おすすめの猫ケージを選ぼう!必要性やデメリット、選び方も紹介!

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

グッズ

>

おすすめの猫ケージを選ぼう!必要性やデメリット、選び方も紹介!

おすすめの猫ケージを選ぼう!必要性やデメリット、選び方も紹介!

記助
2020-03-22 00:00

猫と暮らすときの必需品はさまざまありますが、室内のスペースを多く取るものに「猫用ケージ」があります。猫用ケージが嫌いな猫もいますが、大半の猫は慣れると気に入るので、用意しておいた方は良いです。

では、どのような猫用ケージを選べば良いのでしょうか。

ここからはおすすめの猫用ケージを紹介していきます。なぜ必要なのか選び方もあわせて紹介するので参考にしてください。

猫用ケージの必要性・メリット

猫用ケージは、猫自身が自分の縄張りと認識すれば過ごしやすい場所になります。中にはケージが嫌いな猫もいますが、多くの猫にとってケージは安心できる自分の居場所になります。

特に引越しや模様替えなどいつもの風景が大きく変わると、猫はストレスを受けてしまいます。そこで、ケージという自分の居場所があれば安心して過ごせるのです。

他にも猫の安全を確保する役割もあります。例えば、窓やドアを開けるときに脱走してしまうこともあります。料理で火を使っているときなどは猫にとっては危険です。人間用の薬や食べ物を口にすることで健康に影響がある場合もあります。

いつも過ごしている自宅でも猫にとっての危険が多いため、安全を確保するためにも必要なのです。

猫用ケージの選び方

猫用のケージは、猫がストレスなく過ごせるように大きなサイズを選ぶことが大切です。横に広いケージだと置くスペースに困ってしまいますが、2段・3段など高いケージだと置きやすいでしょう。

猫は本能的に高い場所の方が安心するので、ある程度猫が成長したら高さがあるケージを選ぶのがおすすめです。反対に、子猫の場合はトイレの場所を覚えるためにも1段のケージが適しています。

どのような猫ケージでも、中に入れている間でも用を足せるようにトイレを置ける広さがあるものを選ぶことが重要です。

1段のおすすめ猫用ケージ5選

まずは、1段式のおすすめ猫用ケージを見ていきましょう。

おすすめ
  • FEANDREA
  • ペットケージ

  • 税込み5,100円
  • スチール製で耐久性が高く長く使えるキャットケージ!

  • 取っ手が2つ付いているため、バランスを取りながら移動もできる優れもの。折りたたみ式なので使わなくなったときの収納にも便利です。

格子の目は細かいので頭が小さい子猫でも外に出られないので安心できます。底のトレーは引き出し式なので掃除するときに楽です。

【ケージサイズ】
75×47×54cm

おすすめ
  • Amazonベーシック
  • ペット用ケージ 折りたたみ式 シングルドア

  • 税込み3,480円
  • 仕切りパネルで子猫の成長に合わせて使いやすい!

  • 大き過ぎるケージに小さな子猫を入れると、トイレを覚えにくいです。パネルを使って意図的に狭くすることで確実にトイレでき、パネルを移動することスペースを広げていけます。

シンプルでコンパクトに折りたためるケージを求めている人におすすめです。丈夫な金属構造なので、元気がいい子を入れても安心です。

【ケージサイズ】
56×33×38cm

おすすめ
  • アイリスオーヤマ
  • プラケージ ベージュ 660

  • 税込み7,018円
  • 便利なキャスター付きの掃除しやすい子猫用ケージ!

  • キャスター付きで移動できるので、ケージ周辺の掃除を簡単に行えます。天井は半分だけ開けられるので、上から中を簡単に掃除できるので便利です。

丸洗い可能なプラスチック製のケージなので、清潔さを保ちやすく嫌なニオイも気になりにくいでしょう。金属製と違い錆びないので、長く使い続けられます。

【ケージサイズ】
50.7×65.8×56.1cm

おすすめ
  • WEIMALL
  • ペットケージ

  • 税込み5,950円
  • 組み立て簡単!可愛らしいペット用ケージ!

  • 車にも載せられるコンパクトサイズで、キャスター付きなので移動も簡単。扉はバネ式ロックなので、子猫がパンチしても簡単には開かないので安心です。

子猫が粗相してしまっても、トレーに水滴が落ちるのでおしっこは溜まりません。トレーにトイレシートを敷いておけば清潔さを保ちやすくなります。

【ケージサイズ】
60×42×53cm

おすすめ
  • SEIKOH
  • ペットケージ

  • 税込み8,180円
  • 工具不要!簡単に組み立てられる快適なペットケージ!

  • キャスターが付いており移動しやすいだけでなく、天井部分は取り外し可能なので簡単に手入れできます。子猫には十分な広さなので快適に過ごせるでしょう。

シーツがズレるのを防ぐストッパーが付いているため、見映えが良い状態をキープできます。ケージを固定するクリップがしっかりしているため、子猫が飛び出すのを防げます。

【ケージサイズ】
92×62×64cm

2~3段式のおすすめ猫用ケージ5選

子猫が大きくなってきたら縦のスペースを有効活用できる2段・3段式のケージを使いましょう。では、どのようなケージがあるのか紹介します。

おすすめ
  • タンスのゲン
  • 3段 キャットケージ キャスター付き

  • 税込み13,999円
  • 爪とぎができる麻製のステップつきの嬉しい猫用ケージ!

  • 大きなケージでありステップを上ることで良い運動になるでしょう。扉は各段に付いているので、どこにいても猫の様子をチェックできます。

水飲み皿など猫ケージに必要なアイテムが揃っているので、猫にとって快適な空間を手軽に用意できるでしょう。

【ケージサイズ】
90×62×167cm

おすすめ
  • アイリスオーヤマ
  • コンビネーションサークル 2段

  • 税込み12,100円
  • 縦にも横にも拡張できる便利な広々ケージ!

  • 猫の成長や家族の数に合わせて大きくできる猫用ケージです。各ケージのパーツは単品でも購入できるので、2段から3段への変更も簡単です。

猫が大きくなったときや、増えたときは新しいケージを購入すれば簡単に増築できます。スライドドアなので開くときに場所を取らないので使いやすいです。

【ケージサイズ】
93×65×122cm

おすすめ
  • マルカン
  • キャットフレンドルーム スリム2段

  • 税込み6,197円
  • 縦に大きい2段式ケージ!広々空間で快適に過ごしやすい!

  • 2段の猫用ケージですが1段は縦に長いので、猫が休めるトレイを2階・3階に設置することができます。1階部分を広く取れば掃除なども行いやすいでしょう。

縦長のスリムな猫用ケージなので屋内でも場所を取らずに設置できます。トレイの位置を調整すれば、子猫の成長に合わせて使えて便利です。

【ケージサイズ】
79.5×50×131.5cm

おすすめ
  • アイリスオーヤマ
  • ペットケージ 2段 ホワイト

  • 税込み10,101円
  • 成長した愛猫に最適なサイズ!ゆったり過ごせる広い猫用ケージ!

  • 2段式のケージであり、棚板がありケージ内で軽い運動も可能です。キャスター付きで移動しやすく、ケージの下の掃除も簡単に行えます。

棚板は広めの設計であるため伸び伸びと過ごせる環境です。ベッドやおもちゃ、トイレを中に入れても余裕があるので、さまざまな大きさの猫との相性が良いです。

【ケージサイズ】
93×63×121cm

おすすめ
  • ペティオ
  • ネココ キャットルームサークル

  • 税込み13,600円
  • 「ねこドア」付きで自由に出入りできる便利で使いやすいケージ!

  • 使い勝手が良いステップがあり猫が安心してくつろげる空間を作れます。ステップを重ねることで簡単な屋根付きベッドのように使うことも可能です。

爪とぎを好きな位置に設置できるホルダーも付いているため、猫が快適に過ごせる空間を作り出せます。

【ケージサイズ】
61×91.5×51cm

※価格はいずれもAmazonの2020年3月時点のものです。

ケージ飼いをするときの注意点

自宅に貴重なものや危険なものが多い場合、ケージ内で過ごすことが中心になるケースもあります。しかし、大きなケージだったとしても猫にとっては狭いスペースであり、ストレスが溜まりやすいので注意してください。

また、運動不足になって健康に影響が出る可能性も十分に考えられます。ケージで猫を育てる場合は、快適に過ごせるように清潔さを保つようにしましょう。掃除をしやすいケージを選ぶことも大切です。

まとめ

猫用ケージにはさまざまな種類があるので、猫の状況や大きさ、体調に合わせて選ぶことが大切です。子猫のときは1段でも十分ですが、成長して大きくなると行動範囲も広がるので、2段・3段と高さがある猫用ケージを選ぶようにしましょう。

サイズだけで選ぶのではなく、キャスターの有無や屋根・扉などを取り外して掃除しやすいかどうかも確認することが大切です。ケージの種類や性能を知り、最適なものを選ぶようにしてください。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!