HOME

>

グッズ

>

【想像以上の完成度!】Xperia 5 IIがついにきた!Sony渾身のフラッグシップの実力は?

【想像以上の完成度!】Xperia 5 IIがついにきた!Sony渾身のフラッグシップの実力は?

塚越愛子
2020-10-16
2020-10-17

ワタナベカズマサ
ガジェットをこよなく愛する北海道在住のYouTuberです。2016年よりWEBマーケティング事業を展開し、自ら合同会社Fulfillingを立ち上げて現在も代表を務めています。2018年よりガジェット系YouTuberとして本格始動。スマートフォンやタブレット、PCなどのガジェット全般やワイヤレスイヤホンなどのオーディオ関連機器、カメラや撮影機材に至るまで幅広くガジェットレビューを発信中です。物欲MAXで大人のロマンを追い求めるチャンネルを運営しています。
連載【ワタナベカズマサのガジェットウォーカー】シリーズ|Moovoo
北海道のガジェット大好きYouTuber、ワタナベカズマサさんが旬のガジェットを紹介します!!オーディオ好き、スマホ好きの方は必見です!!テレワーク歴6年の経験を活かしたテレワーク術も大人気!!
Moovoo Youtubeアカウント モノ・サービスを通して知的好奇心を満たす、新しい価値観を提供するコンテンツ作りを心がけています。
毎週、Youtube動画を配信中!チャンネル登録、よろしくお願いします!

SONYの2020秋冬モデル・最新フラッグシップスマートフォンのXperia 5 II(エクスペリア ファイブ マークツー)。発売に先立って商品をお借りし、進化したポイントや性能・特徴をワタナベカズマサさんに最速レビューしていただきます!

現在Xperia 1 Ⅱを使用中だというワタナベさんだからこそ言える比較レビューもたっぷり。ぜひ最後までご覧ください!

今回紹介する商品はこちら!

PICK UP!

  • SONY
  • Xperia 5 II

  • 5Gにも対応!高速・大容量のXperia

  • 3つのカメラで本格的な写真・動画が撮影可能。リフレッシュレート120Hzの滑らかな画面でゲームプレイも快適です。

デザインや性能はどうなっているのでしょうか?実際に使ってみた感想やXperia 1 Ⅱとの比較とともに紹介していただきます!

まずは外観

ディスプレイ

画面比率21:9の縦長ディスプレイで、コンパクトで手になじみやすいサイズ感。21:9の映像をフル画面で楽しめるので、映画を見るときにもぴったりです。

外観デザインに関しては昨年のXperia 1 Ⅱがベースとなっているような印象ですが、想像以上に進化しているポイントがたくさんあるようです。早速みていきましょう!

操作感や画質

操作中

まずはディスプレイ。最近トレンドとなっているリフレッシュレート120hzに、Xperiaもついに対応しました。普段はXperia 1 Ⅱを使っているというワタナベさん。比べてみると動きが圧倒的に滑らかになっていて、「鳥肌物」「感動した」とのことです。

比較

左側のXperia 1 Ⅱは6.5インチ・4K表示対応、右側のXperia 5 Ⅱは6.1インチ・4K表示非対応となっています。しかしXperia 5 ⅡはフルHD+解像度有機ELディスプレイ。解像度は落ちていますが、特に画像の荒さは感じさせず、鮮明な画面です。

横から見た時

横から見るとかなり薄型。サイドに指紋認証センサーがついています。上部にはオーディオジャックも。イヤホンやヘッドホンの有線接続に対応しているのは嬉しいポイントですね。

カメラの性能は?

カメラアップ

カメラは焦点距離16mmから70mmまでカバーしているトリプルレンズ。超広角・広角・望遠の3つのレンズを使い分けて撮影ができます。

実際にワタナベさんが夜の室内で試しに撮影してくれた素材を紹介していきます。

デフォルトカメラ

まずはデフォルトカメラアプリのメインカメラで撮影。夜の暗い室内で撮影したにも関わらず、ノイズの少ないかなり綺麗な写真です。

超広角カメラ

こちらは超広角カメラで撮影した写真。狭い空間ですがしっかり広く撮影できています。

望遠カメラ

望遠カメラで撮影した写真はこちら。普段よく使う画角が優先的に搭載されているのがXperia 5 Ⅱのカメラの特徴だといえます。

もちろん動画撮影の性能もバッチリ。ワタナベさんいわく、画質も音質もXperia 1 Ⅱより安定しているとのこと。Xperia 1 Ⅱでは音声にノイズが入るのが気になっていたそうですが、ノイズはなくなり、細かい問題が解消されている印象を受けたそうです。

フォトプロ

「Photography Pro」(フォトプロ)も搭載!フォトプロを使えば、ソニーの本格カメラと同じように撮影設定などを細かく変えながら、本格的な写真を撮ることが可能に。秒間20コマの高速連写もできちゃいます。ソニーのミラーレスカメラを買う前に、カメラの入門機やサブカメラ・本格カメラの練習として使ってみるのもおすすめです。

また「Cinematography Pro」(シネマプロ)も搭載しており、解像度は2Kと4K、FPSは秒間120コマ(2K撮影時)に対応しているので、スローモーションの映像も簡単に作れます

ゲームプレイも快適

ゲームプレイ

デフォルトで入っているコールオブデューティーモバイルをプレイ。120hzのとても滑らかな映像です。タッチレスポンスの速さも細かく調整ができ、かなり快適なゲームプレイが可能です。

Xperia 1 Ⅱで人気だった、HSパワーコントロール機能も搭載。ゲームを長時間するときはバッテリーの消耗が気になりますよね。しかし充電しながらプレイをすると、バッテリーの発熱や劣化につながってしまうことも。そこでHSパワーコントロールをオンにすると、本体に直接給電しながらゲームをすることが可能に!バッテリーの消費や発熱を抑えながら長時間ゲームができます。

スピーカーの性能も抜群

スピーカーの音質を説明している所

ワタナベさんが初日に使ってみて特にいいな!と感じたのが、スピーカーの性能。画像左側のXperia 1 Ⅱに比べてスピーカーの音質がかなり向上し、音楽をより楽しめるような感覚を味わえたそうです。

最後に

まとめ

ワタナベさんが唯一気になるところとして挙げたのは、ワイヤレス充電に対応していないという点。Xperia 1 Ⅱは対応していますが、Xperia 5 Ⅱでは非対応になっています。しかし、防水・おサイフケータイ機能搭載。3.5mmジャックもついているうえにゲームプレイも快適で、性能にはかなり満足しているとのことでした。

ワタナベさんイチオシの滑らかな操作感やスピーカーの音質の比較は動画で確認できます。気になる方はぜひ動画をご覧ください!

いかがでしたか?「Xperia 5 Ⅱ」の性能や実際に使ってみた感想を紹介しました。機種変更や買い替えの際にぜひ参考にしてください。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!