moovoo|(ムーブー)

半歩未来のライフスタイル

MooVoo

半歩未来のライフスタイル

おすすめシャーペン10選!使いやすくデザイン良しの一本の選び方

moovoo編集部
2019-01-29
  • LINE友だち追加


書いていて疲れないものや高級シャーペンなど種類も機能も豊富

数学ノートとシャーペンの写真

シャープペンの種類は大きく分けると3つあります。シャープペンとしてのみ使えるシングルタイプ、ボールペンと両方使い分けられるものがマルチタイプ。また図面を引くときなどに使われる製図用です。

シャープペンとして使うのであれば、便利な機能や特殊機能がついたものや、芯の太さや軸の太さや素材、またグリップの部分など書きやすいものにとことんこだわったものを選べます。ボールペンとしても使えるほうが使いやすいという人や赤など他のカラー芯と入れ替えて使いたいという人はマルチタイプを、最近は普段にも使用されるようになった製図用も細かい文字や描写ができるのでニーズがあります。

自分にあったシャーペンの選び方

書き味がよく握り具合や使い心地、デザインなども気にいるシャープペンを選ぶなら色々とチェックするポイントがあります。芯の太さだけではなく、自分の筆圧や文字を書く時の書きかたなどによって軸の太さやグリップ部分の形状なども細かく選ぶと、満足するお気に入りの1本が見つかるでしょう。

ベストなシャープペンという文具を選ぶポイントを紹介していきます。

0.3~2.0mmまで。芯の太さは書くものや筆圧などによって選ぶ

一般的なシャーペンの芯の太さは0.4~0.5mmですが、細いものだと0.3mmから太いものでは2.0mmまであります。0.3mmは製図用などです。また2.0mmは鉛筆と同じぐらいの太さと考えるといいでしょう。

どのような時にシャーペンを使うのか、どんなところに書くのか、何を書くのかなどによっても選ぶ芯の太さは変わってきます。マークシートなどは太い方が使いやすいですし、細かい字を書いたり狭いところに書くなどに使用するなら細い芯が書きやすいです。

また太さの他に硬さもチェックしましょう。鉛筆と同じでシャーペンの芯の硬さも細かく別れています。4B・3B・2B・B・HB・F・H・2H・3H・4Hと10段階に分かれていて、Bはblack、Hはhardの意味、FはFarm硬い、という意味です。数字が大きくなるにつれて、硬さや濃さが増すことになります。色が濃く出る芯はその分芯が柔らかく、Hの数字が大きいものは芯が硬く色が薄く出るということになります。鉛筆と同じでよく使用されているのはBやHBあたりです。

しかし筆圧が弱い人や描画用などに使う場合はBまたは2B~4Bなどを選び、筆圧が強い人ならばHかもう少し硬めの芯を使うようにすると書き心地が変わってきますね。

筆圧によって選び方が違う疲れないグリップは

シャーペンのグリップ、指で挟む部分の材質もそれぞれ適したものを選ぶほうが書きやすさが違います。

筆圧が強い人は、太めのボディやグリップを選ぶといいでしょう。力が入りづらくなるので適度な圧で書くことができます。また、筆圧が弱い人は細めのグリップの方が握りやすく力が入りやすいです。素材もラバーグリップやゲルなどクッション性のあるもの、硬いものなどがありますが、柔らかいグリップはたくさん文字を書く人や長時間使う人にとって、指への負担が軽いので適しています。

またハードタイプのグリップは、グリップがない分重さも軽く、走り書きのように素早い文字を書いても安定します。シャーペンを使うとよく芯が折れてしまう人は筆圧が強めなので適したものを。シャーペンの字が薄くなってします筆圧の弱い人は細めでラバーグリップのものなどを選ぶといいでしょう。

持っていて高級感がある木製など手帳と一緒に持ちたい筆記具

軸の素材も安価で軽いプラスチック素材のものから木製、金属製など様々あります。

プラスチック製は安いし気軽に使えて軽いので持ち歩くのも便利ですが、汗などで滑りやすくなるので字を書く時に手汗をかく人は使いづらいでしょう。木製のタイプは汗でも滑りにくいし、使い込むにつれて木の味わい深くなってきます。

金属製のものは重厚感があり見た目だけではなく、使用するにあたっても安定感があり、製図用なども金属製がよく使われています。ただこちらも汗で滑りやすくなる感じはあります。

デザイン性も考えて長く愛着を持って使えるものは木軸のものや金属製と言えそうです。

高い製図用シャープペンも今は手頃な価格で普段使いに

製図用のシャープペンはもともと製図用のものですが、最近は価格も下がってきたことから一般的の文字書き用として使われるのにも人気です。ペン先が細く芯も丈夫なので、折れにくく細かい字を書いたり、描写するのに適しています。

現在では安いものなら500円程度から手に入るので、細かい描写をしたり、定規を使ったグラフを細い線で書いたりといった作業に使いたい人には、丈夫でおすすめです。

書くことを邪魔しない様々な機能付きのシャープペン

その他に、シャープペンには様々な機能が付いているものがあります。

ノック式で振ると芯がちょうどよく出てきたり消しゴム付きというのはもちろん、サイドノック式、また芯の太さが偏らないように芯先を均一に保つ自動芯回転機能、芯つまりを防ぐ機能などいろいろあります。書くことに集中できる多機能・高機能のシャープペンは仕事の効率も上げてくれます。

人気商品から海外メーカーのものまでおすすめシャープペン10選!

それでは定番商品からいま、ランキングに入っているアツいものまでおすすめのシャープペンを紹介します!

1.三菱鉛筆 ユニ クルトガ

三菱鉛筆 ユニ クルトガ

クルトガエンジン(自動芯回転機構)を備えた三菱鉛筆 クルトガ。一画書く度に中ギアと芯が少しずつ回転し常に芯が均一で文字が書けるという優れものです。またグリップはゲル素材で握る人の指に合わせて形を変えるので長時間の使用でも指が疲れ図、滑り止目効果もありしっかり指にフィットします。

2.定番人気商品 ぺんてる スマッシュ

定番人気商品 ぺんてる  スマッシュ

ぺんてる スマッシュは1986年の発売から常に人気の商品です。ラバーのように見える真鍮を使ったグリップが特徴。マットな質感で滑りにくく、そして丈夫です。ノック部分が蛇腹になっているのでノックミスも減らしてくれます。ブラックで落ち着いた色もビジネスで使いやすいですね。

3.外国製で人気のあるパーカー ジョッター コアライン

外国製で人気のあるパーカー  ジョッター コアライン

パーカー ジョッター コアラインはシンプルでスマートなデザインと滑らかなグリップ、重さが書く時にちょうど良く安定感がありスムーズに筆記することができます。

4.細かいイラストにも。ステッドラー 925 25

ステッドラー 925 25

製図用のシャープペンシルを販売しているステッドラー。 925 25は金属製。シルバーの見た目もシャープです。4mmのロングスリーブで低重心なので軸が安定し、ハードグリップで安定感があり楽にペン先を動かすことができます。ビジネスはもちろん、学生の勉強用にも集中できるのでおすすめです。

5.ロットリング ラピッドプロ 1904-258

ロットリング ラピッドプロ  1904-258

ロットリングはドイツの製図・筆記具ブランドでプロ仕様の製図用のシャーペンを作る会社です。 ラピッドプロ 1904-258は、細いペン先が収納できるので持ち運びにも良く安定した書き心地でリピーターの多いシャーペンです。細かい文字を書いたり定規で線を引く、グラフを作るなどにも使いやすいです。

見た目の高級感とスリムなフォルムも、人気の一本です。

6.木軸が味のあるファーバーカステルシャープペン138382

ファーバーカステルシャープペン138382

木のぬくもりを感じさせる落ち着いた高級感あるデザインのファーバーカステルのシャープペン。木軸は梨の木を使用しています。もちろん書き心地も抜群です。手にしっくりと馴染む紡錘形。使い込むほどに落ち着いた色合いになります。色は他にダークブラウンとブラックがあり大人のシャープペンシルとして贈り物にも最適です。

7.ゼブラ デルガード P-MA85

ゼブラ  デルガード P-MA85

ゼブラ デルガード P-MA85は芯が折れない、短い芯でも芯詰まりを防いでくれる書き心地の良いシャーペンです。垂直・斜めどんな角度からの圧力でも芯が折れないような機構。自動で配分を調整してくれるのであらゆる人のクセに対応できます。

書くことへ集中できるよう最大限の工夫がなされたシャープペンシルです。

8.パイロット エストゥエンティ HPS-2SK-DBN5

パイロット エストゥエンティ  HPS-2SK-DBN5

パイロット エストゥエンティ HPS-2SK-DBN5は、低重心で書きやすく細身のシャープペンシルです。高すぎない価格でありながら、高級感漂う木軸で書きやすいシャーペン。色はブラック・マホガニー・ブラウン・ディープレッドと豊富です。ちょっとしたプレゼントにもいいですね。

9.ラミー 2000 シャーペンL101

ラミー 2000 シャーペンL101

ラミー 2000 シャーペンL101は昔からのデザインと機能でリピーターの多いシャープペンシルです。適度な重さがあり手帳に書き込んだり速記でも安定していて、芯が折れにくいしっかりした機構。シンプルなデザインで昔から愛好者の多いシャーペン です。

10.57 POWERS MECHA 357 マルチ シャープペン

57 POWERS MECHA 357 マルチ シャープペン

57 POWERS MECHA 357 マルチ シャープペンは低重心、真鍮性のグリップで安定した書きやすさのあるシャーペン です。さらに0.3mm、0.5mm、 0.7mmの芯を使い分けることができるマルチタイプ。書くものの大きさに応じて、またスケッチなどにも重宝する1本です。

デザインや機能性にこだわったお気に入りのシャーペンを見つけよう

履歴書とペンの写真

シャープペンは学生の頃から使用する馴染みのある文房具の一種ですが、機能性やデザイン、芯の太さなど本当に満足できるものに出会おうとするとなかなか奥が深いものです。ぜひ、大人男子の素敵なアイテムの一つとして、こだわりの1本を見つけてください。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでmoovooをフォロー!