【プロ解説】安いペンタブレットおすすめ11選! 低価格・コスパ重視で選ぶポイントとは?

Moovoo編集部, refeia
2021-09-16

これからデジタルイラストを始める方にとって、重要なのがペンタブレット選びです。できるだけ導入コストを抑えながらも使い勝手の良い製品を選びたいところ。

ペンタブレットは10万円以上するような高額なモデルもありますが、XP-Pen(エックスピーペン)やHUION(フイオン)などの海外メーカーが台頭してきたことで手頃な価格で手に入る商品が増えてきました。

国内メーカーでシェアNo.1を誇るWacom(ワコム)でも5,000円前後で購入できるエントリーモデルがあります。

では、安さ重視で選ぶ場合、どういったポイントに注意して選べば良いのか疑問に思う方も多いことでしょう。

そこで今回は、選び方解説ゲストとしてイラストレーターのrefeiaさんにご協力いただき、コスパ重視でペンタブレットを選ぶポイントとおすすめの安いペンタブレット10選をご紹介します。


キャラクターデザイン講師も務めるイラストレーター
refeia
Twitterフォロワー数5万5千人を超える人気イラストレーター。大学院から自動車業界の技術職へ進んだ後、フリーイラストレーターに転身。数多くのライトノベルの挿し絵を手がけたり、美術学校の講師として採用されるなど異色の経歴を持つ。キャラクターデザインやCGイラストを学ぶ方にも情報を発信している。
顔写真なし(使うときは「引用パーツ」の表示名に空白を入力してください)

 

この記事を見ている方の多くが、これからデジタルイラストに入門してみようとしている方だと思います。どうせなら買わずに済ませて、PCだけで始められないかと思うかもしれません。今もそのスタイルでやっているかはわからないので名前は伏せますが、シャープペンシルとマウスを作画機材にして、知らない人はいないレベルのトップ神絵師をやっていた方も実際にいます。

とはいえ、そういう特別な例は大きな才能と長い練習、積み重ねた研究の結果でもあるでしょう。実際には、ちゃんと描こうとするならばペンタブを持っているに越したことがないというのが実情だと思います。

ペンタブレットとは?

ペンタブレットで作業するイメージ

タブレットの上をペン型のスタイラスペンを走らせることで、デジタル化されたイラストや文字をパソコン上に描けるツールです。

ペンタブレットはiPadやスマホなどとは異なり、パソコンと接続することでパソコンのOS上で動作します。マウスなどと同じ入力デバイスの1つです。

イラスト制作にはペイントソフト選びも重要

ペイントソフト

イラスト制作をする場合は、対応するペイントソフトをパソコンにインストールします。ペイントソフトにはAdobeソフトやCLIP STUDIO PAINTなど人気の有料ソフトから無料のものまでさまざまです。

すでに使い慣れたソフトがある方は、ペンタブレットが対応しているか確認しましょう。

ペンタブレットには「板タブ」と「液タブ」の2種類

ペンタブレットには、板状で見た目がシンプルな「板タブ」と、液晶ディスプレイを搭載した「液タブ」の大きく分けて2種類があり、それぞれ多種多様な製品が販売されています。

液タブ|高額モデルが多いが、初心者でも慣れやすい

ワコムの液タブ

液タブに搭載されている液晶画面にはペン先に追従してカーソルや描画した線が表示されるので、まるで紙の上に描くのと同じような感覚で作業することができます。

初心者でも使い慣れやすい点はメリットですが、低価格のモデルでも数万円ほどするので、導入コストとしては板タブに比べて高額になります。

板タブ|慣れが必要だが低コストで導入できる

ワコムの板タブ

板タブには液タブのような液晶画面はないため、スタイラスペンを使った手元の操作はパソコンのディスプレイで確認することになります。

ペンの操作と実際に表示されるカーソルや描画した線に距離があるため、イラストを思い通り描けるようになるまで時間がかかります。ただ、数千円で購入できるモデルが多く、液タブに比べて格段に安く手に入ります。

安いペンタブレットの実用性は?

ペンタブレットでできること
refeia

refeiaさんの解説

5000円などの非常に安いペンタブを見て、「これではちゃんとした絵が描けないのでは?」と心配になるかもしれません。それはあまり心配しなくても良いです。

なぜかというと、座標検出と筆圧検知ができれば、手の込んだ絵を最後まで描き上げるのに必要な機能は揃っていると言えるからです。

座標検出|ペン先の位置を読み取る

タブレット上には「読み取り可能範囲(入力エリア)」があり、その上で移動したペン先の動きをディスプレイ上に反映してくれます。

ペンタブレットは読み取り可能範囲とディスプレイが1:1で対応しています。そのためペン先が中央にあれば、同じくディスプレイの中央にカーソルが表示されます。単純にデバイスを移動させた分だけカーソルが移動するマウスとは方式が異なります。

筆圧感知|線の濃淡や太さに変化をつける

ペン先に加えられた重さ(筆圧)を感知する機能です。例えば、筆圧が強ければ太く濃い線を描くことができたり、逆に弱い筆圧であれば細く薄い線を描けたりします。

描画する線に多彩なバリエーションを付けるため、最近では多くの製品が8,000段階を超える筆圧レベルに対応しています。

傾き検知|筆のように描画できる

タブレットに対してペンの傾きを検知する機能です。筆や鉛筆のように、傾け方や傾ける向きで表現を変えることができます。傾き検知機能を搭載していない製品もあるので、必要な方はチェックしましょう。

スマホやタブレットと比較したメリット

iPadとペンタブレット
refeia

refeiaさんの解説

スマホやタブレット型デバイス用のスタイラスペンの場合、安い製品では筆圧感知機能が無い場合があります。一方で、ペンタブに付属しているスタイラスペンなら安いモデルでも筆圧を感知してくれます。

傾き検知などは安いペンタブレットにはない場合がありますが、私は使っていないので用途によって必ずしも必要な機能ではないでしょう。

ペンタブレットは安い商品でもイラスト制作に向けて実用的な機能を備えたモデルが豊富。コストを抑えてイラスト制作を始めたい初心者の方でもスキルアップに役立ちます。

マウスと比較したメリット

ペンタブレットを操作する様子
refeia

refeiaさんの解説

ペンタブはイラストやフォトレタッチなどに使えるだけでなく、マウスなどのような一般用途のポインティングデバイスとして使っても便利です。素早くカーソルを動かしたり、タッチ操作に近い感覚を得たり、マウスより快適な場面があります。

また、PCを使った勉強や仕事のなかで手書きができるのは便利です。ペンタブは一般的なキーボードやマウスより高額ですが、それには変えられない多用途で使える便利さがあります。

一般的なマウスの重さは100g前後ですが、スタイラスペンは15g前後と大幅に軽く、手首や腕への負担が小さい点もメリットです。

クリエイティブ用途以外でもペンタブレットを導入することで操作が快適になり、作業効率が上がる場合があるので、マウスを探している方の選択肢の一つとしてもおすすめです。

マウスとスタイラスペンの操作性の違いについては、ワコムが配信している動画をご紹介します。他社製スタイラスペンでも同じように操作することができます。

安いペンタブレットの選び方

ペンタブレット

ペンタブレットは実に多種多様ですが、とにかく低価格なものを選ぶことはおすすめできません。まずは使い勝手の良いもの、そして自分の作業環境や制作スタイルに合ったものを選ぶことが重要です。

手に入れてから後悔しないための注目すべきポイントをご紹介します。

サイズ|用途に合わせて選ぶ

Mサイズペンタブレット

読み取り可能範囲とディスプレイが1:1で対応するペンタブレットでは、両者のサイズ差があまりに大きいとイラスト制作などでは使い勝手が悪く感じる場合があります。

例えば、大型ディスプレイに対して小型のペンタブレットを使う場合、手元で少しペン先を移動しただけでディスプレイ上では大きくカーソルが移動することになります。

ディスプレイとペンタブレットのサイズバランスを考えて選ぶ場合、Small/Medium/Largeの3種類でサイズ展開をしているワコムが推奨している基準が参考になります。

  • 15インチ以下のディスプレイ:Smallサイズ(読み取り可能範囲:ハガキサイズ)
  • 15〜24インチディスプレイ:Mediumサイズ(読み取り可能範囲:A5サイズ)
  • 24インチ以上のディスプレイ:Largeサイズ(読み取り可能範囲:A4サイズ)
refeia

refeiaさんの解説

低価格帯のペンタブでは、読み取り可能範囲がハガキサイズほどの小型か、A4用紙の半分のA5サイズほどものが多いです。A5サイズは中型クラスに当たります。イラスト用途をメインにしたい方は操作スペースが広めの中型サイズを選んでおいて、使ってみて小さい方がよければ設定で読み取り可能範囲を狭められます。

ビジネスや勉強などの一般用途に使う場合、小型の方が場所を選ばず設置しやすく、しかも読み取り可能範囲が狭いほどカーソル移動が素早くできるので使い勝手が良い場合があります。

勉強や仕事に役立てながらイラストも学んでみたいという方は小型の機種を選ぶのもアリでしょう。

対応OS|スマホOS対応なら外での作業も簡単

Androidスマホで作業

一般的なペンタブレットはWindowsやMacOSに対応し、さらにAndroidOSに対応したものも多くああります。外出先で作業をしたい場合などに、スマホとペンタブレットだけで作業ができるので携帯性に優れています。

また、人気のChromebookに対応したペンタブレットもあるので、用途や制作環境に合わせて選びましょう。

付属ソフト|人気の有料ソフトをお試しで使える場合も

CLIP STUDIO PAINT PRO

本格的なプロ向けの有料ソフトがお試しで使えるペンタブレットなら、ペイントソフト選びにも役立ちます。ただし、人気のペイントソフトをお試しで利用できるペンタブレットは1万円以上の商品が多いので、メリットと予算を考えて選ぶようにしましょう。

refeia

refeiaさんの解説

CLIP STUDIO PAINTのPro版など高機能アプリが一定期間使えるライセンスを付属している機種もあります。ですが、導入コストを抑えたい方はソフトが付属しない低価格モデルを購入して無料ソフトを利用する方法もあります。

メディバンペイント(MediBang Paint)やファイア・アルパカ(FireAlpaca)など無料ながら高機能なペイントソフトもあるので、すぐにイラスト制作を始められます。

ファンクションキー|効率的な作業はキーボードでもできる

ファンクションキーを使う様子

タブレット上のサイドや上部にファンクションキーやホイールを備えたペンタブレットも数多くあります。こうしたキーには、普段使う操作を割り当てることでショートカットキーとして機能します。

ワコムではペンタブレット上でショートカット機能を使用する様子を動画で紹介しているので、イメージをつかむための参考になります。

refeia

refeiaさんの解説

キーボードのショートカットキーも使えるので、ペンタブレット上の搭載の有無やボタンの個数などは特に気にする必要はありません。

【選び方解説ゲストおすすめ】私が使っているペンタブレットがこちら

選び方解説ゲストのrefeiaさんが普段使用しているペンタブレットの中で、低コストで導入できるおすすめモデルをご紹介します。

選び方解説ゲストおすすめ
  • Wacom
  • One by Wacom(CTL-672/K0-C)

  • 税込み5,940円
  • ファンクションキーなどが無いシンプルなMサイズモデル

Windows、MacOSに加え、Chrome OS(ver.87より)にも対応。ショートカット機能を割り当てられるファンクションキーやホイールがなく、シンプルなMediumサイズの板タブです。

スタイラスペンには、カスタマイズ可能な右クリックとスクロール用の2つのサイドボタンを搭載。CLIP STUDIO PAINT PROの3ヶ月ライセンスをバンドルし、本格的なイラスト制作をすぐに始められます。

refeia

refeiaさんのおすすめポイント

定評のあるワコム製ペンタブレットで、使い勝手の良いミドルサイズです。小型クラスの価格帯でワコムの描き味や性能が体験できるのはとても良いですね。

【編集部おすすめ】安いけどコスパの良いペンタブレット10商品

それでは手頃な価格で手に入るペンタブレットおすすめ10商品をご紹介します。

おすすめ①
  • Wacom
  • Intuos Small ベーシック

  • 税込み7,380円
  • Android端末にも接続できる

本体サイズは160mm×200mm、読取可能範囲は95mm×152mm。本体にはペンを配置可能な凹みやファンクションキーを4つ搭載。

付属のペン「Wacom Pen 4K」は握りやすさにこだわったフィット感のあるグリップを採用。ガタつきや沈み込みを抑えてくれるペン先で、スムーズな作業を実現してくれます。筆圧感度は4096レベル。

コンパクトなデザインで持ち運びにも適しています。

おすすめ②
  • XP-Pen
  • Deco01 V2

  • 税込み6,500円
  • ファンクションキー8個搭載、60°までの傾きを検知

筆圧レベルは8,192レベルで、傾きは60°まで検知します。ミドルサイズの読取可能範囲を備え、イラスト制作メインで使う方にも使い勝手は良いでしょう。

付属品が充実していて、替え芯8本に加え、保護フィルムや二本指グローブもあります。オプション品を購入しなくても本格的な作品作りを始められます。

おすすめ③
  • XP-Pen
  • Deco mini4

  • 税込み4,459円
  • Androidスマホにも対応する小型のペンタブ

コンパクトで持ち運びにも適したペンタブレット。AndroidOSにも対応し、外出先でもAndroidスマホ(一部のスマホは非対応)を接続してイラスト制作ができます。

また、製品シリアル番号を使用してArtrageとopenCanvasの2つのペイントソフトをダウンロードして使えます。上級者まで対応したペイントソフトを無料で手にれられるのはお得です。

おすすめ④
  • XP-Pen
  • Deco mini7

  • 税込み5,590円
  • 初心者からプロまで幅広く使える

ミドルサイズの読取可能範囲を備え、8,192レベルの筆圧検知と60°までの傾き検知に対応。Androidスマホとも接続して使用が可能です。

ArtRageもしくはopenCanvas7をダウンロードして使えるので、本格的なイラスト制作をすぐに始められます。

おすすめ⑤
  • XP-Pen
  • Deco Pro Medium

  • 税込み13,200円
  • ホイールとファンクションキーを搭載、充実した機能

一目でわかる機能の充実さが魅力。デザイン賞を2年連続で受賞しているのもポイントです。

傾き検知や筆圧レベル検知はもちろん、8個のファンクションキーとホイールを搭載し、ショートカット機能を設定することができます。

従来のタイプよりも握りやすさや耐久性が向上したDeco Pro専用ペンが付属しています。

おすすめ⑥
  • XP-Pen
  • Deco Fun L

  • 税込み5,800円
  • 3サイズ、4色展開で好みに合わせて選べる

XS、S、Lの3種類のサイズ展開で、こちらは最も大きなLサイズですが、ペンタブレットの中ではミドルクラスです。

特徴的なのは背面やフチのカラーが4色から選べるところ。カーミンレッド、スペースブルー、ブラック、ミントグリーンと個性的なカラーバリエーションです。

AndroidスマホやChrome OSに対応しているのもポイント。

おすすめ⑦
  • XP-Pen
  • StarG640

  • 税込み4,090円
  • イラストだけでなくクリックゲームにもぴったり

小型のペンタブレットとして、イラストの練習やドキュメントへの署名、ゲームやオンライン授業など多様なシーンで使えます。

替え芯が20本と多く付属しているのもポイント。最薄部は約2mmと薄く、カバンに入れて持ち運ぶのにも適しています。

おすすめ⑧
  • HUION
  • H610PROV2 INSPIROY

  • 税込み5,680円
  • 4方向に角度を変えて使える

サイドに8個のショートカットキーと、上部に16個のファンクションキーを搭載。ショートカット機能を多用し、ペンタブレットのボタンに割り当てて使いたい方にぴったりです。

また、制作スタイルや好みなどに応じて4方向にペンタブレットの向きを変えて作業することもできます。

おすすめ⑨
  • GAOMON
  • S620

  • 税込み3,796円
  • 8,192の筆圧レベル、ファンクションキーも備えてこの価格

コンパクトサイズの板タブで持ち歩きにも適しています。ファンクションキーを4つ搭載し、拡大・縮小など頻繁に使う操作を割り当てることができます。

傾き検知には非対応のため、表現できる幅は広くないですが、簡単なイラスト作成やメモ書きなどとして使うには十分です。

ペンタブレットを試しに使ってみたい方や、パソコン上の書類などに手書きで入力できるツールが欲しい方にぴったりです。

おすすめ⑩
  • RAYWOOD 筆や写楽
  • KUMADORI

  • 税込み6,480円
  • ショートカットキーが28個、ミドルサイズ

日本初の低価格ペンタブレットとして登場し、初心者から上級者まで幅広いユーザーに対応するモデル。読取可能範囲はA4用紙よりもひと回り小さいB5用紙ほどでペンタブレットの中では中型に近いサイズです。

ショートカットキーとして使えるボタンがサイドと上部に計28個搭載し、普段使用しているショートカット機能をほとんど網羅することが可能でしょう。

まとめ|気軽に導入してみよう

ペンタブレットを使用する様子
refeia

refeiaさんの解説

だれしも、買い物をするなら失敗したくはないです。個人的にもその思いが強いタイプで、買う前にも良く調べ、買った後にもよく調べ、期待通りの性能かを計測し、不満があればああでもないこうでもないといじりづづける……というのが趣味になっています。

ですが、安価なペンタブから入門するというのは、そういうガジェットオタク的な非効率を避けて、小さな初期投資で、気軽に楽しみながら自分に何が必要なのかを自然に学んでいけるのが一番の美点です。安くて気に入った、見た目が気に入った、なんか無難そう、などなど、ふんわりした判断でもOKです。

個人的には液タブをメインにしていますが、板タブが必要な場面ではOne by Wacomを使っています。業務でメインにするには心もとないとはいえ、小型サイズの価格で中型サイズとワコムの描き味と、ドライバーの多機能が得られるのがとても良いですね。

こちらの記事もどうぞ

HOME

>

PC・スマホ

>

【プロ解説】安いペンタブレットおすすめ11選! 低価格・コスパ重視で選ぶポイントとは?


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!