注目の電動式スタンディングデスク「FLEXISPOT E3」をレビュー

柘植日向子
2021-03-03

テレワークが拡がり、在宅で仕事をする方が増える中、家でも集中して仕事ができる環境を作れるかどうかが重要ですよね。そこでMoovoo編集部では、今注目を集める話題のスタンディングデスク「FLEXISPOT E3」をレビューします。筆者にとって初めてのスタンディングワークはどうだったのか、実際に使っている様子や注目ポイントをご紹介します!


米国テキサスA&M大学の研究チームがコールセンターで働く従業員を対象に行った調査によると、スタンディングデスクを使用した従業員では46%も生産性の向上が確認できたそうです。

ただし、一日中立ちっぱなしだったわけではなく、従来のデスクで仕事をする従業員よりも一日の中で約1.6時間(1時間36分)長く立っていた従業員で良い結果が出ているようです。

つまり、適度に立ったり座ったりに対応できるスタンディングデスクを選ぶことがデスクワークの生産性を上げる一つのポイントと言えそうです。しかも運動効果によって健康リスクの低減も期待できるので一石二鳥ですね。

今回使ってみたデスクはこちら

PICK UP!
  • FLEXISPOT
  • スタンディングデスクE3B(天板別売)

  • 税込み45,000円
  • 昇降がスムーズで手軽にできる電動式スタンディングデスク

  • ボタン1つで好みの高さに昇降できる電動式スタンディングデスク。音も静かで気になりません。天板は好みのものを使用することも、別売の天板を使用することもできます。

【スペック】
昇降幅:60〜123cm
耐荷重:100kg
対応可能な天板:幅120〜200cm/奥行60〜80cm/厚さ2cm以上
保証期間:モーター2年/フレーム5年
PICK UP!
  • FLEXISPOT
  • オフィスデスク用天板

  • 税込み12,000円
  • 2人同時使用や、PC2台置きにも対応した120cm幅

  • 部屋やオフィスに合わせて4色から選べる大型のスタンディングデスク用天板。しっかりした作りで安心して使い続けられます。

【スペック】
カラー:ブラック/メイプル/ホワイト/マホガニー
サイズ:奥行60×幅120×厚さ2.5cm

今回使ってみたのは、FLEXISPOTのE3Bと天板(ブラック)の組み合わせです。こちらのスタンディングデスクを使って、立ったり座ったりを繰り返して1日勤務してみました。実際の使用感も含めてレビューしていきます。そのほかの多彩なスタンディングデスクに関心がある方は、以下の記事もぜひご覧ください。

FLEXISPOT スタンディングデスク E3を実際に使ってみた

FLEXISPOT E3Bを使う様子

20代女性の筆者にとっては、初めてのスタンディングワーク。実際に1日使ってみて、スタンディングを仕事のスタイルとして取り入れやすく感じました!

まずスムーズな使い心地が癖になりました。メモリー機能により、自分に合った高さに手軽にいつでも調節できます。また、耐荷重100kgでとてもしっかりしているので安心です。上体を寄っかけたり、肘をついて体重をかけてもグラつきは全くありません。ただ使ってみて気になるポイントもいくつか。

それではFLEXISPOTのスタンディングデスク「E3B」を使ってみて気づいた点や使い方についてもご紹介します。

120cm幅の天板なら2人でも使える

サイズ感

今回組み合わせた120cm幅の天板なら、空いたスペースにサブディスプレイを置いたり、資料を広げることも思いのまま。二人で並んでデスクワークをすることも可能です。

さらに、FLEXISPOT E3は電動式スタンディングデスクなので、高さの変更がボタン操作だけで負担なくできます。立ち姿勢から座り姿勢への切り替えが簡単なため、気分を変えながら仕事に集中できます。

操作盤を使用する様子

高さ調節は60~123cmまで可能で、少数点第1位まで設定できます。平均的な身長の小学1年生(110cm)から、190cmを超す高身長の方まで幅広く対応します。

自分にとってベストなデスクの高さとは、姿勢良く立った状態で、デスクの上に置いた腕が90度までは曲がらない程度の高さです。キーボード操作をするのにも腕がリラックスした状態なので、作業に集中できます。

身長157cmの筆者は座って使うときは73cm、立って使うときは92cmがベストでした。自分に合った高さで作業をすることがとても重要です。おすすめの高さを表にまとめましたのでご参考にしてください。オフィスで使うときは靴の厚さも加えた身長に合わせてくださいね。

身長に合わせた最適な高さ
身長 書き仕事 キーボード作業
150cm 91cm 86cm
155cm 94cm 89cm
160cm 98cm 93cm
165cm 101cm 96cm
170cm 104cm 99cm
175cm 107cm 102cm
180cm 110cm 105cm
185cm 114cm 109cm
190cm 117cm 112cm

昇降してみる

昇降スピード

デスクの高さを変える方法は、操作盤にある「矢印ボタン」一つです。昇降時の動きはスムーズで動きも早いです。座り姿勢から立ち姿勢への大きな高さ変更でも、待ち時間がストレスになることはありません。また、モーター音は小さく、静かなオフィス内で操作してみても駆動音が目立つほどではありませんでした。

さらに使いやすいと感じた機能

FLEXISPOT E3Bを1日使ってみて「この機能はうれしい」と感じたポイントを紹介します。

メモリー機能|よく使う3種類の高さをメモリーしておける
まず1番に便利だと感じたのは「メモリー機能」です。1・2・3のボタンそれぞれによく使う高さを振り分けて記憶させておくことができます。後は押すだけで自動でその高さに昇降してくれるのでとても便利です。この機能を使わない手はありません。

ボタンの上に「立」「座」などの字を書いたシールを貼っておけば、使いたい時にどのボタンだったか迷うこともないでしょう。

オフィスで使う場合のデスクの高さは、身長プラス靴底の厚さを基準にします。2〜3cmの高さの違いでも使用感が大きく違うので、長時間使う場合は高さにこだわった方が良いです。

アラーム機能|座りっぱなし・立ちっぱなしにならないように気づかせてくれる
同じ姿勢を長時間続けないように「アラーム機能」が付いています。スタンディングワークに慣れていないと、立ちっぱなし・座りっぱなしになりがち。アラーム設定しておくと適度に姿勢を変えられます。女性の気になる脚のむくみも多少解消できそうだと感じました。

スタンディングデスク「FLEXISPOT E3」の気になったポイント

FLEXISPOT E3Wのamazon画像

1日使ってみて気になるポイントもありましたので紹介します。

一人では設置や移動が難しい重さ

まずは重さです。脚部だけでも約35キロあり、天板は幅120cmのサイズで約16kgほどあります。ダンボールに入れられて届いた状態から、組み立てるまで女性一人ではとても難しいです。編集部の30代の男性が組み立てましたが、組み立てはできても設置するにはもう一人別の人間のサポートが必要でした。

FLEXISPOTのアーム(机の脚)にはキャスターが付いていないので、気軽に設置場所を変えることは難しいですね。

ただ、重いだけあり、耐荷重は100kgです。パソコン・プリンター・書籍などを置いてもまだ余力を残しているので安心です。一般的な昇降式スタンディングデスクは耐荷重に優れていないものが多いので、その点は大きなメリットです。

コンセントまでの距離に注意

延長コード

スタンディングデスクのサイズにもよりますが、今回筆者が使用したスタンディングデスクは大きめのサイズだったため、PC付属の電源コードだけではコンセントまでの距離が足りませんでした。延長コードを使用するなどして対応しましょう。

注意点として、デスクが昇降することで、デスクの上からコンセントまでの距離が変わります。延長コードの長さが不十分だと、昇降時に引っ張られて抜けてしまう危険性があるので、長さに余裕のある延長コードを使うようにしましょう。

FLEXISPOTには様々なタイプあり

FLEXISPOTの電動式スタンディングデスクには、今回紹介したデスクの他にも商品がありますので、タイプの違うデスクも含めてご紹介します。使用環境や用途に合わせてベストなスタンディングデスクを導入してください。

FLEXISPOT おすすめスタンディングデスク

商品画像

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

商品名

E3B(レビュー紹介モデル)

H2B

EC1

M17MB

タイプ

電動式

手動式

電動式

卓上式

天板サイズ

幅:120〜200cm/奥行:60〜80cmに対応(天板別売)

幅:120〜200cm/奥行:70〜80cmに対応(天板別売)

幅120×奥行60cm(天板付)

幅88×奥行41.5cm(天板付)/キーボード台:幅88×奥行20cm

昇降範囲

60〜123cm

72〜123cm

71〜121cm

12〜50cm

耐荷重

100kg

80kg

70kg

17kg

価格

税込み45,000円

税込み23,900円

税込み28,000円

税込み17,800円

商品リンク

Amazonで見る

Amazonで見る

Amazonで見る

Amazonで見る

楽天で見る

楽天で見る

楽天で見る

Yahoo!で見る

Yahoo!で見る

Yahoo!で見る

まとめ

今回は注目を集めているスタンディングデスクの中でも人気の高い「FLEXISPOT E3」のレビューをご紹介しました。スタンディングワークは筆者にとって初めての体験でしたが、立ったり座ったりと姿勢を変えることが気分転換になり、仕事に集中して1日を過ごすことができました。

自宅に導入する場合は、もう少しサイズが小さくて、部屋の雰囲気に合わせた好みの天板と組み合わせてみたいです。電動式だけでなく、手動式や卓上タイプなど種類がいくつもあるので、用途や予算に合うスタンディングデスクをぜひ選んでみてください。

※価格はいずれも2021年3月時点。特に記載がない場合はAmazonの価格です。

こちらの記事もどうぞ

HOME

>

グッズ

>

注目の電動式スタンディングデスク「FLEXISPOT E3」をレビュー


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!