Social Good

パニックをハグで癒やす「自閉症の介助犬」とは?

自閉症の人をサポートするよう訓練された「自閉症介助犬」。実際に自閉症に苦しむ人の心に寄り添う動画が投稿され、世界中から注目が集まっています。


人生を変えた一匹の犬


高機能自閉症のヘイリーさんは、パニックに襲われたとき、自分をたたいたり、ひっかいたりしてしまいます。自閉症介助犬のマーリーは、ヘイリーさんの自傷行為を見つけると、ハグするよう訓練されています。

ヘイリーさんによって投稿された動画を見ると、抑制できないパニックのなか、時にマーリーのハグを振りほどいてしまうこともあります。それでもマーリーが辛抱強くヘイリーさんを抱きしめることで、一人でいるより早く落ち着きを取り戻せるそうです。

・ ・ ・

ヘイリーさんは、自閉症介助犬のマーリーを迎えたことで、人生が変わったそうです。まだあまり知られていない「自閉症介助犬」という存在を広めるべく、ヘイリーさんは自分の動画を投稿。

パニック中の自分の様子を公開するのは勇気がいる行動だったそうですが、その投稿には 世界中から優しいコメントが集まっています。


CREDIT
CREDIT Videographer / Writer / Curator :のだ ゆうた
SNS :にしまり

@marleytheservicecollie

@marleytheservicecollie

あなたにオススメ

RECOMMEND

PAGE TOP