GoProMAX発表会で最新機能を体験!性能やHERO8との違いを最速レビュー!【UZUMAX電気店#9】

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

グッズ

>

GoProMAX発表会で最新機能を体験!性能やHERO8との違いを最速レビュー!【UZUMAX電気店#9】

GoProMAX発表会で最新機能を体験!性能やHERO8との違いを最速レビュー!【UZUMAX電気店#9】

ぐりこ
2019-10-22
  • LINE友だち追加

コンパクトなデザインとパワフルな性能で、風景やアクティビティの撮影に大活躍のGoPro。

2019年10月25日、GoProの最新モデルとして「GoPro HERO8 Black」と「GoProMAX」の2モデルが発売しました。

今回のUZUMAX電気店#9では、UZU店長がGoProMAXの発表会に潜入しGoProMAXの機能や性能をいち早く体験!

GoProMAXとHERO8の違いも紹介しますので、「GoProMAXって何!?HERO8と何が違うの〜!?」なんて方は必見です!

Moovoo モノ・サービスを通して知的好奇心を満たす、新しい価値観を提供するコンテンツ作りを心がけています。
uzumax 元家電量販店員のYouTuber、uzumaxさんのチャンネルです。
連載【UZUMAX電気店】|Moovoo
▲元家電量販店員のYouTuber、UZUMAXさんを店長役に迎えた連載企画! 気になる製品、最新の製品について、UZU店長が紹介していきます。記事一覧は上のリンクから。

新発売の「GoProMAX」はGoProマニアたちが絶賛の360度カメラ!

先日のUZUMAX電気店で取り上げた「GoPro HERO8 Black」と同日発売の「GoProMAX」。

GoProMAXの外観画像

HERO8の魅力については既にご存知の方も多いと思いますが、GoProMAXには一体どんな魅力があるのでしょうか。

まずは、GoProMAXの目玉機能を一気にチェックしていきます!

▼GoProMAXの目玉機能

・シングルレンズによる安定した映像、デュアルレンズによる360度映像が撮影可能
・解像度は過去最高の5.6K
・映像安定化機能「Max HyperSmooth」
・タイムラプス撮影機能「Max TimeWarp」
・270度パノラマ写真撮影機能「PowerPano」搭載
・「Max Super View」「広角」「リニア」「挟角」の4種のデジタルレンズ
・6つのマイク搭載で360度オーディオを実現
・セルフィーが可能なディスプレイ配置
・GoProアプリでの動画編集が簡単に
・折りたたみ式マウントフィンガー搭載


GoPro初心者の方でも「GoProMAXって、もしかしてめちゃくちゃスゴイ!?」となんとなく感じ取れるような機能ラインナップですね。

具体的にどんなところがスゴイのか、GoProマニアたちから特に注目されている機能をメインに詳しく紹介していきます。

超強力な映像安定化機能「Max HyperSmooth」

GoProMAXには、HERO7から搭載された映像安定化機能「HyperSmooth」の上位互換である「Max HyperSmooth」が搭載されています。

この「Max HyperSmooth」、めちゃくちゃスゴイです。百聞は一見にしかず、ということでGoProMAX発表会のデモ映像を見てみます。

こちらは、左側がMax HyperSmooth OFFで撮影した映像で、右側がMax HyperSmooth ONで撮影した映像。

GoProMAX発表会のMaxHyperSmoothデモ映像GIF

Max HyperSmoothをONにすると、かなり映像が安定していることがわかります。

さらに、こちらの映像は左側がHERO8で撮影したもの、右がMAXで撮影したものです。

GoProMAX発表会のMaxHyperSmoothとHERO8の比較GIF

HERO8撮影の映像にGoProが写っていますよね。映像に写っているGoProこそが、最新モデルのGoProMAX!そして左側の映像は、このGoProMAXで撮影した映像。

左側の映像は、こんなに激しく左右に振られているGoProMAXが撮影した映像なのです。

信じられないくらい強力な手ブレ補正と水平補正機能ですよね!

360度カメラの性能を活かす「Max TimeWarp」

定点でコマ送りのような映像が撮影できるタイムラプス機能に対し、動きながら撮影した動画をつなぎ合わせて、まるでワープをしているかのような映像を実現する「TimeWarp」も、HERO7から搭載された機能。

GoProMAXに搭載の「Max TimeWarp」は、HERO7のTimeWarpの上位互換にあたります。

シングルカメラを使ったHEROモードではタイムラプス映像の途中でリアルタイム映像への切り替え、デュアルカメラを使った360度モードでは360度映像の撮影が可能!

GoProMAX発表会のMaxTimeWarpデモ映像

360度カメラならでは特性を活かした、臨場感あふれるタイムラプス映像が撮影できるのはGoProMAXならではの魅力と言えるでしょう。

アプリで簡単に動画編集

GoProアプリでハイクオリティな動画編集を行えることもGoProMAXの特徴!

従来モデルのGoProも、アプリでトリミングをしたりBGMをつけたり、簡単な動画編集はできました。でも、できることがそこまで多くないことから、本格的な動画編集を行う際には別のツールを使っていた方も多いはず。

GoProMAXで撮影した映像は、映像を途中からワイドにしてみたり、

GoProMAX発表会のGoProアプリでワイド切り替えするデモ映像

向きを切り替えてみたりといった動画編集がアプリからワンタップで行えます!

GoProMAX発表会のGoProアプリで向きの切り替えするデモ映像

これなら動画編集に慣れていない方でも、手軽にカッコイイ動画が作れそうですね!

GoProMAX発表会で最新機能を体験レビュー!

GoProMAX発表会に参加したUZU店長が、GoProMAXのスゴさ体感するべく、車のドリフト体験をGoProMAXで撮影してみました!

GoProMAX発表会でのドリフト体験GIF

普通のカメラで撮ったらブレブレな映像しか撮れなそうな激しさ……。

「HyperSmooth2.0」を搭載し、かなり強力な手ブレ補正&水平補正機能を持っているGoPro HERO8 Blackでも、ブレが出ているほど。

GoProHERO8Blackで撮影したGoProMAX発表会でのドリフト体験GIF

あまりに激しいドリフトにうっかり頭をぶつけてしまうUZU店長。

GoProHERO8Blackで撮影したドリフト体験中のUZU店長GIF

このUZU店長のうっかりシーンをGoProMAXで撮影した映像がこちら!

GoProMAXで撮影したドリフト体験中のUZU店長GIF

多少画面の揺れはあるものの、HERO8のときよりもブレは少なく、なめらかであることがわかりますよね!

シーンによってはドリフト中でもほとんど揺れを感じないレベルにまで補正されていました。

GoProMAXで撮影したGoProMAX発表会でのドリフト体験GIF

360度カメラなので、運転手さんのハンドルさばきもしっかり撮影できています!

GoProMAXで撮影したドリフト体験中の運転手GIF

HERO8もかなり優秀な性能のモデルなのですが、GoProMAXはHERO8を超える高性能っぷりとなっています!

PICK UP
  • GoPro(ゴープロ)
  • GoPro MAX

  • 税込67,100円
  • 撮影・編集も優秀な最強のブログツール!

  • ハイクオリティーな動画の撮影はもちろんのこと、アプリを使って簡単に動画編集が可能なGoProMAXはビデオブロガーも満足する最強のツール。

360度オーディオ、セルフィーも撮りやすいディスプレイ、優れた画像安定化機能に加えて、360度カメラならではの視覚的に映える映像が撮れるGoProMAXは、GoProシリーズのなかで最もビデオブロガーに適したモデルです。

GoProMAXを持つUZUMAX画像

GoProHERO8 Blackを先行利用していたUZU店長も、「動画に関してはGoProMAXメインで撮影していきたい」と言うほど!

GoProMAXは「HERO8」や「Fusion」と何が違うの?

GoProMAXの魅力はこれでもかというほど分かりましたが、同時発売のGoPro HERO8 Blackや、同じ360度カメラであるFusionとどんな違いがあるのか気になりますよね。

ここからは、HERO8、FusionとGoProMAXを比較していきます!

GoProMAX比較1:発売日が同じ最新モデルHERO8

GoProMAXとGoPro HERO8 Blackの大きな違いは、GoProMAXは360度カメラで、HERO8はアクションカメラであるということ。

機能面だけを見ると「HERO8とよりもMAXのほうがスゴイじゃん!どうせ買うならMAXだよね!」と思ってしまうのですが、使い方によってはHERO8のほうが適している場合も。

GoProMAXもそれなりの耐久性を持ち合わせていますが、むき出しの魚眼レンズのためハードなアクティビティの際には扱いに気をつける必要があります。

対して、HERO8はハードなアクティビティでも扱いを気にせずにガンガン使えます!

前回のUZUMAX電気店#8では洞窟探検にHERO8を持って行きましたが、HERO8は険しい岩場や狭い場所にも余裕で耐えたタフなモデルです。

また、GoProMAXは深水5mなのに対して、HERO8は深水10m。ダイビングなどが好きな方はHERO8のほうが撮影の幅が広がるはずです。

全体的な機能面ではGoProMAXのほうが優っていますが、HERO8も従来のモデルを超える優秀な機能を備えています。さらに、価格もGoProMAXに比べて割安。

ほかにも細かい違いはありますが、ハードなアクティビティを撮影したかったり、価格を抑えたい人はGoPro HERO8 Black。360度カメラを楽しみたかったり、どちらを買えばいいか迷ってしまう人はGoProMAXを選ぶことをおすすめします!

PICK UP
  • GoPro(ゴープロ)
  • GoPro HERO8 Black

  • 税込55,880円
  • ハードなアクティビティに耐えるタフなモデル

  • 「HyperSmooth 2.0」「TimeWarp 2.0」とHERO7よりもパワーアップした機能を備え、ハードなアクティビティに耐えられるタフさが魅力のモデル。

「GoPro HERO8 Blackについてもっと知りたい!」という方は、以下の洞窟探検記事をチェックしてみてくださいね!

GoProMAX比較2:同じ高解像度360度カメラFusion

GoProMAXと同じ360度カメラであるGoPro Fusionは、GoProシリーズのなかでもトップクラスの高解像度である5.2Kを誇ります。

ただし、Fusionに「HyperSmooth」「TimeWarp」の機能はなく、FusionはGoProMAXの先代モデルと考えてOK。

PICK UP
  • GoPro(ゴープロ)
  • GoPro Fusion

  • 税込36,960円
  • 5.2Kの高解像度で全方位撮影!

  • GoProシリーズトップクラスの高解像度かつ360度撮影で、思い出の場所やシーンをすべて映像におさめることができるGoPro Fusion。

Fusionも魅力的なモデルではありますが、やっぱり後継モデルのGoProMAXのほうが性能に優れています。

でも、FusionはGoProMAXよりもお値段が抑えめ。GoProMAXの販売に伴い、通算サイトなどではますます値下がりする可能性が高いため、低コストで360度カメラを楽しみたい方はFusionを購入するのもアリですよ!

GoProMAXにおすすめのアクセサリー

GoProはアクセサリーを使うことによって、より使いやすくなったり撮れる映像の幅が広がったりします。

最後に、GoProMAXの魅力を最大限に引き出してくれる、おすすめのアクセサリーをご紹介!

PICK UP
  • GoPro(ゴープロ)
  • Fusion Grip

  • 税込6,969円
  • 360度カメラ専用3wayグリップ

  • 360度カメラ用に開発されたグリップであるFusion Gripは、360度すべてを自由自在に撮影可能。グリップ・三脚・ポールの3通りの使い方ができます。

Fusion Gripは、カメラグリップ・三脚・延長ポールの三役を果たす万能なグリップです。

Fusion用に開発されたグリップですが、Fusionと同じく360度カメラであるGoProMAXにも互換性があります。

最適な距離と角度で撮影を可能とする設計で、360度カメラの魅力を最大限に引き出してくれる点が魅力。

PICK UP
  • GoPro(ゴープロ)
  • MAX Grip + 三脚

  • 税抜7,400円
  • GoProMAX専用に開発された多目的マウント

  • グリップが写り込まないように設計されたGoProMAX専用マウント。GoProMAX以外のGoProシリーズとも互換性あり

360度撮影時にグリップが写り込まないように工夫されたMAX Gripは、Fusion Gripと同様に360度カメラの特色を活かせる3way仕様

Fusion Gripと大きく異なるのは、360度カメラ以外のGoProシリーズとも互換性があるところ。

複数台GoProを持っている方や、今後HEROシリーズを購入することを検討している方に特におすすめです。

PICK UP
  • GoPro(ゴープロ)
  • MAX交換用保護レンズ

  • 税抜2,500円
  • GoProMAXのレンズを守る!

  • GoProMAXの内蔵レンズを水や汚れから守るだけでなく、破損も防いでくれる保護レンズ。取り外し可能なため、邪魔に感じることがないのも嬉しいポイント。

GoProMAXにはもともと取り外し保護レンズが付属していますが、こちらは付属品が壊れてしまったときのための交換用保護レンズ。

HEROシリーズよりもレンズの扱いに気を使うGoProMAXでは、保護レンズを重宝します。予備として交換用保護レンズ持っておくと、もしものときにも安心です。

GoProMAXは幅広い使い方が楽しめる高性能モデル!

2019年10月25日発売のGoProMAXは、シングルレンズとデュアルレンズの切り替えや、MAX TimeWarp機能などによってさまざまな映像が撮影できます。そのうえ、アプリでの動画編集も簡単で、幅広い使い方が楽しめる360度カメラです。

現状のGoProシリーズのなかでは最強の性能を誇るGoProMAXですが、予算や使い方によっては同日発売のGoPro HERO8 Blackやその他のモデルを購入したほうがいいことも。

以下の記事では、HERO8以前のGoProモデルや初心者におすすめのアクセサリーについて解説しています。GoProMAX、HERO8以外も検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

どのモデルを購入するか迷ったときには最新モデルのGoProMAXがおすすめですが、ほかのモデルも十分魅力的なアイテムです。自分に合ったモデルを見つけ出して、楽しいGoProライフを送りましょう!

※紹介した商品の価格はすべて2019年10月現在のものです。

Moovoo モノ・サービスを通して知的好奇心を満たす、新しい価値観を提供するコンテンツ作りを心がけています。
uzumax 元家電量販店員のYouTuber、uzumaxさんのチャンネルです。
連載【UZUMAX電気店】|Moovoo
▲元家電量販店員のYouTuber、UZUMAXさんを店長役に迎えた連載企画! 気になる製品、最新の製品について、UZU店長が紹介していきます。記事一覧は上のリンクから。
Recommended

おすすめの動画

最新の記事はこちら