Technology

農業を効率化させるVTOL「Ag-Cormorant」は、空中散布や輸送がお得意

人間が苦手な作業は機械にお願い!

「Ag-Cormorant」は農業の効率化に特化させた垂直離着陸型無人航空機(VTOL)。作物を保護する農薬の空中散布や輸送が得意。

世界的に農薬などを展開するADAMA Ltd.と、航空宇宙を専門とするTactical Robotics Ltd.が共同で開発した。

500kgの空輸が可能

「Ag-Cormorant」は500キログラムの輸送が可能。燃料を含めると764キログラム以上を空輸できる。垂直離着陸するため滑走路も必要としない。農薬の空中散布も効率よくこなし、さまざまな仕事の効率化が期待できる。

パイロットも安全

「Ag-Cormorant」は遠隔で操作するVTOLだ。人間が搭乗する必要がなく、パイロットが怪我をするリスクなどがほとんどない。

比較的騒音も少なく、24時間いつでも飛ばせるため従来の航空機より作業を効率的に行えるという。農家の収穫量を最適化し、作物の成長を支援できる。

・ ・ ・

人が得意なこと、機械が得意なことを見極めていけば、農業もアップデートされ続けていくのかもしれない。

CREDIT
Videographer / Writer / Curator :菊田正剛
SNS :にしまり
Ag-Cormorant

Urban Aeronautics


RECOMMEND

PAGE TOP