コーヒーキャニスターで風味あふれる1杯を!おすすめの商品10選!

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

グッズ

>

コーヒーキャニスターで風味あふれる1杯を!おすすめの商品10選!

コーヒーキャニスターで風味あふれる1杯を!おすすめの商品10選!

moovoo編集部
2019-05-23

コーヒーキャニスターは密閉性が大事!

コーヒー豆とカップ

陶器製からガラス製、ホーロー製まで、さまざまなタイプのコーヒーキャニスターが発売されていますが、コーヒー豆の酸化を防ぐには、その密閉性が重要です。

各商品の構造や素材もチェックしながら、自分に適したコーヒーキャニスターでコーヒー豆の鮮度をキープして、美味しいコーヒーを楽しんでください。

おすすめのコーヒーキャニスターの選び方

コーヒー豆の保存方法によって、その風味は大きく変わってしまいます。美味しいコーヒーを楽しむためには、コーヒーキャニスターの素材だけではなく、蓋の構造や容量などのチェックも大切です。

密閉性の高さはとても重要

コーヒー豆は空気に触れるだけでも酸化するので、すぐに風味が劣化してしまいます。また、焙煎されたコーヒー豆には、目に見えないほどの小さい穴が無数に空いているため、水分を吸収やすくなっています。コーヒー豆が湿気を吸収してしまうと、わずかに旨味が出てしまうため、淹れると味が落ちてしまいます。

したがって、コーヒー豆の鮮度を長く保つためには、密閉力の高い容器での保管が極めて重要となるのです。蓋にパッキンが施されているものや二重構造になっているものなど、さまざまなタイプがありますが、わずかな差でも保存状態は大きく変わります。

コーヒーキャニスターを選ぶときには、蓋の仕組みや密閉性をしっかりとチェックしたうえで、好みの素材やデザインの商品を選択するようにしてください。

使われている素材で選ぶ

コーヒーキャニスターにはさまざまな素材が使われています。各素材の特徴を理解して、自分に適した素材の商品を選びましょう。

・ガラス製
ガラス製キャニスター最大の魅力は、蓋を開けなくても中身が簡単に確認できるという点でしょう。もちろん、密閉性を高める工夫が施されている商品も少なくありません。ただし、多くの光を通してしまうため、できるだけ遮光性の高い場所に保管する必要があります。ガラス製を選ぶ場合には、購入前に収納スペースを決めておくとよいでしょう。

・缶タイプ
缶タイプのキャニスターには、多彩なデザインから好みのものを選択できる魅力があります。また、シンプルなデザインの製品が多いので、キッチンなどにスッキリ収納したいという方にもおすすめです。

密閉性がやや劣るため、コーヒー豆を保存する場合には、保存袋に入れたうえで缶に入れるのがベストです。

見た目も意識してみよう

コーヒーキャニスターに使われている素材によっては、インテリアとして楽しめる完成度の高さを誇る製品もあります。

・陶器製
陶器製の商品には、置いておくだけでもインテリアとして活用できる上品な雰囲気があります。遮光性が高いので、コーヒー豆を劣化させる光もしっかりと防げます。密閉性にすぐれているのも魅力です。耐久性も高く、細かいキズなどに汚れや雑菌が入るのを抑える効果も期待できます。ただし、容器自体に重量があるため、持ち運ぶときには注意が必要です。

・ホーロー製
表面にガラスコーティングをして焼き付けたホーローは、遮光性にすぐれているだけではなく、においの移りも防止します。耐久性も高いため、お気に入りの製品を長期的に利用したいという方にもおすすめです。

おしゃれなインテリアとして楽しめる製品も数多く発売されているので、デザインにこだわりたいという方も、ホーロー製のコーヒーキャニスターを選択肢に入れてみてください。

・ステンレス製
ステンレス製のコーヒーキャニスターは、シンプルでスタイリッシュなデザインの製品が多いので、インテリア性にもすぐれています。遮光性と密閉力は高く、コーヒー豆の長期保存には最適です。容器本体が錆びないので長期的な使用も可能。初めてコーヒーキャニスターを買うという方にも向いています。

コーヒーキャニスターの容量で選ぶ

密閉性にすぐれたコーヒーキャニスターを使っても、コーヒー豆の風味をキープできる期間は1ヵ月が限度と思ってください。したがって、1ヵ月以内で使いきれる容量のキャニスターの選択が何よりも重要です。

自分が1ヵ月でどのぐらいのコーヒー豆を使用するかを事前に把握しておけば、最適なサイズのコーヒーキャニスターを選ぶことができます。なお、コーヒー1杯あたりコーヒー豆を10gから15gほど使います。

コーヒーキャニスターの容量表記は、グラムだけではなく、ミリリットルで表されていることも多いので注意してください。このようなときには、「300ml=100g」を目安として容量を選ぶとよいでしょう。

たとえば、200gのコーヒー豆を保管するなら、600ml前後のコーヒーキャニスターを選択すれば問題ありません。ただし、使用量ピッタリのサイズだと、蓋の開閉時やコーヒーメジャー使用時に、コーヒー豆をこぼしてしまう可能性があるので、少し余裕をもたせたサイズの商品の選択が無難です。

収納場所も考慮する

直射日光もコーヒー豆を劣化させる原因のひとつです。遮光性にすぐれた素材のコーヒーキャニスターなら問題ありませんが、ガラス製などの場合には、光の当たらない場所に保管するなどの工夫が必要になります。

インテリアとしても楽しみたいという方は、置き場所を選ばない遮光性にすぐれた素材のコーヒーキャニスターを選びましょう。

おすすめのコーヒーキャニスター10選!

製品によって容量や素材、デザインが異なるので、用途に応じたコーヒーキャニスターを見極めるようにしてください。合わせて、見た目やカラーなども意識すれば、コーヒータイムがより楽しくなるはずです。

メリタこだわりのキャニスター「メリタ キャニスター ステンレス」

シンプルでありながらも、スタイリッシュなデザインが特徴の「メリタ キャニスター ステンレス」。蓋が透明になっているので、中身を簡単に確認することができます。蓋にはシリコンを採用して、密閉度の高さを実現。約200gのコーヒー豆を保管することが可能です。

メジャースプーンが付いているのですぐにでも使うことができます。世界で初めてペーパードリップシステムを考案したメリタならではのこだわりとデザインを体感してみてください。

ワンランク上の日本製「ゼロジャパン コーヒーキャニスター」

「ゼロジャパン コーヒーキャニスター」は、飾っておくだけでもインテリアとして楽しめる陶器製のキャニスターです。岐阜県土岐市のメーカーが作り出す、美濃焼の歴史で培われた技術と品質の高さが魅力。使い込むほどに、その繊細な仕上がりを実感できるはずです。

パッキン金属留め具を採用しているので密閉性の高さは抜群。安心してコーヒー豆を長期保存することができます。ステンレスパーツは新潟の燕三条市で作られているため上質で、耐久性にもまったく問題ありません。約280gのコーヒー豆の保管が可能です。

ガラスにこだわるハリオ製「ハリオ 珈琲キャニスター」

リーズナブルで使い勝手のいいキャニスターを探している方は「ハリオ 珈琲キャニスター」がおすすめです。容器はガラス製なので中身の確認は簡単。しっかりと閉まる密閉度の高い蓋は、つまみを上げ下げするだけで簡単に開閉できる使いやすい仕様となっています。

コーヒー豆を約200g保管することができるお手頃サイズ。食洗機や乾燥機にも対応しているため、お手入れも簡単です。

竹製の蓋と透明ガラスのおしゃれな組み合わせ「YOIFO 乾物キャニスター」

質の高い竹で作られた蓋が可愛い「YOIFO 乾物キャニスター」。容器は透明ガラスなので、コーヒー豆の残量をひとめで確認することができます。シンプルなデザインながら、使い勝手は抜群。シリコンパッキンが付いた密閉度の高い竹製の蓋は、コーヒー豆の酸化を防ぎます。

耐熱ガラスと天然木のおしゃれな組み合わせは、インテリアとしても楽しむことができるでしょう。内容量は3種類から選択可能。食洗機にも対応しているので、日常的なお手入れも簡単です。

高い密閉度を誇るホーロー製「カリタ キャニスター」

コーヒー関連器具メーカーの老舗が作る「カリタ キャニスター」は、軽量で耐久性にもすぐれた、ホーロー製のキャニスターです。パッキンが付いた木製の蓋が密閉度の高さを実現します。用途に応じて丸型と角型を選べるのも魅力。それぞれ200gと250gの容量となっているため、使用量に合わせて選びましょう。

シンプルでスタイリッシュなデザインは、キッチンに並べておくだけでも、おしゃれ空間の演出に役立ちます。

初めてのコーヒーキャニスターにもおすすめ「UZIPAL キャニスター」

シンプルながらもスタイリッシュなデザインが特徴の「UZIPAL キャニスター」。シリコンを使用しているロック式の蓋は開閉しやすいだけではなく、密閉度も高いのでコーヒー豆の長期保管に適しています。ステンレス製なので耐久性も抜群です。

蓋が透明なので開閉をしなくても中身の確認が可能。容量は全4種類から選べます。

真空にできる密閉ガラス「富士商 密閉ガラス キャニスター エア・リデューサー スリム」

「富士商 密閉ガラス キャニスター エア・リデューサー スリム」は、すぐれた密閉度でコーヒー豆の酸化を防ぎます。空気を抜いて真空にすれば、鮮度そのままに長期保存することが可能です。本体はガラス製なので中身の確認も容易。

全4サイズが揃っていますが、直径はすべて同じなので、収納スペースに困ることがありません。密閉度が高くリーズナブルなコーヒーキャニスターを探している方は、購入を検討してみてください。

インテリアにもなるボトル型「キントー ボトリット キャニスター」

耐熱ガラスの容器とコルク蓋の組み合わせで、しっかりとコーヒー豆を保管してくれる「キントー ボトリット キャニスター」。ボトル型のデザインなので、スプーンなどを使わなくても本体を傾けるだけで中身を取り出すことができます。

保管場所を工夫して複数サイズを並べておけば、インテリアとしても利用可能。コーヒー豆の保管がしやすい容量600mlです。なお、容器は食洗機に対応しているので、簡単にお手入れすることができます。

適量サイズが決め手「カルディオリジナル キャニスター缶」

カルディーの200gパックがそのまま入る「カルディオリジナル キャニスター缶」。蓋と容器はスチール製なので耐久性は抜群です。

裏側にはカルディーのキャラクターヤギべえのイラストが描かれているので、ほっこりした雰囲気に包まれます。ブラックで落ち着きあるデザインは、そのままでも、おしゃれなインテリアになるでしょう。

湿気も防ぐ密閉度「オクソー コーヒー&ティー ポップコンテナ レクタングル」

「オクソー コーヒー&ティー ポップコンテナ レクタングル」は、蓋のボタンを押すだけで開閉できるので、片手でも簡単に扱うことができます。密閉度は高く、蓋を閉めれば容器内部の湿気を最小限に抑えることができます。

なお、容器には中身を紫外線から守るUVブロック加工が施されているため、長期保管も安心です。外からでも中身が確認できる半透明タイプ。シンプルで機能的なデザインは、キッチンに置いてあっても違和感がありません。

コーヒーキャニスターで鮮度をキープ!

こぼれるコーヒー豆

密閉度が高いコーヒーキャニスターがあれば、いつでも手軽に美味しいコーヒーを楽しむことができるようになります。お手入れのしやすさもチェックしておけば万全でしょう。キッチンに並べるだけでも楽しいアイテムなので、実用度だけではなく、さまざまな視点で商品を選んでみてくださいね。


長友選手が実践する『脂質を活用する』秘訣とは(PR)


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!