HOME

>

家電

>

マキタのおすすめ掃除機10選!コスパ抜群のお得な1台を見つけよう

マキタのおすすめ掃除機10選!コスパ抜群のお得な1台を見つけよう

moovoo編集部
2019-04-01
2020-02-27

業務用製品の多いマキタの掃除機を比較してみた

赤い掃除機の写真

充電式やコードレス掃除機、ハンディクリーナーなど、コンパクトな掃除機にも様々な種類があります。特徴や金額などで比較しても、たくさんありすぎて、どれを購入すればいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そんな中、手頃な価格で性能のいいマキタの掃除機は最近とても人気があるのです。

マキタ製品の中にも掃除機は色々あるので、それぞれの特徴なども合わせて商品をみていきます。ぜひ新しい掃除機を賈う時の参考にしてみてください。

マキタのコードレス掃除機が口コミで人気なわけは?その特徴について

総合電動工具メーカーであるマキタ。もともと業務用の掃除機を扱っていますが、最近は家庭用のハンディクリーナーが人気です。Amazonや楽天市場などのランキングでも、必ず上位にマキタの製品が入っています。

数ある掃除機の中でも、どうしてマキタが人気なのでしょうか?その理由について、特徴を中心に紹介していきます。ぜひ、お気に入りの商品をみつけてみてください。

マキタの掃除機はアタッチメントが少ない分価格が安い

マキタのハンディクリーナーは価格が手頃なものが多くあります。安いものは1万円以下で購入できるものもあり、高いものでも2万円台のものがほとんど。人気ブランドの数万円するハンディクリーナーと比較すると、かなり安いことがわかりますよね。

最近は、ハンディクリーナーと言っても吸引力も強く、バッテリーが長持ちするものが多数販売されています。一人暮らしの家ならハンディタイプ1台で十分事足りることでしょう。掃除機はすでにあり、2台目として購入するなら、充電式で収納も場所を取らないもの、なおかつ手頃な価格の掃除機だとベストですよね。

スタンド式は軽くて収納しやすく扱いやすい

マキタの掃除機は軽いことも特徴の一つです。1kg以下の商品もあり、重くても1.5kg程度。持ち運ぶのも片手で楽ですし、掃除をするときも腕が疲れるようなことはありません。2kg以下なので、女性でも簡単に操作できます。

ハンディタイプは、片手で操作ができるぐらいの重さのものが扱いやすくて便利です。

吸引力が強い

マキタのハンディクリーナーは、吸引力が強いことも人気の理由の一つです。ハンディクリーナーというと、充電式で便利だけれど吸引力が物足りない、絨毯やカーペットなどの汚れはなかなか取れないというイメージがある人も多いのではないでしょうか。しかし、マキタは業務用クリーナーを扱う会社なので、高い吸引力を実現しています。

バッテリー長持ちで充電が早い

マキタの充電式クリーナーは、急速充電が可能なものなら、なんと最短22分で充電完了!お昼をちょっと食べている間でも充電可能です。充電式はすぐにバッテリーが切れて、充電にも時間がかかる、と言った従来のハンディクリーナーのイメージとは変わってきているのです。

種類にもよりますが、標準で使用すれば30分近く連続して使えるものが多いので、普段の掃除に不便さは感じません。

またリチウムイオンバッテリーを使ったものが多いので、バッテリーをもう一つ用意しておけば、交互に充電してかなりの時間使用することも可能です。

サイクロンか紙パックか集じん方式もチェックして

マキタの掃除機には集じん方式が紙パック式のものとカプセルタイプのものがあります。

紙パックの場合は、ゴミが散らかったり手が汚れたりすることなく、パックごと捨てることができて便利です。しかし、一度捨てたらまた装着する手間がかかります。また、紙パックは別売りで、定期的に買わなければいけないので、ランニングコストがかかることも考慮しておいた方が良いでしょう。

カプセル式の場合は、そのままゴミを捨てることができ、ダスト部分を洗うこともできるので、衛生的に使うことが可能。ただし、吸い込んだゴミが直接溜まっていくので、定期的に掃除をする必要があります。

集じん方式は、メリット・デメリットを確認して、自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

おすすめマキタ掃除機10選!最新から人気商品まで。ノズルやヘッドなど部品はカスタマイズで

それではコードレス最新タイプから、人気のタイプまでおすすめのマキタのコードレスクリーナーを紹介します。マキタの製品はアタッチメントがシンプルで低価格なので、必要なノズルや部品があれば買い足すと使い勝手が更に良くなりますよ。

基本のアタッチメントについてもしっかりチェックしてくださいね。

1.マキタ 充電式クリーナーCL107FDSHW

「マキタ 充電式クリーナーCL107FDSHW」は1.1kgと軽量のスティック型クリーナー。紙パック式になります。リチウムイオンバッテリー充電器で長持ち、吸引率はパワフルにすれば32Wと強力です。

充電が少なくなるとLEDライトで知らせてくれるので、バッテリー切れを防止。紙パックは330mlの集じん容量があります。抗菌紙パックが10枚ついていて、他にもダストバッグ・ノズル・ストレートパイプ、隙間を掃除するときに便利なサッシノズルと、付属品も充実の製品です。

2.18Vリチウムバッテリー搭載、マキタCL181FDRF

「マキタCL181FDRF」も18Vのリチウムバッテリー搭載です。連続使用時間は強で20分、標準なら40分と長持ち。リビングを掃除するぐらいは十分に持つでしょう。吸引仕事率は37Wとパワフル。別売りのフィルターをつければ42Wになります。たっぷりの650mlのカプセル式の集じん容量。高機能フィルタ・ノズル・ストレートパイプ・サッシノズル付きです。

3.マキタCL105DWN

「マキタCL105DWN」は、重量1.0kgと軽量。しっかり立てやすい充電式スティッククリーナーです。10.8Vのバッテリー内蔵で、連続運転時間は標準なら約23分、パワフルで8分となっています。330mLの紙パック式なのでゴミ捨ても簡単。フル充電時と充電切れの時はランプがついてお知らせしてくれます。絨毯とフロアの切り替えが簡単にできて、絨毯でもしっかりと吸引してくれるのが魅力的です。

4.マキタMCL143DS

「マキタMCL143DS」は、クリアなカプセル式の集じんケースなので、ゴミがどれくらい溜まっているのかが一目瞭然。Li-ionバッテリー搭載で充電時間は約35分と時短でフル充電できます。連続使用時間は約22分です。付属品もバッテリー・ノズル・ストレートパイプ・サッシノズル・サッシ用ノズルホルダー・充電器・バッテリーカバーと充実。重量は1.1kgと軽量です。

5.マキタCL182FDRFW

「マキタCL182FDRFW」の特徴は、ゴミ捨てがさらに簡単になった点です。ワンタッチでフロントカバーが開き、カバー全体を外すことなくゴミ捨てが可能。また継ぎ足しの充電も可能なので、こまめに充電することができます。自己放電が少ないので、長期間使わなかった場合もフル充電に近いパワーで作業が行えるでしょう。

6.マキタCL108FDSHW

「マキタCL108FDSHW」は、ワンタッチでゴミが捨てられるカプセル式の掃除機。CL107FDSHWよりも新しいモデルです。重量1.0kgと軽量ボディ。約22分で急速フル充電が可能です。連続使用時間は標準で25分、パワフルでも約10分使えます。バッテリー切れお知らせライトはもちろん、倒れにくいまっすぐに立てやすいノズルですっきり収納が可能です。

7.マキタCL110DW

「マキタCL110DW」は、10.8Vバッテリー内臓で、重量は0.98kgと1kgを切る軽量がポイント。カプセル式で簡単ゴミ捨て、ハイパワーの時は21Wの吸引仕事率に。フローリングと絨毯の掃除を切り替えられるノズルの他に、ストレートパイプ・サッシ用ノズル・フィルタ・プレフィルタがついています。

8.マキタ4070DW

「マキタ4070DW」は軽量の0.9kg、連続使用時間は8~10分程度です。集じん容量はたっぷりの600mL。カプセル式で捨てる時も簡単操作です。バッテリー内蔵で、100円玉を吸い上げるほどのパワーがあります。ちょっとした汚れを手軽に吸い取れるのでペットや小さい子どものいる家庭などに便利なタイプ。2台目の掃除機としてもおすすめです。

9.マキタCL106FDSHW

「マキタCL106FDSHW」は、スライド式の10.8Vのリチウムイオンバッテリーを使用しています。0.98kgの軽量ボディと、約22分の急速充電で使いやすい掃除機です。トリガー式のスイッチなので使う時にオンするので無駄に電池を消耗しません。車内の床など狭いところを掃除する時に便利なのがLEDライト。フィルタ・プレフィルター・ストレートパイプ・ノズル・サッシノズルと充実した付属品も魅力です。

10.マキタCL070DSH

「マキタCL070DSH」は、約30分で充電できます。斜めカットの吸込口で、安定してパイプを接続可能。連続運転時間は約8〜12分。集じん容量600mLのカプセル式でゴミ捨ても楽々です。吸引口のゴミ詰まりを防ぐ構造と、ローラーが安定して動かせる仕様で、動きがスムーズで手首などに負担がかかりません。フィルタ・ノズル・ストレートパイプ・ サッシ用ノズルが付いています。

マキタの掃除機はコスパNO.1。機能やカラーなどでお気に入りを選んで

フローリングと掃除機の写真

ここまでマキタの充電式コードレスクリーナーを紹介してきました。最新のモデルは改良点も多く、価格が多少高めですが、使いやすいものが多いです。しかし、最新ではなくても、低価格で高機能のハンディクリーナーも多数あります。

付属品は、最低限のものからノズルが充実したものまでバリエーションが豊かです。シンプルなタイプを選び、使う目的に合わせてアタッチメントを選択するのも良いでしょう。

また、様々なカラーがあるので、デザイン面でこだわりたい方にもおすすめ。ぜひマキタの充電式ハンディクリーナーを使ってみてください。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!