家族の温もりを感じる IoT×鳩時計『OQTA(オクタ)』

moovoo|(ムーブー)

半歩未来のライフスタイル

MooVoo

半歩未来のライフスタイル

家族の温もりを感じる IoT×鳩時計『OQTA(オクタ)』

chankoba
2017-11-25
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

離れたところへ住む家族へ、こまめに連絡していますか?
忙しくなるとなかなか会えない、予定も合わないから電話もあまりできない。
けれど、離れていても大好きな家族と繋がりたい。

誰かと繋がっている温もりを音で伝えてくれるのが、このIoT×鳩時計『OQTA(オクタ)』です。

スマホをタップするだけ 簡単コミュニケーション

この鳩時計『OQTA』は、スマホの専用アプリと連動。
アプリのボタンをタップすると……

鳩が出てきて鳴く仕組みです!

スマホは自分が持ち、鳩時計は遠く離れた両親や祖父母の家にセット。
相手のことを気にかけてますよ、ということを伝えるために鳩時計を鳴らす。

こんな使い方が想定されています。

あえての一方通行

え、返信はどうやるの?
そんな風に思うかたもいるかもしれません。
『OQTA』はあえて「一方通行」システムを採用したそうです。

メールや電話って、相手の返信を待ってしまったり、時間をあけてもらう必要があって、それが時に連絡のハードルを上げます。
『OQTA』は返事を期待しないからこそ、自分の好きなタイミングで送ることができるのだそうです。

1台につき、8人までしか時計を鳴らすことはできませんが、
家族や親しい友人など身近な人との繋がりを感じるにはちょうど良いかもしれません。

想いを届ける、柔らかい音

時計から聞こえるのは、ひとつひとつ手作りされたフイゴで鳴らされる笛の音。
笛が奏でる繊細で柔らかな鳩の鳴き声が、誰かと繋がっている温かさを感じさせてくれました。

メーカー側によると、日本において唯一アナログのフイゴ機構を製造しているリズム時計工業製の鳩時計を使い、この製品を作ったそうです。
アナログの感覚にこだわってますね。

いつでも、どんなところでも

『鳩時計』と聞くと、壁にかかった大きな時計を想像しますが、『OQTA』は小さな置き時計。
軽くて持ち運べるから、どんな場所にでも置くことができます。

裏側には穴が空いているから、壁にかけることもできます。

自分のタイミングで、相手に想いを伝えられる、IoT×鳩時計『OQTA』。
「忙しいけれど、家族が心配…」そんなあなたにオススメです。

購入はこちらから

2017年11月24日現在、クラウドファンディングサイトの『Makuake』で購入可能。
税込27,000円(9%OFF)のコースなどがあります。

  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでmoovooをフォロー!