ランニング中のイヤホンは有線派!おすすめやメリットを紹介

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

グッズ

>

ランニング中のイヤホンは有線派!おすすめやメリットを紹介

ランニング中のイヤホンは有線派!おすすめやメリットを紹介

Tanaka
2019-11-05

ランニングの際にイヤホンを使う方の、有線なのか無線なのかという選択はいまだどちらという決着がついていないように感じます。そういった中でも、やっぱり有線!という方向けに、おすすめのイヤホンをご紹介します。

有線と無線イヤホンの違い

単純にイヤホンにコードがあるか無いかという違いによって、「有線」、「無線」というカテゴリーに分けることができます。無線の中にも左右のイヤホンがコードで繋がっているタイプもありますが、音を出す端末との接続方法がBluetoothなどのワイヤレスであれば「無線」になります。

ランニング用有線イヤホンのメリットとデメリット

ランニングに限らず、有線イヤホンの最大のメリットは音質です。無線の場合、どうしても音源データが圧縮されてしまうため、元の音よりも音質が劣りますが、有線の場合は端末からそのまま耳に伝わるため、元データの状態で聴くことができます。

もう一つのメリットは、充電切れを起こしにくいという点です。端末に繋がっているため、端末自体の電源があるかぎり、使用することができます。

デメリットは、何よりも運動の邪魔になるという点ではないでしょうか。ランニング程度であれば、手を激しく動かすということも無いので、引っかかることも少ないですが、何かの拍子に断線する可能性があります。

また、無線イヤホンの中にはリモコン内蔵タイプもあり、ワンタッチで操作可能なものもあるため、それと比較するととっさの操作はしにくいかもしれません。

ランニングにおすすめの有線イヤホン5選

それでは、ランニングにおすすめの有線イヤホンをご紹介します。

おすすめ①
  • Sony
  • MDR-AS210

  • 税込み1,423円
  • 耳の形状にフィットするループハンガー機構採用

  • エラストマー樹脂製のハンガー部が耳への負担を軽減して、運動中でも安定した装着感を実現。汗や水しぶきに強い防滴仕様。からみにくいセレーションケーブル採用。

耳に掛けるタイプなので、ランニング中も落ちる心配がないのが最大の特徴です。防滴仕様で汗や多少の雨にも強いほか、クリップも付属しているため、コードをしっかり固定できます。

おすすめ②
  • JVC
  • HA-ETR40

  • 税込み2,480円
  • スポーツ中の汗や雨に強く、水洗いも可能な防水仕様

  • ピボットモーションサポートで快適な装着感を実現。防滴仕様のスマートフォン向けリモコンを搭載。3サイズ(S、M、L)のシリコンイヤーピースを付属。

イヤーサポート部を調節して、自分の耳に合わせることができるため、フィット感に優れ、ランニング時も安心です。IPX5/IPX7の防水仕様で、水洗いも可能なため、汗などで汚れてしまうのも気になりません。

おすすめ③
  • JVC
  • HA-EB75

  • 税込み1,980円
  • 周囲の音に配慮したオープン型イヤホン

  • 快適フィットではずれにくい『スライドイヤーフック採用』。耳の奥に効率よく音を伝える構造のバスブーストイヤーピース。コードのこすれ音を抑えるクリップ付属。

同じJVCでもこちらはオープンイヤー式なので、周囲の音も聞き逃さないのが特徴です。ランニング中に車の音などが聞こえた方が良いという人におすすめです。カラーバリエーションもブラック以外にオレンジ、シルバー、イエロー、レッド、ブルーがあるのがうれしいですね。

おすすめ④
  • Sony
  • STH40DJP

  • 税込み5,555円
  • 周囲の音を聞きながら音楽や通話を楽しめる、デュアルリスニング

  • 耳をふさがない音導管設計。コンパクトで耳にフィットするデザイン。リモコンで操作可能。カラーバリエーションは、ブラック、グレー、グリーン、ピンクの4色。

オープンイヤータイプのイヤホンで、コードについたリモコンで操作が可能です。何より4色のカラーがとても優しいパステル調で、どれを選んでもおしゃれな雰囲気なのがおすすめポイントです。

おすすめ⑤
  • JBL
  • ENDURRUN

  • 税込み1,744円
  • 運動中の大量の汗にも安心な防汗仕様

  • イヤホン部にマグネットを内蔵し、絡みを防止。耳から抜け落ちにくく、長時間快適に使えるイヤーチップを採用。インイヤー式・耳掛け式のツーウェイで装着が可能。

人間工学に基づくテクノロジーにより、外れないイヤホンとして知られていますが、インイヤータイプと耳掛けタイプを両用できるのがうれしいです。マイク内蔵で、ハンズフリー通話も可能です。

以上有線イヤホンのおすすめをご紹介しましたが、無線イヤホンのおすすめもこちらで紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

有線のイヤホンは数あれど、ランニング向けとなると価格も安く、防水もしっかりしたものが多い印象を受けます。接続方法にこだわりがないのであれば、やはり有線がおすすめです。ぜひお気に入りの一品を見つけてください。

※価格は、いずれもAmazonの2019年10月現在のものです。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!