HOME

>

PC・スマホ

>

【10分でわかる】Galaxy Z Flipの良い点・悪い点!折りたたみの使い勝手は?【ワタナベカズマサのガジェットウォーカー】

【10分でわかる】Galaxy Z Flipの良い点・悪い点!折りたたみの使い勝手は?【ワタナベカズマサのガジェットウォーカー】

石原 匠
2020-03-12
2020-06-10

ワタナベカズマサ
ガジェットをこよなく愛する北海道在住のYouTuberです。2016年よりWEBマーケティング事業を展開し、自ら合同会社Fulfillingを立ち上げて現在も代表を務めています。2018年よりガジェット系YouTuberとして本格始動。スマートフォンやタブレット、PCなどのガジェット全般やワイヤレスイヤホンなどのオーディオ関連機器、カメラや撮影機材に至るまで幅広くガジェットレビューを発信中です。物欲MAXで大人のロマンを追い求めるチャンネルを運営しています。

人気のYoutuberワタナベカズマサの新連載「ガジェットウォーカー」。
今回はSAMSUNGから2月に発売された折り畳めるスマートフォン、Galaxy Z Flipの良かったところ、悪いところを一週間使用してみたワタナベカズマサさんが紹介してくれます!

SAMSUNG Galaxy Z Flip

PICK UP!
  • SAMSUNG
  • Galaxy Z Flip

  • 税込み188,990円
  • コンパクトに折り畳めるスマートフォン

  • SAMSUNGから発売された折り畳めるスマートフォン。 折り畳むことによってコンパクトに持ち運びが可能になりました。

今回紹介するGalaxy Z Flipは2月にSAMSUNGから発売されたばかりの新商品。一週間使ってみて感じた良かったところと悪かったところを紹介します!

良かったところ

折り畳める

折り畳んでる写真

Galaxy Z Flipの1番の特徴は折り畳めること!
スマートフォンの常識を覆したこの機能はやはり便利だとワタナベさんも感じたようです。
折り畳むことでコンパクトになりポケットの中に入れての持ち運びが今までのスマートフォンよりも楽になること、保護フィルムを貼らなくてもポケットの中で画面が傷つくことが防げるようになるというメリットもあります。

広げた写真

折り畳むととてもコンパクトになるGalaxy Z Flipですが、広げてみると6.7インチの大きな画面になります。(参考までにiPhone11proは5.85インチ)
大きい画面のスマートフォンが欲しかったけど、持ち運ぶのが大変だからと避けていた人にもおすすめです!

折り畳んで使ってる写真

折り畳むことの次のメリットは、折り畳んだ状態でテーブルの上に置くことができることです。
他のスマートフォンではできない、角度をつけてコンテンツを楽しむことが可能です。

カメラ

また、角度をつけた状態でカメラを起動すると下半分が操作画面に、上半分がカメラの映像を表示する部分と分けて表示することができます。カメラの映像の表示比率も変更することが可能で、折り畳む機能にカメラアプリが最適化されています。

カメラ機能

Galaxy Z Flipには超広角カメラが搭載されているので広い画角で映像や写真をとることが可能です。手ぶれ補正も優秀でとても綺麗な映像を撮ることができます。
動画のサンプルはワタナベカズマサの個人チャンネルにアップしているのでそちらもチェックしてみてください!

カメラの動画性能については、FHD、4K60fpsでも超広角カメラが使用できるところ、動画の撮影中にインカメラとアウトカメラを切り替えても動画が途切れないところがかなり他のスマートフォンより良いところです。

サブモニターが優秀

サブモニター

折り畳むことの次のメリットはサブモニターです。
Galaxy Z Flipにはサブモニターが搭載されています。
このサブモニターには、時間やバッテリー残量、通知を確認することができます。

折り畳み状態のカメラ

また、電源ボタンをダブルタップすると折り畳んだ状態でカメラが起動し、サブモニターに映像を写すこともできます。音量ボタンを押すことでシャッターを切ることができます。
その他にも、電話への応答や音楽再生の停止、次の曲への変更なども折り畳んだままの状態で行うことが可能です。

悪かったところ

指紋がつきやすい

指紋がついてる写真

1つ目は本体に指紋がつきやすいところです。
Galaxy Z Flipはミラーパープルとミラーブラックの2色発売されているのですが、特にミラーブラックの方が指紋が目立ってしまうという声がよく上がっているようです。

折り目がついてしまう

折り目の写真

2つ目は折り目が見えてしまうところです。
折り畳みスマホなのでしょうがないのですが、角度をつけて本体の画面をみると折り目の線が少し目立ってしまいます。
表面を触ると折り目があるのも分かってしまいます。

次世代通信規格に対応していない

最近発売されるスマートフォンの多くは対応している5GやWifi6にGalaxy Z Flipは対応していません。
使ってて不便はないですが、次世代の通信機買うを体感したいという人は使うことができません。

防水性能

そして、Galaxy Z Flipには防水性能が搭載されていません。
折り畳めるようにした関係で部品や折り目に隙間ができてしまう関係で防水にするのが難しかったと考えられます。
したがって、お風呂の中で使用することはできません。

隙間の写真

microSDカード

また、Galaxy Z Flipは他のGalaxyシリーズが対応しているmicroSDカードに非対応です。
本体のストレージ容量は256GBで十分な容量はあるのですが今まで使っていたスマートフォンからのデータ移行やmicroSDカードに入っていたデータをそのまま使うということはできません。

電子マネー

そして、電子マネーには非対応となっています。
QRコード決済には対応していますが、Suicaや楽天EdyなどのFeliCaを使用したには電子マネーには対応していないのでGalaxy Z Flipで改札を通るなどということはできません。

まとめ

1週間使用してみてGalaxy Z Flipはとても面白いスマートフォンだと思います!とワタナベさん。
カメラなどの機能も向上していて良いのですが、他のスマートフォンに当たり前にようにある防水や電子マネーなどの機能が非対応となっているので、日常使いをする上で大事な機能を優先したいという人には向かないスマートフォンになっています。
面白いもの、新しいもの、ワクワクするものが好きな人にはかなりおすすめできるスマートフォンです。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!