HOME

>

スタイル

>

メンズのビンディングシューズおすすめ10選!カジュアルなシューズが人気!

メンズのビンディングシューズおすすめ10選!カジュアルなシューズが人気!

くまもと たまみ
2020-09-11
2020-09-11

ビンディングシューズとは?

ビンディングシューズ

ビンディングシューズと普通のスニーカーが異なる点は、底にクリートと呼ばれる穴が開いていることです。クリートは、穴に金具や留め具をつけてペダルを固定させるためにあります。足をペダルに固定させることで、力がペダルに伝わりやすくなるというメリットがあるのです。

初心者さんも簡単!ビンディングシューズの選び方

サイクリング中級者以上の人なら、好みのメーカーやデザインがあるため、シューズ選びは簡単です。でも初級者や初心者の人にとってはなかなか難しいものです。そこでビンディングシューズの選び方のポイントを解説します。

穴タイプで選ぶ

前述したように底にはクリートという穴が開いています。穴タイプは大きく分けて2穴のSPD、3穴のSPD-SLの2種類に分かれます。SPDは主にマウンテンバイク用に使われるタイプ。クリートが小さく、その分ペダルから足を離した時に歩行しやすいメリットがあります。また、SPDはデザインもスニーカーに近いカジュアルなものが多いため、街乗りや通勤・通学に最適です。

一方のSPD-SLは3穴あることで、SPDに比べてペダルに力が入りやすいのが魅力です。その分、歩行はしにくいというデメリットも。SPD-SLはどちらかというとロードレースなど本格的なライディングにおすすめです。

留め具の種類で選ぶ

スニーカーなら靴紐にあたる留め具の種類にもこだわってみましょう。ビンディングシューズの留め具には、シューレース・ダイヤル・ベルクロ・バックルなどがあります。

シューレースはスニーカーと同じ紐になったタイプで、軽さが魅力。ダイヤルは1つ、または2つのダイヤルがついており、ダイヤルをしめて調節します。走行中も片手で調整できるのがメリットです。

ベルクロは何本かのストラップがついており、マジックテープで締めるため着脱が手軽にできます。バックルタイプは足首に一番近い部分にバックルがついており、爪があるため細かな調整が可能です。

シマノなどメーカーのウェアに合わせる

スポーツと一緒におしゃれを楽しみたい人は多くいるでしょう。ビンディングシューズのデザインやカラーも大切な見極めポイントです。一番おすすめなのは、ウェアとコーディネートを合わせること。例えば優れたビンディングシューズを多数生産しているブランド、シマノではサイクリングウェアやアクセサリ類なども販売しています。

メーカーを合わせたり色を合わせたりすると、全体的に統一感が出ておしゃれです。

spd対応のおすすめメンズビンディングシューズ5選!

ここからはSPDタイプに対応しているメンズのビンディングシューズ5種をご紹介します。サイズは日本人の成人男性の平均25.5cmに合わせています。サイズによって価格が変動する商品もありますのでご注意ください。

おすすめ①
  • SHIMANO(シマノ)
  • MT5 SH-MT501(25.5~26.0cm)

  • 税込み12,862円
  • 履き心地の良さを実感できる

  • アウトドアシューズとして優れた歩行性とマウンテンバイク・シューズの機能を持つ製品です。SPD対応ですのでビンディングシューズ初心者の人におすすめです。

スピードレーシングシステムを採用したSHIMANO(シマノ)「MT5 SH-MT501(25.5~26.0cm)」。メンズのビンディングシューズおすすめ10選!カジュアルなシューズが人気!靴紐が簡単に調節でき、足や足首にぴったりフィットします。上部にあるストラップによってさらに調節が可能。

衝撃を吸収するミッドソールには弾力性と柔軟性のあるEVA樹脂を使用、ラバーソールとの組み合わせで快適なペダリングと歩行を実現します。アッパーは、一枚接ぎで仕立てられており軽量かつスタイリッシュ。グラスファイバーで補強されたシャンクプレートが最適なソール剛性を作ります。

おすすめ②
  • Five Ten(ファイブテン)
  • Impact VXI サイズUS10

  • 税込み22,500円
  • 最軽量の自転車競技用シューズ

  • 新開発のラバーStealth Mi6をソールに採用した自転車競技用のシューズです。ペダルにぴったり食いつくような感覚が爽快。フラットペダル用に特化した設計ですが、ビンディングペダルのような感覚です。

ビンディングシューズ初心者に最適なSPDタイプのFive Ten(ファイブテン)「Impact VXI」。素材に疎水性人工皮革を使用しています。広めのトゥーボックスで履きやすく、つま先はキャップでしっかり保護されています。

片方の重さが約363gと軽量なのも魅力です。自転車競技、フリーライド向けのビンディングシューズですが、デザインがおしゃれなので普段使いしてもカジュアルファッションに合います。USサイズ10は、約28Cmです。留め具はシューレースタイプです。

おすすめ③
  • GIRO(ジロ)
  • RUMBLE VR URBAN CYCLEING SHOES サイズ41

  • 税込み18,069円
  • 歩きやすさを追求したビンディングシューズ

  • イタリア発の柔らかいビブラムソールを採用して、歩きやすさを追求したビンディングシューズです。マウンテンバイクでの走行を前提に作られているため、丈夫な設計で雨にも強いのが特徴です。

ハイパフォーマンスなライディング機能を持つGIRO(ジロ)「RUMBLE VR URBAN CYCLEING SHOES」。軽量で柔軟性に優れたマイクロファイバーと通気性の良いメッシュ素材をアッパーに使用。ハイキングシューズのように楽に歩ける万能タイプのシューズです。

インジェクションインナーシャンクが力をしっかりとペダルに伝達できる仕組みですが、トレッキングにもぴったりです。ミッドソールとフッドヘッドにはEVA樹脂を使用しています。サイズ41は約26cmです。留め具はシューレースタイプ。

おすすめ④
  • TIEBAO
  • ビンディングシューズ (25.5cm)

  • 税込み5,960円
  • ロードバイクにもマウンテンバイクにも使えるビンディングシューズ

  • ロードバイクとマウンテンバイク、どちらにも使えるサイクリングシューズです。3本ストラップで抜群のフィット感とホールド力があります。部位によって締め付け度合いを変える細かな調整も可能です。

リーズナブルな価格でコスパの良いTIEBAO「ビンディングシューズ(25.5cm)」。3本のストラップはベルクロでしっかり固定でき、アクティブな動きをサポートします。

グラスファイバー強化ナイロンソールによって、ペダリングの効率が高まります。アッパーはシンセティックレザーとメッシュ素材で構成。シンセティックレザーは、フィット感がありますが伸びが少ないのが特徴です。通気性の良いメッシュ素材は夏のライディングに最適です。流れるようなラインが美しく、デザイン性にも優れた商品。

おすすめ⑤
  • SHIMANO(シマノ)
  • CT5 SH-CT500(25.0~25.5cm)

  • 税込み10,531円
  • SHIMANOが誇る多用途シューズ

  • 自転車に乗るときはサイクリングシューズしての機能を発揮して、普段はおしゃれなスニーカーとして使える多用途なビンディングシューズです。スタイリッシュかつシンプルなデザインで毎日の通勤や通学におすすめです。

シマノクリッカーペダルシステムとSPDに最適なSHIMANO(シマノ)「CT5 SH-CT500(25.0~25.5cm)」。素材はマイクロファイバーの合成皮革を採用しており、マットな質感です。一見カジュアルスニーカーに見えますが、シャンクプレートが内蔵されています。そのため、ペダルにパワーを移行して快適なライディングが実現。

ミッドソールには衝撃吸収性に優れたEVA樹脂を採用していますので、歩きやすい点も魅力です。さまざまなシーンで活躍します。留め具の種類はシューレースです。

spd-sl対応のおすすめメンズビンディングシューズ5選!

ここからはSPD-SLに対応しているメンズのビンディングシューズ5種をご紹介します。本格的なビンディングシューズを探している人は必見です!

おすすめ⑥
  • SHIMANO(シマノ)
  • RC7 SH-RC701(26.5cm)

  • 税込み16,980円
  • ペダリング性能を追求したロード・コンペティションシューズ

  • 人気のダイヤルロックタイプのビンディングシューズ。ダイヤルにはアメリカのBOA社製Boa IP1ダイヤルを採用しています。プッシュプル方式だけでなく、逆回転することでゆるめられる手軽さが魅力です。

ペダリング性能と快適性を重視したSHIMANO(シマノ)「RC7 SH-RC701(26.5cm)」。Boa IP1ダイヤルは、走行中も手軽に調整が可能。程よいフィット感を出しつつも、リラックスした履き心地が高評価を得ています。

足底の形状は、プロのライダーからのフィードバックを得て開発されたSHIMANO DYNALAST。長時間のライディングでもブレーキングロスを軽減します。アッパーの素材には、柔らかい穿孔タイプ合成レザーアッパーを使用して最上級のフィット感を実現しています。

おすすめ⑦
  • LINTAMAN(リンタマン)
  • ADJUST ROAD COMP オールチェレンテ(25.3cm)

  • 税別21,780円
  • 画期的なサイクリングシューズ

  • これまでシューズ本体の調節といえば横方向でしたが、縦方向にも調節できる画期的なシステムを搭載したシューズです。クリートの穴タイプは、2穴・3穴両方に対応しています。

パステルカラーが美しいLINTAMAN(リンタマン)「ADJUST ROAD COMP オールチェレンテ(25.3cm)」。商品名の「オールチェレンテ」はカラーの名称で、大手自転車ブランド「ヨシダサイクル」でしか手に入らない希少なものです。

ダイヤルが2個ついているため、ケブラーワイヤーのかけ方によって個人の足の形状、左右差も調節が可能になっています。その他、どんな条件でもフィットする点が人気の秘訣です。つま先部分にはメッシュ素材を採用しているため、通気性、伸縮性に優れた仕様です。

おすすめ⑧
  • SHIMANO(シマノ)
  • RP4 SH-RP400(25.8cm)

  • 税込み13,200円
  • 履き心地の良さと耐久性に優れたパフォーマンスシューズ

  • エントリーユーザー向けのロードバイク用シューズですが、SHIMANOの中級モデル以上に搭載されるBoa L6ダイヤルを採用しています。1万円台という価格でコスパに優れた商品です。

Boa L6ダイヤルによる微調整が可能なSHIMANO(シマノ)「RP4 SH-RP400(25.8cm)」。アッパーにパーフォレーション(送り穴)が入っており、シンセティックレザーに通気性とフィット感をプラスしています。

オフセットストラップで位置を調節することで、足にかかる力を分散。ソールには軽量な素材を使用して、ペダルを踏むパワーを向上させています。また、丈夫で幅広のヒールパッドを採用して歩行時の快適さも実現している万能シューズです。

おすすめ⑨
  • SHIMANO(シマノ)
  • RT5 SH-RT500(25.8cm)

  • 税込み15,400円
  • スタイリッシュなオンロードサイクリングシューズ

  • クラシカルな3ストラップが特徴的なオンロードサイクリングシューズ。ペダリングのパフォーマンスが向上し、歩行も快適な仕様になっています。あわせてアッパー部分の剛性もアップしているモデルです。

シンプルデザインながら高機能を持つSHIMANO(シマノ)「RT5 SH-RT500(25.8cm)」。アッパーのシンセティックレザーは耐久性が高い素材。メッシュ加工を施して通気性も高めています。

ソールにはグラスファイバー強化ミッドソールとラバーソールを組み合わせ、足底全体をカバーしています。3本ストラップに360度リフレクターを使用しているため、夜の走行も安心です。靴底にはSHIMANO DYNALASTを採用。股関節の可動域が広がりペダリングが楽になります。

おすすめ⑩
  • Santic(サンティック)
  • メンズ ビンディングシューズ(26.5cm 2A)

  • 7,880円
  • 初心者におすすめのビンディングシューズ

  • ロードバイク、サイクリング初心者におすすめのシューズ。アッパーは、高品質ポリウレタン樹脂性レザーに穿孔を構造で通気性を高めています。長時間のライディングでも湿気が蒸発するので快適です。

シューズ表面のラッピングデザインにこだわったSantic(サンティック)「メンズ ビンディングシューズ(26.5cm 2A)」。余分なボイドを除いて足を安定させることで、エネルギーロスを抑えてパワーを温存できます。

また、人間工学に基づいて、かかとを厚くしています。そのため、走行時の足が理想的な位置に固定され耐摩耗性がアップ。1つのバックルと2つのベルクロストラップで、確実にフィット感と快適さを実現しています。

ビンディングシューズでサイクリングをもっと楽しく!

ロードレースをする人

今やサイクリングウェアのみならずシューズも専用のビンディングシューズを使う人が増えています。使いやすいビンディングシューズを選んで、サイクリングやロードレースをもっと楽しみましょう。

※価格は2020年9月時点のものです。また、特に表記のない場合、Amazonの価格を表示しております。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!