HOME

>

グッズ

>

【テレワーク歴6年】達人ワタナベおすすめアプリ6選!これで自宅での仕事も一気にはかどるよ!!

【テレワーク歴6年】達人ワタナベおすすめアプリ6選!これで自宅での仕事も一気にはかどるよ!!

Yusaku MIYAZAKI
2020-04-06
2020-06-11

テレワークおすすめアプリ6選!

生粋のガジェット好きYouTuber
ワタナベカズマサ
ガジェットをこよなく愛する北海道在住のYouTuberです。2016年よりWEBマーケティング事業を展開し、自ら合同会社Fulfillingを立ち上げて現在も代表を務めています。2018年よりガジェット系YouTuberとして本格始動。スマートフォンやタブレット、PCなどのガジェット全般やワイヤレスイヤホンなどのオーディオ関連機器、カメラや撮影機材に至るまで幅広くガジェットレビューを発信中です。物欲MAXで大人のロマンを追い求めるチャンネルを運営しています。

在宅勤務が続いていますね。慣れない業務形態のテレワークに戸惑う方も多いのではないでしょうか。

今回はガジェット系Youtuberワタナベカズマサさんがテレワークにおすすめのアプリをご紹介。

ワタナベさんはYoutubeを始める前からテレワーカーであり、テレワーク暦6年のベテラン。自宅での勤務で役立つアプリや機材にとても詳しいです!
そんなワタナベさんがおすすめするアプリ6選は、テレビ会議や社員間のやり取りをスムーズにしてくれます。紹介する中には無料のものもありますので、ぜひご覧ください!

テレビ会議に役立つアプリ<Zoom・Whereby>

すでに取り組まれている方も多いテレビ会議。導入しやすい会議アプリをご紹介します。まずは……

無料版でも最大で100人まで参加可能なテレビ会議アプリZoomです。大人数が参加するならZoomがおすすめです。ホストが話し合いをするルームを作りテレビ会議をすることができます。オンライン会議アプリの中でメジャーなものの一つです。

何より接続や参加方法が簡単なのがZoomのポイント!
アカウント登録などは必要なくアプリをインストールすれば使い始められます。参加者は招待リンクをクリック、またはIDとパスワードを入力することで参加できます。ホーム画面もシンプルなので操作も迷いにくいです。

録画録音も出来るので会議の内容などの議事録も取りやすいです。無料版だと40分の時間制限がありますので長く使いたい方は有料プランもチェックしてみてください。

気軽に使い始められる少人数向け会議アプリ

Zoomよりさらに気軽に使い始められる会議アプリがWherebyです。

こちらもアカウント登録は必要なく、ブラウザさえあれば利用できるので、インストールなどもしません。インターネット環境があれば利用できます。

無料版は4人まで参加できます。ちょっとした会議や急にオンライン会議の場所を用意しなければならなくなった時にも役立ちそうですね。


会議とは少しずれますが、社長や代表がメッセージを伝えるなど一方向で大人数に発信したい場合はYoutubeのライブ配信やリンク限定配信などを使うのも手です。会社説明会やセミナーで使っている企業もあります。

メッセージやデータのやり取りに役立つアプリ<Slack・ギガファイル便・Dropbox>

社内で直接取られていた会話がなかなかしにくいテレワーク。メッセージやデータの扱いをスムーズにするアプリをご紹介します。はじめはメッセージのやり取りです。

チャット感覚でメッセージのやり取りができるSlackです。
メールだと固い文面でコミュニケーションがなかなか進みにくいもの。Slackは普段直接しているちょっとした確認や会話などをするのに合っています。

相手の名前に@を加え返信につければ相手に通知が行くので急ぎの確認も気づいてもらえます。相手が入力している間は「入力中」の文字が出るので、返信を待つなどして会話のすれ違いを少なくできます。


画像や軽めのデータならSlack上で転送できます。では大容量のデータを送りたいときはどうするの? 
その時はギガファイル便を使ってみてください。

ギガファイル便はアプリではなく、大容量データ転送のサイトで最大100GBまでのデータを扱うことができます。
送りたいデータをサイトにアップロードさせるとリンクが生成されます。そしてデータを送りたい相手に生成されたリンクを送れば、リンク先でダウンロードすることができます。

セキュリティが気になる方は保存期間設定やパスワード機能をご利用ください。ギガファイル便上でデータの保存期間を決めることができ一定期間経つと削除されるようになっています。またパスワードを入れないとダウンロードができないように制限をかけることができます。

データの共有で役立つアプリはまだあります!
Dropboxクラウドストレージとして有名なアプリです。

クラウドストレージとはインターネットを通じてファイルやデータを保存しておけるサービスのことを指します。

Dropboxは場所や端末の縛りなく同じデータにアクセスできるのが強みのアプリです。PCはもちろん、iPadやiPhoneでもアプリを入れれば同じデータを見たり編集することができます。他の社員との共有にぜひ使って欲しいです。

共同作業も出来るのでテレワークの作業効率アップにも。

仕事効率化ソフトのサブスク<Office365>

最後に紹介したいのが、MicroSoft Office365です。
WordやExcel、Powerpointと言ったマイクロソフトの主要なソフトを最新版で使えるサブスクリプションサービスです。

登録すればどの端末からでも使えスマホやタブレットからもサービスを利用することができます。

他の人と同一のファイルを編集することもできるので、テレワークで離れた場所からも共同で進めることができます。使えるソフトは最新版なので新しい書式やテンプレートが気軽に使いやすいのも嬉しいポイントです。

テレワークに活躍する主要アプリで仕事を効率化!

いかがでしたでしょうか。有名なアプリを主に紹介しているのですでに使ったことがある方も多いかもしれません。まだ使ったことのないアプリやサイトがありましたらぜひこの機会に取り入れてみてください。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!