HOME

>

フード

>

白ワインを楽しむためのおつまみとは?もっと気軽に宅飲みをしよう

白ワインを楽しむためのおつまみとは?もっと気軽に宅飲みをしよう

nagiy
2020-04-06
2020-04-06


魚料理が合うといわれている白ワイン。実際コースメニューをいただくことがあれば、だいたい白ワインと魚メニューはセットになっていますよね。

もちろん両者の味わいがちょうどよいからこそ、合う料理として出されているのでしょう。しかし、もっと気軽なおつまみと合わせて飲んでみたいと考えることもありますよね。特に宅飲みなどでは、もっとチープなものに合わせたいとも感じるもの。

そこで今回は、本格的なレシピはもちろん、もっと手軽に白ワインを楽しむためのおつまみについて紹介していきます

白ワインに合うおつまみを選ぶ基準

<alt>食卓上からの写真


まず最初に白ワインに合うおつまみの選び方から見ていきましょう。基本を知っておくことで、買い物ついでに良いもの見つけた!なんて場面があるかもしれませんよ。

ワインの色に近いものを選ぶ

白ワインに限らず、ワイン全般の選び方の基準がこちらの「ワインの色に合わせる」という方法です。

白ワインの場合は、食材やおつまみの色もできるだけ「白」に合わせてみましょう。こう考えると魚介が白ワインに合うといわれるのも、分かるような気がしますね。

白ワインの風味を損なわないよう注意

続いて気にしておくべき点は、白ワイン特有の爽やかな風味を損なわないようなおつまみをチョイスすること。簡単に言ってしまえば、フルボディの赤ワインに合うような味や香りが強いものを選んでしまうと、白ワインの繊細さが感じられなくなってしまうということですね。

ハーブのような少し薬臭さが香るような白ワインには、同じくハーブを使った料理。木の香りや少し癖が強い白ワインは、バターやクリーム系のものなど。初めのうちは傾向を合わせておくことで、方向性を見つけやすくなりますよ。

スーパーやコンビニで買える手軽なおつまみ

では早速、白ワインに合うおつまみを見ていきましょう。最初はごくごく気軽に購入できる、スーパーやコンビニで買える既製品について紹介していきます。

おすすめ①
  • なとり
  • 一度は食べていただきたい燻製チーズ

  • 税込み1,480円
  • 手軽に食べれて本格的!ワインに合わせていただこう

  • 素材はもちろん製造方法にもこだわった、おつまみシリーズの中でもプレミアムなチーズ。そのまま食べてもよし、ちょっとしたアレンジレシピも楽しいですよ。

スーパーやコンビニのお酒コーナーの近くで、一度は見たことがある方も多いでしょう。「一度は食べていただきたいシリーズ」の中から、スモークチーズをチョイスしました!白ワインに限らずワインとチーズの相性はバッチリなので、手軽に本格的な味わいを楽しめますよ。

おすすめ②
  • 高見商店
  • アボカド

  • 税込み1,900円
  • 合計10玉のアボカドで何して食べる?

  • 森のバターと名高いアボカド。こっくりとした濃厚さが、白ワインのさっぱりとした味わいにピッタリです。そのままでも料理の材料としてもおすすめ。

白ワインに合うのはもちろん、栄養価も高く美味しい野菜として人気のアボカド。ワインのおつまみとしていただくだけではなく、さまざまなアレンジが効く点もうれしいですね。

おすすめ③
  • イベリコ屋
  • レアルベジョータ

  • 税込み4,980円
  • スペイン王室の献上品を自宅で堪能しよう

  • 本物のイベリコ豚を使った生ハムです。写真からもわかるように、常温でとろける脂身が一番の特徴!極上の味わいを美味しい白ワインと一緒に。

見るからにおいしそうな生ハムですよね!イベリコ豚専門店が自信をもって扱っている極上品の生ハムです。豚の脂身が苦手な人でもこれなら食べられる!と絶賛したほどの美味しさ、とろける味わいをいただいてみましょう。

すっきり辛口の白ワインに合う簡単おつまみレシピ

ここからは、一般的に白ワインに合うといわれているおつまみではなく、白ワインの味の傾向に合うものをピックアップしていきます。まずはすっきりとした辛口の白ワインに合うおつまみレシピです!

ピリ辛が病みつきに「ブロッコリーのペペロンチーノ」

パスタのオイルソースとして有名なペペロンチーノ。お野菜を合わせることでも、より辛口の白ワインを美味しくいただけますよ。こちらではブロッコリーのレシピを紹介しますが、他のお野菜でも試してみてくださいね。

■材料
ブロッコリー
ニンニク
鷹の爪
オリーブオイル
白ワイン


■レシピ
1.小房に分けたブロッコリーを湯がいておく
2.フライパンにオリーブオイルをひき、みじん切りにしたニンニクと輪切りにした鷹の爪を入れて弱火で熱する
3.ニンニクの香りが立ってきたらブロッコリーを入れ、軽く油を絡めてから白ワインを入れて蒸し焼きに
4.塩で味を調えて出来上がり(物足りなければベーコンをプラスする、または味の素を使ってもOK)

おすすめ④
  • ニューワールドファームス
  • ブロッコリー

  • 税込み2,980円
  • 冷凍ブロッコリーでいつでも便利に食べられる

  • コストコでも販売されている冷凍ブロッコリー。茹でたてのものと比べると触感は異なりますが、柔らかくて食べやすいという口コミもあります。

2.5kgと大容量の冷凍ブロッコリー。野菜好きな方ならいつでもストックすることができるので、重宝するのではないでしょうか?いつでも手軽に野菜を食べたい、なんて方にもおすすめできます。

意外な相性?コロッケとワインを合わせる

白ワインのつまみは比較的にあっさりとしたものだと考えますよね。しかし、素朴な甘さがあるコロッケが実は辛口白ワインと相性◎

おすすめ⑤
  • ニチレイフーズ
  • 衣がサクサクのコロッケ

  • 税込み1,247円
  • ジャガイモの甘み、サクサク加減が嬉しい

  • お弁当の定番コロッケが白ワインのお供に!作った後に時間がたっても衣がサクサクなので、皆でおしゃべりをしながらの飲み会でも頼もしい1品です。

ジャガイモ多めの素朴な味わいが美味しいコロッケです。冷凍食品なので電子レンジでの解凍や自然解凍でもOKですが、少量の油で揚げるとよりサクサクっと美味しくいただけますよ。コロッケ作るのが面倒くさい!なんて方は試してみましょう。

おすすめ⑥
  • ドメーヌ・デ・マロニエール
  • シャブリ

  • 税込み2,069円
  • 辛口白ワインといえばこれ!日本食に合うワインとしても有名

  • 柑橘系を感じさせるような酸っぱさやフレッシュさが口の中で弾ける、日本人にとって親しみやすい辛口白ワイン。初心者さんから玄人さんまでおすすめです。

美味しい辛口白ワインを、と聞かれた時にあげられることが多い白ワインですね。一時期爆発的な人気を誇っていたので、知っている方も多いのではないでしょうか。鼻に抜ける華やかな香り、強めの酸味でパンチがありながらもしみじみと美味しい1本です。

コクのある辛口の白ワインに合う簡単おつまみレシピ

続いては同じ辛口白ワインでも、もっとコクのある重ための白ワインに合うおつまみについて見ていきましょう。

これまた以外?コク旨の白ワインにてんぷらを

自宅で作るにはお手軽とは言い切れませんが、意外なおつまみとして天ぷらも白ワインに合うんですよ。特にコクのある重ための白ワインとてんぷらは、お互いを引き立てあうような名タッグ!面倒ではありますが一度チャレンジしてみましょう。

おすすめ⑦
  • 日清
  • コツのいらない天ぷら粉 4個

  • 税込み1,123円
  • 面倒な手間を一切カット!自宅で手軽にてんぷらを

  • 衣の準備が面倒、油跳ねの後片付けが大変、そんな時にはてんぷら粉は市販のものが一番楽ちん!冷水も卵もいらない便利アイテムです。

お惣菜の天ぷらも十分美味しいですが、やはり揚げたての天ぷらとは比べ物になりませんよね。衣が上手くできないんだよな…と考えているのなら、こちらがおすすめです!きれいに衣の花ができるので、料理上手になった気分になれますよ。

新鮮な生ガキと白ワインを合わせる

料理とはいえませんが、白ワインに合わせたいおつまみの中でも外せないのが「生ガキ」です!鮮度がよいものを選ばなければいけないので、なかなか難しいかもしれませんがカキ好きならこの組み合わせだけで幸せに!

おすすめ⑧
  • かきや no kakiya
  • 生食用殻付き生ガキ

  • 税込み6,800円
  • しっかり滅菌されているから殻付きでも怖くない

  • 三陸にあるオイスターバーの店主が厳選した生ガキです。生きたままで送られてくるので、鮮度も抜群!ぷりぷりの身を白ワインと一緒にいただきましょう。


仙台市にあるオイスターバーで扱われているこだわりのカキを、贅沢に宅飲みでいただいてみましょう!生食用なのでそのままいただくもよし、軽くあぶっていただいてもまた違った美味しさを堪能できます。

おすすめ⑨
  • ミルズリーフ
  • ソーヴィニヨンブラン

  • 税込み3,080円
  • 爽やかでありながら華やかな香りが特徴的

  • レモンのような香りがフルボディのワイン特有の重さを際立たせる、好きな人にはたまらない1本でしょう。濃いおつまみはもちろんさっぱり系も相性よしです。

特に生ガキをいただくときに合わせてほしい白ワインです。爽やかなワインの香りと、カキの磯の香りが相まって、お互いを引き立てるようなワンランク上の美味しさを実感できます。

甘口の白ワインに合う簡単おつまみレシピ

最後は甘口の白ワインに合うおつまみを見ていきましょう。甘口=スイーツなんてイメージもありますが、気になるものはあるでしょうか?

和と洋の食材を合わせておつまみに「シイタケ×ブルーチーズ」

この組み合わせはアリなのか?と疑問に感じてしまいそうですが、旨みが豊富なシイタケとブルーチーズは好相性な組み合わせ。甘口ワインと合わせることで、甘じょっぱさが病みつきになりますよ。

■材料
シイタケ
ブルーチーズ
バター

■レシピ
1.シイタケの軸を取り、傘の内側にバターとブルーチーズをのせる
2.熱したオーブントースターで5分程度焼いたら出来上がり

おすすめ⑩
  • ジェラール
  • ブルーチーズ

  • 税込み4,650円
  • パッケージを空けた時が食べごろと嬉しい機能

  • フランスはアルプス地方で作られた、独特の癖が美味しいブルーチーズです。白、青カビのバランスが良いので、旨みたっぷりなチーズですよ。

ブルーチーズ単体なら辛口の白ワインがおすすめですが、シイタケを組み合わせているので甘口ワインにもおすすめに。せっかくおいしく作るのなら、本場の味わいを堪能してみましょう

大粒ドライフルーツで甘さの違いを楽しむ

ワインとドライフルーツの組み合わせも、王道といえる組み合わせですよね。中でも女性におすすめしたいのが、こちらのイチジクのドライフルーツになります。大粒、セミドライタイプをチョイスして少しだけ贅沢気分を味わってみましょう。

おすすめ⑪
  • デルタインターナショナル
  • 大粒白イチジク

  • 税込み918円
  • セミドライフルーツなので大粒でも食べやすい

  • トルコの山間部で育った大粒のイチジクを使用。イチジク特有のプチプチとした食感を残しながら、長期保存を可能としています。

こちらのドライイチジクの一番の特徴はその大きさ!開けて見るとびっくりの大きさなので食べごたえがありますよ。そのままドライフルーツとして食べる、ちょっとしたアレンジなど幅広く楽しめるでしょう。

おすすめ⑫
  • カールジットマン
  • ツェラー・シュヴァルツ・カッツ

  • 税込み1,470円
  • 味わいもラベルもかわいらしさが光る1本

  • 甘口白ワインの中でも、世界中で愛されている白ワインの1本。やや甘口程度なので下手に後味がくどくなく、初心者さんや女性におすすめのワインです。

ドイツ製のワインの中でも最も由緒ある醸造所で作られている白ワインです。ユニークかつかわいらしいラベル、くどすぎない甘さが飲みやすいので特に女性に人気です。料理のお供からスイーツのお供まで、さまざまな合わせ方が楽しめるでしょう。

まとめ

詳しい人はとっても詳しくて、疎い人はとことん疎い。そんな白ワインに合わせるおつまみについてみてきました。

意外なことに和食にも合うことが分かって、少し身近に感じた方も多いのではないでしょうか?ただ、どんなものでも最終的に合う合わないは、個人の感性によって変わってくるもの。今回おすすめした料理やおつまみは、白ワインの特性に合わせてみれば合うと考えられるものばかりです。

自分だけのマリアージュを探して、これを機会にいろいろと試してみてくださいね。

※価格はいずれもAmazonの2020年3月時点のものです。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!