HOME

>

グッズ

>

【DJI Pocket 2・明日発売】驚異の完成度!Vlogger必見、本体とクリエイターコンボを解説【UZUMAX電気店】

【DJI Pocket 2・明日発売】驚異の完成度!Vlogger必見、本体とクリエイターコンボを解説【UZUMAX電気店】

2020-10-30
2020-10-30

元家電量販店員のYouTuber
UZUMAX
元家電量販店店員! パソコン・カメラ・ゲームを中心に、いろいろな商品を紹介してます。 最近は車中泊を含めた撮影も個人的に行っております。 合わせてキャンプアイテムも集めだしてます•̀.̫•́✧ YouTuber事務所「ファンメイク」所属! 小学館「DIME専属YouTuber」! Yahoo!クリエーターズ でも、動画配信中! 朝日新聞メディアラボ「MooVoo」 ガジェット系YouTuberですが、本当に幅広く動画をアップしていますので興味を持てた方は是非チャンネル登録お願いします'◇'ゞ
Moovoo モノ・サービスを通して知的好奇心を満たす、新しい価値観を提供するコンテンツ作りを心がけています。
uzumax 元家電量販店員のYouTuber、uzumaxさんのチャンネルです。
連載

UZUMAX電気店

一覧を見る

今回のUZUさんの動画では、2020年10月31日から発売される新しい小型カメラ「DJI Pocket 2」を、creatorコンボを中心に紹介しています。
基本セットについても詳しくわかるので、動画クリエイターの方はもちろん、そうでない方もぜひご覧ください。

今回紹介する商品はこちら!

こちら!
PICK UP!
  • DJI
  • DJI POCKET 2 Creator コンボ

  • 税込み64,900円
  • 音・映像ともに進化した性能の小型カメラ

  • ポケットに入れて持ち運べるサイズの「DJI POCKET 2 Creator コンボ」。その小さなデバイスには、大切な瞬間をブラさず見逃さない、様々な機能が搭載されています。

「DJI POCKET 2」の特徴や今までの製品との違いに加え、「Creator コンボ」と「通常セット」の違いについて、くまなく紹介していきます。

以前のモデルとの違いは?

1:18 新旧比較

以前のモデル、「DJI OSMO Pocket」と「DJI POCKET 2」の違いを紹介しています。

大きさや形はほとんど一緒ですね。ただ、性能は様々な面でかなり進化しています

マイク穴の数が増えた!

2:00 4つのマイクの紹介

「DJI OSMO Pocket」にはマイク穴が、前面と下面の2つしかありませんでした。

「DJI POCKET 2」では、すべての側面についた合計4つのマイク穴で、マトリックスステレオ技術を活用した、より高音質な録音ができます。vlogなどで使う方は特に、音質面の進化は嬉しいですよね。ぜひ実際に動画を見て、音質の違いを確かめてみてください。

画角が広がった

2:52 画角比較

「DJI OSMO Pocket」では26mmのレンズでしたが、「DJI POCKET 2」では20mmのレンズになり、画像のように画角がかなり広がり、多くの範囲を撮影できるようになりました。

さらに「Creator コンボ」限定で15mmの広角レンズが付属して、つけるとさらに画角が広がります。広角レンズなしでもかなり広いですが、広角レンズをつけるとさらに画角が広がり、肘を曲げた状態での自撮りでも背景までしっかりと写すことができるので便利です。外で歩きながら自撮りする方はかなり重宝するのではないでしょうか。

操作性があがった

6:28 ミニコントローラースティックの接続

「DJI OSMO Pocket」と同様に、画面を下からスワイプするとメニューが出て、FPVモード・フォローモード・固定モードと自分の撮り方に合わせてジンバルのモードを切り替えることができます。

さらに「DJI POCKET 2」では、通常セットでも付属するミニコントローラースティックによって操作性がかなり上がり、より使いやすくなります。ミニコントローラスティックは、「DJI POCKET 2」本体に簡単に取り付けられ、画面を触らずに1ボタンでジンバルのモードを切り替えることができ、スティックでカメラを上下左右に微調整することもできます。また、ボタンを2回連続で押すと、スティックでズームをかけられるように。撮影のスタイルがかなり変わり、よりストレスフリーに撮れますね。

ミニコントローラースティックはかなり便利で、UZUさんは常に本体につけた状態で使っているようです。

「Creator コンボ」と「通常セット」の違いは?

8:08 付属品紹介

通常セットには、ミニコントローラースティックと三脚マウントが同梱されていますが、Creator コンボは付属品がさらに増えています

Do-It-Allハンドル・ワイヤレスマイク・広角レンズ・ミニ三脚などの付属品で、より快適に撮影できます。

10:04 UZUスタイル

UZUさんのスタイルでは、Do-It-Allハンドルとミニ三脚を付けて使うことが多いようです。Do-It-Allハンドルは、自撮りするときも持ちやすく使いやすいとのこと。

ワイヤレスマイクも、カメラから離れて部屋の外に行っても音を拾えるので、屋外撮影・インタビュー動画を作る方にはおすすめです。ただし、現状ではスマホアプリと連動しながらワイヤレスマイクを使うことはできないようで、注意が必要です。この点は、「DJI POCKET 2」のアップデートを期待しましょう。

「DJI POCKET 2」の特徴

起動がかわいい!

6:55 通常起動の様子

「DJI POCKET 2」の起動方法は、前面のボタンを長押しすることで起動してすぐに撮影できるクイック撮影と、側面のボタンで起動する通常起動があります。

通常起動では、カメラがぴょこぴょこと動いて起動し、かなりキュートな動きをしてくれます。癒されますね。

ACTIVETRACK3.0での自動追尾

12:30 ACTIVETRACK3.0での自動追尾の様子

搭載されているACTIVETRACK3.0では、動きのある被写体をブレずに追いかけて撮影してくれます。人に撮影してもらわなくても、「DJI POCKET 2」を置いておけば勝手に追いかけてくれるので、撮影の幅がぐんと広がるでしょう。

自動でパノラマ撮影をしてくれる機能もあり、ブレがちなパノラマ撮影をはっきりと撮ることができます。スローモーションやタイムラプスも簡単です。

ケースが便利

14:56 ケースに収納した様子

「DJI POCKET 2」のケースは、全ての付属品がすっきりとしまえるような構造になっています。アダプターやレンズはケース内に収めることができ、三脚はケース横のねじ穴に、マイクもクリップでケースにセットできます。Do-It-Allハンドルを付けてるとケースからはみ出てカッコ悪いですが、しまうのに問題はありません。

以前の「DJI OSMO Pocket」では本体のみしかケースに入らず、アクセサリー類は別で持っておく必要がありました。今回のケースは全てケースに収まるので、持ち運びしても失くしづらくなっています。

まとめ

「DJI POCKET 2」についてUZUさんに紹介していただきましたが、いかがでしたか?

vlogを撮影したり、家族旅行なんかでも思い出をよりいい感じに残せる、魅力的なカメラですよね。持っておけば撮影スタイルの幅がかなり広がるので、ぜひチェックしてみてください。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!