Technology

1台で3つの走行モードが楽しめる次世代ハイブリッドバイクglafit「GFR-01」

5月30日、和歌山の乗り物メーカーFINE TRADING JAPAN社のブランドglafitが、自転車+電動バイクの次世代ハイブリッドバイク「GFR-01」を発表した。アクセルを回して走るEV走行と、ペダルを漕いで走る自転車走行に加え、両者の良いところを掛け合わせパワフルに走るハイブリッド走行の3つの走行モードが利用でき、シーンや用途に合わせモードを切り替えながら、日々の移動を楽しむことができる次世代のモビリティとなっている。

ペダルと電動モーターの両方を活用した3種の走行モード

  1. 自転車モード ペダルを漕いで通常の自転車走行が可能。ちょっとした移動時や運動したい日はもちろん、万が一車体が電池切れとなった時にも安心して乗ることができる。


  • 電動バイクモード ハンドルのスロットルを軽快にふかしながらバイクと同じように走行できる。ペダルを漕ぐ必要がないので、長距離でもスムーズで快適な移動が可能に。

  • ハイブリッド走行モード ペダルと電動モーターの両方を掛け合わせよりパワフルな走行を楽しみたい時はこれ。電動モーターだけでは頼りない、急な坂道などでも楽に移動することができる。
  • 折り畳み式の携帯性と最新テクノロジーによる利便性


    車体はコンパクトに折り畳みが可能で、手軽に持ち運び・収納ができる。電車や車に乗せて運んだり、他の移動手段と併用することで幅広いシーンで活躍する。


    指紋認証システムを採用しており、キーレスかつ優れた防犯性も実現。指紋は20人分まで登録できるので、複数人でシェアすることもできる。ハンドル部に装着するUSB充電ポートもオプションで用意されており、スマホなどのデバイスを充電しながら移動も可能に。

    100%電動エネルギーを使用したエコ仕様で、静音性に優れているため夜間の住宅街などでも周囲に迷惑をかける心配がなく、時間・場所を気にせず利用することができる。燃費にも優れており、10円以下の充電コストで約45km走行できる。充電の際に特別な設備は必要なく、専用充電器を本体に直接さすか、バッテリーを取り外しコンセントにつなぐだけで充電可能と手軽。

    また、全天候で安定した制動力を得ることができるディスクブレーキの採用や、信頼性の高いバッテリーにモーター制御ユニットなど安全性も優れた一台に。4つのカラーバリエーションが用意されており、補習部品などのアフターフォロー体制も充実している。

    100年ビジョンで描かれた乗り物づくりへの愛


    "glad"と"fit"という2つの単語を合わせて作られたブランドglafit。同社代表の鳴海禎造氏は、会社経営を学んだ恩師から教わった「『100年ビジョン』。つまり自分がどうあるべきなのかを考えた時に、100年先、どういう会社でどんな社会を作っているのかを考えるべき」という言葉を胸に、「乗り物を通じて、世界中の人々に驚きと感動と笑顔を届ける存在でありたい」という熱い想いを製品発表会の場で語った。

    15年以上自動車・バイク関連用品の企画・製造に取り組んできた同社の経験をもとに、glafitの精神『funride&fundrive』を細部まで詰めこんだ一台「GFR-01」は、5月30日クラウドファンディングサイトMakuakeにて先行販売を開始。

    単なる移動手段を超えた、乗る喜びの詰まった次世代のモビリティが今走りだそうとしている。

    glafit「GFR-01」

    FINE TRADING JAPAN


    RECOMMEND

    PAGE TOP