マイアミ浜オートキャンプ場の魅力を徹底解説!【natsuとキャンプに行こう!#6】

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

アウトドア

>

マイアミ浜オートキャンプ場の魅力を徹底解説!【natsuとキャンプに行こう!#6】

マイアミ浜オートキャンプ場の魅力を徹底解説!【natsuとキャンプに行こう!#6】

黒岩ヨシコ
2019-10-01
  • LINE友だち追加

大阪府出身女子ソロキャンパー、natsuさんのYoutubeチャンネル『natsucamp』とmoovooのコラボ企画!隔週火曜日にアウトドアのコンテンツを配信します。
今回の動画では、琵琶湖にあるマイアミ浜オートキャンプ場でキャンプをしたnatsuさんがその魅力について紹介しています。

記事では、マイアミ浜オートキャンプ場のアクセスや予約方法、サイトごとの特徴などについても徹底解説します!

第6回 マイアミ浜オートキャンプ場の魅力を徹底解説!◀︎今回
第7回 アウトドアショップNOASOBIY店内レポート(2019年10月15日 配信予定)

natsucamp YouTubeにてソロキャンプの様子や簡単アウトドア飯レシピ紹介、 食べ飲みグルメ動画など公開中。主な使用テントはサーカスTC。無類の酒好きで、自身で日本酒の会を立ち上げ会長を務める。夢は無人島でサバイバルキャンプ。

予約必須!マイアミ浜オートキャンプ場とは

マイアミ浜オートキャンプ場とは、滋賀県野洲市の琵琶湖沿いに位置していて、絶好のロケーション高規格設備が大人気のキャンプ施設です。

テントサイトの他、キャンピングカー専用サイトやエアコン完備のキャビンなどがあり、ニーズに合った過ごし方ができる点も高評価。

お天気が良ければすぐそこの琵琶湖で釣りや水遊びをしたり、満点の星空を眺めることもできます。アウトドアフェスやクラフトマーケットなどイベントも頻繁に開催され、子ども大人も存分に楽しむことができる、琵琶湖を代表するキャンプ場なんです。

マイアミ浜オートキャンプ場のサイトマップと基本情報

マイアミ浜オートキャンプ場サイトマップ

●住所 〒524-0201 滋賀県野洲市吉川3326−1
●電話番号 077-589-5725
●営業期間 通年
●営業時間 管理棟9:00~17:00(シーズンにより異なる)
●利用時間 チェックイン14:00~15:00/チェックアウト9:00~12:00/消灯22:00
●ペット 可(リード必須)
●直火 不可(焚き火は焚き火台を利用すれば可)


音楽を流したり、サイト内で花火をするなどの迷惑行為は禁止です。(手持ち花火は指定場所のみ可)喫煙は指定場所のみ可能。利用料金、予約方法については後述しています!

マイアミ浜オートキャンプ場へのアクセスは車やバイクがおすすめ

マイアミ浜オートキャンプ場へのアクセスは車やバイクが便利、地図を見ていくなら県道559号=さざなみ街道を目指せばOKです。ご参考までに、各ICからのざっくりとしたルートを掲載します。

<名神高速道路より>
「竜王IC」で降りて国道477号線→さざなみ街道(約35分)
「栗東IC」で降りて一般道→さざなみ街道(約35分)
「彦根IC」で降りて県道25号→さざなみ街道(約50分)

<京都方面より>
国道161号→国道477号→琵琶湖大橋→さざなみ街道

<電車・バスの場合>
「JR野洲駅」→近江鉄道バス「あやめ浜」下車→徒歩(約20分)

マイアミ浜オートキャンプ場のサイト料金

<マイアミ浜オートキャンプ場>1泊利用料金表
オフシーズン バリューシーズン オンシーズン ハイシーズン トップシーズン
テントaサイト 3,500円 5,100円 7,100円 8,200円 8,200円
テントbサイト・cサイト 3,000円 3,500円 5,100円 5,800円 7,100円
BIGマイアミキャビン 14,500円 18,000円 27,000円 33,800円 39,500円
ヴィラマイアミキャビン 8,500円 9,500円 14,300円 17,400円 21,600円
マイアミキャビン 7,500円 8,500円 12,300円 15,400円 20,500円
カリフォルニアキャビン 5,500円 6,500円 9,200円 12,300円 14,300円
キャンピングカー専用サイト 3,500円 5,100円 7,100円 8,200円 10,200円
バイクツーリング(1名) 2,000円 2,000円 2,000円 2,000円 2,000円

マイアミ浜オートキャンプ場の料金はサイト、キャビンごとに細かく決まっています。

サイトごとの特徴については後述していますが、シーズン料金は季節だけでなく土日祝などによっても変わるので少しややこしいです。(例:9月の三連休の場合、土日はトップシーズン料金、月(祝)はオンシーズン料金など)

狙っている日程の料金については公式サイトでチェックしてみて下さいね。

マイアミ浜オートキャンプ場の予約方法

マイアミ浜オートキャンプ場の予約は基本的に公式サイトのメールフォームより申し込みをします。急ぎの場合や、3日待っても返信メールが届かない場合は電話で連絡するようにということ。

キャンセルの場合は管理棟の営業時間内に電話連絡が必要です。キャンセル料はテントサイトの場合3日前から、キャビンは7日前から全額発生します。

が、公式サイトの注意書きによると、なんとキャンセル料金の80%分を次回のキャンプ場利用クーポンとして返金してくれるそうですよ。なんて親切!

マイアミ浜オートキャンプ場施設レポート!

ここからは、実際にマイアミ浜オートキャンプ場を利用したnatsuさんと一緒に施設の中を見て行ってみましょう。

マイアミ浜オートキャンプ場【サイト】

サイト案内所とnatsuさん

マイアミ浜オートキャンプ場のテントサイトは全部で4箇所。aサイト、bサイト、cサイト、あとはキャンピングカー専用サイトです。

aサイトを歩くnatsuさん

【aサイト】

マイアミ浜オートキャンプ場のなかでも口コミ一番人気というaサイトは、すぐ目の前に琵琶湖があり眺めは最高。林間のため木陰になっていて「過ごしやすいですね。夏はaサイトがおすすめかな」とnatsuさん。

aサイトの様子

aサイトの一番の特徴は、各サイト全てに無料温水シャワー室、A/C電源20A、流し台(水場)がついているということ!他に、aサイト周辺だけでも3つのトイレや共同炊事場があり、管理棟からも近い場所に位置しています。

bサイトの様子1

【bサイト】

aサイトよりリーズナブルなbサイト。場所によっては琵琶湖のロケーションを楽しむことができますが、木陰になるような木が無くほぼふきっ晒しになるのが難点です。

bサイトの様子2

natsuさんも「なんの遮りも無いので夏はけっこう厳しいかも」と言っていた通り、とにかく風と日差しが強いので日よけのタープや風よけ対策を用意した方が良いでしょう。bサイトには全てA/C電源20A、水道が設置されていますが、シャワーと炊事場は共用です。

cサイトの様子1

【cサイト】

マイアミ浜オートキャンプ場のなかでは奥の方に位置しているので、比較的静かなサイト。「サイトによってはいい感じですね」というnatsuさんのコメント通り、cサイトの場合は場所によっては環境がまちまちなのでどのサイトになるかで快適さが変わりそう。

cサイトの様子2

bサイト同様にすべてのサイトにA/C電源20A、水道付き。炊事場はcサイト用の共同炊事棟を利用します。シャワーはbサイトと共有のコインシャワーか、管理棟のシャワー室まで歩いていく必要があります。

マイアミ浜オートキャンプ場【キャビン】

マイアミ浜オートキャンプ場には、キャンプサイトの他に4種類のキャビン(ケビン)があります。手軽にアウトドア気分を味わいたい方にはこちらがおすすめ!

最も広く10~12名用のBIGマイアミはエアコン、冷蔵庫、電子レンジと炊事用具や寝具などキャンプ用品が全て完備されているハイスペックキャビン。BIGマイアミと同設備で5名用の広さのマイアミ、さらに+タープが付属したヴィラ、炊事用具や寝具なしのカリフォルニアと、用途に選ぶことができますよ。

ちなみにキャビンの場合、犬などのペットと泊まることはできません。

マイアミ浜オートキャンプ場【トイレ・シャワー室】

マイアミ浜オートキャンプ場のトイレ

「信じられへん高規格ですよね」と、natsuさんもびっくりのaサイトの個別シャワー室。脱衣所も広く、女性や子どもでも安心なきれいさです。

トイレはマイアミ浜オートキャンプ場全体に複数箇所あり、水洗式以外にも循環式、汲み取り式があるようなので、気になる方はサイト近くの水洗トイレをチェックしておくのが良いでしょう。

マイアミ浜オートキャンプ場【炊事場・ゴミ置き場】

マイアミ浜オートキャンプ場の炊事場

共同の炊事棟はとてもきれいに管理されています。数も多いので混みあっていても問題無さそう。

マイアミ浜オートキャンプ場のごみ置き場

マイアミ浜オートキャンプ場はゴミ捨て場も充実していて、ビンカンペットボトルは当然、段ボールや網などの金属類、ガス缶なども捨てることができるるのが嬉しいポイントです。分別は細かいですが、マナーを守って捨てさせてもらうようにしましょう。

マイアミ浜オートキャンプ場【管理棟・売店】

マイアミ浜オートキャンプ場の売店

マイアミ浜オートキャンプ場入り口にある管理棟には充実した売店があり、ドリンクや消耗品以外にもコールマンのキャンプアイテムが取り揃えられています。

バーベキューコンロなどのレンタルも可能ですが、数に限りがあるためサイト予約時にレンタル品の予約もしておいた方が確実でしょう。

マイアミ浜オートキャンプ場でできる遊びは?

マイアミ浜オートキャンプ場から見える琵琶湖

琵琶湖が目の前という絶好のロケーションを誇るマイアミ浜オートキャンプ場は、スポーツや遊びに持ってこい。湖を使った水上アクティビティはもちろん、広大な敷地内には色々な設備が整っています。

マイアミ浜オートキャンプ場には釣り目当てのキャンパーも多く、こんな大物が釣れることも!もちろん、浅瀬でお子様と水遊びをしたり、水着を着て泳ぐことだって可能です。

※琵琶湖は水泳禁止ではありませんが、水泳場ではないので監視員などの配慮は一切ありません。泳ぐ際は自己責任の元、事故に充分注意しましょう。

マイアミ浜オートキャンプ場の敷地内には、遊具や動物がいる小さな牧場などがありお子様も楽しむことができます。四季折々の植物を楽しめる自然公園、バードウォッチングができる野鳥公園などもあるので、ゆっくりと散歩するだけでもリフレッシュできそうですね。

また、隣接したビワコマイアミランドにはテニスコートやグランドゴルフ場も備えてあるので、スポーツをしたい方は足を運んでみてはいかがでしょう。

琵琶湖を利用したカヌー体験や、SUP(スタンドアップパドルボード)体験も不定期で開催されています。波に揺られながらとっても気持ちが良さそうですね。初心者でも参加可能なので、この機会にクルージングデビューするのも良さそう。

マイアミ浜オートキャンプ場の周辺施設は?

マイアミ浜オートキャンプ場から車で15分ほどの場所にあるのが、天然温泉のスーパ-銭湯「みずほの湯」。源泉や日替わり風呂、サウナなど、思いっきり遊んで疲れた体を癒すことができますよ。

●住所 滋賀県守山市水保町1172-1
●電話番号 0800-500-1126
●営業時間 10:00~24:00(入館23:00まで)
●定休日 年中無休(臨時休業あり)
●駐車場 140台収容・大型車駐車可

マイアミ浜オートキャンプ場の近くにはコンビニがあり、車で10分ほど走ると商業施設であるイオンタウン野洲もあります。かなり大きなショッピングモールなので、食材以外の買い忘れにも安心です。

マイアミ浜オートキャンプ場のデメリットは?

きれい、高規格、絶景が揃ったハイスペックなマイアミ浜オートキャンプ場ですが、あえてデメリットをあげるなら

・混雑している
・敷地がものすごく広い
・ハイシーズンは料金が高い


といったところでしょうか。人気のキャンプ場だけに、夏のキャンプシーズンや連休は予約もとりずらいし、イベントなども開催されかなり賑やかです。

マイアミ浜オートキャンプ場でリーズナブルに静かなキャンプを楽しみたい場合は、オフシーズンの平日などを狙うのが良いでしょう!

まとめ

マイアミ浜オートキャンプ場の設備やサイトの特徴、料金や予約方法などについて紹介しました。

正直、琵琶湖周辺施設のなかでも超有名なキャンプ場だけに、シーズン中は混雑必至です。でも、充実した設備とロケーションは他のキャンプ場にはない魅力。キャンプ初心者やファミリーにはぴったりなので、ぜひこの記事を参考にマイアミ浜オートキャンプ場を満喫してみて下さいね。

Recommended

おすすめの動画

最新の記事はこちら