Products

次世代のホームセキュリティ!Wi-Fi電波で家の中を監視する「Hex Home」

CES 2021でイノベーションアワードを獲得した「Hex Home」は、なんとWi-Fi電波で家の中を監視する革新的なホームセキュリティシステム。

カメラや各種センサー類を利用したホームセキュリティより誤報が少なく、シンプルで安価なホームセキュリティが実現するという。

Wi-Fi電波の変化で監視

「Hex Home」は親機のHex Commandと子機のHex Sense、2種類のデバイスをセットで利用する。

セットアップは簡単で、電源に繋いで自宅のWi-Fiに接続し、専用アプリをスマホにダウンロードするだけ。簡単に設置できるのもメリットの1つだ。また子機を増やすだけで、監視範囲を簡単に広げられるところも便利。

家の中の監視には、Wi-Fiの電波を利用する。Wi-Fiの電波を通信以外の目的で利用する「Wi-Fiセンシング技術」を利用しているとのこと。

人が動くと、Wi-Fi電波の反射が変化する。この電波変化を計測し、家の中の動きを監視する仕組み。例えるならば、プールで泳いだときに発生する波紋の変化を計測するようなイメージだ。不審な電波変化があれば、ユーザーに通知する。

ペットやロボット掃除機などの動きはAIが自動的に除外してくれるので、誤報も少ないという。

カメラによる監視ではないため、プライバシー侵害の恐れはなく、カメラ特有の死角もない。

「Hex Home」は2021年春に販売される予定。デバイス基本セットは18,000円(税抜)で、24時間365日の監視サービスは月額980円(税抜)とのこと。

・ ・ ・

死角のないWi-Fi電波で、家のセキュリティを万全に?

Hex Home

Hex Home

CREDIT
Videographer/Writer :わたなべゆう
SNS/Curator :にしまり

RECOMMEND

PAGE TOP