Transportation

水上の移動も自由自在? 早くて、安全、環境にも配慮した近未来の水上タクシー「CrossWater」

日常に溶け込んだありふれた橋の景色。「ちょっと向こう岸まで」というありふれた移動の風景が、変化を迎えようとしているのかもしれない。

近未来の完全自動制御型水上タクシー

「CrossWater」は完全自動制御型水上タクシーだ。より早く、より安く、より安全に、しかも、環境に配慮した近未来の自由自在な移動が水上で実現されようとしている。

お手軽でスピーディな水上交通

CrossWaterでは、スピーディーな水上交通を実現する。飛行機を使うまでもないが、自動車やフェリーでは時間がかかってしまう、そんな対岸への移動だ。

日本にもかつては渡し場があったが、現在では多くが橋へと姿を変えている。しかし橋は完成までに工期が必要だし、莫大な費用もかかる。より手軽に対岸に渡れる、そんな世界をCrossWaterで目指している。

安心・安全のデザイン

完全防水設計で安全管理もバッチリだ。CrossWaterには、四方についたカメラとレーダー、センサー、そして、AIが搭載されている。
AIは周囲の船の接近などの危険を直ちに察知し、安全な回避行動を取るようにプログラムされている。ミスの少ないAIの制御によって、乗客は安心して水上の旅を楽しむことができるのだ。

サステナビリティにも配慮

「CrossWater」を動かす動力は屋根の上の太陽エネルギーだ。持続可能な社会を目指すには最適な動力源である。電気エネルギーなので、CO2を排出することもなく、環境にも優しい。今の時代にもピッタリ!

いつでも快適な水の旅を

365日24時間いつでも運航する。太陽光発電なので、騒音が気になる都市の中でも静か振動もなく移動ができるようだ。

季節に合わせて、CrossWaterの中を快適な温度に制御されている。暑い夏には思わずずっといたくなるような涼しい空間、凍えるような寒い日にはホット一息つける暖かい暖房の空間が待っている。


「CrossWater」は都市や街のコミュニティの発展、雇用の創出、経済の活性化の火種にもなるのではないかと期待されている。2025年までには、なんと100万台ものCrossWaterのネットワークを構築することを目指しているのである!

便利で快適、安全な水上の旅が実現する日は近い?

CrossWater

CrossWater Technologies.

CREDIT
Videographer/Writer :Shinto
Curator/SNS :にしまり

RECOMMEND

PAGE TOP