Products

360度カメラにもアクションカメラにもなる一石二鳥なInsta360 ONE X2をレビュー。おすすめは「ご飯動画」【動画コラム】

動画ライターの砂流(すながれって読みます)です。

今回は10月28日に発売された全方位が撮れる360度カメラ「Insta360 ONE X2」を紹介します。

Insta360 ONE X2は360度カメラではあるものの、メーカーの定義ではアクションカメラの分類です。その理由は、360度でぐるっと撮った動画を16:9や横動画などで切り出せるため。しかも、ランニング程度ならほぼブレがないような、手ぶれ補正ががっつり効いた状態で切り出せます。

動画で作例付きで紹介しているのでそちらも合わせて見ていただけると、Insta360 ONE X2の全体像が掴めると思います。

Insta360 ONE X2は、5.7K動画撮影と7K(2400万画素)静止画撮影ができる以外にも、360度撮影でのライブ配信などいろいろな撮影に対応。Insta360のスマホアプリをインストールすると、動画を撮影した後にカメラワークを再編集して動画を抜き出せたり、スローモーションや2倍速などの早送りができたり、特定の被写体を自動でトラッキングする機能が簡単に使えるようになります。最大の特徴はAIが自動的にシーンを選んでくれて、AIが自動的に編集もしてくれる「スマート編集」機能です(動画内で実際のアプリ画面も紹介しています)。

スマート編集機能はテンプレートを選ぶだけで、完全おまかせで編集してくれるので、動画編集の知識が無くても使えます。

個人的に「これは発見だ!」と思ったのがご飯を食べる様子を撮ったご飯動画(めしログ)。動画内では僕が飲食店でカレーを食べている様子を紹介していますが、Insta360 ONE X2を定点で置いてあとから自由に編集しています。

アクションカメラや一眼レフなどで撮ろうと思うと、料理か自分かどちらか一方しか撮れないことが多く、何度もカメラのセッティングを変えなきゃいけなかったりして地味に大変だったりします。でも、Insta360 ONE X2は置いておくだけなのでラクですし、料理を集中して食べられるのも良かったです。

ただ、360度映像から切り取る形で16:9などの横動画にするので、画質は横動画で5K撮れるような最新のアクションカメラと比べれば多少は落ちます。とはいえ、1080pで書き出しできるので、YouTubeにアップしたり、普通にみたりする分には綺麗です。

価格は5万5500円(税込)。安い価格ではないですが、360度カメラにもアクションカメラにもなる一石二鳥なカメラなので、アクションカメラの購入で悩んでいる人は選択肢に入れてもいいと思います。


RECOMMEND

PAGE TOP