Culture

売れ残ったパンが善玉菌ドリンクに変わる「tasty probiotic drink made from unsold bread」

私たちの腸内環境を改善してくれるプロバイオティクス。ヨーグルトや乳酸菌飲料など、プロバイオティクス食品は古くから私たちの生活に欠かせないが、このほど体質や環境にも配慮した新しいタイプのプロバイオティクス飲料が誕生した。

シンガポール国立大学の研究チームが開発した「tasty probiotic drink made from unsold bread」は、その名が示す通り、売れ残ったパンを原材料としてつくられたプロバイオティクス飲料だ。栄養価が高いにもかかわらず大量に売れ残って廃棄されてしまうパンを見た学生が、より保存のきく食品に再利用できないかと考えたのがきっかけだったという。

まず細かく切ったパンを水と混ぜて液状化し、低温殺菌する。その後プロバイオティクス細菌と酵母を加えて発酵させることで、室温で最大6週間保存可能なプロバイオティクス飲料が出来上がる。

乳糖不耐症でも飲める「非乳製品」


1杯で10億個ものプロバイオティクス細菌を摂取でき、味もクリーミーかつ、さわやかな酸味とほどよい甘さで飲みやすい。さらに一般的なプロバイオティクス食品と違い乳製品ではないため、乳糖不耐症の人でも飲めるのが特長だ。

シンガポール国立大学は「tasty probiotic drink made from unsold bread」の製造プロセスを特許申請済で、現在は商品化に向けてパートナー企業を探している段階だという。

・ ・ ・


美味しくて健康に良いだけでなく、食品廃棄物の削減にもなるプロバイオティクス飲料。私たちの手元に届く日もそう遠くなさそうだ。

tasty probiotic drink made from unsold bread

National University of Singapore

CREDIT
Videographer/Writer :フィリピン下鳥
Curator/SNS :にしまり
あなたにオススメ

RECOMMEND

PAGE TOP