moovoo|(ムーブー)

半歩未来のライフスタイル

MooVoo

半歩未来のライフスタイル

おすすめの加湿器10選!一人暮らしにちょうど良い商品の選び方は?

moovoo編集部
2019-01-30
  • LINE友だち追加


一人暮らしの人こそ加湿に気をつけて

やかんと火鉢の写真

一人暮らしの場合は、家にいないときは基本的にエアコンや加湿器などはつけていかないものです。仕事などで長時間部屋を空けて帰って来ると空気は冷たく乾燥している、ということが冬場は多いでしょう。

また家族がいる場合は誰かが煮炊きをしたり、入浴してお風呂の蒸気が部屋に流れ込んだりすることはありますが、一人の場合は自分が料理をしたりお風呂に入るなどなければ、意識して加湿をしないと季節によっては乾燥が進んでしまうケースが多くあります。朝起きて喉が乾燥で痛くなっていた、ということはありませんか?

喉や皮膚が乾燥するのを防ぐためにも、加湿器があると便利ですよね。

加湿器にはどういうものがあるのか、一人暮らしで加湿器を選ぶときにチェックしたいポイントなどについて見ていきましょう。

加湿器にはいくつかのタイプがある

加湿器といっても加湿の方法によって種類がいくつかあり、それぞれ特徴やデメリットなどもあるので紹介していきます。

冬に適したスチーム式

スチーム式の加湿器は水の温度をあげて加湿するので加湿パワーが強く、暖かい蒸気なので部屋の温度が下がるようなことがないので冬場の仕様に向いています。

「蒸発皿タイプ」と「ポットタイプ」があり、蒸発皿タイプの場合は熱したプレートに水を加えることによって蒸気を発生させ、ポットタイプの場合は水自体の温度を上げて蒸気を作ります。

・メリット
加湿力が高い
暖かい蒸気が出るので部屋の温度が下がりにくい

衛生的に使える
・デメリット
電気代が高い
火傷の恐れがある
パワーがある分、湿度が高くなりすぎて部屋が湿ってしまったり結露ができる場合がある

蒸発皿タイプの方が比較的電気代が安いのですが、ポットタイプに比べてお手入れが面倒という違いもあります。         

消費電力が低い気化式

気化式の加湿器は、湿っているフィルターに風を当て蒸発させて蒸気を発生させます。加熱などをしないので電気代が安く抑えられます。

・メリット
電気代が安い

・デメリット
蒸気は暖かくないので冬は室温が下がる場合がある。
運転音がうるさい

アロマオイルも使える超音波式

水を超音波で振動させて、細かなミストを放出するのが超音波式加湿器です。アロマオイルなどを入れることができるアロマ機能付きの製品などもあり加湿器以外の楽しみ方もできます。

・メリット
電気代が安い
静音性に優れている

・デメリット
部屋が加湿されすぎない
雑菌が繁殖しやすいのでまめにお手入れをする必要がある

こまめなお手入れが面倒な人は、除菌タイプも出ているのでそちらを選びましょう。

いいとこ取りのハイブリッド式

ハイブリット式の加湿器はスチーム式と気化式を組み合わせて作られていて、両方のデメリットを無くした優れものです。高性能なものが多いので商品自体の価格が高めになっていますが長く使うならハイブリット式は電気代もかからず、お手入れの手間もそんなにないのでおすすめです。

・メリット
スチーム式よりも省エネ
雑菌が繁殖しにくい

・デメリット
製品の価格が高め

一人暮らし用を選ぶときのポイント

一人暮らしで加湿器を選ぶときにはどのようなところを抑えておけばいいのでしょうか?

・適用床面積
どのぐらいの大きさの部屋を加湿できるか、という目安です。建物が木造か鉄筋かによっても変わって来るので自分の住まいや使う部屋の大きさに合わせて選びましょう。
部屋の大きさよりも大き目の加湿能力のあるものを選ぶと電気代が高くなったり無駄が多くなることもあるのでしっかりチェックしてください。

・デザインと大きさ
一人暮らしの部屋においても邪魔にならないコンパクトな大きさのものだと使うときも収納にも困りません。机に置いて身近に加湿できるタイプや床置きで部屋全体を加湿できるものなど用途によって選びましょう。

さらに製品によってはサーキュレーターや扇風機として使えるものなどもあるのでデザインがおしゃれなものならば一年中使えるので自分の部屋のインテリアに合うような商品を選ぶというのも大切です。

・コスパも重視
加湿器は暖房などと一緒で、部屋にいる間や寝ている間などはつけっぱなしにする方が多いでしょう。長時間つけて置くタイプの家電なので、電気代があまりかからないものだと、乾燥する時期に気を使わずに使えますね。

・タンク容量
一人暮らし用だからといってあまりタンクが小さいものだと、しょっちゅう水を足す手間が増えてしまうので、ある程度大き目のタンクだと煩わしさがなく使うことができます。

一人暮らしに最適!デザイン性に優れた安い人気の加湿器10選

それでは一人暮らし向きの加湿器を紹介していきます!機能性はもちろんデザインも要チェック。お部屋に馴染む素敵なものを見つける参考にしてください。

1.パナソニック FE-KXR07-W

パナソニック  FE-KXR07-W

パナソニック FE-KXR07-Wは気化式の加湿器です。14畳と19畳が選べます。パナソニック独自のナノイー搭載なので肌にもやさしい。DCモーターなので運転音が静かで電気代も1時8時間使用して1ヶ月なんと53円。タンク容量約4.2Lとたっぷりで出し入れ簡単です。

2.Tenswall 卓上加湿器

Tenswall 卓上加湿器

Tenswall 卓上加湿器は超音波式の加湿器です。蒸気が熱くなったり冷たくないので室温に影響しません。またアロマオイルを使用することもできるので、加湿しながらお気に入りの香りを楽しむこともできます。LEDライト付きなのでルームライトとしても使用可能です。デザインも木目調のナチュラルな色合い。1、3、6時間のタイマー付きです。

部屋全体の加湿ではなく、机に置いて身近で使えるコンパクトなタイプです。

3.空気清浄機能あり シャープ HV-G30-W

空気清浄機能あり シャープ  HV-G30-W

気化式でプラズマクラスター搭載なので空気清浄機能もあるシャープ HV-G30-W。ウイルスやカビ菌、消臭などの効果もあります。適用畳数は木造和室なら4畳、プレハブ洋室なら8畳まで加湿できます。Wセンサーで部屋の温度や湿度を常にチェックし湿度を55~65%に保つ機能があります。加湿しすぎにならないので部屋にテレビやパソコンなどを置いていても安心です。

タンク容量は約2.4L。DCモーターなので1時間あたりの電気代は強で使用しても約0.25円、8時間使用で30日なら60円と省エネタイプです。

4.アイリスオーヤマ SHM-120D-C

アイリスオーヤマ SHM-120D-C

コンパクトでシンプルなデザインのアイリスオーヤマ SHM-120D-C。スチーム式でアロマトレーがついているのでアロマを使用することもできます。水タンクの部分がグリーン 、ブルー 、ピンク、クリアの4色から選べます。約8時間加湿できるので夜、寝ているときもしっかり潤います。

お手入れも楽で、冬場に使用するのにおすすめです。電気代は1時間当たり約2.7円です。

5.デザイン良し Homasy加湿器

Homasy加湿器

黒の土台に透明なガラス部分の水が見える丸いフォルムのHomasy加湿器。シックなデザインなのでどんな部屋にも馴染みます。超音波式なのでミスト状で加湿。静音にも優れているので寝室にも便利です。

取り外し可能な麦飯石フィルターが付きなので、雑菌を防いで、悪臭も防止。よりクリーンな水蒸気を作ります。石は洗って使えて、給水もタンクを外す必要がなく直接入れられるので使いやすいです。タンクは2.0L。自動転倒停止装置付きで安心です。

6.スタイリッシュなダイソン MF01WS

スタイリッシュなダイソン  MF01WS

バクテリアを除去して常にクリーンな水蒸気を排出する超音波式加湿器のダイソン MF01WS。エアマルチプライアー搭載で部屋全体を均一に潤します。自動湿度制御機能が付いているので常に快適な湿度を保ち、静かな運転音でタイマー機能付きなので夜も快適に使用できます。8畳ほどの広さが適していて、扇風機やサーキュレーターとして一年通して使えます。

そして何と言ってもこの特徴的なデザイン。スタイリッシュなインテリアアイテムとしても活躍してくれます。

7.Vacplus アロマディフューザー 加湿器

Vacplus アロマディフューザー 加湿器

Vacplus アロマディフューザー 加湿器は、超音波式で卓上タイプのコンパクトなサイズです。アロマ対応なのでディフューザーとしても使えます。下が木目調でLEDの7色のライトが付いているので間接照明としても使える癒しアイテムです。転倒防止機能や空焚き防止機能なども付いて机上でも安心して使えます。1年間の保証付き。

8.ドウシシャ KHT-501DWD

ドウシシャ KHT-501DWD

ドウシシャ KHT-501DWDはハイブリッド式。木造なら8.5畳、プレハブは14畳と広めの部屋もしっかり加湿できます。タンク容量もたっぷり5.5L。強で連続11時間運転可能です。アロマ用のケースやタイマー機能もついていて、落ち着いたダークブラウンの木目調のデザインもおしゃれです。ライトベージュのカラーもあるので部屋の雰囲気に合わせて選べます。

電気代は1時間約2.2円、1ヶ月528円と省エネです。

9.ダイニチHD-RX514-T

ダイニチHD-RX514-T

こちらもハイブリッド式。静音性が優れていると人気の商品です。ダイニチHD-RX514-Tは木造8.5畳まで、プレハブ洋室14畳対応のパワフル加湿器。他にも8畳から24畳まで部屋の大きさに合わせて選ぶことができます。連続加湿時間はエコモードで約13.5時間。ホワイト・ブラック・ブラウンの落ち着いた3色です。

10.HiAir 加湿器

HiAir 加湿器

HiAir 加湿器は超音波式です。20時間連続加湿可能の2Lの大容量タンク。1日中使えます。ノズルが360度回転するので、部屋の家具の配置や自分のいる場所など適した向きで使うことができます。LEDライト搭載でブルーのタンクが優しい灯りになります。癒し効果も大です。

電気代は24時間使用しても8円未満と省エネ設計。1、3、6時間でタイマーオフできる機能や空焚き防止機能も付いて安心で使いやすい加湿器です。

一人暮らし向けのおすすめ加湿器はスペックとデザイン重視で

富士山みたいな加湿器の写真

一人暮らしで加湿器を買う場合は、電気代が安くすむもの、またデザインが良くインテリアにもなるものや、使わない時の収納に困らないコンパクトなものなどを自分の生活スタイルに合わせて選ぶようにしましょう。

部屋全体を加湿したいのか、自分の周辺だけで十分なのか、アロマオイルが使用できたり、LEDライト付きで加湿以外の用途にも使えるのか、なども大切なポイントです。価格の手頃なものから何年か使えるような製品まで紹介しましたが、ベストな加湿器を見つける参考にしてみてください。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでmoovooをフォロー!