コスパ最高の神レンズ!Canon RF16mm F2 8 STMが凄い【ワタナベカズマサのガジェットウォーカー】

幾島
2021-12-08

今回ワタナベさんがレビューするのはCanonの超広角の単焦点レンズ「RF16mm F2.8 STM」。CanonのEOS R3にレンズを装着し、1日写真や動画を撮影してきました。一体どんな風に使えるレンズなのか、動画と合わせてぜひチェックしてみてください!


生粋のガジェット好きYouTuber
ワタナベカズマサ
ガジェットをこよなく愛する北海道在住のYouTuberです。2016年よりWEBマーケティング事業を展開し、自ら合同会社Fulfillingを立ち上げて現在も代表を務めています。2018年よりガジェット系YouTuberとして本格始動。スマートフォンやタブレット、PCなどのガジェット全般やワイヤレスイヤホンなどのオーディオ関連機器、カメラや撮影機材に至るまで幅広くガジェットレビューを発信中です。物欲MAXで大人のロマンを追い求めるチャンネルを運営しています。

今回ご紹介するのはこちら!

PICK UP!
  • Canon
  • RF16mm F2.8 STM

  • 税込み45,127円
  • コンパクトで軽量な超広角の単焦点レンズ

  • 焦点距離16mmの超広角レンズで、風景やスナップ、自撮りなど幅広いシーンで活躍します。重さは約165gと軽く
    持ち運びにも便利です。

装着してみました

実際に装着してみると、背景が非常に広く映せました。ズームをすることはできないため、サイズ調節が必要な際は後からクロップするのが良いでしょう。

ズームができない分レンズの重量が非常に軽いので、本体が重いカメラでも手軽に使えるようになるのがポイントです。

自撮りのために手持ちでも撮影してみました。広い画角が魅力で、Vlog撮影や屋外での撮影などでCanonのカメラを使いながらなるべく気軽に撮影したい時に重宝するでしょう。

アクションカメラのような感覚で使うこともできますが、手ぶれ補正機能を使用した時の画面の四隅の歪みは少し気になるとのことです。

ドライブをして撮影スポットへ

ドライブして撮影スポットへ向かうワタナベさん。RF16mm F2.8 STMを使えば助手席からでも広い画角で運転の様子が撮影ができました。

少し札幌から離れたところまで訪れました。まさに北海道といった広大な景色を撮影していきます。

冒頭の動画では電子手ブレ補正「入」・「強」を用いて動画を撮影した際の映像の歪みについてもご覧いただけます。ぜひチェックしてみてください。

レンズは使ってみると想像以上に軽く、EOS R3に装着していても無理なくVlogが撮影できました。

訪れた南幌の公園では、広大な風景の写真をたくさん撮影しました。

RF16mm F2.8 STMを1日使って

今回は1日中CanonのRF16mm F2.8 STMを使って撮影をしたワタナベさん。コンパクトで軽量なのでカメラ自体の重みが減り、より気軽に撮影ができるのが魅力と感じたそう。風景・スナップ・自撮りのVlogなど幅広い用途に使えて、オートフォーカスも安定しているバランスのいいレンズとのことです。

フォーカスをコントロールするスイッチがあるだけのシンプルな作りもポイントです。4万円前後で手に入れられる手頃さから、とりあえず持っておきたい一本といえるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

HOME

>

グッズ

>

コスパ最高の神レンズ!Canon RF16mm F2 8 STMが凄い【ワタナベカズマサのガジェットウォーカー】


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!