HOME

>

PC・スマホ

>

iPadのバッテリー交換の方法とは? かかる費用や注意点を紹介

iPadのバッテリー交換の方法とは? かかる費用や注意点を紹介

竹澤承太郎
2020-10-22
2020-10-22

Apple製品の中でも徐々に人気が出ている「iPad」。iPhoneユーザーはMacを購入するかiPadを購入するか悩むことが多いです。実際にiPadの機能は新しいモデルが出るたびに向上しており、非常に便利なものとなっています。しかし、Macと大きな違いはバッテリーが劣化しやすいという点です。このようにバッテリーが劣化すると充電の持ちが悪くなりバッテリー交換する必要があります。
では、iPadのバッテリー交換とはどのようなものなのでしょうか。
この記事では、iPadのバッテリー交換について紹介していきます。

iPadのバッテリー交換が必要な場合とは?

iPadは使い方によって電池の消費量が変わり、バッテリーの充電を繰り返すことで徐々に劣化していきます。
バッテリーが劣化してしまうとフル充電しても、充電される最大容量がどんどん減っていってしまいます。iPhoneなどのスマートフォンも同様で長く使い続ければ使うほど、どんどん充電の持ちが悪くなっていきます。特にiPadはiPhoneと比較しても長く使いたいと考えている人は多いため、バッテリーの劣化は死活問題です。バッテリーが劣化してしまったらバッテリー交換をするしか最大容量を回復させる方法はありません。
iPadの設定画面ではバッテリーの最大容量を確認することができます。
iPadの設定画面の「一般」が含まれている項目に「バッテリー」というメニューがあります。この「バッテリー」の項目には「バッテリーの状態」というメニューがあり、そこでバッテリーの最大容量を確認できます。バッテリー交換の目安ですが、このバッテリーの最大容量が80%を下回ると「充電の持ちが悪くなった」と感じます。一般的な使い方をしていれば約2年ほどでバッテリー交換が必要な目安まで劣化します。

iPadのバッテリー交換する方法

iPadのバッテリー交換する方法は大きく分けて「Appleストアでバッテリー交換」「修理屋でバッテリー交換」「自分でバッテリー交換」の3種類があります。
ここからはそれぞれのバッテリー交換方法の特徴を紹介していきます。

Appleストアでバッテリー交換

最もベーシックなバッテリー交換方法は、Appleストアで交換を依頼することです。保証の加入状況にもよりますが、基本的には定額で修理を行うことが可能です。また、近年ではインターネットでバッテリー交換を予約できるため、自分の好きなタイミングでバッテリー交換を依頼できます。Appleストアでバッテリー交換を行うときの注意点は、店舗の混雑具合などによってバッテリー交換が完了する時間が変わることです。当日でバッテリー交換を完了させるためには早い時間にAppleストアに行くことがおすすめです。

修理屋でバッテリー交換

街のスマホ・タブレットの修理屋でもiPadのバッテリー交換を行えます。Appleストアよりも安く早くバッテリー交換を行うことができる可能性がありますが、失敗する可能性とAppleのサポートが受けられなくなる危険性があります。また、Appleストアと同様にバッテリーの交換完了までにかかる時間は店舗の混雑具合によって変わってきます。

自分でバッテリー交換

最も安くバッテリー交換する方法は自分でiPadを解体し、バッテリー交換をする方法です。Amazonなどの通販サイトでバッテリー交換に必要な道具やバッテリー本体が販売されているため、入手して自分で交換を行います。注意点は失敗するとiPadが使えなくなる可能性があることと、成功してもAppleのサポートを受けられなくなることです。

iPadのバッテリー交換の値段

バッテリー交換の費用は先程のバッテリー交換の方法によって異なります。

Appleストアでバッテリー交換の値段

Appleストアの場合だと定価の10,400円で交換することが可能です。また保証サービスの「AppleCare+ for iPad」に加入し、条件を満たすと無料で交換することが可能です。

修理屋でバッテリー交換の値段

修理屋でバッテリー交換する場合は店舗によって値段がかかります。8,000円前後で交換できる場合もありますが、1万円以上することもあります。

自分でバッテリー交換の値段

自分でバッテリー交換をする場合は道具とバッテリーを購入します。相場は4,000円から5,000円です。

保証のAppleCare+ for iPadとは?

AppleによるiPadの保証プログラムの「AppleCare+ for iPad」は通常1年の保証期間を2年に伸ばすことが可能です。この保証プログラムには8,400円を支払うことで加入が可能であり、2年以上iPadを使う予定がある人におすすめです。
また、このAppleCare+ for iPadに加入していれば、バッテリー交換以外の故障も安くすることが可能です。
バッテリー交換の費用は10,400円で全モデル共通ですが、修理費用はモデルによって価格が大きく異なります。iPad miniの修理費用は20,800円ですがiPad Pro(12.9インチの第3世代)の修理費用は74,800円もします。そこでこのAppleCare+ for iPadに加入していれば全モデル共通4,400円で修理することが可能です。

AppleCare+ for iPadなら無料でバッテリー交換できる!

先程の説明の通り、AppleCare+ for iPadに加入し条件を満たせば無料でバッテリー交換できます。その条件はバッテリーの最大容量が80%を下回ることです。つまりAppleCare+ for iPadの有効期間である2年間のうちにバッテリー最大容量が80%を下回れば、無料でバッテリー交換ができます。一般的な使い方をしても2年使ったときのバッテリーの最大容量は85%前後になるため、iPadを毎日使う方はAppleCare+ for iPadに加入すると良いでしょう。

AppleCare+ for iPadがおすすめな人

このようにAppleCare+ for iPadに加入することで修理費用を抑えたり、無料でバッテリー交換できるためお得ですが、日頃からiPadを頻繁に使う人でなければあまり効果はありません。そのため、仕事でiPadをよく使うような方におすすめです。

iPadのバッテリーが劣化する原因とバッテリー交換を防ぐ方法

iPadのバッテリーが劣化する最大の原因は「充電すること」です。そのため、消費電力を抑えて充電回数を減らすような使い方が好ましいです。また、消費電力が大きいアプリや操作、動画の視聴を抑えることがおすすめです。

Appleの公式ホームページでは以下のことを推奨しています。

・OSを最新の状態に保つ
・暑すぎる場所、寒すぎる環境では使わない
・省電力設定にする
・バッテリーの使用状況を把握する
・充電しながら使用しない

基本的にiPadなどのバッテリーは熱に弱く、熱がこもることでパフォーマンスが低下します。そのため、充電をしているときは熱がこもりやすいケースを外しておくことがおすすめです。

iPadのご紹介

バッテリーが劣化して、iPadを買い替えたい人向けにおすすめモデルを紹介します。

おすすめ①
  • Apple
  • iPad (最新第8世代,10.2インチ, Wi-Fi, 32GB)

  • 税込み38,280円
  • 32GBのWi-Fiモデルが3万円台と比較的手ごろな価格で手に入ります。処理速度が向上したA12 Bionic チップを搭載。Wi-Fiでネット、ビデオやオーディオ視聴でき最大10時間バッテリーがもちます。

iPadの税抜き価格
32GB Wi-Fiモデル ¥38,280
32GB Cellularモデル ¥49,800
128GB Wi-Fiモデル ¥49,280
128GB Cellularモデル ¥59,800
おすすめ②
  • Apple
  • iPad Air (10.9インチ, Wi-Fi, 64GB) 第4世代

  • 税込み69,080円(Apple)
  • 最新の第4世代はA14 Bionicチップを搭載。458グラムととても軽く、6.1ミリの薄さで、持ち歩いて、外で身軽に使うのにぴったりのモデルです。こちらもバッテリーは最大10時間持続します。

iPad Airの税抜き価格
64GB Wi-Fiモデル ¥62,800
64GB Cellularモデル ¥77,800
256GB Wi-Fiモデル ¥79,800
256GB Cellularモデル ¥94,800
おすすめ③
  • Apple
  • iPad Pro (11インチ, Wi-Fi, 128GB)

  • 税込み93,280円
  • 非常に美しいLiquid Retinaディスプレイを備え、高画質な動画編集も一般的なノートパソコン以上にサクサクこなせるモンスタータブレットです。やはりバッテリーは最大10時間もつので、クリエイティブな趣味や仕事も、外で長時間続けられます。

iPad Proの税抜き価格
iPad Pro11インチ iPad Pro12.9インチ
128GB Wi-Fiモデル \84,800 \104,800
128GB Cellularモデル ¥101,800 \121,800
256GB Wi-Fiモデル ¥95,800 ¥115,800
256GB Cellularモデル ¥112,800 ¥132,800
512GB Wi-Fiモデル ¥117,800 ¥137,800
512GB Cellularモデル ¥134,800 ¥154,800
1TB Wi-Fiモデル ¥139,800 ¥159,800
1TB Cellularモデル ¥156,800 ¥176,800

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はiPadのバッテリー交換についてご紹介しました。iPadのバッテリー交換には1万円近い費用がかかるため、交換する必要がないように注意してiPadを使うことが大切です。仕事などでiPadを頻繁に使う方は保証プログラムの「AppleCare+ for iPad」に加入する方が良いかもしれません。iPadの用途や使用状況と比較しながらよく考えることがおすすめです。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!