ニトリのクッション10選!機能性を兼ね備えたおすすめアイテムを紹介

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

グッズ

>

ニトリのクッション10選!機能性を兼ね備えたおすすめアイテムを紹介

ニトリのクッション10選!機能性を兼ね備えたおすすめアイテムを紹介

moovoo編集部
2019-04-18

用途に合わせたニトリのクッションで快適な生活を

ブラウン系のソファーとクッションで統一されたリビング

クッションは、足や腰をサポートするだけでなくインテリアとしても活用できる商品です。とくに、ニトリのクッションは用途に合わせて、さまざまな機能性がプラスされており、快適に使えるところが特徴です。「インテリアとして使いたい」「デスクワークのお供として取り入れたい」など、目的に合わせたクッションを選ぶことで、より快適な生活を送れるようになります。ぜひ、お気に入りのニトリのクッションを見つけてみてください。

ニトリのクッションの選び方

まずは、ニトリのクッションの選び方をご紹介します。

インテリアに合わせたデザイン性の商品を選ぶ

クッションは、ソファやベッドの上などに置くことでおしゃれなインテリアとして使えます。とくに、シンプルな部屋の指し色やアクセントとして使われることが多く、部屋の雰囲気やイメージに合う商品を購入することでグンとおしゃれな部屋を演出できます。

そのため、ニトリのクッションを購入するときは、デザイン性や形状をチェックしてみましょう。すでにいくつかクッションを持っている場合は、季節感のある素材や色合いのクッションをプラスしてみるのもおすすめです。

また、同じ大きさのクッションばかりでは単調になってしまうので、形や大きさの異なるクッションをプラスすることでメリハリを持たせることができます。とくに、ニトリのクッションは、さまざまなモチーフを使ったユニークなクッションが多いので、さり気なく取り入れてみるのもおすすめです。

クッションを使う用途に合わせて選ぶ

クッションをどのように使うのかによっても、選ぶ商品が異なります。例えば、デスクワークをするときに腰や背中をサポートできる商品を探している場合は、姿勢が維持できるような形状のクッションがおすすめです。

また、部屋の中だけでなく車の中やイベント会場などで座るときに使いたい場合には、携帯できるクッションがいいでしょう。ある程度厚みもあると、座ったときに、腰や足への負担が軽減できます。

他にも、映画鑑賞や読書などのリラックスタイムに使用したい場合には、体にフィットする柔らかい素材を使ったクッションがおすすめです。このように、クッションを購入する前には、具体的な利用目的を思い浮かべておくといいでしょう。ニトリのクッションは、さまざまなシーンに合わせて使い分けできる、機能性の高い商品が揃っています。

クッションの素材で選ぶ

クッションのふわふわとした手触りを左右するのが、クッションの内側に使われている素材です。一般的な綿は、ポリエステルなどの合成繊維から作られていることが多いです。張りがあるので形状が安定しやすく、インテリアのクッションに向いています。

一方で、フェザーは空気を含むことができ、ふんわりとした柔らかい質感が特徴。天然素材ならではの上質な使い心地を体感できます。他にも、独特な肌触り心地を実現できる極小ビーズや、体の形状にフィットする低反発素材など、クッションにより、使われている素材は大きく異なります。

ニトリのクッションの場合も、さまざまな素材を使用しており、触り心地や用途を考慮しながら選択することが可能です。使用している素材により価格も異なるので、重視したいポイントを絞って、選んでみてください。

ニトリの正方形クッション5選

種類が豊富なニトリのクッションですが、まずは正方形のクッションを厳選してご紹介します。ソファの背もたれや座布団代わりとしてはもちろんのこと、インテリアとしても重宝します。ぜひ、気になる商品を見つけてみてください。

100%フェザーのインナークッションが人気の秘訣「QLクッションムジ」

生活をデザインする「クオリティライン」のクッションです。クッションカバーとクッションがセットになっており、それぞれ別々に使用することもできます。インナークッションは、フェザー100%で、ふわふわとした柔らかさが魅力的。ボリュームが衰えることなく、長い間愛用できます。

クッションカバーは、大人っぽいシンプルなデザイン。3色展開となっており、上質な光沢感が特徴です。ベッドやソファの上に置いておくだけでも、アクセントになるはず。シンプルだからこそ、柄の入ったクッションや色味のあるクッションと組み合わせて使うのもおすすめです。

ふわふわのファーで癒される「QLクッション(ムートン WH)」

寒い季節になると欲しくなる、温かみのあるクッション。ウールとポリエステルを使用したふわふわのファーは手触りがよく、抱えているだけでも癒されます。

季節感のあるインテリアとして、いつものクッションにプラスしてみるのがおすすめ。ソファの上やいすの上に置いておくだけで、温かみのある空間を演出します。

また、こちらの商品もインナークッションはフェザー100%です。湿気を吸っても乾燥させることで、ふんわりとしたボリュームに戻るところも嬉しいポイント。ふわふわの使い心地が継続するので、ワンシーズンしっかりと楽しめます。

ユニークな食パン型のクッション「モチモチクッション(食パン)」

お部屋に置いてあると目を引く、ユニークな食パン型のクッションです。リアルな食パンがプリントされており、見ているだけでもお腹が空きそう。パンの耳や気泡まで、忠実にプリントされています。

また、一度触ると癖になる、モチモチした触り心地もポイント。ポリエステルを使用しており伸縮性があるため手で触るのはもちろんのこと、座ったり背もたれとして使用したりするのも気持ちよくておすすめです。

さらに、40cm×40cmの使いやすいサイズで、部屋に置いてあっても邪魔になりません。インテリア性と機能性を兼ね備えており、支持を集めている商品です。

ソファに置いて収納としても使える「アクセントクッション(ポケットGR)」

機能性を兼ね備えたクッションとして、おすすめの商品です。クッションの表面には、スマートフォンやテレビのリモコン、雑誌がプリントされており、それぞれポケットがついています。

イラストと同じ位置に収納することで、紛失することなくスッキリと片付けることが可能に。リビングのソファやいすの上に置いておけば、インテリアと収納の2つの役割を果たしてくれます。グリーンとネイビーの2色展開で、室内のインテリアに合わせて選択することも可能です。

また、ボリュームのあるクッションで、ふわふわとした使い心地になっているところも嬉しいポイントです。

しっかりとした厚みで足への負担を軽減「フロアクッション(ガセットBR)」

フローリングや畳の上で座るときに、直接座ると足腰へ負担がかかります。そんなときに便利なのが、こちらのクッションです。持ち手付きで携帯しやすくなっており、家の中だけでなく車の中やイベント会場などでも使えます。

約9cmの厚みがあるので、足やお尻をしっかりとサポート。柔らかい座り心地でしっかりと包み込みます。厚みがある分床の冷たさが伝わりにくいので、寒さ対策にもおすすめです。

また、手洗いができるので、お手入れがしやすいところも魅力的です。座布団として使えるクッションを探している人に、おすすめの商品です。

バリエーション豊富!さまざまな形状のニトリのクッション5選

ここからは、バリエーション豊富なニトリのクッションをご紹介します。大型サイズのクッションや変形クッション、そして使い心地にこだわったクッションなど、人気の商品を厳選しました。ぜひ、気になる商品を見つけてみてください。

ジャンボサイズで体を包み込む「モチモチクッション(BR2 80R)」

直径80cmの円形クッションです。体が埋もれてしまうような伸縮性のある素材に、モチモチとした肌触りが特徴。体をふんわり包み込むので、読書やテレビ鑑賞などリラックスタイムのお供におすすめです。子どもから年配の方まで、癖になる使い心地となっています。

中には、ペットのお昼寝スペースとして活用しているパターンも。また、クッションとしてだけでなく、枕の代わりやお昼寝をするときのベッド代わりとしても使えます。

3つのサイズとローズやターコイズブルーなど4色の色合いから選択できるので、インテリアに合わせて選んでみてください。

うさぎの形がとってもキュート「アクセントクッション(ラビット2BR)」

ソファやベッドの上に置き、インテリアとして使えるおしゃれなクッションです。うさぎの形をしたクッションで、表面にはキュートなうさぎがプリントされています。

裏面はシンプルな無地で、うさぎのシルエットを引き立たせたいときにおすすめです。幅は約35cmと大きすぎることなく、部屋にさり気なく飾ることができます。

また、プリントがモノクロームなので派手になり過ぎず、どのようなインテリアにもナチュラルに馴染むところもポイント。正方形のクッションと組み合わせて飾ることで、大きさに変化を出しアクセントにもなります。

マイクロビーズが姿勢をサポート「姿勢サポートクッション(座面N BR)」

デスクワークなどで、長時間座っていることが多い人におすすめのクッションです。理想的な姿勢を保つのは、なかなか難しいもの。このクッションを使えば真ん中の穴と自然な傾斜で、無理なく首筋が伸びた姿勢を維持できます。

また、マイクロビーズとポリエステル粒綿を使用しているので、柔らかくてソフトな座り心地となっているところも特徴です。長時間座っていてもストレスになりにくく、オフィスなどでも活用できます。

ソファや座椅子、オフィスチェアなどどのようなアイテムにも使えるサイズ感なので、使う場所を選びません。

人をダメにするくらい癖になる「ミニビーズクッション 本体」

粒子の細かな0.3mm~0.5mmの極小マイクロビーズ使用することで、体のラインにフィットする心地いい座り心地を実現。伸縮性のあるなめらかな生地を使っているので、どこの部分を上にしても快適に使えます。

また、腰掛けるだけでなく抱き枕や枕代わりとしても代用でき、リラックスタイムをサポートしてくれる商品です。疲れた体を優しく包み込んでくれるので、テレビを見るときや読書をするときにも使いたくなります。

インテリアに合わせた専用カバーをつけることで、よりおしゃれに使うことができるところも嬉しいポイントです。

背もたれとして使える「低反発背当てクッション(ニットボーダー)」

長時間いすに座ってデスクワークをしていると、足だけでなく腰にも負担がかかります。背もたれ用のクッションを、背もたれと背中の間に入れることで姿勢が安定するところがポイント。背中の湾曲に沿う形状となっているので、隙間を作らずフィットします。

また、低反発素材を使用することで、さらにフィット感を高めているところも特徴。裏面には滑り止めがついているので、背もたれからずれにくくなっています。

もちろん、クッションと併用することも可能。このクッション1つで、オフィスでのデスクワークをサポートしてくれます。

ニトリのクッションで快適な生活を

部屋

今回は、ニトリのクッションの選び方やおすすめの商品をご紹介しました。ニトリのクッションは種類が豊富で、使用目的に合わせて選択することができます。インテリア性を重視した商品やリラックスタイムをサポートする商品など、目的に合わせて選んでみましょう。きっと、今よりも快適な生活をサポートしてくれるはずです。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!