HOME

>

PC・スマホ

>

ワイヤレステンキーのおすすめ商品13選!数字入力が格段に楽になる

ワイヤレステンキーのおすすめ商品13選!数字入力が格段に楽になる

moovoo編集部
2020-10-08
2020-10-14

テンキーは、数字入力専用の小型のキーボードです。有線のテンキーは安定した接続ができますが、ワイヤレスタイプはケーブルが邪魔にならずデスク上のどこでも自由に配置できるので、より操作しやすく、テンキー導入のメリットを最大限に生かすことができます。この記事では、サンワサプライやエレコムといったさまざまなメーカーの商品から、おすすめの人気ワイヤレステンキー10選と選び方をご紹介します。

テンキーを導入するメリット

キーボードの画像


パソコンのキーボードからも数字を入力できるのに、なぜテンキーを導入すると便利なのでしょうか?

テンキーはキーボード本体から独立していて、自分の使いやすい位置に置くことができます。少しの位置の違いだと思うかもしれませんが、特に数字入力が多いお仕事なら、大幅な作業効率アップや作業環境の改善につながります。

また通常のキーボードでは、本体上部か右側に数字入力キーが固定されています。そのため左利きの人には数字入力がしにくいことも。しかしワイヤレステンキーなら左手側に置けば解決できます。右利きの人でも、右手でメモをとったりマウス操作をしながら、左手でテンキー操作ができるのは大きなメリットです。

ワイヤレステンキーの選び方

ワイヤレステンキーを選ぶときに気をつけたい5つのポイントをお伝えします。

①Bluetooth接続かUSBレシーバー接続か

ワイヤレステンキーの接続方法は、小さなUSBレシーバーをパソコン本体のUSBポートに差し込んでテンキーからの信号を受信する方法と、Bluetoothで接続する方法とがあります。どちらも電池もしくは充電が必要です。


Bluetooth接続の利点は、USBポートが少ないパソコンでも接続できること。また、USBレシーバーのような小さな受信機が不要なので、紛失する心配がありません。

一方、USBレシーバー接続なら、パソコンがBluetoothに対応していなくても使えます。また、Bluetooth接続のテンキーより安価な傾向にあり、手軽に購入できます。

②サイズ感にこだわるならキーピッチをチェック

キーピッチとは、ひとつのキーの中心から隣のキーの中心までの距離のことです。

キーピッチが16mm以下など狭いものほど、テンキー本体はコンパクトに。持ち運びがしやすく、手が小さい人でも少しの指の移動だけで素早く入力できます。

反対に手が大きい人は、小さなキーだと使いにくい場合もあるので、19mmほどの広めのキーピッチのテンキーを選びましょう。

③キータッチは3種類ある

キータッチの種類は通常のキーボードと同じで3種類あります。普段から使い慣れたキーボードと同じ種類を選ぶのもよいですし、価格や使う状況で選ぶのもよいですね。

メンブレン方式はデスクトップパソコンのキーボードで多く採用されていて、キーの下のラバードームがへこんで、カクッと手応えがあった直後に入力されます。安価な製品をお探しの方や、早さより入力の確実性を重視する方におすすめです。

パンタグラフ方式は、ノートパソコンのキーボードでつかわれており、軽いタッチで入力できます。キーストロークが短く薄型なのが特徴です。長時間使う方や、入力の素早さ重視の方、持ち運びしやすいタイプをお探しの方におすすめです。

メカニカル方式は、ゲーミングキーボードなど素早さと耐久性を求められる製品で採用されています。キーの下に金属製のバネがついていてなめらかなタッチに。耐久性が高いぶん高価な傾向にありますが、大量の入力を素早くこなしたい方におすすめです。

④パソコンのUSBポートが少ないならUSBハブ機能が便利

マウスやテンキーをノートパソコンなどにいくつも接続すると、USBポートが足りなくなりがちです。そんなときはテンキーにもUSBポートがあれば不足を防げます。ワイヤレステンキーは大きめサイズのモデルに、USBハブ機能つきの製品があるので注目してください。

⑤便利な機能で選ぶ

NumLock非連動機能

テンキーでNumLockキーをオンにして数字入力をしていても、キーボード側はNumLockキーがオンにならず文字入力ができる機能です。

キーボードでは文字入力をしたかったのに、数字が入力されてしまうトラブルを防げます。

Tabキーや00キー

Tabキーがテンキーについていれば、マウスを使わなくても入力欄や項目の移動ができたり、表計算ソフトで横のセルに移動できたりします。

また、扱う数字の桁数が大きくて0をたくさん打つなら、同時に0を二桁入力できる00キーがあれば作業が早くなります。

別のアイテムと一体化

マウスとテンキーが一体になったテンキーマウスも販売されています。デスク上がさらにすっきりしますし、マウスから手を離さずに数字を入力できますよ。

テンキーの外見は電卓に似ていますが、液晶画面がついていて実際に電卓としても使える「電卓機能つきワイヤレステンキー」もあります。出先に電卓を持っていかなくてもよいので荷物が減らせます。

⑥対応OSの確認を忘れずに!

MacやiPadにはWindows対応商品は使えませんので、Apple製品に対応したモデルかを確認しましょう。Windowsのパソコンを使っていても、ご利用のOSのバージョンに対応した商品かどうかチェックしてください。

ワイヤレステンキーのおすすめ商品13選!

ワイヤレス接続に対応した、テンキーのおすすめ商品を13選紹介します。サクサク入力作業が進む、快適な逸品を選んでください。

おすすめ①
  • エレコム
  • 無線薄型テンキーパッド TK−TDP019

  • 税込み1,570円
  • 持ち運びと接続ラクラクな、薄型タイプのワイヤレステンキー

  • USBポートへ差し込むだけですぐに利用でき、どこにでも置ける最薄部6.5mmのテンキーパッド。面倒な設定不要の薄型タイプで、場所を選ばずに使えます。

省スペースな薄型でありながら、キーピッチは打ちやすい19mmを採用しています。パソコンキーボードと変わらないサイズのため、手慣れている方なら使いやすさは抜群です。同時に複数のキーを押すといったミスを減らすことができ、作業効率も上がること間違いありません。

ノートパソコンで主に使用されるパンタグラフ方式設計のため、軽い力でも打鍵が可能。同感覚で操作できるのも魅力です。専用ドライバのインストールが不要なうえ持ち運びもラクラクなので、外出が多い人におすすめです。

おすすめ②
  • エレコム
  • Bluetooth(R)薄型テンキーパッド TK−TBP020

  • 税込み1,955円
  • 軽さと薄さを誇るBluetooth対応商品、10m離れても操作OK!

  • 持ち運びにも便利な約100gの軽さと、最薄部6.5mmのワイヤレステンキーです。無線で通信できるBluetooth接続を採用しているため、USBポートを使う必要がありません。

Bluetooth®3.0 Class2規格に適合している商品です。専用ドライバのインストールは不要で、パソコンとのペアリングが簡単。機器操作が苦手な方や初心者も、戸惑いなく使えます。鉄の机は約3m・木の机は約10m離れても操作可能です。疲れたときはテンキーを手に持ち、椅子に寄りかかった姿勢でも作業できますよ。

キーピッチは誤操作を防げる19mmを採用しています。打ちやすさと安定感が抜群なパンタグラフ方式のため、指の運びもスムーズです。ブレなく入力作業ができてストレスがありません。数字入力時に便利な00キーと、Excel作業時によく使われるTabキーも搭載しているので、仕事の効率化も図れるアイテムです。

おすすめ③
  • エレコム
  • 2.4GHzワイヤレステンキーパッド TK-TDM017

  • 税込み1,259円
  • 安定した通信と耐久性に定評ある、2.4GHz対応のワイヤレステンキー

  • 障害物に強い波長2.4GHz帯を使用するため、電波が届きやすく快適に作業できます。最大1,000万回のキーストロークも可能な、優れた耐久性を誇ります。

USBポートへレシーバーを接続するだけで、すぐに開始できる使い勝手のよいテンキー。安定した通信と耐久性のある丈夫な作りのため、大量のデータ入力にも適しています。

テンキーは、少し深めで柔らかい感触のあるメンブレンタイプ。押下したときのストロークが長いので、打鍵感を重視したい方には最適です。メンブレンタイプは、パンタグラフと比較して安価な傾向にあります。コスパ重視の方にも注目してほしいテンキーです。

おすすめ④
  • サウザンドショアス
  • iCleverテンキー ワイヤレス IC-KP08

  • 税込み2,199円
  • 幅広い機器に対応するBluetoothテンキー。リーズナブルな価格も魅力

  • MacからWindowsまで幅広い互換性があります。スリップ防止パッド付きで、操作のしやすさも折り紙付き。パソコン操作のパフォーマンスを向上させるツールです。

iMac・MacBook・Laptopに加え、NotebookやDesktopまで動作確認済みの丸型テンキーです。丸みのあるフォルムでかわいいうえ、価格は2,000円台とリーズナブル。コスパ重視の方におすすめのモデルです。

キーとキーには間隔があり、ミスタッチも軽減してくれる打ちやすいデザインです。USB式でフル充電をすると、約40時間の使用が可能。30分操作しないと自動的にスリープモードへ変わる、省エネモードが搭載されているのもうれしいポイントです。

おすすめ⑤
  • サンワダイレクト
  • ワイヤレスUSBテンキー 400-NT002

  • 税込み3,030円
  • 長時間使っても疲れにくい、入力のしやすさを考慮した設計

  • ノンストレスで使えるように考えられた設計です。テンキーはスムーズに操作できるパンタグラフ方式。5度という緩やかな傾斜が設けられ、手首と自然な形でフィットします。

ラクな体制で入力できる、疲れにくい仕様が特徴的な商品。手に最適な傾斜に加え、コンパクトかつ重量約70gという軽さのため持ち運びも◎。Tabキー・00キーを備え、素早く入力できる点にも優れています。電池式で、連続70時間使用可能なことろも魅力です。

接続はUSBポートにレシーバーを挿すだけと、難しい操作は一切いりません。レシーバーは裏面の電池カバー内に収納できるので、移動のときも紛失を防げます。USBポートを持つWindows10・8.1・8・7のノートパソコンに対応しています。Macには使用できず、Windowsユーザー限定のテンキーです。

おすすめ⑥
  • Stardust
  • WIRELESS 10KEY SD-MU10KEY

  • 税込み980円
  • 多種多様なデバイスで使えるシンプルなテンキー

  • 安定感バツグンの2.4GHz帯無線方式を採用しています。基本的な性能を持つシンプルなテンキー。対応機器も、IOS・WindowsXP・Vistaの7以降と、多くのデバイスで使用可能です。

テンキーには15度の傾斜があり、キータッチのときに指を軽く運べます。自然な手の位置で、快適なタイピングを実現しています。

専用ドライバのインストールは一切不要で、パソコンのUSBポートに接続するだけという手軽さです。使用方法が簡単で価格も1,000円程度と安いので、ワイヤレステンキーをはじめて使うお試しにいかがでしょうか。

おすすめ⑦
  • ミヨシ
  • Bluetooth接続 ワイヤレステンキー TENBT01

  • 税込み4,928円(楽天市場価格)
  • 2台まで同時に接続可能な、マルチペアリング対応

  • Windowsとmac、どちらでも使用可能な優れもの。デスクトップ・ノートパソコン・モバイルパソコンとも、自在に組み合わせて接続できるマルチペアリング対応です。

テンキーはノートパソコンで多く用いられる、独立型のアイソレーション式を採用しています。隣同士のキーと隙間があり、スムーズにタイピングができて作業の効率化が図れます。

また、¥・( )といっためずらしいキーを設けた5列のテンキーにも注目です。通常の作業はもちろん、Excelの表計算ソフトで関数入力をするときも手間がかかりません。4列では物足りないという方におすすめの商品、接続はBluetooth方式でUSB端子は不要。ほかの機器を接続していて、USB端子が残っていないパソコンにも使えます。

おすすめ⑧
  • Belis
  • ワイヤレステンキーボード

  • 税込み1,699円
  • 人間工学に基づく設計!重量109 gの軽量&極薄で持ち運びにも便利

  • 軽量で薄型設計の形状に、人間工学に基づいた15度の傾斜が付いています。長時間の作業も疲れにくくて、小さめバッグでも邪魔にならないテンキーです。

サイレントスイッチを採用したデザインで、タイピング音は静かです。裏面にはすべりどめがあり、ハードなタイピングにも対応します。通信は、安定した環境で操作できる2.4GHzタイプ。USBポートにレシーバーを差し込めば、すぐに接続を開始します。

USBレシーバーはキーボードの裏面に収納でき、紛失の心配もありません。省エネのため10分間操作をしないとスマートスリープモードに入りますが、休止状態からのレスポンスのよさには定評があります。

おすすめ⑨
  • Cimetech
  • テンキーボードワイヤレス

  • 税込み999円
  • 1,000万回のキーストロークに耐えるタフなボディでコスパ◎!

  • 1,000円程度で購入でき、コスパを求める方に最適な1台。スタンダードでシンプルな外見ですが、最大1,000万回の打鍵に耐えられる長寿命なテンキーです。

Windows・Vista・Macの動作確認済みで、機種を選ばず使えるワイヤレステンキーです。手首の負担を考え、人間工学に基づき作られました。疲労感が軽減され、快適に入力作業ができます。

本体は重量約99.8g・大きさ14×8.6cmのコンパクトサイズです。持ち運びしやすく、家庭でも職場でも使用できます。伝送距離は最大10mという、汎用性の高さもうれしいポイント。2.4GHz無線通信技術搭載のため、安定的な使用感を得られます。

おすすめ⑩
  • スリーアールソリューション(3R Solution)
  • keeece ワイヤレス電卓機能付きテンキー 3R-KCWNK01

  • 税込み3,828円
  • キーボードと電卓、2つのモードを持つマルチテンキー

  • ワンタッチで切替えできる、2つのモードを搭載。キーボード機能プラス、電卓として計算を行い、その内容をパソコンに転送できます。マルチに活躍するワイヤレステンキーです。

1台で2役をこなすワイヤレステンキー、電卓をよく使う方におすすめしたい逸品です。キータッチ音が静かなうえ、緩やかな傾斜を持つボディで長時間の使用もストレスフリー。Excelの表計算で使用する、Tabキーと00キーもあり、作業効率がグッと上がります。キータッチは、しっかりとした打ち心地が味わえるメンブレン方式を採用しています。

そのほかテンキーにはソーラー電池の搭載も。光があれば電卓モードは乾電池不要の、うれしい省エネタイプです。

おすすめ⑪
  • Rytaki
  • ワイヤレステンキーとマウスセット

  • 税込み2,299円
  • ワイヤレステンキーとマウス、ひとつのUSBポートで動作OK!

  • テンキーとマウスの接続に使うUSBポートは1つのみ。パソコンのUSBポートに空きができ、スマホ充電や卓上加湿器といったほかの機器に活用できます。

2.4GHz無線技術搭載で、遅延やドロップアウトの心配がほとんどありません。機器同士が自動で協調しあうプラグアンドプレイ方式のため、特別な設定をしなくても使用できます。パソコンの設定に詳しくない方も、安心して使える商品です。

レスポンスのよさに定評があるテンキーは、人間工学的な傾斜がありスリップパッド付きです。長い時間使用しても手首が疲れないよう計算されています。付属のマウスはクリック音が静かで操作性が高く、仕事の効率化が図れるでしょう。

おすすめ⑫
  • サンワサプライ(SANWA SUPPIY)
  • Bluetoothテンキー NT-BT21

  • 税込み2,918円
  • 創業から97年、サンワサプライが生み出した定番テンキー

  • テンキーはサクサク入力できるパンタグラフ方式。Tabキーと00キーがあり、経理のように数字入力が多い作業に最適です。「安心して使える」と、ECサイトの口コミでも評価を得ています。

Bluetooth 3.0に適合したBluetoothテンキーです。USB端子に接続する必要がなく、快適に通信できます。テンキーには入力のしやすさを考え、ほどよい傾斜角が付いています。自然な位置に手が着いて、使い心地は最高。長時間の作業でも、疲れにくい設計です。

また電池の消耗を抑える、オン・オフスイッチ機能付きで経済的です。テンキーは、約70gで最長辺8.6㎝というコンパクトさのため、ラクに持ち運びができます。

おすすめ⑬
  • SEENDA
  • Jelly Comb ワイヤレス テンキーボード マウスセット

  • 税込み2,799円
  • ワイヤレスオフィス機器専門メーカーが販売する、薄型マウス付きのテンキー

  • アメリカ・イギリス・日本で事業展開をしている、専門メーカーの商品。1,000万回のクリックに耐えられる頑強さが魅力です。付属のマウスも静音性に優れた設計です。

テンキーは入力のしやすさに定評のある、パンタグラフ式&19mmキーピッチを採用しています。キーピッチも適度な間隔があり、打ち間違えしにくい作りです。2.4GHz無線技術を採用し、USBレシーバーを挿入するだけですぐに使用が可能。専用ドライバをインストールする必要がなく、使いたいとき即座に開始できます。

キーボードとマウスは、1つのUSBポートのみでよい点もうれしいポイントです。WindowsとVistaに対応する商品、Macユーザーは使用できないので注意してください。

自分が一番使いやすいワイヤレステンキーを探してみよう

キーボードを打つ手の画像

今よりもっとパソコンの入力作業をスムーズに行いたい人に、ワイヤレステンキーはおすすめ。数字を入力する機会が多い人や表計算を頻繁に行う方は、ぜひワイヤレステンキーをお試しください!

商品によって使いやすさや操作性に違いがあるので、自分に一番合ったワイヤレステンキーを見つけましょう。

こちらの記事もどうぞ



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!