moovoo|(ムーブー)

半歩未来のライフスタイル

MooVoo

半歩未来のライフスタイル

ノートパソコンのバッテリー交換費用はどのくらい?交換時期は?

Tanaka
2018-10-31
  • LINE友だち追加


ノートパソコンのバッテリー交換時期の目安

デスクトップのパソコンならバッテリーは気にせず使用できますが、ノートパソコンの場合は持ち運びできるという利点とひきかえに、バッテリーの寿命が短いということがあります。
どのメーカーもおよそ2~3年でバッテリーが寿命を迎えると言われているため、バッテリーの交換が必要になります。
問題なく使用できていれば良いですが、充電できなくなるという現象が出てくるとACアダプターなしで使用できなくなります。
中にはバッテリーの寿命が近い場合に「バッテリーを交換してください」というメッセージを出してくれる親切な機種もありますが、心配な時はバッテリーの劣化状況などについて知ることができる無料ソフトを使って調べてみましょう。

ノートパソコンのバッテリーの交換にかかる費用

簡単に取り外しできるタイプのバッテリーであれば、自分で交換することができますが、内蔵タイプのバッテリーを外すのは難しい作業になるので、プロに任せる方が得策です。それぞれの場合でバッテリー交換の費用も異なってきます。
また、自分で交換する場合でも、純正品か互換製品かで価格がかなり違ってくるので、それぞれのメリット・デメリットを比較しながら検討してください。

純正品と交換する場合

純正品のバッテリーの場合でも機種によってその価格に幅がありますが、8,000円程度から2万円程度となっています。
自分で交換する場合は、メーカーや家電量販店から購入して取り付けるだけで済みますが、古い機種だとすでにバッテリーが廃盤となっていることもあります。
純正品ではなく互換製品なら合う場合もあるので、確認してみましょう。

互換製品と交換する場合

互換バッテリーは、純正品と違ってメーカーにかかわらず使用できる安価なバッテリーです。
ほとんどの機種で対応可能な上、2~3千円程度で購入することができてしまいます。
ただし、純正品のようなメーカー保証が無いので、不具合があっても泣き寝入りするしかありません。
最近は、粗悪品も見られるようになっているため、注意が必要です。最悪の場合、バッテリーのためにノートパソコン本体が使い物にならなくなるということも考えられます。

修理に出す場合

メーカーの修理センターに送って交換してもらう場合は、往復の送料も含め15,000円~25,000円が相場となっています。
特に、バッテリーを取り外すことができない機種は、修理センターに送るのが確実な方法でしょう。
ほかに、メーカーとは関係なくパソコンの修理専門店でも1万円程度で交換してくれることがあるので、見積もりをとってみるのもおすすめです。
ただ、どうしても本体を送って修理から戻るまでの時間は、愛用のノートパソコンを使用できなくなってしまうというのがデメリットとも言えます。

メーカー別ノートパソコンのバッテリーを交換する方法

バッテリーパックを取り外し可能な機種の場合、自分で簡単に交換することができます。この場合、各メーカーの公式ショップや家電量販店でバッテリーを購入することができます。
ほとんどの機種で、バッテリーは本体を裏返した底の部分にあり、スライドさせるボタンをアンロックさせて簡単に外れます。
新たに購入したバッテリーパックをはめ、ロックすれば完了となります。
このバッテリーパックをどこで購入すればよいのか、また自分で交換できないので修理センターに依頼したいという場合はどこに連絡すればよいのかなど、メーカー別にまとめてみました。

acerのノートパソコンバッテリーを交換するには

acerでは、オプション品販売ページでノートパソコンの純正バッテリーを販売しています。
このページに記載されていない機種の場合は、別途カスタマーサポートに連絡する必要があります。

ASUSのノートパソコンバッテリーを交換するには

ASUSのノートパソコンの取り外し可能なバッテリーは、家電量販店などで販売されています。
バッテリーが内蔵タイプで取り外しができない場合は、カスタマーサポートに連絡して対応を聞いてください。
参考としてZenBookシリーズのバッテリー交換について記載されている公式ページをご紹介します。

NECのノートパソコンバッテリーを交換するには

NECの場合も自分で交換できるバッテリーパックは購入可能です。
純正バッテリーパック購入ページと有償交換のサポートページをご紹介します。

SONYのノートパソコンバッテリーを交換するには

SONYのVaioシリーズでは、有償の内蔵バッテリーパック交換サービスがありますが、純正品を公式ストアで探すとすでに廃盤となっていました。
リサイクルされた中古バッテリーや在庫として残っているものがある場合は、家電量販店などでも見つけることができそうです。

東芝のノートパソコンバッテリーを交換するには

東芝ではダイレクトショップでバッテリーを販売しています。
有償交換に関してはサポートで確認してください。

レノボのノートパソコンバッテリーを交換するには

レノボのノートパソコンThinkPadも公式サイトで純正バッテリーが販売されています。
自分で交換できないので修理を依頼するという場合の依頼先ページもご紹介します。

Macのノートパソコンバッテリーを交換するには

古い型のMacは自分でバッテリーを外せることが多いので、バッテリーを購入することも可能ですが、最近は取り外すことができないものが多いので、AppleStore運営店に連絡して修理を依頼することになります。
Macのバッテリーに関する詳しい情報が掲載された公式ページをご紹介します。

ノートパソコンのバッテリーセル交換について

実は、ノートパソコンのバッテリーを分解して開けてみると、中は乾電池のようなリチウム電池が並んでいます。
「セル」というのはこの電池の部分のことで、パソコン上級者の中には自分でこれを交換してしまうという強者もいます。
しかし、バッテリーパックは開けることを前提に作られていないため、接着剤等でとめられていることが多いです。これをわざわざはがして開ける必要がありますし、配線などもあるため、素人では破損してしまう可能性も高く、おすすめできません。

ノートパソコンのバッテリーは交換しないとだめなのか?

ノートパソコンのバッテリー交換について調べてみると、ものによっては数万円とそれなりの費用がかかることがわかります。交換しないで使える方法は無いのでしょうか。
ACアダプターを使用せずに持ち運んで使っているという人には不向きですが、デスクトップのようにACアダプターをつないで使うのであればバッテリーの交換をしなくても使い続けることは可能です。
また、バッテリー交換にかかる費用によっては、新しいパソコンの購入代金にあてる方が良いという場合もあります。
使用しているノートパソコンがすでに5年程度経っているのであれば、買い替えも視野に入れましょう。

まとめ

ノートパソコンのバッテリーが取り外し可能な場合、自分で簡単に交換できるので、消耗品として交換して使うことがおすすめです。
メーカー各社では有償でバッテリーを交換してくれるサービスも行っているので、安心です。
ただ、交換の諸費用を考えると、そこまで払うならという気持ちも出てくることでしょう。予算とパソコン本体の使用年数を考え、買い替えも検討してみましょう。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでmoovooをフォロー!