もしものときはiPadを強制初期化!やり方と行うタイミング、注意点を解説

記助
2020-10-25

iPadの操作の中には「強制初期化」という方法があり、もしもの場合は強制初期化をしなければならないことがあります。

そのため、強制初期化について知っておけば万が一の事態が発生した場合でも、冷静に的確な対処ができるでしょう。

ここからは、iPadの強制初期化の意味ややり方、注意点を紹介していきます。(この記事では2021年9月発売の最新iPad、iPad miniの情報も掲載しています)


iPadの強制初期化とは?

iPadの強制初期化とは、名前の通り強制的に初期化をすることであり、万が一の事態が発生した際に有効な手段です。

まずは強制初期化がどのようなものか押さえておきましょう。

そもそも初期化って?

初期化とはiPadをリセットし、iPadが工場から出荷されたときの状態に戻すことです。新品と同じ状態になるため、iPadを売却したいときや深刻な不具合が発生したときに有効です。

一般的に初期化するときは、iPadの設定画面から操作を行い手動で初期化を行います。

強制初期化を試す状況とは?

強制初期化はもしもの事態が発生した場合の対処法なので、普段から利用することはありません。そのため、間違って初期化してしまわないように、実行する方法は少し複雑になっています。

重要なことは、その「もしもの場合」が発生したときに、適切な対処を行えるようにしておくことです。

iPadを強制初期化する方法を見ていきましょう。

深刻な不具合が発生した場合

iPadに不具合が発生し、再起動・強制再起動を試しても改善されない場合は、初期化をしてリセットするのがおすすめです。

しかし「画面が真っ暗になる」といった深刻な不具合が発生していると、iPadを操作して初期化を行えません。このような場合は、パソコンなどを利用すれば強制初期化できます。

もちろん、修理が必要なほどの不具合がiPadに生じているときには使えませんが、一度強制初期化を試してみると良いでしょう。

紛失した場合

iPadの強制初期化は、手元にiPadがなくても適切な手順を踏めば遠隔操作で可能です。

例えば、iPadを紛失した場合や盗難に遭った場合が該当します。iPadにSNSを入れている場合や連絡先を登録している場合は大変危険です。

他にも仕事で利用するデータをiPadに保存している場合、iPadを紛失すると重大な情報漏えいが発生してしまいかねません

このようなときにiPadの強制初期化を遠隔で操作すれば、重要なデータは消えてしまいますが、漏えいして悪用されることは防げます。

パスコードを忘れた場合

iPadのセキュリティのためにパスコードを設定している人は多いですが、万が一忘れてしまい10回以上間違えるとiPadが使えなくなります。

つまり、パスコードを忘れてしまった場合は、適切な方法で初期化を行ってリセットしなければ再度使えるようにはならないので注意してください。

処分したいけど操作ができない場合

iPadが故障したり、調子が悪かったりすればiPadの買い替えを考える方も多いでしょう。そこで古いiPadを処分するときは、初期化しなければなりません。

iPadにデータが残っている状態で処分してしまうと、方法によっては個人情報を取得され悪用される可能性があります。

もし故障して操作ができず、通常の初期化が行えない場合は強制初期化を行うしかありません。

強制初期化の方法

iPadはそのときの状況によって適切な方法で初期化をしなければなりません。また、強制初期化の方法を覚えておけば、もしものときにも迅速に対応できるようになります。

強制初期化の方法には大きく分けて4つあるため、どのようにして初期化を行えば良いか見ていきましょう。

「データを消去する」設定にする

iPadの設定で「パスコードを10回以上間違えるとデータを削除する」という「データを消去」という内容があります。

これは自分以外の誰かがiPadを不正に操作することを防ぐための機能であり、この設定をオンにした状態で10回以上パスコードを間違えると強制的に初期化を行えます。

しかし、強制初期化が必要なタイミングでは、不具合が発生しており画面を操作できないこともあるため、あまり有効な方法ではありません

リカバリーモードを使う

最も基本的なiPadの強制初期化の方法は、パソコンとiTunesを利用する「リカバリーモード」です。

リカバリーモードを実行するためには、iPad・USBケーブル・パソコンが必要です。また、パソコンにはiTunesをダウンロードしておいてください。

まずはiPadとパソコンをUSBケーブルで接続し、iPadのホームボタンと上部ボタン(スリープボタン)を10秒以上長押しします。

そうするとiPadの画面にiTunesのロゴが表示されるため、パソコンのiTunes画面で操作をしてください。

概要の項目からiPadの復元を行うとデバイスのデータが消え、最新のOSがインストールされるようになります。

このインストールが完了すると、工場出荷時の状態に戻り再起動されます。

iTunesの画像

iCloudを使う(別のiOS端末を使う)

iPadは他のiOS端末があればパソコンなしでも強制初期化を行えます。(パソコンがある場合もできます。)

iOSではiCloudというサービスを提供しており、端末のApple IDがあれば「iPadを探す」という機能を使って遠隔操作で強制初期化が可能です。

この機能を使って強制初期化をするためには、事前にiPadの「iPadを探す」機能をオンにしておかなければなりません。

iCloudで「iPadを探す」機能を使い、該当するiPadを選択し「iPadを消去」を選択すると、強制的に初期化できます。

Appleストアにお願いする

パソコンや他のiOS端末を持っていない人であれば、Appleストアに初期化を依頼すれば、確実に初期化の操作を行ってくれます

もし初期化の方法に不安がある方や、初期化する道具がない人はAppleストアを使ってみてください。

強制初期化する前の注意点

強制初期化は正しい手順に沿って行えば簡単に実施できますが、注意点もあるためよく押さえておきましょう。

アクティベーションロックが有効になっている

「iPadを探す」という機能がオンになっていると、強制初期化をして再起動する際に、元の端末のApple IDとパスワードを求められる「アクティベーションロック」がオンになります。

この状態であれば、Apple IDとパスワードを入力しない限りiPadは利用できません。

リカバリーモードで強制初期化をした場合でも、iPadの「iPadを探す」が有効になっているとApple IDとパスワードが求められるため注意してください

バックアップを取る必要がある

強制初期化はiPad内の全てのデータが工場出荷時と同じ状態になるため、全てのデータが消えてしまいます

そのため、iCloudなどを利用して必ずバックアップを取るようにしてください。iCloudにバックアップデータがあれば簡単に復元できます。

iPadの復旧が困難なときは

iPadの復旧が困難な場合、買い替えを検討する人もいるでしょう。最新のiPadをご紹介します。

おすすめ①
  • Apple
  • iPad (最新第9世代,10.2インチ, Wi-Fi, 64GB)

  • 税込み39,800円
  • 買い替え後も使い慣れたiPadを選びたい方や、コスパを重視する方であれば最新のiPad(無印)がおすすめです。

第9世代のiPadはA13 Bionicチップを搭載し、旧モデルからパフォーマンスが向上。64GBのWi-FiモデルならApple製品としてはリーズナブルに手に入ります。また、2万円程度を追加すれば256GBモデルに手が届きます。

Apple Pencil第1世代にしっかり対応するなど、日常生活や趣味で性能不足を感じる場面は少ないでしょう。

おすすめ②
  • Apple
  • iPad mini (最新第6世代,8.3インチ,Wi-Fi 64GB)

  • 税込み59,800円
  • 8.3インチのミニサイズで、メモ帳や文庫感覚で持ち歩きサッと取り出して使えます。

A15 Bionicチップを搭載し、レーシングゲームやPhotoshopで写真の編集も可能です。64GBと256GBモデルがあり、用途に適したものを選べます。クラウドを活用すれば出先でのちょっとした修正もできるのでサブ機としての使用もおすすめです。

おすすめ③
  • Apple
  • iPad Pro (11インチ, Wi-Fi, 128GB)

  • 税込み94,800円
  • 2021年5月27日発売、Apple M1チップを搭載した最上級モデル。クリエイティブな仕事に対応できる高性能なiPadです。

11インチのLiquid Retinaディスプレイは美しく、超広角カメラも備えるなど、あらゆる面で高機能さを追求。進化した第2世代のApple Pencilに対応します。

容量は128GBから2TBまで、各モデルでもっとも幅広く用意されています。どれだけの容量を求めるかは価格とのバランスもあるので、仕事や趣味でどこまで必要なのか吟味して決めましょう。

まとめ

iPadの強制初期化はほとんど使いませんが、何か問題が発生した際に必要な操作です。特に不具合が発生したときではなく、iPadに保存されている個人情報を守るためにも必要です。

しかし、iPadの強制初期化を行うと全てのデータが消えてしまうため、初期化後も継続して利用する場合は、事前にバックアップをしっかり取るようにしてください。

iPadの調子が悪くなってきたら小まめにバックアップを取っておくと安心です。

バックアップの期間が短ければ、初期化をした場合に失われるデータを最小限にできます。

筋トレ大好きマルチライター
記助
大学時代、陸上競技部の副キャプテンを務め、スポーツクラブで働いた経験もあるのでフィットネス関連の話題が得意です。執筆歴は約6年でフィットネス以外にも、さまざまなジャンルにて執筆しています。今までの経験を活かして、価値ある情報を提供できたらと思います。自己ベストは5000m14分58秒、ベンチプレスは100kg。ライティング事業を手がける5リッチ合同会社の専業ライター。

HOME

>

PC・スマホ

>

もしものときはiPadを強制初期化!やり方と行うタイミング、注意点を解説


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!