予約必須!“FBI大山”でおしゃれグランピングを満喫【natsuとキャンプに行こう!#8】

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

グッズ

>

予約必須!“FBI大山”でおしゃれグランピングを満喫【natsuとキャンプに行こう!#8】

予約必須!“FBI大山”でおしゃれグランピングを満喫【natsuとキャンプに行こう!#8】

黒岩ヨシコ
2019-10-29
  • LINE友だち追加

大阪府出身女子ソロキャンパー、natsuさんのYoutubeチャンネル『natsucamp』とmoovooのコラボ企画!隔週火曜日にアウトドアのコンテンツを配信します。
今回の動画では、鳥取県にあるおしゃれすぎるとウワサのキャンプ場FBI大山(だいせん)の施設内をnatsuさんがレポートしています。

記事では、FBI大山の予約方法やアクセス、トランポリンやプールなどのアクティビティや周辺環境について詳しく紹介します!

第8回 予約必須!“FBI大山”でおしゃれグランピングを満喫◀︎今回
第9回 南光自然観察村を紹介予定!(2019年11月12日 配信予定)

natsucamp YouTubeにてソロキャンプの様子や簡単アウトドア飯レシピ紹介、 食べ飲みグルメ動画など公開中。主な使用テントはサーカスTC。無類の酒好きで、自身で日本酒の会を立ち上げ会長を務める。夢は無人島でサバイバルキャンプ。

『FBI大山』でグランピング

鳥取県の伯耆(ほうき)町にある『FBI大山』は、おしゃれなグランピングを楽しめるとブログや口コミで今話題のキャンプ場です。

清潔な設備に、カフェやツリーデッキ、ハンモックやトランポリンまで、どこを見てもフォトジェニック遊び心溢れるFBI大山。フリーサイトの他、常設のスタイルテントとキャビン、デイキャンプ用のバーベキューデッキなども完備しています。

約28,000坪ある広大な敷地は全てフリーのオートサイト。林間や原っぱなど様々なロケーションから選ぶことが可能です。お天気が良ければ雄大な大山の景観を望むこともできますよ。

ちなみにグランピングとは、グラマラス+キャンピングの造語で、キャンプ道具を持っていない初心者でもおしゃれで快適なアウトドアができる今人気のキャンプスタイルのこと。FBI大山は、SNS映えするテントやキャビンを利用して、手ぶらで大自然を味わうことができる高規格なキャンプ場なんです!

『FBI大山』へのアクセス

名峰・大山の麓、大山ペンション村を通り抜けた先にあるFBI大山はまさに大人の秘密基地といったキャンプ場。各交通機関からのアクセスを簡単にご紹介しますが、実際に訪れる際は地図を参考にして下さいね。

<車の場合>
米子自動車道を「溝口IC」で降りる→大山方面へ→「ペンション村」の看板を左折→右手に藍野公民館がある交差点を右折→農道を500mほど進む(溝口ICから約15分)

<電車の場合>
JR伯備線「伯耆溝口駅」から車で約10分

<高速バスの場合>
大阪・神戸・京都・から高速バス→「大山パーキング」下車→タクシーで約15分(タクシーは予約制、FBI大山へ有料で送迎依頼も可能)

『FBI大山』のおしゃれすぎる施設をレポート!

FBI大山の入り口

ここからは、FBI大山の設備についてレポートしていきます!

実際に利用したnatsuさんも「めちゃめちゃおすすめです」と絶賛なので、利用を検討されている方はぜひチェックしてみて下さいね。

『FBI大山』の管理棟・売店

FBI大山の管理棟

FBI大山の管理棟はオールドアメリカンなロッジ風でとってもおしゃれ。チェックイン・チェックアウトはこちらで行います。

FBI大山の売店の様子

売店では薪や木炭、消耗品の販売もあり。ランプや調理器具などキャンプ道具のレンタルもあるので、忘れ物をした時でも安心です。レトロなボードゲームなんかも貸してくれるそうですよ。

『FBI大山』のカフェレストラン

FBI大山のカフェレストラン

FBI大山の管理棟にはカフェレストランが併設されていて、キャンプ場利用者以外でも飲食が可能です。ドリンクやサンデーなど軽食以外にもオリジナルハンバーガーやチキンプレートなどがっつり食事を楽しめるメニューも。バーベキューも良いですが、大自然の中ウッドデッキやハンモックでゆっくりお茶をするのも良さそうですね。

FBI大山夜のバーの様子

営業時間は10:00~24:00。夜には大人な雰囲気のバーになるFBI大山のカフェはお酒のメニューも豊富です。natsuさんも夜に利用したそうで「ご飯もめちゃめちゃ美味しかったし、モヒートのミントがすっごい入ってて美味しかった」ということでした。

カップルや女子会などにもおすすめなので、ぜひ夜のカフェバーにも立ち寄ってみて下さいね。

『FBI大山』のキャンプサイト

FBI大山フリーサイト1

FBI大山の場内は全てフリーサイト。車も横付けできるので、遠いエリアまで重たい荷物を運ぶなんて手間がないのが良いところです。

FBI大山のフリーサイトの利用料金は大人1名1,500円で、持ち込みテントは1張1,000円~、駐車場代は別途で乗用車1台1,000円~と、決してお高くありません。チェックイン時間は14:00、チェックアウトは12:00です。

FBI大山フリーサイト2

約28,000坪とはどのくらいの広さなのかというと、なんと全部でテントを500張しても余裕があるぐらいだそう!「とにかくめっちゃ広いです」と、natsuさんもその広大さには感動していました。

「ちょっと傾斜が多いので、平坦に整備してくれているところから埋まっていくのかも」ということで、今回natsuさんが利用したのは平地に少し木が生えているサイト。見晴らしがよく、夜は夜景が素敵だったそう。

fbi大山では犬同伴キャンプも可能で、こちらの目の前にある白い囲いのエリアはドッグランになっています。

『FBI大山』の常設テント

FBI大山の常設テント

FBI大山には「スタイリングテント」と呼ばれる常設テントが10棟あります。本格的なティピーテントやダブルベッドが二つとソファが設置されている大型テントなど、どれも個性的でおしゃれ。

FBI大山のスタイリングテントの料金は1泊14,000円~28,000円(+利用料金大人1,500円、駐車場代など)。スタイリングテントのチェックイン時間は15:00、チェックアウトは11:00です。

『FBI大山』のキャビン

FBI大山のキャビン

FBI大山には5種類のキャビンが設置されています。一番小型の「SANKAKU」を除き、どれもキッチンやエアコン、冷蔵庫、トイレなどが完備されている仕様。森の中ということを忘れてしまいそうな快適でおしゃれなお部屋になっています。

FBI大山のキャビンのレンタル料は1泊28,000円~96,000円(+利用料金大人1,500円、駐車場代など)。こちらはお値段も大分本格的ですが、一度利用する価値ありですよ!

『FBI大山』の炊事場・トイレ

FBI大山の炊事場

FBI大山の炊事場は計5か所あって、建物のデザインが異なります。炭を捨てたり網を洗うスペースもあり、とってもきれい。「いちいち可愛い!」とnatsuさんもお気に入りのシンクはお湯も出ます。

FBI大山のトイレ外観

この可愛らしい小屋は何と、トイレです。トイレは場内に5箇所あり、水洗でしかもウォシュレット付き!女性には嬉しい心遣いですね。

FBI大山のトイレ内観

内装もとってもファンシーで女子受け抜群、こんなところまでおしゃれにするなんてオーナーさんの並々ならぬのこだわりを感じますね。「不思議の国のアリスのよう~」とnatsuさんも大喜びでした。

『FBI大山』のシャワールーム

FBI大山のシャワールーム外観

こちらの赤い小屋がシャワールーム。テーマパークにある建物みたいでキュートですね!シャワー室は24時間無料で利用可能です。

FBI大山のシャワールーム内観

FBI大山のシャワールームの脱衣所には鏡(姿見)とドライヤー、コンセント、チェアがあり、パウダールームになっています。何から何まで、キャンプ場とは思えない快適仕様ですね。

『FBI大山』の施設内アクティビティ

FBI大山のトランポリン

管理棟の周辺はパブリックエリアになっており、テントの設営は禁止です。日帰りバーベキュー用のデッキの他、たくさんの楽しいしかけがあり、なかでも地面に埋め込まれたトランポリンは大人気。

「めっちゃコワイめっちゃコワイ」と言いながらもトランポリンの上ではしゃぐnatsuさん、とっても楽しそうですね。トランポリン以外にも森の中に作られたブランコやハンモックなど、子どもも大人も一緒に遊べるような工夫がいっぱいなんです。

FBI大山のプール

FBI大山にはなんとプールもあります。木のぬくもりが感じられるおしゃれなプールサイドでは、不定期でヨガなどのイベントも行われているそう。

プールの利用時間は10:00~22:00 (最終受付20:00)で、キャンプ場利用者なら2時間1,000円で遊ぶことができます。キャンプ場にいながら、大自然に囲まれたプールを満喫できるなんて贅沢ですね!

『FBI大山』の基本情報と予約方法

■住所 〒689-4101 鳥取県西伯郡伯耆町小林706
■電話 0859-57-3428(10:00~20:00)
■営業期間 4月~11月末
■定休日 5月6月10月11月は毎週木曜日(7月8月9月は無休)
■キャンセル料 あり(フィールドは前日20時以降、スタイリングテントは14日前以降から料金が発生)


<予約方法>
デイキャンプ・キャンプサイト・スタイリングテント・キャビン問わず、FBI大山公式サイトの予約フォームか電話にて予約可能です。シーズンの予約受付スタートは3/1で、それ以降は予約したい月の前々月の1日から予約受付開始となります。(例:7/8の予約をしたい場合は5/1~予約受付可能)

特にハイシーズンや連休になると、人気のスタイリングテントやキャビンの予約はすぐに埋まってしまうので予約開始日を狙って予約するのが間違いないですよ!オンラインは当日の0:00~、電話は当日の10:00~受付開始です。

『FBI大山』の周辺施設

大山の麓にあるFBI大山の周辺には、見どころのある観光スポットがたくさんあります。買い出しができる&おすすめの周辺施設をご紹介します!

『豪円湯院(ごうえんゆいん)』

■住所 〒689-3318 鳥取県西伯郡大山町大山25
■電話 0859-48-6801
■営業時間 11:00~20:00 (最終受付 19:30) ※夏季延長営業あり
■定休日 月一回不定休


FBI大山から車で15~20分ほどのところにある温泉、豪円湯院。鳥取県一標高が高い場所にあり、秘湯と名高い名泉です。シャワーではなくゆっくりお風呂につかりたいという方にはおすすめ。

『植田正治写真美術館』

■住所 〒689-4107 鳥取県西伯郡伯耆町須村353−3
■電話 0859-39-8000
■営業時間 9:00~17:00 (最終入場 16:30)
■定休日 火曜日(祝日の場合は翌日) ※12/1~2/末日と展示替期間中は休館


アートに興味がある方なら、FBI大山から車で10分ほどの植田正治写真美術館へぜひ足を運んでみて下さい。植田正治は世界で最も注目された日本人写真家で、スタイリッシュな建物とフォトジェニックなスポットがSNSでも人気のスポットなんです。

『大山ガーデンプレイス』

■住所 〒689-4108 鳥取県西伯郡伯耆町丸山1800−26
■電話 0859-39-8111
■営業時間 売店9:00~17:00
■定休日 水曜日(祝日の際は翌日)


近隣農家から採れた生鮮食品が手に入る地元市場『マルシェきしもと』や、テニスコート、レストラン、バーベキューハウスなどを兼ね備えた施設。FBI大山からは車で6~7分と近く、買い出しには持ってこいの場所です。

また、大山ガーデンプレイスのすぐ近にある『渓流公園マウンテンストリームきしもと』では、川遊びを楽しむこともできますよ!

スーパーでがっつり買い物がしたい場合には、natsuさんが動画で紹介していた『フレスポ伯耆(ほうき)』がおすすめ。fbi大山から車で20分程度とこちらも便利な場所にあります。

『FBI大山』のSNS口コミ

最後に、実際にFBI大山を利用した一般の方のインスタ写真や口コミをまとめました。

ファミリーキャンプで利用した方のSNS。きれいなトイレやシャワー室など、小さなお子様連れでも安心な設備もFBI大山の売りの一つです。

こちらはカフェ利用の方の口コミです。自然の中で寛ぐことができるFBI大山では、キャンプやバーベキューをしないでカフェやバーだけを利用するお客さんも多いそう。

常設のスタイリングテントの内装は様々。ベッドやテーブル、ランプ、ソファなどのコーディネートはどれもおしゃれで個性的です。

こちらはピンクのキャビンに泊まった方の口コミ。フレンチカントリーな内装は海外の子供部屋の用で、女子ならテンション上がること間違いなしですね。

まとめ

鳥取県のグランピングスポットFBI大山の魅力や施設情報をご紹介しました!natsuさんも絶賛のFBI大山、写真映えスポット盛りだくさんで女子キャンプやグループキャンプも盛り上がること間違いなしなので、ぜひ訪れてみて下さいね。

最新の記事はこちら