コロナ禍で生まれた年会費16,500円のプラチナカード!その開発秘話に迫る【UCカード編】

matsumura
2021-07-16

プラチナカードと言えば、様々なサービスが付帯するステータスカード。

空港ラウンジや星付きホテル、有名レストランで無料特典が付いてきたり、お会計時に出すだけでちょっと自慢できるカードとしてあこがれの対象になることも。

しかし、コロナ禍においては旅行も外食も気軽にできなくなり、プラチナカードが本領発揮できるシーンが減っていることも事実。

そんな中で、ニューノーマル時代の最中に生まれ、年会費は業界最安水準のプラチナカードがあると聞き、UCカード社に話を伺いました。

アフターコロナも見据えた、今どきのプラチナカードとは?その全容を紹介します。

今回、お話を聞いたのは…

UCプラチナカード担当者

左からUCカード 営業企画部 松井優樹マネージャー、上土井 裕一朗課長、佐藤 陽介主任

※取材時はマスク着用の上、換気と感染対策を実施して行っています。

コロナ時代にフィットするクレジットカードを追求

今回お話を聞いたのは「UCプラチナカード」で、編集部で注目しているのはコロナ禍やアフターコロナを見据えた、今の時代にあわせた特典です。

UCプラチナカードの大きな特徴は次の3点です。

  • 1万円台の割安な年会費 (相場は基本的に2万円以上であり、安価なもので2万〜3万円、中価格帯で3万〜5万円台、高価格帯で6万〜15万円)
  • プラチナならではのサービスであるコンシェルジュ、グルメ特典付きクーポン付帯
  • 携帯端末補償、オンラインやデリバリーなどコロナ禍でも使える特典を付帯

なぜ今、プラチナカードなのか?

UCカード上土井さん

そこで、上記のような特徴を持つプラチナカードの開発に至った経緯を、開発に関わった上土井氏に聞きました。

実はUCプラチナカードの企画は新型コロナの感染拡大よりも前に始まっていました。

当初は一般的なプラチナカードと同程度の年会費で、海外旅行も見据えた特典を用意する予定でした。

しかし、コロナ禍でリモートワークや外出自粛といった環境の中で、今までのようなプラチナカードでいいのだろうか?と思い、今の時代だからこそ持ちたい!使いたい!そんなプラチナカードを一から考え直しました。

所有したくなる年会費と特典のバランス

企画を進めるうちに世界中で使えるオーバースペックなプラチナカードよりも、手頃な年会費で「今使えるプラチナカード」というコンセプトが浮かび上がります。

年会費を1万6500円(税込)と決める時に、上土井氏は「安かろう、悪かろうというカードにならないように、特典には充実度と独自性にこだわった」と言います。

すでに一般カードやゴールドカードを所有する人が、この年会費でも、憧れや魅力を感じるようなプラチナらしい内容にしたかったと話します。

コロナ禍に使える独自の特典

商品開発の際に新しいプラチナカードに関する調査をしたところ、「贅沢体験」「日常使いでお得」というニーズがあることがわかったそうです。

そこで、コロナ禍でもユーザーの幅広い需要に応えられるように、以下のようなUCプラチナカードの特徴的な付帯サービスが揃いました。

  • 60社を超える提携企業による独自の優待や特典
  • ステイホームで活用できるフードデリバリーやオンラインフィットネスの優待
  • 自分だけでなく、同居していない家族も使える携帯などの通信端末修理費用保険

独自優待に携帯などの通信端末修理の補償まで、特徴的な付帯サービス

松井さんが話すカット

UCプラチナカードの特典企画を担当した松井氏は次のように話します。

加盟店には、我々が直接UCプラチナカードの企画を説明して、独自の優待を用意してもらいました。

リモートワークやステイホームだからこそ使えるサービスにこだわり、コロナ禍でも使える充実した60種類以上の特典を用意しました。

さらに、携帯などの「通信端末修理費用保険」も付帯します。遠方に住む両親や一人暮らしの子どもといった同居していない家族の端末も3万円まで補償。しかも、UCプラチナカードで購入していない端末も対象になります。
対象の端末は、スマホ、スマートウォッチ、タブレット端末、パソコンに加え、音楽プレイヤーやNintendo Switchなどのモバイルゲーム機までが対象に。例えば、Switchのコントローラー (Joy-Con)まで含まれるそうです。

スマホやPCなどを持ち歩く機会が増え、破損や故障のリスクにさらされている時代に、安心できるサービスといえるでしょう。

今後も進化するUCプラチナカード

今後の特典について上土井氏は「カードは時代にあわせて進化させていく」と言います。

現時点でもレストランのコースが2名中1名無料のグルメクーポンや、キャンペーン期間中であれば連泊で無料宿泊特典のついたホテル優待など、アフターコロナでも十分に使える付帯サービスが付いています。

さらに海外旅行も行けるようになり、新しい価値観やライフスタイルの変化が起きることも予想されます。

その時にはUCプラチナカード会員の声を聞き、カードの特典も時代にあわせて進化させていくつもりです。

センスの光る!ブラックの上質なデザイン

プラチナカードの券面

UCプラチナカードのデザインは、世界的に有名なデザイン会社「日本デザインセンター」
が監修し、マット加工の施された黒地の券面にUCのロゴが浮かび上がっています。

上土井氏曰く「素材にはこだわっていて、マテリアルブラック素材を採用しています。カードの素材そのものが黒いので、使い続けてもカードの縁が擦れて白浮きしてしまうことなく、高級感を長くキープできるのが特徴」とのこと。

UCのロゴも洗練された細身の線を使い、黄金比と呼ばれるバランスと美しさを両立した比率でレイアウトしています。

UCプラチナカードを所有する編集部員によると「このデザインは会計時に出した時の自己満足度が高い」と言い、UCカードのリサーチでも会員からデザインについて高い評価を得ているそう。

プラチナサービスの世界

UCプラチナカードにはコンシェルジュ、国内空港ラウンジ、グルメクーポンが付帯されていて、一般UCカードにはない豪華で贅沢な特典が特徴的です。

それでは、詳細についてチェックしていきましょう。

便利で使えるプラチナコンシェルジュ

UCプラチナカードのコンシェルジュの特徴は、メールでも回答してくれること。

電話だけのコンシェルジュだとつながりにくい時や、要望を伝えたり折返しの電話を待ったりと時間がかかることもありますが、メールなら隙間時間にサクッと依頼できて、時短になります。

また、コンシェルジュの手配力も高く、コロナ禍や多様なライフスタイルにも対応できるのも特徴です。

以下に実際の依頼例を紹介します。

・個室や席の間隔など感染対策店を調べた上でお店を予約
・ヴィーガンやハラル対応のお店の検索
・満席だったレストランにコンシェルジュ経由でお願いしたら席が取れることも
・ペットと一緒に宿泊できるホテルの調査と予約を手配


実際に、UCプラチナカードを使っている上土井氏は、次のような体験をしたそう。

売り切れだった日本酒が買える店舗を調べてもらいました。ネットだとプレミア価格がついていますが、ほぼ定価で購入できました。

また、発売日に売り切れるような某人気漫画も、コンシェルジュが在庫のある店舗を調べてくれて入手できました。

この年会費で手配力も備わったコンシェルジュが付帯されているのは評価が高いです。

使える価格帯のグルメクーポン

ダイニングイメージ

提携レストランで2名以上でコース料理を利用すると、1名分が無料になるグルメクーポンはかなりお得!

松井氏によると「8,000円~30,000円のコースが無料になり、10,000円前後の価格帯が充実しているので、ビジネスでの会食利用や特別な日に使いやすい」そう。

1~2回利用するだけで年会費が元取れする特典なので、ぜひ活用したいですね!

今は国内空港ラウンジを活用しよう!

「海外旅行ができない今、カードのデビュー時点では海外空港ラウンジの付帯は一旦見送った」と話す、上土井氏。

カード提示で国内主要空港ダニエル・K・イノウエ国際空港仁川国際空港のラウンジが無料で利用できます。

アフターコロナでもまずは近隣国への海外旅行が現実的になりそうな今、ちょうどいい空港ラウンジ利用特典と言えるでしょう。

コロナ禍でも使える便利なサービス

松井氏が「リモートワークやステイホームが推奨される時代にあわせた特典にしたかった」と言うように、UCプラチナカードでは他カードにはない特徴的な独自サービスが用意されています。

スマホなど通信端末の保険が付帯

スマホやPCなどを当たり前のように持ち歩く現代において、通信端末修理保険が付帯されているのは嬉しいポイント。

画面割れや水没、盗難といった端末トラブルに対して年間1台最大3万円まで、家族分も補償されます。

宿泊特典を活用したテレワーク&ワーケーション

上土井氏によると「コンシェルジュ経由でホテルを予約すると、キャンペーン期間等であれば連泊ごとに1泊無料の特典付きプランがあるので、ワーケーションに使ってほしいサービス」と言います。

特典が使える宿泊施設は日本全国60以上あり、都市型のホテルから、都会の喧騒を離れたリゾートホテルまで幅広い選択肢が用意されています。

おウチ時間を充実!オンラインを活用した提携先優待

ステイホームやリモートワークで家で過ごす時間が増えたからこそ、オンラインのサービスを上手に使いたいもの。

UCプラチナカードには、独自特典としてフードデリバリーやオンラインフィットネスといった、コロナ禍に使える付帯サービスが揃っています。

こだわりのフードデリバリー

上土井氏曰く「外食が気軽にできないからこそ、家で本格的な料理や、ちょっと良いお酒を楽しみたいという需要は高まっている」と感じ、高級フードデリバリーやお取り寄せグルメ、こだわりのお酒の通販サイトが提携店に名を連ねています。

最大2,000円が割引になるクーポンや、会員限定のレア日本酒が手に入る権利など、お得も贅沢も体験できる幅広い優待が特徴です。

オンラインフィットネスでコロナ太り対策

MIRROR FIT.のイメージ

自宅でトレーニングができる「MIRROR FIT.」は、カード会員なら入会金30,000円OFF!

運動はもとより外出できなくて身体を動かす機会が減っている今、体型が気になっている人も増えています。

リアルのフィットネスジムは感染対策が不安…という人には、オンラインフィットネスの利用もおすすめです。

UCプラチナカードの詳細はこちらのSponsoredコンテンツでも詳しく紹介しています。

まとめ:今の時代にすぐ使える!UCプラチナカード

UCプラチナカードバナー

ここまでUCプラチナカードの開発者に話を聞いてきましたが、ポイントは「ニューノーマル時代に適したプラチナカードのあり方を体現している」ことだと分かりました。

コロナ禍やステイホームでも使える利便性にこだわった特典が、このカードの特徴と言えます。また、この年会費でプラチナの特典をしっかりと付帯しているのは、今の時代だからこそ。

アフターコロナを見据えて、今のカードからステップアップして、使えるプラチナカードを持ってみてはいかがでしょう。

7/31まで入会キャンペーン実施中!

キャンペーン

新カードのリリース記念で、6月 1日(火)~ 7月 31日(土)に入会された方を対象に、UCプラチナカード入会月の2ヵ月後末日までに利用されたショッピングご利用金額の20%相当(最大2000ポイント※1)のUCポイントをプレゼント。
※1 1ポイント5円相当のアイテムと交換した場合、最大10,000円相当。

年会費16,500円のカードで、10,000円相当のポイントが還元されるので、かなりお得な内容になっています。

◆キャンペーン実施期間
①入会期間:
2021年 6月 1日(火)~ 7月 31日(土)
②利用期間:
UCプラチナカード入会月の2ヵ月後末日まで
◆キャンペーン対象条件:以下の条件すべてを満たした方
①期間中に、新カードに新規入会
②期間中に、新カードでショッピングの利用(ETC、家族カードでのご利用等含む)
◆ショッピングご利用金額の20%(最大 2,000ポイント)のUCポイントをプレゼント
◆ポイント付与時期:2021年10月以降順次付与予定
おすすめ
  • UCカード
  • UCプラチナカード

  • 年会費16,500円(税込)
  • 1万円台でプラチナの贅沢と充実の特典を得られる!

  • プラチナカードでは手頃な年会費で空港ラウンジとコンシェルジュが使えるリーズナブルなプラチナカード。リモート時代に使える付帯保険や高ステータスを感じられる体験や特典も充実しています。

マーケター/ライター
matsumura
インテリア会社や駅ナカ商業施設のマーケティングを経験後、5年間シンガポールで現地メディアの編集に従事。日本へ帰国してからはフリーランスのマーケター&ライターとして活動しながら、事業会社での経験を活かしモノ系取材記事を中心に執筆中。趣味は旅行で、海外22カ国53都市を訪れ、国内も離島や僻地を中心に巡っています。

【連載企画】コロナ禍でのプラチナクレジットカードの上手な使い方

編集部おすすめのプラチナカード

  • キャッスレス生活に最適。ポイント特化型のプラチナカード

    年会費 33,000円(税込) 家族カード無料

    この商品を見る
  • 専用のコンシェルジュが24時間365日対応してくれる!

    年会費27,500円(税込み) 家族会員の方1名無料

    この商品を見る
  • 豊富な付帯サービスでワンランク上の生活を

    年会費22,000円(税込み)家族カード:1人目は年会費無料、2人目以降は3300円

    この商品を見る
  • 【2021年6月スタート】年会費が業界最安水準、コロナ禍に合わせたサービスが魅力のプラチナカード

    年会費 本会員:16,500円(税込)  家族カード:1枚3,300円(税込)

    この商品を見る
  • グルメ・エンタメ・旅行など、多種多様な付帯特典が受けられるハイステータスカード

    年会費 本会員:38,500円(税込)、家族会員:無料

    この商品を見る
  • 年間100万円利用で年会費分のポイントが貯まるプラチナカード!

    年会費 30,000円(税込) 家族カード無料

    この商品を見る
  • 最大2%の高還元率と充実したトラベルサポートが魅力

    年会費 22,000円(税込)家族カード無料

    この商品を見る
  • 上級カードのみに提供される特典を全て利用できる最上位カード!

    年会費 本会員 110,000円(税込)家族カード 27,500円

    この商品を見る

HOME

>

スタイル

>

コロナ禍で生まれた年会費16,500円のプラチナカード!その開発秘話に迫る【UCカード編】


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!