タブレットでOfficeのエクセルは使えるのか?使い方やおすすめなど

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

PC・スマホ

>

タブレットでOfficeのエクセルは使えるのか?使い方やおすすめなど

タブレットでOfficeのエクセルは使えるのか?使い方やおすすめなど

Tanaka
2019-09-01

まずはタブレットでMicrosoft Officeの表計算アプリエクセルは使用できるのかどうかということから、実際の操作方法をご紹介していきます。その上で、エクセルを使う人におすすめの機種もお伝えしますので、参考にしてください。

タブレットでOfficeのエクセルは使えるの?

タブレットでエクセルを使えるのか使えないのかと言えば、使えます!パソコンで使用するMicrosoftのOffice製品はほぼアプリとしてインストールすることができます(古い機種の中には使用できないものもあるようです)。

ただし、アプリの無料版の場合は、パソコンソフトで使用しているようなマクロ等の機能すべてを使えるわけではなく、操作画面に表示されるメニュー等もまったく同じではありません。

Office365などの製品をすでに購入済みの場合は、タブレットにも有料版をインストールして使用することができるため、パソコン同様の使い方が可能です。

タブレットにエクセルが付属している場合

タブレットにあらかじめエクセルなどのOfficeソフトがプリインストールされている場合は、パソコン同様に全機能を使用することができます。

パソコンですでにエクセルを利用している方は、同じMicrosoftアカウントにログインして使用することで、One driveに保存されている内容などを閲覧・編集もできて便利です。

タブレットにエクセルが付属していない場合

特にWindows以外のタブレットでは、Officeソフトがインストールされていないことが多いです。その場合、AndroidであればGoogle Playストアから、iPadならApp StoreからMicrosoft Excel をインストールすることができます。

タブレットでのエクセル操作法

実際にタブレットでエクセルを操作する場合、キーボードがついていないと難しいと思うかもしれませんが、入力方法をキーボードに変更すると、パソコン同様の入力方法となるため、パソコンで慣れている人にも使いやすいです。

ただ、タブレットの画面半分程度がタッチキーボードに占領されてしまうため、外付けのキーボードやマウスを利用するのも方法です。

もし、外付けキーボードなどを使用せずにタッチパネル上で操作するという場合は、エクセルを開いてからタッチモードを選択することで、使いやすくなります。画面最上部の操作を進める矢印の横に、選択するためのボタンがあり、タッチするとマウスモードかタッチモードを選ぶことができます。

タッチモードを選択した場合、マウスやキーボードとは違う操作が必要なケースが出てきます。そちらを紹介していきます。

右クリック

タッチモードで右クリックにかわる操作をしたい場合、該当セルを長押しすることで右クリックと同じ操作になり、サブメニューが表示されます。

改行

セル内の改行は、WindowsでもMacでも可能ですが、タブレットのタッチモードでどのようにしたらよいかわからない方も多いようです。

iPadの場合、数字キーボードを選択し、Enterキーを長押しすると、右端に下↓キーが出現するので、これを使ってセル内の改行ができます。

Androidの場合、改行したい場所をタップするとポップアップメニューが表示され、その中から改行を選択することが可能です。

セル内の斜線

セル内に斜線を引きたい場合、形式タブ内でセルのボーダーをタッチすることで、斜線を引くことができます。

エクセルにおすすめのタブレット

先ほどお知らせしたように、Office搭載機種でなくとも、無料アプリでエクセルを使用することはできるのですが、おすすめとなると確実なのはやはりOffice搭載機種です。

ですが、Windows10のタブレットは価格的にも高価になりがちで、筆者の場合はそれならばノートパソコンを購入した方が良いのでは?と思ってしまうため、タブレットとしてのコスパを考え、以下の2台をおすすめします。

おすすめ①
  • マイクロソフト
  • Surface Go (128GB/8GB) MCZ-00014

  • 税込み78,300円
  • Office搭載で重量522g、10インチ。持ち運びも楽々

  • Windows10搭載ながら、タブレットとしての携帯性を持ち合わせることで、ビジネスにも使える多才な商品。プライベートでももちろんフル活用できる。

Office製品をリリースしているマイクロソフト社のタブレットだけに、安心感が高いです。Windows10が搭載されていることから、ノートパソコンとしても使用できるほどのスペックで、この1台があれば何でもこなせる優れものです。

商品重量 1.18 Kg
電池: 1 リチウムイオン 電池
商品の寸法  24.5 x 0.8 cm
CPUブランド インテル
CPU速度 1.60 GHz
プロセッサ数 2
RAM容量 8 GB
HDD容量 128 GB
OS Windows 10 Home

おすすめ②
  • ALLDOCUBE
  • iWork10 Pro 2-in-1タブレットPC

  • 税込み25,900円
  • Windows10とAndroidのデュアルOSとキーボード

  • Officeが搭載されているため、エクセル等の使用も簡単。Windows10とAndroid5.1を自由に切り替え可能で、あらゆる用途に活躍。

Windows10のタブレットを手軽に試すことのできる価格帯で、しかもAndroidにも切替可能な点が素晴らしいです。メーカーはあまり知られていないものの、Officeをタブレットでも使いたいという方には大変おすすめの一品です。

商品重量 585 g
電池: 1 リチウムポリマー 電池(付属)
商品の寸法 16.8 x 0.9 cm
CPUブランド Intel
CPUタイプ Atom Z8350
CPU速度 1.92 GHz
プロセッサ数 4
RAM容量 4 GB
HDD容量 64 GB
OS Windows, Android

まとめ

仕事でタブレットを活用したいという方の中には、Office製品であるワードやエクセルを使いたいという理由で購入を踏みとどまっているケースもあるかもしれません。ですが、タブレットでも十分エクセルを使いこなすことは可能ですし、慣れてしまえばそれほど大変ではありません。
ぜひタブレットでエクセルを使用し、その便利さを感じてみてください!



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!