。

また突然キャンプに誘われた際に役立つ、差し入れ(手土産)におすすめのデザートや炎天下でも冷たさをキープできるおすすめのクーラーボックスと、持ち運び方法など詳しく紹介していますので、ぜひアウトドア未体験の方も活用してみてくださいね。

キャンプにおすすめ!子供から大人まで楽しめるデザートレシピ14選

キャンプの醍醐味BBQ後のお楽しみデザートタイム・・・。
子供から大人まで楽しむことができる、キャンプイベントの一つとも言えますね。

オーソドックスな、焼きマシュマロに焼きりんごなども美味しいですが、冒頭で例にあげた大人が喜ぶお酒を使ったデザートレシピや、コーヒーを使ったほろ苦いデザートレシピ、子供も一緒に作れるホットケーキミックスを使った簡単デザートレシピがあったら大変便利ですよね。

そこで、キャンプにおすすめのデザートレシピの中でも特に人気のレシピ14選を一挙公開しますので、ぜひあなたも作ってみてくださいね。

定番のマシュマロを使った簡単デザートレシピ【スモア】

〈材料 2人分〉
・カントリーマアムクッキー お好みの量
・バターもしくはマーガリン 少々
・マシュマロ お好みの量

〈作り方〉
①カントリーマアムクッキーの表面に少量のバターもしくはマーガリンを塗る。
②①の上にマシュマロを乗せる。
③コンロの上にアルミ容器(フライパンでも可)を置き、②を置き様子を見ながら焼いてできあがり。
※お好みでマシュマロの表面をガスバーナーで炙って焦げ目をつけても良いでしょう。

定番のマシュマロを使った簡単デザートレシピ【マシュマログラタン】

〈材料 2人分〉
・食パン 2枚
・くるみなどお好きなナッツ お好みの量
・バターもしくはマーガリン
・マシュマロ お好みの量

〈作り方〉
①食パンの両面にバターorマーガリンを塗り焼き網で様子を見ながら2分ほどこんがりと焼く。
②焼いてラスク風になった食パンを細かく千切る。
③千切った食パンと砕いたナッツをボールで軽く和える。
④BBQコンロ対応のアルミの入れ物に③を敷き詰める。
⑤④の上にマシュマロを乗せ焼き網の上で3分~5分ほど焼いたらできあがり。
(火力によっては焦げてしまうこともありますので、様子を見ながら焼いてください。)

焼くだけで美味しいフルーツのデザートレシピ【焼きりんご】

〈材料 2人分〉
・りんご 2個
・砂糖 40g
・バター 30g
・シナモン 適量

〈作り方〉
①りんごの芯抜き専用の調理器具を使い、芯をくり抜く。
②アルミホイルの上に①のりんごを置き、くり抜いた芯の穴にバター15g・砂糖20gをスプーンなどを使い詰め込む。
③②をアルミホイルに包み、焼き網の上に置き様子を見ながら、りんごが指で押せるぐらい柔らかくなるまで焼く。
※りんごの焼き具合を確認する際は、軍手を使用し火傷に充分気をつけましょう。
④焼きあがったりんごをアルミホイルから取り出し、シナモンを適量かけたらできあがり。

焼くだけで美味しいフルーツのデザートレシピ【焼きグレープフルーツ】

〈材料 2人分〉
・グレープフルーツもしくはピンクグレープフルーツ
・砂糖

〈作り方〉
①グレープフルーツを半分にカットする。
②グループフルーツを焼き網に乗せ様子を見ながら両面を焼く。
③グレープフルーツの表面に砂糖を振ってできあがり。

焼くだけで美味しいフルーツのデザートレシピ【焼きみかん】

〈材料 2人分〉
・みかん お好みの個数

〈作り方〉
①みかんを丸ごと焼き網に乗せ、様子を見ながら焼く。
②みかんに焼き目が付いたらできあがり。

ちょっと大人向けの美味しいデザートレシピ【お酒を使ったレシピ・ラムプリン】

〈材料 2人分〉
・卵(全卵)2個
・牛乳 300ml
・ラム酒 30g
・砂糖 40g

〈作り方〉
①卵の白身を切るように泡立てる。
②①に牛乳・砂糖・ラム酒を入れ更に泡立てる。
③フタ付きココットなどに②を注ぐ。
④BBQコンロで沸騰させた鍋に③を置き10分ほど様子を見ながら蒸す。
⑤鍋から取り出しフタをしたまま常温になるまで冷ましたらできあがり。

ちょっと大人向けの美味しいデザートレシピ【ほろ苦レシピ・コーヒークラッシュゼリー】

〈材料 2人分〉
・アイスコーヒー 300ml
・牛乳 300ml
・ゼラチン 10g
・砂糖 20g

〈作り方〉
①鍋にアイスコーヒー・砂糖を入れコンロで様子を見ながら火にかける。
②沸騰寸前になったところでゼラチンを入れ混ぜながら溶かす。
③ゼラチンが完全に溶けたら火からおろし、クーラーボックスもしくは氷の張ったボールに水と塩を入れその中で冷ます。
④③が固まったら、スプーンなどを使いお好みサイズに簡単にカットする。
⑤冷えた牛乳150mlに③を入れたらできあがり。

フルーツを使ったデザートレシピ【チョコバナナ餃子】

〈材料 2人分〉
・バナナ 2本
・板チョコ 1枚
・餃子の皮 8枚
・はちみつ

〈作り方〉
①バナナをスライスし、板チョコを一口サイズに割る。
②餃子の皮でバナナとチョコを包む。
③直火対応のアルミ容器もしくはフライパンに餃子を乗せBBQコンロで様子を見ながら、焼く。
④餃子に焦げ目が付いたら、はちみつをかけてできあがり。

フルーツを使ったデザートレシピ【フルーツのチョコフォンデュ】

〈材料 2人分〉
・バナナやいちごなどお好みのフルーツ 
・板チョコ 200~300g
・牛乳もしくは生クリーム 150~200ml

〈作り方〉
①鍋に牛乳もしくは生クリームを入れ、BBQコンロに置き沸騰寸前になるまで様子を見ながら火にかける。
②沸騰寸前になったら、鍋をBBQコンロからおろし砕いた板チョコを鍋の中に入れて、木べらで板チョコが溶けるまでしっかりかき混ぜる。
※板チョコは余熱で溶かすことをおすすめしますが、冬などの寒い日はBBQコンロを使い溶かしても良いでしょう。その際、チョコレートが鍋底に焦げ付きやすいので注意しましょう。
③鍋の板チョコが完全に溶けたら、お好みのフルーツをフォンデュしできあがり。

ホットケーキミックスを使ったデザートレシピ【バウムクーヘン】

〈材料 2人分〉
・ホットケーキミックス 300g
・卵 (全卵)4個
・砂糖 80g
・牛乳 120ml
・バター 120g
・アーモンドプードル 70g
・バニラエッセンス 少々

〈作り方〉
①ボールにホットケーキミックス・卵・砂糖・牛乳・バター・アーモンドプードル・バニラエッセンスの順で入れ混ぜ合わせる。
②長い棒にアルミホイルをしっかり巻きつける。
③棒に①を塗り、焼き網の上で棒を回しながら焼く。
④焼き色が付いたら、再度①を棒に塗り①の生地がなくなるまでこの作業を繰り返す。
⑤生地がなくなるまで焼き上げたら、できあがり。

ホットケーキミックスを使ったデザートレシピ【チーズ蒸しパン】

〈材料 2人分〉
・ホットケーキミックス 100g
・粉チーズ 10g
・卵 1個
・砂糖 25g
・牛乳 80ml

〈作り方〉
①ボールにホットケーキミックス・粉チーズ・卵・砂糖・牛乳をしっかりと入れ混ぜ合わせる。
②アルミ容器に①を流し込む。
③BBQコンロで沸騰させた鍋に②を入れ様子を見ながら10分ほど蒸してできあがり。

スキレットを使ったデザートレシピ【パンケーキ】

〈材料 2人分〉
・ホットケーキミックス 200g
・ヨーグルト 200g
・バター 20g
・サラダ油 少々

〈作り方〉
①バターを常温30分から1時間ほど溶かす。(夏場は様子を見て時間を少なくしてください。)
②ボールにホットケーキミックス・ヨーグルト・バターの順に入れホットケーキミックスのダマがなくなるまで、良くかき混ぜる。
③スキレットにキッチンペーパーや刷毛を使い、ムラがないようにサラダ油を塗る。
④③のスキレットに②を100g弱入れ、焼き網に置き様子を見ながら表面に軽く焦げ目がつくまで焼く。
⑤④に竹串もしくは菜箸を刺し、生地が中までしっかり焼けていることを確認できたら焼き網からスキレットをおろし、できあがり。
※パンケーキの表面ばかり焼けてしまい、中身が生焼けの時はスキレットにアルミホイルを被せ焦げすぎないように気つけてください。また、風の強い日などはアルミホイルが飛ばされることもあるので、目を離さずに焼きあがりまでしっかり様子をみましょう。

スキレットを使ったデザートレシピ【いちごのクラフティ】

〈材料 2人分〉
・いちご 半パック
・ココナッツオイルもしくはココナッツシロップ 10ml
・小麦粉 15g
・牛乳 125ml
・バニラエッセンス 2滴

〈作り方〉
①ボールに小麦粉・牛乳・ココナッツオイル・バニラエッセンスの順で入れてしっかりと入れ混ぜ合わせる。(小麦粉のダマはしっかりと潰す)
②スキレットにカットしたいちごをお好みの並び方で置いていく。
③②に①を流し込み、20分~25分ほど様子を見ながら焼き網で焼いたらできあがり。
(焦げ防止でアルミホイルで蓋をしても良いでしょう。いずれにしても、火から目を離さぬようお気をつけください。)

スキレットを使ったデザートレシピ【ダッチベイビー】

〈材料 2人分〉
・卵 3個
・小麦粉 90g
・牛乳 110ml
・バターもしくはマーガリン 20g
・バニラエッセンス 2~4滴

〈作り方〉
①ボールに小麦粉・卵・牛乳・バター15g・バニラエッセンスの順で入れ小麦粉のダマがなくなるまで混ぜ合わせる。
②スキレットに残り5gのバターを塗り①の生地を半分ずつ流し込む。
(2人分ですのでスキレットは2つ使います。)
③焼き網の上に置き、様子を見ながら20分ほど焼いたらできあがり。
(焦げ防止でアルミホイルで蓋をしても良いでしょう。いずれにしても、火から目を離さぬようお気をつけください。)
※お好みでメープルシロップやはちみつ、果物などをトッピングすると更に美味しくアレンジできます。

季節に合わせたキャンプで美味しいデザートレシピ12選

キャンプシーズンと聞くと、夏と答える方が大勢いるかと思いますが、オールシーズン楽しむことができるのが本格的なキャンプの魅力。

そんな本格的なキャンプで誰もが簡単に四季を身近に感じることができるのは、食事。男女問わず楽しむことのできる食事で四季の味覚をデザートに活かしてみるのもいいですね。

また、夏場のキャンプの悩みでもある腐りにくいデザートレシピも紹介しますので、ぜひあなたも季節のデザート作りにチャレンジしてみましょう。

春のお花をイメージしたデザートレシピ【草餅】

〈材料 2人分〉
・お餅 真空パックも可 2切
・あんこ つぶでもこしあんでも可 45g
・茹でたよもぎ 40g

〈作り方〉
①茹でたよもぎを、すり鉢などですり潰す。
②お餅をBBQコンロで沸かした鍋で柔らかくなるまで茹でる。
③ボールに①と②を入れ、ムラがなくなるまで混ぜ合わせる。
④③を平たく手で伸ばし、あんこを20gずつ真ん中に置き包み込んだら、できあがり。
※お好みで、黒蜜やきな粉を付けて食べるのもおすすめです。

春のお花をイメージしたデザートレシピ【手作りジャムのいちごミルク】

〈材料 2人分〉
ジャム
・いちご 半パック
・レモン汁 3ml
・砂糖 30g

いちごミルク
・牛乳 300ml
・はちみつ 10ml

〈作り方〉
①鍋にいちご・レモン汁・砂糖を入れBBQコンロに鍋を置き、様子を見ながら火にかける。
②とろみが出るまで木べらで混ぜながら火にかけたら、コンロからおろす。
③②が常温になるまで、冷ます。
④コップに③を半量と牛乳・はちみつをいれスプーンなどでかき混ぜできあがり。

春のお花をイメージしたデザートレシピ【ザクロ酢クラッシュゼリー】

〈材料 2人分〉
・ザクロ酢 75ml
・砂糖 15g
・ゼラチン 5g
・サイダーもしくはスパークリングウォーター 200ml
・ラズベリーなどのベリー果実 お好みで

〈作り方〉
①鍋にサイダー・ザクロ酢・砂糖・ゼラチンを入れ様子を見ながらBBQコンロで火にかける。
②①のゼラチンが溶けたらすぐにBBQコンロから鍋を外し常温で冷ます。
(氷と水の張ったボールやクーラーボックスがあると冷たく美味しいザクロゼリーに仕上がります)
③固まったザクロ酢ゼリーをスプーンなどでクラッシュしラズベリーなどの果実と和えて器に盛り付けたらできあがり。
(大人向けには、ザクロ酢を果実酒に変えても良いでしょう。お好みのアレンジをしましょう。)

夏に食べたい冷たいデザートレシピ【フルーツポンチ】

〈材料 2人分〉
・お好みの果物 缶詰も可 100g
・砂糖 15g
・サイダー 300ml

〈作り方〉
①ボールにサイダーと砂糖を入れ、軽く混ぜながら砂糖を溶かす。
②①に果物を入れ、コップなどの器に盛り付けたらできあがり。
(大人向けには、サイダーにウォッカーやココナッツリキュールなどを加えてみると更にアレンジを楽しめるでしょう。)

夏に食べたい冷たいデザートレシピ【腐りにくいデザート・水羊羹】

〈材料 2人分〉
・あんこ つぶでもこしあんでも可 450g
・粉寒天 3g
・水 250g
・塩 1~2g

〈作り方〉
①鍋にあんこ・水・塩を入れBBQコンロに置き、様子を見ながら火にかけ木べらで混ぜ合わせる。
②①のあんこと水が混ざり合ったら、粉寒天を入れ沸騰寸前までに粉寒天を木べらで混ぜながら溶かしきる。
③粉寒天が溶けたら、BBQコンロからおろしお好みの型に入れ常温で冷まし固めたらできあがり。
※お好みで、きな粉をかけて食べても良いでしょう。
(※夏場に野外で作り食べることができるスイーツですが、いずれにしても調理後はすぐにお召し上がりください。異常があった際は、食べぬようお気をつけください。)

夏に食べたい冷たいデザートレシピ【腐りにくいデザート・わらび餅】

〈材料 2人分〉
・わらび餅粉 150g
・黒蜜 適量
・きな粉もしくは抹茶 適量
・熱湯 280ml

〈作り方〉
①鍋にわらび餅を入れ木べらで混ぜながら数回に分け熱湯を注ぐ。
②熱湯を全て入れ終えたら、BBQコンロに置き鍋底をかき混ぜながら火にかける。
③とろみがついたら、BBQコンロから鍋をおろし常温で冷ます。
※わらび餅が固まらない場合は、氷の張った水やクーラーボックスで冷ましてください。
④③をスプーンなどで切り分け器に盛り、きな粉や抹茶をかけたらできあがり。
(※夏場に野外で作り食べることができるスイーツですが、いずれにしても調理後はすぐにお召し上がりください。異常があった際は、食べぬようお気をつけください。)

秋の味覚を使ったデザートレシピ【かぼちゃのグラッセ・アーモンド和え】

〈材料 2人分〉
・かぼちゃ 150g
・砂糖 40g
・アーモンドスライスもしくはくるみ 適量
・はちみつ 20ml
・バター 20g

〈作り方〉
①鍋に塩とかぼちゃを入れ、かぼちゃに竹串が刺さる固さに茹でたらかぼちゃを取り出す。
②鍋もしくはフライパンやBBQコンロ対応のアルミ容器などにバターを入れBBQコンロに置き火にかける。
③②のバターが溶けたら、①のかぼちゃを入れバターを絡ませる。
④③にアーモンドスライスとはちみつを入れ和えたら器に盛りできあがり。

秋の味覚を使ったデザートレシピ【柿ジャム】

〈材料 2人分〉
・柿 2個
・砂糖 40g
・はちみつ 20g
・レモン汁 5ml
・パンもしくはクラッカー お好みの量
・クリームチーズ お好みの量

〈作り方〉
①鍋に皮を剥きカットした柿に砂糖をまぶし20分ほどそのまま置く。
②レモン汁を①に入れ、鍋をBBQコンロに置き様子を見ながら火にかける。
③②のとろみが出たら、BBQコンロから鍋をおろしてはちみつを加える。
④余熱を使い、はちみつを良く混ぜ合わせる。
⑤鍋ごと常温になるまで冷ます。
⑥パンやクラッカーに柿ジャムとクリームチーズを乗せてできあがり。
(クリームチーズ以外にも、コンロで温めたカマンベールチーズを乗せるのもおすすめです。)

秋の味覚を使ったデザートレシピ【いちじくのコンポート】

〈材料 2人分〉
・いちじく 4個
・砂糖 50g
・レモン汁 5ml
・シナモン お好みの量

〈作り方〉
①丁寧に皮を剥いた、いちじくに砂糖をまぶし鍋に入れ20分~30分ほど置いておく。
②レモン汁とシナモンを①に入れ、BBQコンロに置き様子を見ながら鍋を火にかける。
(いちじくが焦げてしまわないように、木べらなどでいちじくを転がしながら火にかけてください。)
③砂糖が溶け、とろみが出たらBBQコンロから鍋をおろし常温になるまで冷ます。
④お皿に盛り付けお好みで、水切りヨーグルトやはちみつをかけてできあがり。
※大人向けには②の段階でラム酒や赤ワインを加えてみても良いでしょう。

寒い冬におすすめの暖かいデザートレシピ【はちみつとナッツピザ】

〈材料 2人分〉
・市販のピザ生地 1枚分の量
・お好みのナッツ 適量
・はちみつ 適量
・バナナ
・市販のチョコレートソース 適量
・シナモンもしくはバニラエッセンス 適量

〈作り方〉
①市販のピザ生地を平たく伸ばし、はちみつ・バナナ・ナッツ・シナモンの順で乗せる。
②直火対応のアルミホイルなどにピザ生地を乗せ、焼き網に置き様子を見ながら10分弱焼く。
③焼きあがったピザにチョコレートソースをかけてできあがり。
※他にも、チーズ類やマシュマロを乗せることでバリエーションが広がるでしょう。

寒い冬におすすめの暖かいデザートレシピ【柚子入りミルク粥】

〈材料 2人分〉
・炊いてあるお米 茶碗1杯分
・牛乳 800ml
・水 300ml
・砂糖もしくはオリゴ糖 50g
・シナモン 少々
・はちみつ 少々

〈作り方〉
①鍋に炊いてあるご飯と水を入れBBQコンロに置き火にかけ、水が沸騰したら牛乳・砂糖・シナモンを入れ様子を見ながら木べらで焦げないようにかき混ぜ煮込む。
②とろみが出たら、BBQコンロから鍋をおろしはちみつを加え更に木べらでかき混ぜる。
③器にミルク粥を盛り付けたらできあがり。
※お好みで、オリーブオイルをかけて食べるとまた違ったアレンジとなります。

寒い冬におすすめの暖かいデザートレシピ【スイートポテト】

〈材料 2人分〉
・さつまいも 500~600g
・砂糖 70~80g
・バターもしくはマーガリン 30g
・生クリームもしくは牛乳 15ml
・バニラエッセンス 少々
・卵黄 卵1個分


〈作り方〉
①さつまいもの皮を剥き、カットし水の張ったボールに入れて20分~30分ほどアクを抜く。
②アクを抜いたさつまいもを鍋に入れ、さつまいもが潜るまで水を注ぎ塩を入れBBQコンロに置き火にかける。
③さつまいもに、竹串が刺さるまでの固さに茹でたらBBQコンロから鍋をおろし、ざるに茹でたさつまいもを開け、粗熱を取る。
④粗熱が取れたさつまいもを、大きいボールに入れ麺棒で押し潰す。
⑤④にバター・砂糖を入れ、良く混ぜる。
⑥⑤が全体的に馴染んだら生クリームとバニラエッセンスを加え更に混ぜる。
⑦⑥をお好みの大きさに整形し、表面に刷毛で卵黄を塗る。
⑧直火対応のアルミ型に⑦を入れ、様子を見ながら焼き網に置いて焼く。
⑨⑧に焦げ目が付いたらできあがり。

キャンプの差し入れ(手土産)にぴったり!おすすめのデザート

お世話になっている上司や先輩などからキャンプやBBQに誘われた経験があるという方は、意外と多いはず。

そんな時、美味しくて気の利く手土産を持参することができたら、誘われた相手からとても喜ばれますよね。

そこで、今回は持参しやすく相手からも絶賛されるキャンプ向きの手土産を紹介しますので、あなたも早速活用してみてくださいね。

さっぱり美味しいおすすめのゼリー【瀬戸田のレモンジュレ】

BBQ後にさっぱりとしたレモンジュレがお口直しにピッタリと言うことで男女問わず人気の商品がこちら瀬戸田のレモンジュレ。1個あたり360円とお財布に優しく、高級感のある包みが洗練された印象をあたえてくれます。

他にも、6個入りや15個入りも販売されていますので、人数に合わせて購入してみてくださいね。

ばらまきに便利な個包装のアイス【苺アイス】

冷凍の生いちごの中に練乳のような甘いミルクが詰め込まれたこちらのアイス。口の中でミルクといちごが混ざり合い、甘酸っぱい酸味のあるいちごミルクのような味わいが絶品です。

キャンディーのような小さいサイズ感も配りやすく、手を汚さずに食べれるので男性からも好かれる商品です。和紙のようなデザインの箱が上品な雰囲気もあるので、上司への手土産にもおすすめです。

ナイフを使わずに食べれる美味しいフルーツ【フルーツフラワーアレンジメント】

キャンプやBBQにフルーツを差し入れしたいけど、ナイフなどの持参は控えたい・・・なんて言うことは結構ありますよね。

なおかつ、手を汚さずに食べれてオールシーズン販売されていて、見た目もおしゃれで男女ウケするフルーツと言うことで探される方はきっと多いはず。

そこで、こちらのフルーツフラワーアレンジメントはいかがでしょうか?また、フルーツ一つ一つに串が刺さっているので、アレンジメントからの取り外しも簡単。ぜひ、フルーツの手土産に迷ったらこちらをチョイスしてみてくださいね。

炎天下でも冷たさをキープ!持ち運び方法とおすすめのクーラーボックス

キャンプシーズンと言ったらやはり夏の醍醐味と思う方も多いでしょう。そこで最初の悩みが炎天下での食料の持参方法。持ち込んだ食材が傷んでしまったら、楽しみにしていたBBQも水の泡に・・・。

そんな悩み対策におすすめの持ち運び方法とおすすめのクーラーボックスを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

そして、既にクーラーボックスを持っている方も、新しい商品が続々登場していますのでこれを機に買い替えてみるのも良いでしょう。

差し入れデザートや食材の持ち運び方法を解説

クーラーボックスはあると便利だが、収納スペースが取られてしますので購入は控えたいと言う方にデザートや食材のおすすめの持ち運び方法を3つあげてみましたので参考にしてみましょう。

・保冷袋を使った保冷方法
・紙袋や段ボールを使った保冷方法
・発泡スチロールを使った保冷方法

保冷袋を使った保冷方法

100均などでも手軽に買えるこちらの保冷バックは折りたためて収納に困らない便利なアイテムですね。製品によっては、保冷だけでなく保温もできるので用途に使い分けるのも良いでしょう。

洋菓子店で、ケーキなどを購入すると無料で貰える保冷剤などを冷凍保存しておいて、保冷バックの中に入れて使うことで保冷効果が高まりますよ。

紙袋や段ボール袋を使った保冷方法

次に紹介するのは、どの家庭にも大概と言っていいほど存在する紙袋や段ボールを使った保冷方法です。紙袋や段ボールでの保冷方法なんて検討も付かないと言う方に、保冷方法の手順を紹介しますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

①使用する紙袋や段ボールの中に大体同じ大きさのビニール袋を入れる。
②500mlの空きペットボトルに水を入れ凍らせた物を①の底に寝かせて入れる。
③保冷したい食料を②の上に入れて完成。
※更に③の上に食材が潰れてしまわない重さの保冷剤を入れることで保冷効果が高まります。

発泡スチロールを使った保冷方法

発泡スチロールに食材を入れて販売している卸し市場の光景を、見たことのある方はきっともう検討がついているでしょう。そうです、その市場の光景をそのままキャンプやBBQに活用すれば良いのです。

発泡スチロールの中に、氷や保冷剤を入れて食材を入れ蓋をすることで食材を外部の衝撃から守ることもできるので一石二鳥。

発泡スチロールなんて自宅にない・・・。なんて言う方は、お店によってはサービスカウンターなどで無料で貰える店舗もあるのでお店の方に訪ねてみるのも良いでしょう。

また、BBQで余った食材の保管にも再利用できるのでキャンプをする際は一つあると便利なアイテムとも言えるでしょう。

キャンプでおすすめのクーラーボックスを紹介

ホームセンターやキャンプ用品専門店へ行くと様々なクーラーボックスがありすぎて、どれを購入したら良いか分からないと言う方に、それぞれの特徴をもとにおすすめの商品を紹介したいと思います。

アウトドア初心者の方でも、とってもわかりやすく簡単に説明していますので最後までしっかり読み、どの商品があなたの一番求めている特徴を持ったクーラーボックスなのか見極めてみてくださいね。

キャンプでおすすめのクーラーボックスを紹介

子供連れのキャンプやオートキャンプをする際、テントやBBQコンロなど荷物が多いのがキャンプにおける悩みの一つ。そんな時、このコールマンのタイヤ付きクーラーボックスが重い食材を軽減してくれるので、とても便利です。

キャンプだけでなく、子供の運動会にも重宝するのでぜひ活用してみてくださいね。

大容量でおすすめのクーラーボックス

大容量のクーラーボックスを探している方におすすめなのがこちらコールマンのクールでおしゃれな見た目が特徴的なクーラーボックスです。おしゃれなだけでなく、内容量も51ℓと言うことで、2ℓのペットボトルも楽々入る便利な造りとなっています。

キャンプ以外でも、自宅における来客時のちょっとした冷蔵庫変わりにも活用できますのでおすすめですよ。

冷却力が最強のクーラーボックス

商品名通りの優れた冷却力を持つクーラーボックスが、こちらのトウリトのロゴが印象的なバック型クーラーボックスです。長時間保冷できるので、準備に時間のかかりがちなキャンプでは最適のアイテムです。

また、撥水加工が施されているので急な雨やビーチなど水場の持ち込みも気兼ねなく使うことができるのも嬉しい魅力ですね。

折りたたみもでき場所を取らないので普通のクーラーボックスと合わせて、こちらのバック型クーラーボックスを購入してみるのもおすすめです。

台にも使える便利なクーラーボックス

荷物の多いキャンプで忘れてしまいがちなテーブル&チェア。クーラーボックスを持ってテーブル&チェアを持って子供を連れて・・・。考えただけで、悩んでしまいそうになるお父さんの味方が、こちらのプレリーハウスのテーブル&チェア付きクーラーボックスです。

お値段も税込11,800円とリーズナブルな点も魅力の一つ。今年のキャンプは、ぜひこちらの商品を持参し悩みを解消しちゃいましょう。

まとめ

キャンプのど定番とも言える、焼きマシュマロや焼きりんご以外にも子供と一緒に手軽に作れるホットケーキミックスを使ったデザートや、大人が喜ぶお酒を使ったデザートレシピ、季節の果物を活かしたデザートレシピなど予想を超える数々のデザートが、野外のキャンプ場で作れてしまうことが分かりましたね。

そして、上司や先輩から突然のキャンプやBBQのお誘いにも困らずスマートに対応できる、美味しくて手軽なデザートを活用することで、よりキャンプ場でのBBQを盛り上げることができるでしょう。

また、「本格的なキャンプは自分には少し気が引ける・・・。」と言う方は、焼くだけで美味しい「簡単スモア」や「焼きフルーツ」であれば、キャンプ初心者の方でも簡単ですよ。
キャンプ用品を揃えるのが億劫という方でも、紙袋や段ボールを使って、お金がかからないクーラーボックスの代用方法を試してみるのもおすすめです。

あなたに合ったアウトドアの楽しみ方をぜひ見つけてみてください。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!