Technology

新型コロナと戦う消毒ロボット「XDBOT」をシンガポールの大学が開発

新型コロナが世界全体に広がっている今、いたるところで消毒を担当するクリーナーの需要が高まっている。

そんな中シンガポールのNANYANG TECHNOLOGICAL大学が開発したのは、6軸のロボットアームで半自律的に消毒をする「XDBOT」だ。商業的需要があり次第、製品版の開発をするそう。

公式サイトから詳しい情報をチェックできる。

ノートPCやタブレットから操作でき使用者も安全

「XDBOT」はノートPCやタブレットを使いワイヤレスで遠隔制御でき、操作する人間の感染リスクが下げられるそうだ。特殊な光によって測距を行い、高解像度のカメラを使用して半自律的に移動してくれる。ロボットアーム部分は人間のオペレーターが操作するそうだ。

6軸のロボットアームは人間の動きを模倣し、テーブルの下やドアノブなどの細かな部分まで消毒できる。消毒剤は土台に搭載された8.5リットルの大型タンクから供給され、噴射される。保育所、病院、老人ホーム、ショッピングモールなどでの活躍が期待される。

・ ・ ・

人類の叡智とテクノロジーが新型コロナを封じ込める日も近い?

CREDIT
Videographer / Writer :菊田正剛
Curator :にしまり
XDBOT

NANYANG TECHNOLOGICAL UNIVERSITY

あなたにオススメ

RECOMMEND

PAGE TOP