iPadのWi-Fiが繋がらない!考えられる原因と対処法を徹底解説!

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

PC・スマホ

>

iPadのWi-Fiが繋がらない!考えられる原因と対処法を徹底解説!

iPadのWi-Fiが繋がらない!考えられる原因と対処法を徹底解説!

記助
2019-07-05

iPadはiPhoneと違い、キャリアと契約していないWi-Fiモデルであれば、自宅のWi-FiやポケットWi-Fiに接続しなければネットを利用できません。

しかし、何かしらの不具合が発生すると、iPadはWi-Fiに接続できなくなってしまいます。

iPadがWi-Fiに接続できないとき、どのようなことが原因になっているのか説明していきます。

iPadがWi-Fiに繋がらない原因

iPadがWi-Fiに繋がらないと、インターネット以外にも各種アプリが使えなくなります。では、iPadがWi-Fiに繋がらないとき、どのような原因が考えられるのか見ていきましょう。

iPad本体が不具合を起こしている

iPadに何らかの不具合が発生していると、Wi-Fiに繋がらない事態が発生する可能性があります。

例えば、iPadの本体を落としてしまい、内部の基盤が故障してしまえばWi-Fiに繋がらなくなることがあります。

他にも、インストールされているOSに異常がある場合や、複数の操作を行っておりiPadの処理が追いついてないときにWi-Fiの接続が途切れてしまうことがあります。

iPadの本体が故障していれば、修理に出すしか対処法はないため、他の原因もよく確認することが大切です。

場合によっては原因が分からないこともあるため、どのように対処すれば良いか覚えておきましょう。

設定を間違えている

iPadの不具合ではありませんが、本体側の問題として考えられることがWi-Fiの設定を間違えていることです。

例えば、選択したネットワークの名前が自宅のWi-Fiでない可能性もゼロではありません。場合によってはよく似た名前のネットワークも存在しているため、誤って選択するとパスワードを入力しても接続できません。

まずは、接続したいWi-Fiを選択しているか確認することも大切です。

ルーター側に異常が発生している

iPadがWi-Fiに接続できない場合は、「iPad本体の問題」「電波発信源の問題」のどちらかが原因になっていることが多いです。

ルーターも機械なので、iPad本体と同様に不具合が発生する可能性もあります。実際に長く使っているルーターは老朽化してパフォーマンスが低くなる傾向があります。

また、停電などの影響を受けて電源が落ちている可能性も考えられます。他にも、契約しているネット回線やプロバイダにトラブルが発生していることがWi-Fiに繋がらない原因になっていることもあります。

接続する環境が悪い

Wi-Fiのようなワイヤレスの回線の場合、接続するiPadやルーターの設置場所といった環境によって通信が繋がらなくなることがあります。

例えば、ポケットWi-Fiと接続し電車などでiPadを操作していると、接続しているエリアによって繋がらなくなることがあります。

このような悪い環境であれば電波が弱くなるだけでなく、場合によっては繋がらなくなるので注意しましょう。

建物の構造が悪い

建物のイメージ画像

建物の構造はWi-Fiの電波に大きな影響を与えます。例えば、ルーターを設置しているフロアでは問題なく利用できても、特定の部屋の中では使えなくなることも珍しくありません。

インターネットプロバイダのDTIの公式サイトによると、特に鉄筋コンクリート金属、石材などは電波を通しにくく反射してしまうため、Wi-Fiに接続できないこともあります。

ルーターを設置した部屋では快適に使えるものの、離れた部屋では接続が切れる場合は、間にある壁や扉が電波を遮っている可能性があります。特に鉄筋コンクリートや金属、石材などは電波を通しにくい、または反射させやすい性質があります。
ルーターを置く位置を変えられないのであれば、中継機を使うと状況が改善するかもしれません。中継機の導入を検討してみてください。

<出典>マンションのWi-Fiが繋がらないときに考えられる原因11|DTI

電波干渉

接続ができないイメージ画像

同じWi-Fiに接続している端末の台数が多くなると、電波干渉を起こし通信速度が低下するか、接続できなくなることがあります。

通信機器を扱っているエレコムの公式サイトでは以下のように説明されています。

電波干渉では以下のような2つのパターンが考えられます。

1. 複数の無線LANが同じ周波数上で限られた帯域を奪い合う
2. 無線LANシステムに家電などによる異なる電磁波が重なってシステムに悪影響を与える
1のパターンでは、ノートパソコンやタブレットが近い地域に複数存在し、別々の無線LANシステムを同じ周波数を使用している場合に起こります。2のパターンでは、無線LANシステムは1つしかなくても、電子レンジなどの強力な電磁波を発生させる家電が無線LANシステムに大きな影響を与えてしまうことがあります。

<出典>ワイヤレスLANの調子が悪い原因「電波干渉」について-エレコム

また、Appleの公式サイトでは、電波干渉が起きていると発生する不具合を記載しています。

ワイヤレス通信で干渉が起きている場合の症状
以下のいずれかの症状が認められる場合は、Wi-Fi や Bluetooth の信号に影響を及ぼす干渉が起きていると考えられます。

デバイスを接続できない、または接続が途切れる
接続しても低速で信号強度 が弱い
Bluetooth 接続時の音声が飛ぶ、乱れる、途切れる、または雑音やブーンという音が聞こえる
ポインタの動きが安定しない、ジャンプする

<出典>ワイヤレス通信の干渉による Wi-Fi や Bluetooth の問題を解決する-Appleサポート

iPadがWi-Fiに繋がらない・遅い場合の対処法

iPadがWi-Fiに繋がらない場合は、考えられる原因にあった対処法を実施してください。

また、通信が遅い場合も繋がらない場合と同じ原因であることが多いです。

iPad本体を再起動する

iPadに不具合が発生している可能性が考えられる場合は、まず再起動してみましょう。原因が分からないときも再起動を試してみることがおすすめです。

実際に、iPadを再起動するだけでWi-Fiの接続が回復することは多いです。

ネットワークに再接続する

既にWi-Fiに接続しており、急に繋がらなくなった場合は、一度設定画面から選択しているネットワークを解除します。

その後、再接続すると正常に繋がることが多いです。

ルーターを再起動する

ルーターに不具合が生じてWi-Fiに接続できない場合は、iPad本体と同様にルーターを再起動することで接続できることもあります。

通信トラブル時の対処法として、iPadとルーターの再起動は基本になるので覚えておきましょう。

接続している環境を確認してみる

iPadがWi-Fiに接続できない理由は複数あるので、実際の原因は分かりにくいです。そのため、2つ以上の端末を使って確認してみましょう。

例えば、iPadとスマートフォンの2台をWi-Fiに接続設定しているとき、iPadだけ繋がらないのであれば、iPadに問題が発生している可能性が高いです。

スマートフォンも両方接続できない場合は、ルーターや接続している環境に問題があるでしょう。場合によってはiPadやルーターが故障している可能性もあるので、すぐにWi-Fiに接続できない場合は、接続している環境をよく確認してみてください。

Wi-Fiに接続するメリット

iPadを主に自宅で利用するような場合は、キャリアと契約するセルラーモデルではなく、Wi-Fiモデルの方が通信料を安くできます。

自宅でパソコンやiPad、スマートフォンを利用する場合は、インターネットを契約して無線で利用するのがおすすめです。

通常、キャリアと契約するスマートフォンやiPadは、月間の通信容量が決まっているため、使いすぎると通信の速度制限がかかってしまいます。

自宅に固定回線を設置すれば、基本的に通信制限なく利用できるため、自宅でiPadを利用する際は、自宅のWi-Fiに接続し、外出する際はスマートフォンのテザリングを使えば、通信容量を抑えられるでしょう。

Wi-Fiに接続するときの注意点

コンピューターのセキュリティーが危ぶまれているイメージ画像

Wi-Fi接続するときは、なるべく自分が管理しているものなど安全性が確保されたものを使いましょう。

今では無料で利用できるWi-Fiが多くありますが、中には誰が通信回線を提供しているのか分からない「野良Wi-Fi」が存在するので注意してください。

野良Wi-Fiを利用すると通信内容を盗み見られたり、位置情報を把握される恐れがあります。また、最悪の場合だと遠隔操作されることや、iPadを乗っ取られる可能性もゼロではありません。

もしこのような事態になれば重大な情報漏えいが発生してしまいます。

外出先でWi-Fiを使う場合は、サービスの提供元が明確で安全性が確保されているものを使うようにしましょう。

まとめ

iPadでWi-Fiを利用する機会は多いですが、iPadの調子によっては上手く接続できないこともあります。Wi-Fiに接続できない理由はいくつか考えられるので、まずはどのような原因があるか知っておきましょう。

また、Wi-Fiが繋がらない・遅い場合は、iPadとルーターを再起動することで回復することが多いです。

他にも通信環境によって繋がらない場合もあるので覚えておいてください。

iPadはWi-Fiに接続することでより便利に利用できますが、無料で解放しているWi-Fiの中にはセキュリティ上の問題がある種類もあるため注意しましょう。

iPadの基本的な使い方だけではなく、トラブルが発生したときの対処法も押さえておくことがおすすめです。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!