Culture

俳優・武田真治がメモした「オリジナル語録」とは? 心を導く書籍「上には上がいる。中には自分しかいない。」

2021年も残すは12月のみ。筆者は時間の経過の早さに愕然とすると共に正直、焦る。今年は新型コロナウイルスに日常生活が翻弄され、鬱々と過ごす時間が多かった。どんな時もメンタルをしっかり保つことを来年の課題としたい。

静かに目を閉じて自分と向き合う時間が時に必要となるだろう。同時に人生の先輩たちに頼ってみるのも有効だ。手に取るに値する1冊の本と出会った。

「上には上がいる。中には自分しかいない。」(幻冬舎)だ。

肉体や筋トレ本でなく

著者は、俳優・ミュージシャンとして活躍中の武田真治さん(48)。近年はNHK「みんなで筋肉体操」に出演し、見事な肉体美を披露している。無駄なく引き締まった体は実に見事だ。50歳が近いアラフィフだとは到底思えない。

その武田さんは、同じく幻冬舎から7年前に本を出している。タイトルは「優雅な肉体が最高の復讐である。」。「美しい肉体の秘密」を「はじめて明かす」内容とAmazonでは紹介されている。

今回の「上には~」は、以前の肉体や筋トレ本ではなく言葉の本。「はじめに」で、以下の文章が出てくる。

「人生に一番迷っていた」「20年ほど前に、弱い己を律し、僕自身を支えていた、僕自身から出た『言葉』をお伝えしたい」

PART1は「オリジナル語録」

「はじめに」に続くのは、「PART1 これらのことを書かずにいられなかった」。武田さんが、メモ類に記したいわゆる「オリジナル語録」とその解説で構成される。

例えば書籍名につながる言葉は、18ページにある。

「上には上がいる。
でも中にはオレしかいない。
自分と向き合う。」

そして左下に、解説がある。

「競争すると疲れる。共存しようとするなら、すべてが自分にとってもエネルギーになる」などと続く。

借り物でなく力強い

武田さんは45歳の筆者の3歳年上で、ほぼ同世代。学生時代からテレビでずっと拝見してきたような記憶がある。はたから見ている分には順風満帆そうな人生だ。

しかし、ご本人の受け止めは必ずしもそうではない。これまでの歩みを、「恵まれた方だと分かっている」と客観視している。それでも、心身共に不調の時期もあり、実際20代半ばに顎関節症を患っていた。決して一本調子ではない。

そんな沈んだ時期があるからこそ、手探りで「言葉」を探すようになった。その言葉は借り物でなく、自ら見つけている。だから、正直で力強い。

人となりが一致

こうした言葉を生み出した武田さんがもし残念な人だったら、言葉だけが空回りする。書籍の内容が良くても、bouncyで紹介しにくい。そうではなく、言葉と人となりが一致しているエピソードを三つ紹介する。

インタビューは11月中旬、所属先のホリプロ(目黒区)で実施した。

この日は快晴で窓から太陽光が差し込み、インタビュールームが少し暑くなった。エアコンを入れて、武田さんを待っていた。

室内に入ってきた武田さんは、その音に気付き「エアコン切っていいよ」。クリアな音声を拾うために、筆者から「空調オフでいいですか?」と聞くつもりでいた。先に言ってもらえた気遣いが嬉しかった。

インタビューが開始してまもなく、通路から雑音が聞こえてきた。インタビュアーの筆者もちょっと気になる大きさだ。内心「むむっ」となったが、筆者は動きにくい。

すると気付いた武田さんが、スタッフを通して外の人たちに控えるように言ってくれた。

生メモの整理まで

最後がインタビュー終了後だ。武田さんが実際に書いたメモを机の上にならべて、撮影した。書籍の原点となった「生メモ」と武田さんの映像が欲しかった。

無時に終えると、メモ類をビニール袋に戻す必要があった。アシスタントのbouncy学生インターン宮崎華帆さんが整理しようとする。すると「いいよ、いいよ」。武田さん自らメモ類を集め始めた。

言葉だけ飾るのには限界がある。やはり、きちんとした人からきちんとした言葉が生まれる。武田さんは、それを実践していると感じた。

しっかり考えながら語ってくれた

さらにインタビューの受け答えについても、最後に付記したい。

メディアの仕事に就いてから、数えきれないほどのインタビューをこなしてきた。やはりインタビュアーの醍醐味は、相手との「化学反応」にあると考える。筆者だからこそ引き出せた言葉、筆者だからこそ聞けた本音があると嬉しい。

こうした観点からすると、あらかじめ用意された言葉だけで終わってしまうことが一番、残念だ。あれこれ工夫して質問を投げても、「私が話すのはここまで」と決められた範囲以上の答えがこない。とある経済評論家がこのパターンだった。

この点、武田さんはしっかり考えながら語ってくれた。限りあるインタビュー時間にも関わらずだ。動画でも、この点は記録できている。武田さんの生の言葉をぜひ、聞いて欲しい。

・ ・ ・

書籍20ぺージには、次の言葉がある。

「立ち止まると老けるぞ。」

そう、その通りだ。仕事面では2022年は、より多くの動画を届けられるように、歩みを進めたい。そして、私生活では体力作りのためのランニングの頻度を増やしたい。

おすすめ
  • 武田 真治 (著)
  • 上には上がいる。中には自分しかいない。

  • 税込み1,540円
CREDIT
Videographer/Writer :高野 真吾
Support :kaho.miyazaki

RECOMMEND

PAGE TOP