【5分でわかる】ソニーの新型グラスサウンドスピーカーLSPX S3の魅力5つ【ワタナベカズマサのガジェットウォーカー】

幾島
2021-08-27

SNSでも話題のSonyの最新スピーカー「グラスサウンドスピーカー LSPX-S3」。今回は、実際にこちらを愛用しているというワタナベさんがその魅力を紹介します。5分の動画と合わせてぜひご覧ください!


生粋のガジェット好きYouTuber
ワタナベカズマサ
ガジェットをこよなく愛する北海道在住のYouTuberです。2016年よりWEBマーケティング事業を展開し、自ら合同会社Fulfillingを立ち上げて現在も代表を務めています。2018年よりガジェット系YouTuberとして本格始動。スマートフォンやタブレット、PCなどのガジェット全般やワイヤレスイヤホンなどのオーディオ関連機器、カメラや撮影機材に至るまで幅広くガジェットレビューを発信中です。物欲MAXで大人のロマンを追い求めるチャンネルを運営しています。

今回ご紹介するのはこちら!

PICK UP!
  • ソニー(Sony)
  • グラスサウンドスピーカー LSPX-S3

  • 税込み35,000円
  • インテリアにもおすすめの高音質スピーカー

  • スタイリッシュなデザインでインテリアに馴染むスピーカー。高域から低域までバランス良く楽しめます。

スタイリッシュなデザインでインテリアとしてもおすすめ

「LSPX S3」の大きな魅力はこのかっこいいデザイン。細部にもこだわりを感じる重厚感のあるフォルムが魅力です。インテリアとして部屋に置いておくのも良いでしょう。

後ろ側のタッチセンサーに触れるとライトが点灯します。タッチセンサーをスライドすることで、32段階の明るさの調節も可能です。光の細かい調整は専用アプリ「Music Center」を使って行うことができます。

また、ライトは普通に点灯させるだけでなく、ろうそくのようにゆらゆらと光らせることも。お部屋に雰囲気が出るでしょう。

充電式だからケーブルレスで使える

バッテリー駆動なのでケーブルなしで使えます。約5時間の充電で約8時間使用することが可能です。いつでもどこでも好きなところで使えるのが便利。充電はUSB Type-Cで行います。

LDACコーデックにも対応!バランスの良いサウンドが楽しめる

高音質コーデック「LDAC」にも対応し、見た目からは想像できないくらい重厚感のあるサウンドが楽しめます。

Sony独自の有機ガラス管は高域を再生するトゥイーターになっており、中央に配置されているウーファーは中低域を、スピーカー下部のパッシブラジエーターが低域を再生。高域から低域までバランス良く再生できます。

また、2台購入すればステレオ再生も可能です。最大100台を同時接続できる「パーティコネクト」という面白い機能もあります。

マイク内蔵だからハンズフリー通話も!

マイクを内蔵しており、ハンズフリー通話ができます。マイクも高音質で、スピーカーをデスクに置いておいて通話に使用したいという方にもおすすめです。

まとめ

今回はSonyのグラスサウンドスピーカーLSPXの魅力をご紹介しました!ワタナベさんは普段使いで愛用中。価格は高めですが、スピーカーの音質やデザインが良く、ハンズフリー通話も可能なところが非常に便利とのこと。皆さんもぜひチェックしてみてください!

HOME

>

グッズ

>

【5分でわかる】ソニーの新型グラスサウンドスピーカーLSPX S3の魅力5つ【ワタナベカズマサのガジェットウォーカー】


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!