Culture

日曜昼下がり、東京にいた私が佐渡島を「おうち旅」した。胸が熱くなった

今っぽい旅のカタチ

2ヶ月に1回は旅行に行っていた私が、今回行ったのは佐渡島。でもいつもと違うのは、リモートだということ。参加したのは、ルミネが主催した「おうち旅ルミネ」。
「おうち旅ルミネ」は、おうちに届く秘密の品を手に、リモートで佐渡島を巡る旅。

旅を楽しむための「旅じたくボックス」が開催の数日前に自宅に届きました。
秘密の7品(佐渡島の名産であるお米やお酒、お魚など)と旅のかけらが入っているとのこと。

開催当日にボックスを開けて、佐渡島の方々とオンライン上でお話しながら旅をします。

開催当日の日曜日、とりあえず指示通りに、「旅じたくボックス」に入っていた水で、佐渡スーパーこしひかりを炊く。指定の時間までに炊き上がるようにして開催を待ちました。

そして、昼1時から、約5時間おうちのパソコンの前で佐渡島に行って来ました。

旅の仲間の顔が見える

驚いたのは、旅の参加者49名のほとんどがZoomの画面をオンにしていること。そんな仲間の顔をみながら、みんなでいろいろな場所に行き、現地の方のお話を聞いたり、同じものを食べたり、飲んだり。気になったことは質問したりと、本当にちょっとしたツアーをしているかのような気分になりました。

最後はみんなで、佐渡の日本酒を飲みながら、太鼓芸能集団「鼓童」を見て、手拍子をしながら、踊ったり歌ったり。これは結構感動的でした。今日初めて会ったとは思えないほど、一体感を感じました。

普通に旅行しただけでは出会えない人の話を聞けたり、場所に行けたり、リモートならではの旅の魅力もありました。

市長に佐渡島の現状を聞いてみた

後日、佐渡市長の渡辺竜五さんにリモートでインタビューを行いました。
(インタビューは、2020年9月7日に行われました。)

Q1. 佐渡島の観光業の現状は、コロナによってどう変わりましたか?

渡辺氏:コロナ前から、佐渡の文化、食、これらを体験するには、個人などの小グループでの滞在の形が理想だと考えていました、

土日には、そのような個人での観光客の方もいらっしゃいますが、どうしても平日には少なくなってしまう。また迎える側も団体をおもてなしする仕組みが残っていて、個人のお客様を迎えるインフラが整っていませんでした。

ここまでが、コロナ前までの現状です。

しかしコロナ渦となり、バスが入れなくなりました。もちろん団体のお客様も迎えられません。アフターコロナの中でも、今までのような団体のお客様はかなり減るだろうと考えています。

そこで、個人のお客様で平日も含めて長期で、例えば1ヶ月以上滞在していただけるような形を目指していかなければいけないなと改めて気づかされました。

Q2. 今回「おうち旅ルミネ」に佐渡市が賛同した理由

渡辺氏:従来の考えでは、(映像として)見てしまうと、来る魅力というものがなくなるのではないかという疑念があると思います。

しかし今回お話をいただいて思ったのは、オンライン上で普段の観光では見えないような、島の深い部分までも見せられるのではないだろうかという事でした。

また今回の「おうち旅ルミネ」の感想などを伺えば、今後のオンラインでの佐渡市の観光の発信の仕方において、非常に参考になるのではないかと考えました。

前川:私も今回参加してみて、移動時間を考えずに、いくつもの場所を回れたことがオンラインの旅の良いところだなと思いました!

渡辺氏:そうですね。でも、そのような移動時のちょっと無駄な時間に、見える景色やものが、旅の魅力でもあります。

今回佐渡島に興味を持ってもらって、「オンラインで見ていたものと、来てみたら全く違うね!」というふうに、web上と実際の旅がつながっていくとおもしろいなと思っています。

Q3. 「おうち旅ルミネ」の体験者にどのような思いを感じて欲しいですか?

渡辺氏:僕自身は、自然・文化・歴史そういったものをゆったりとした時間軸の中で体験できるのが佐渡島の魅力だと思っています。

ガイドブックだけを見て、佐渡島のことを知らずに来ると、体験できないことや出会えない人に「おうち旅ルミネ」では、出会えますよね。佐渡島の深いところを知ることができるのが、今回の「おうち旅ルミネ」のオンラインでのすごく良いところだと思います。

今回知った佐渡島の魅力を、次は佐渡島の自然の中で、感じてもらえればなと思います。
佐渡島に実際に来なきゃ見れないものもたくさんあるので、こっちでゆっくりと人に会って、話して、普段味わえないようなゆったりとした時間を体験していただければと思います。

・ ・ ・

もちろん旅好きな私としては、その土地に行って、風や香りや気温を感じるのがベストなのは当たり前。ですが、ずっと行きたかった佐渡島に、今回「おうち旅ルミネ」で初めて行ってみて、ますます行きたくなりました。

普通の観光では、味わえない体験ができるオンラインの旅も、次回のためのきっかけとなるなら、どんどん体験してみたいと思いました。

次回の「おうち旅ルミネ」は、 2020年11月29日(日)に開催されます。場所は、アートのまちとしても知られる群馬県の中之条町を旅できるとのこと!しかも旅のガイドは、中之条町に移り住み、その土地に根差しながらクリエイションをしている3組のアーティスト。

気になる人は、参加してみては?


なお、気になる話題やネタをフカボリ取材する「withnews(ウィズニュース)」でも、おうち旅ルミネが特集されています! 気になる人は下記リンクから読んでみてくださいね。
https://withnews.jp/article/f0201029007qq000000000000000W02q10101qq000021984A

CREDIT
Videographer :Marina Maekawa
SNS :にしまり

RECOMMEND

PAGE TOP