HOME

>

グッズ

>

間接照明で部屋をおしゃれに!おすすめ商品と飾り方のポイント解説

間接照明で部屋をおしゃれに!おすすめ商品と飾り方のポイント解説

黒岩 ヨシコ
2020-07-30
2020-07-30

間接照明は、部屋のインテリアをぐっとおしゃれにしてくれるアイテム。記事では、間接照明の選び方やおすすめ商品を紹介。元インテリアショップ店員の筆者が実演解説した、簡単におしゃれに見える間接照明の飾り方についても紹介しています。

おしゃれな間接照明とは

サイドテーブルに乗った間接照明

間接照明とは、照明器具から出た光が壁や天井に当たり、その反射光で間接的に明かりを取る手法のことです。

「間接照明=おしゃれ」のイメージが強いのは、単純に明かりを確保するための直接照明と違い、空間演出の目的で使われるが多いからでしょう。

間接照明の柔らかく穏やかな光は、寝室やリビングなどリラックスしたい部屋にはぴったりです。空間に広がりや奥行きをもたせたり、ムードを作ったりと、インテリアをワンランクおしゃれに演出してくれるのが間接照明なんです。

間接照明の種類と選び方

一般的には、間接的に照明が当たっていればどんなものでも「間接照明」と呼ばれることが多いです。(照明用語辞典からすると細かい定義があります)

間接照明に使う照明器具によっても雰囲気や特徴が異なるので、3つのポイントに沿って用途やインテリアイメージに合わせて選ぶようにしましょう。

①間接照明のタイプ

寝室のブラケットライト

1つ目のポイントは間接照明のタイプ、つまり、どんな照明器具を間接照明として使いたいかです。

おすすめは、一番初めに設置場所を決めてしまう方法です。狭いスペースなら置き型よりも壁や天井に設置できるタイプの間接照明の方が良いですし、複数の部屋で使う予定があるなら移動しやすい置き型タイプの方が向いています。

おしゃれな間接照明として使われることが多い主な照明器具の特徴を以下に紹介するので、参考にしてみてください。

スタンドライト
フロアライトやフロアランプとも呼ばれる床置きタイプの照明器具。光源としてというより、空間演出として使われることが多く、移動も楽なので間接照明向き。デザインが多岐にわたるのでおしゃれなものや好みのものを見つけやすい。
テーブルランプ
テーブルライトとも呼ばれる卓上の置き型照明。特徴はスタンドライトとほぼ同じだが、テーブルやサイドボードの上に置くことを想定しているため、スタンドライトよりも小型。ベッドサイドの手元灯としても人気。
スポットライト
局地的に強い光を当てる照明器具。壁や天井を照らす間接照明として使えばダイナミックな空間が演出できる。概ね同じようなデザインの物が多く、個性は素材や色の違いぐらい。先述した2種類のように照明自体のデザインを楽しむ目的で使われることは少ない。
ブラケットライト
壁に設置するタイプの照明器具。主に間接照明として使われる。部屋の中だけでなく、廊下や階段をおしゃれに演出するのにも向いている。

②間接照明の電球

電球色のスポットライト

おしゃれな間接照明の2つ目のポイントは、電球の種類、つまり光の色です。同じ照明器具を使っても電球の違い(光の色の違い)で雰囲気は大分異なります。

おすすめはリラックスできる電球色系ですが、スタイリッシュで未来的なインテリアにしたい場合にはあえて昼光色系の間接照明にするというのもおしゃれでしょう。

電球には5種類の色がありますが、住宅で使われること多いのは以下の3種類です。

電球色
温かみを感じるオレンジがかった光の電球。リラックスしたい空間や、間接照明で落ち着いた雰囲気を演出したいときに。
昼白色
最も太陽の光に近いナチュラルな光の電球。どんな部屋・シーンにも合うので、リビングや寝室の他、生活空間を分けることができないワンルームにもおすすめ。
昼光色
クールな印象の青白い光の電球。集中力を高める効果があるため、リラックスしたい部屋の間接照明にはあまり向かない。

また、電気代が気になる方は省エネなLED電球がおすすめ。白熱電球や蛍光灯より長寿命で消費電力が少ないので、電気代の節約に繋がります。

電球の種類や色の特徴について、もっと詳しく知りたい方はぜひこちらの記事も参考にしてみてください。

③間接照明の機能

寝室のベッドサイドにあるテーブルランプ

3つ目のポイントは、間接照明の機能です。

最近人気なのは、リモコンや、アプリを入れてスマホで操作できるタイプ。ベッドやソファにいながら間接照明を調光したり消したりできるのでとっても便利です。

他にも、人感センサー付きで人がいるときだけ明かりがつく間接照明や、充電式のコードレスタイプ、USBケーブルが使用できる間接照明など様々です。

日常的に使うことを考えると、おしゃれなだけじゃなく機能性もある間接照明を選びたいですね。

おしゃれな寝室におすすめの間接照明

ここからは、シーンごとにおすすめの間接照明をご紹介していきます。

リラックスして過ごしたい寝室には、柔らかい素材感の間接照明や、明暗センサーなどがついたおしゃれな間接照明がおすすめです。

おすすめ①
  • ZEFFO
  • ベッドサイドランプ

  • 税込み2,000円
  • 和モダンなテーブルランプ

和の雰囲気が漂うおしゃれなテーブルランプ。シェードから漏れる柔らかな光がリラックスしたい寝室にぴったりな間接照明です。電源コードにはオンオフスイッチ付き。

おすすめ②
  • IKEA
  • HOLMO(ホルモー)フロアランプ

  • 税込み1,920円
  • 和紙製シェードのスタンドライト

インテリア好きの間ではお馴染み、北欧ショップIKEAのスタンドライト。Amazonのフロアスタンド・ランプカテゴリでベストセラー1位を獲得している人気商品です。ベッド周りはもちろん、和室の間接照明としてもおすすめ!

おすすめ③
  • Lifeholder
  • 人感&明暗センサーナイトライト

  • 税込み999円
  • 自動で点灯・消灯するナイトライト

木製のベースが落ち着いた雰囲気のおしゃれなナイトライト。人感センサー&明暗センサー搭載で、周りが暗くて人がいるときにだけ自動点灯する優れモノ。好きな場所に置けるのが嬉しい、電池式の間接照明です。

おすすめ④
  • Lightess
  • ブラケットライト

  • 税込み3,490円
  • アンティークなブラケットライト

壁に取り付けて使用する、アンティークデザインがおしゃれなブラケットライト。角度調整可能なので、ベッド周りの間接照明としても使いやすくておすすめです。設置が楽なコンセント式。

リビングをおしゃれに彩るおすすめ間接照明

人を招くことが多いリビングは、家の中でも特にインテリアにこだわりたい部屋ですよね。落ち着いた雰囲気を作りつつ、センスの良さを感じさせるような間接照明を選んでみましょう。

リビングのおしゃれな照明コーディネート実例については、こちらの記事でも詳しく解説しているのでぜひ併せて参考にしてみてください。

おすすめ⑤
  • Nilight
  • フロアスタンド

  • 税込み7,886円
  • 存在感のあるスタンドライト

広めのリビングダイニングに映えそうな、おしゃれな大型スタンドライト。シェードは布製なので、柔らかい光が落ち着いたリビングを演出してくれます。ライト部分は360℃角度調整可能。

おすすめ⑥
  • JOLY JOY
  • LEDフロアライト

  • 税込み6,499円
  • 調光できるスタンドライト

モダンなデザインのスタンドライトは、一方向にだけ光が当たるため間接照明にぴったり。ヘッドの角度は変更可能。ポール部分のボタンで電球色や光の強さを調節でき、シーンによってムードを変えることができるのもポイントです。

おすすめ⑦
  • Masivel
  • アクリルLEDデスクランプ

  • 税込み2,891円
  • ハイセンスな円型テーブルランプ

珍しいおしゃれな円型のテーブルランプ。存在感があり、置くだけでもオブジェとしてリビングをセンスアップしてくれそうな間接照明です。おしゃれなのに意外と価格は安いので、気負わないちょっとしたプレゼントにもおすすめ!

おすすめ⑧
  • Ampoule
  • ロンバトン ブラック

  • 税込み6,980円
  • リモコン操作可能なLEDフロアライト

シンプルデザインに機能性を兼ね備えたフロアライト。フロアライトという名前ですが、高さ45.6cm×幅11.5cmとテーブルランプとしても使えるサイズ感です。細身で置き場所を選ばず、リモコンでON/OFF・調光可能な使い勝手の良い間接照明。

北欧インテリアに合うおしゃれな間接照明

木製家具やカラフルな雑貨が並ぶ北欧インテリアに合うのは、やっぱりナチュラルなウッドデザイン。北欧インテリアにマッチする、おしゃれな木製の間接照明を集めました。

おすすめ⑨
  • Szbritelight
  • スポットライト ライトブラウン(電球別売)

  • 税込み2,850円
  • ナチュラルなスポットライト

シンプルなデザインのスポットライト。無機質だったり、ごつい印象になりがちなスポットライトですが、こんなナチュラルカラーなら北欧インテリアにもぴったりです。ライトは360℃角度調整できるので間接照明としても使いやすい。

おすすめ⑩
  • 共同照明
  • スポットライト ライトブラウン

  • 税込み8,990円
  • インテリアになじむウッドのスタンドライト

存在感のあるウッドのスタンドライト。特徴は、メインのライト以外にもスポットライトがついていること。2つの間接照明が空間に立体感を生んでくれます。スポットライトの角度やON/OFFで雰囲気が変わるので、インテリアコーディネートの幅も広がりそう!

おすすめ⑪
  • VENTOTA
  • Hovenフロアスタンド

  • 税込み12,980円
  • 天然木のシンプルなスタンドライト

ナチュラルな木製のスタンドライト。角材のような棒状のフォルムで、向きによって部屋に陰影がつけられるおしゃれな間接照明です。北欧インテリアにぴったりのシンプルデザイン。

玄関をおしゃれに飾るおすすめ間接照明

家の顔となる玄関は、あまりごちゃごちゃ飾るよりもシンプルな方が好感が持てます。シンプルで清潔感のある玄関インテリアにおすすめの間接照明がこちら。

おすすめ⑫
  • VVRUIER
  • ベッドサイドランプ

  • 税込み2,688円
  • モダンな竹製テーブルランプ

五角形の筒の中にLEDライトが並んだシンプルなテーブルランプ。USB電源対応なので玄関にコンセントがないというお宅にもおすすめ。天然竹素材が上品な印象にしてくれる間接照明です。

おすすめ⑬
  • Ryuits
  • センサーライト

  • 税込み1,590円
  • 360℃回転する充電式ナイトライト

Amazonの屋内フットライトカテゴリーでベストセラー1位を獲得しているナイトライト。ライト部分とベースがマグネット式なので取り外して使うことができるのが特徴です。乾電池式なので手軽にどんな場所でも使うことができ、間接照明だけでなく常夜灯としてもおすすめ!

おすすめ⑭
  • Haruhana
  • アコーディオン型LEDライト

  • 税込み2,380円
  • スタンドでも手持ちでも使えるLEDライト

ランタンのようなデザインのUSB充電式LEDライト。シェード部分がアコーディオンになっていて、畳めばスポットライトのように使うこともできます。普段は玄関のおしゃれな間接照明として飾り、いざというときには懐中電灯代わりにも使える便利アイテムです。

一人暮らしにもぴったりなおすすめ間接照明

せっかく一人暮らしの部屋に間接照明を取り入れるなら、思いっきり個性を出してみるのもおすすめです。好きなものに囲まれた空間をおしゃれに演出してくれる間接照明がこちら!

おすすめ⑮
  • AIR CORNO
  • LED フロア スタンドライト

  • 税込み14,243円
  • タッチセンサー式のスタンドライト

調光&調色機能付きのスタイリッシュなスタンドライト。間接照明以外にも読書や常夜灯などシーンに合わせて使える便利なアイテムです。コンパクトなデザインなので部屋を圧迫しないのもポイント!

おすすめ⑯
  • Chende
  • USB充電ポート付きフロアライト

  • 税込み12,550円
  • サイドテーブルにもなるスタンドライト

サイドテーブルとUSB充電ポートが付いた個性的なフロアライト。ソファサイドでスマホを充電したり飲み物を置くことができるので一人暮らしにぴったり。ワンルームなどスペースが限られ多部屋では、多機能な間接照明が重宝します。

おすすめ⑰
  • Ampulla
  • 木の光 テーブルランプ

  • 税込み14,999円
  • ブルートゥーススピーカー付きのテーブルランプ

高級感漂う天然桜でできたブルートゥーススピーカー付きテーブルランプ。LEDライト、スピーカー、ワイヤレス充電ポートを兼ね備えたアイデア商品。間接照明としてはもちろん、一人暮らしのインテリアの主役になりそうなおしゃれアイテムです!

<実践解説>間接照明のおしゃれな使い方

続いては、インテリアショップでショーウィンドウなどのディスプレイしていた経験を活かし、間接照明のおしゃれな使い方について実演しながら解説していきます。少ないアイテムで簡単に雰囲気を出す方法もあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

今回使用した間接照明「VAVA ナイトライト」

こちらが今回間接照明に使用したライトです。

おすすめ⑱
  • VAVA
  • ナイトライト ホワイト

  • 税込み2,999円
  • たまご型の充電式ライト

タッチで感覚的に操作ができるおしゃれなナイトライト。ピンクカラーがAmazonテーブルランプカテゴリーでベストセラー1位を獲得している人気商品です。

充電中のVAVA ナイトライト

USB充電式なので、寝室のベッドサイドや玄関など簡単に移動できるのが便利!筆者の場合、夜間になると1つ常夜灯として廊下に置いています。最も暗い光で約200時間連続点灯可能なので、一晩ぐらいは余裕で持ちます。

VAVA ナイトライトの光の明暗を調節している様子

このように上部を長押しすると、光の明暗を調節することができます。

VAVA ナイトライトの光の色を調節している様子

このようにVAVAのロゴ部分を長押しすると、光の色を変えることができます。

ちなみに、充電式で持ち運びができる点は停電してしまったときの懐中電灯代わりとしても重宝しました。子供部屋や玄関の明かりにもおすすめできますし、どんなシチュエーションでも使い勝手が良いおしゃれな照明です!

①間接照明のあり・なしを比較

照明器具がない状態

チェストの上の北欧風ディスプレイ

まずは照明器具がない状態のディスプレイです。高さを出せばリズムは出ますが、いまいちのっぺりした印象ですよね。こちらのディスプレイにVAVAのナイトライトを置いてみましょう。

照明を置いた状態

北欧風ディスプレイにVAVAライトを置いた様子

このような淡い光のライトを置くことが間接照明だと思われがちですが、この状態は間接照明とは言いません。これでも光がポイントになるので先ほどよりは印象的にはなりますが、今回は間接照明の使い方なので少し配置を動かします。

照明を奥に置いて奥行きを出す

北欧風ディスプレイに間接照明を置いた様子

壁側にライトを置いたことで、壁と家具に反射した光が間接照明になりました。なんとなくのっぺりしていた空間に奥行きが出たのがお分かりいただけるでしょうか。

間接照明を使って奥にポイントを持ってきたことで、立体感が生まれたためです。また、ぼんやりとした光や飾っている雑貨にできた影など、非日常的なムードを出すのに間接照明は適しているんです。

②間接照明の色とインテリアコーディネート

間接照明をおしゃれに取り入れたいなら、電球の光の色もポイントになることは前述したかと思いますが、こちらでも実演してみます。

電球色

北欧風ディスプレイに電球色の間接照明を置いた様子

まずは先ほどと同じ電球色の光です。オレンジがかった温かみのある光は、北欧インテリアやアンティーク雑貨とよく合います。ウッドやウール、ホーローなど、ぬくもりを感じるナチュラル素材とは相性が良い色です。落ち着きを感じさせる間接照明の色ですね。

昼光色

北欧風ディスプレイに昼光色の間接照明を置いた様子

続いて昼光色の光です。青白い光は清潔感や涼しさを感じさせます。電球色と比較すると空間が引き締まった印象になりますね。先ほどと反対に、無機質な素材のインテリアと合わせたり、近代的でスタイリッシュな雰囲気を演出したいときにぜひ使ってもらいたい間接照明の色です。

③間接照明の簡単でおしゃれな合わせ方

続いて、人気の北欧インテリアとも相性が良い、簡単でおしゃれに見える間接照明の使い方例をご紹介します。

VAVA ナイトライト

今回使用したVAVAライトは便利ですが、ポリプロピレン素材や近代的なデザインなので実は北欧やアンティーク雑貨との相性はあまりよくありません。

先ほどのように雑貨で見えなくさせてしまう以外には、おしゃれな空き瓶を利用する方法もおすすめです。

空き瓶を使うテクニック

ブランデーの空き瓶を使った間接照明

このように瓶の影に隠れて本体は見えなくなりますし、壁の間でランダムに反射した光がおしゃれなムードを作ってくれます。ガラスを通った直接光も一緒に当たっているので、完全な「間接照明」かと言われるとそうではないのですが、おしゃれ空間演出には役に立ちます。ウィスキーやブランデー瓶などが自宅にある方はぜひ使ってみてください。

ポストカードを使うテクニック(筆者おすすめ)

ポストカードを使った間接照明

さらに、筆者が思う最も手軽な間接照明の使い方がこちら。ただ手持ちのポストカードを立てかけただけです!

たったこれだけで、カードからほのかに透ける光と、壁側に反射した光で立派な間接照明の役割を果たしてくれています。

北欧インテリアのナチュラルな雰囲気にも合いますし、実はごちゃごちゃ飾るよりも「こなれ感」が出て逆におしゃれに見えるというメリットもあります。

VAVAライトとお気に入りのポストカード1枚さえあればできるテクニックなので、ぜひ試してみてくださいね。

※こちらの方法を試す場合、直接ポストカードが触れている部分が発熱すると危険なため、必ず本体が熱くならない間接照明をご使用ください。

おしゃれな間接照明実例

最後に、SNSで見かけたおしゃれな間接照明の実例をご紹介します。

ベッドヘッドと壁の間に間接照明を取り入れたおしゃれなワンルーム。隙間から漏れる優しい光が、メインのライトを消して過ごすリラックスタイムにぴったりです。

テレビボードの背面に置かれた間接照明。リビングの間接照明としては王道の方法で、テレビの後ろに光を持ってくるだけでモダンな空間になるのでおすすめです。

壁に設置されたウォールラックに光を当てたスタンド式の間接照明。ショップのウィンドーのようでおしゃれですね。お気に入りのディスプレイを目立たせるナイスアイデアです。

広いリビングダイニングに置かれた間接照明。天井に観葉植物の影ができるように置いているそうで、光だけじゃなく影も含めてインテリアコーディネートしている上級テクニックです。

玄関に設置されたブラケットライトの間接照明。大きな姿見と壁側を照らしている間接照明の効果で、広がりのあるおしゃれ玄関になっています。

こちらは「テープライト」と呼ばれるテープ状のLEDライトを使ってDIYした間接照明。手持ちの家具や壁に貼るだけでできる、手軽でおしゃれなDIYアイデアです。

電池式のプチプラLEDライトを使った手作り間接照明。ガラスボトルに入れるだけの簡単DIYですが、ジャンクな雰囲気がインダストリアルインテリアにぴったりですね。

まとめ

間接照明の種類や、おしゃれなおすすめ商品、簡単におしゃれに見せる間接照明テクニックをまとめてご紹介しました。ぜひこの記事を参考に、間接照明を使ったインテリアに挑戦してみてくださいね。

※価格はいずれも2020年6月時点。特に記載がない場合はAmazonの価格です。

黒岩 ヨシコ
インテリアショップ&カフェバー店員経験を活かした多ジャンルライター。兼、フリーランスWebデザイナー。インテリア・食べ物・植物には凝り性。たくさんの動物と共に育った千葉の田舎民です。

  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!