【2019年版】外付けHDDおすすめ7選。パソコン・PS4・テレビに最適

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

PC・スマホ

>

【2019年版】外付けHDDおすすめ7選。パソコン・PS4・テレビに最適

【2019年版】外付けHDDおすすめ7選。パソコン・PS4・テレビに最適

Daisuke Inoue
2019-06-28

誰でも一度は経験したことがあるハードディスクの容量不足。こまめに不要ファイルを削除しても、すぐに容量がいっぱいになります。容量が足りなくなるのはパソコンだけでなくPS4も一緒です。気が付いたら空き容量が足りなくなっていることも珍しくないでしょう。そこでおすすめなのが外付けハードディスク。今回は用途別におすすめの製品を選んだので、ぜひ参考にしてお気に入りの製品を選んでください。

外付けハードディスクの選び方

サイズで選ぶ

外付けハードディスクはサイズの違いで、ポータブルタイプと据え置きタイプに分けられます。ポータブルタイプのメリットは、小型で持ち運びに便利なだけでなく、電源に接続する必要がない点です。多くのモデルがUSBケーブルに接続するだけで給電できるので、電源を確保できない場所でも使用できます。

大量のデータを保存するなら据え置きタイプがおすすめ。各社から大容量モデルがラインアップされ、10TBの超大容量ハードディスクも選べます。ただし、消費電力が大きいのでACアダプターを使って給電する必要があるので注意しましょう。

使用シーンで選ぶ

パソコンのデータを定期的にバックアップする目的で外付けHDDを購入するなら、インターフェイスはUSB 3.0を選びましょう。USB 2.0よりもデータ転送速度が速く、大容量のデータも素早く転送できて快適です。

テレビ番組の録画用なら、ファンレス設計の外付けHDDがおすすめ。静かな部屋や深夜に録画が始まっても気にならない程度の動作音です。特にテレビを寝室に置いている人は、動作音が大きいと睡眠の妨げになることもあるのでチェックしておきましょう。

PS4用の外付けHDDを探している人はスペックに注意。PS4の拡張ストレージとして使用するためには、インターフェイスがUSB3.0以上で、容量が250GB以上、8TB以下のものを選ぶ必要があります。購入前にスペックを確認しておきましょう。

接続方法や対応OSで選ぶ

外付けHDDの大半はUSB接続となっており、規格は主にUSB 2.0とUSB 3.0です。文書や表計算のデータなど、ファイルサイズが小さいデータを保存するならUSB 2.0でも特に問題はありません。ただし、動画のようなサイズが大きいファイルを保存するときはUSB 3.0がおすすめ。USB 2.0の約10倍の速さでデータを転送できるので、ストレスなく保存できるでしょう。

外付けHDDはWindowsとMacのどちらでも使えます。OSの違いによってフォーマットの形式が異なりますが、Windows用の外付けHDDでもMac用にフォーマットすれば使用可能です。購入後の手間をかけたくないMacユーザーは、Mac用にフォーマットされた外付けHDDをおすすめします。

その他機能で選ぶ

外付けHDDも故障することがあります。絶対に失いたくない重要なデータをバックアップするなら、RAID機能を備えた外付けHDDを選びましょう。2つのHDDを1つのディスクに見立てて保存するので、どちらか1台が突然故障してももう1台に保存されるので安心です。

パソコンにおすすめの外付けハードディスク

バッファロー(BUFFALO) 外付けHDD ミニステーション HD-PCFSU3-Aシリーズ

バッファロー(BUFFALO) 外付けHDD ミニステーション HD-PCFSU3-Aシリーズは、ポータブルタイプでおすすめの外付けハードディスク。軽量コンパクトなサイズで取り扱いやすく、持ち運びに便利です。電源は必要なく、付属のUSBケーブルでパソコンに接続するだけで使えるので、ノートパソコンと一緒に持ち運んで場所を選ばずに使えます。

容量のラインアップは1TB、2TB、4TBの3種類。OSはWindowsとMacのどちらにも対応する、コンパクトでおすすめの外付けハードディスクです。

スペック
容量 1TB、2TB、4TB
本体サイズ 幅7.6×奥行き11.5×高さ1.4cm(4TBは1.95cm)
重さ 約150g
インターフェイス USB 3.1(Gen1)

トランセンド(Transcend) 外付けHDD StoreJet 25M3

トランセンド(Transcend) 外付けHDD StoreJet 25M3は、アメリカ軍の落下試験に適合するほどの耐衝撃性を備えています。外付けハードディスクを持ち歩く場合でも保存したデータの破損の心配は少ないでしょう。ボディがシリコン製のカバーで覆われ、衝撃を吸収するサスペンションダンパーが内部を補強。ディスクは強化ケース内に収まり、カバンに入れて持ち歩いて外部から打撃があっても安心です。

ボディカラーは見た目からタフなミリタリーグリーンの他に蛍光のラインが目を引くアイロングレーが選べます。耐久性に優れてメーカー保証が3年付くので、外付けハードディスクを持ち運ぶ機会が多い人におすすめです。

スペック
容量 1TB、2TB
本体サイズ 幅12.95×奥行き8.08×高さ1.61cm
重さ 約185g
インターフェイス USB 3.1(Gen1)

ウエスタンデジタル(Western Digital) 外付けHDD Elements Desktop HBK-JESN

ウエスタンデジタル(Western Digital) 外付けHDD Elements Desktop HBK-JESNは、大容量タイプの外付けハードディスクです。容量は3TBから最大10TBまで5種類をラインアップ。ファイルサイズが大きい動画データも余裕で保存できるでしょう。

使用する際は付属のACで給電する必要があり、デスクトップパソコンのデータバックアップに適しています。購入時にはNTFS形式でフォーマット済なのでWindowsパソコンにすぐ使え、再フォーマットすればMacにも対応可能。大容量ですが本体の幅が4.9cmとスリムでデスクに置いても邪魔にならないおすすめの外付けハードディスクです。

スペック
容量 3TB、4TB、6TB、8TB、10TB
本体サイズ 幅4.9×奥行き13.9×高さ17.1cm
重さ 約960g
インターフェイス USB 3.0

PS4におすすめの外付けハードディスク

アイ・オー・データ機器(I-O DATA) 外付けHDD HDPT-UTシリーズ

アイ・オー・データ機器(I-O DATA) 外付けHDD HDPT-UTシリーズは、PS4の拡張ストレージとして問題なく使用することが可能です。PS4用の外付けハードディスクは使用できるスペックに制限がある中で、本製品は条件を満たしているので、ゲームや体験版などをインストールすることもできるポータブルタイプでおすすめの外付けハードディスクです。

本製品はPS4以外にもパソコンやテレビ録画にも使用できます。電源が必要ないバスパワーに対応し、コンパクトなので活用シーンが幅広く使い勝手のよい製品です。本体カラーはカーボンブラック、セラミックホワイト、ブリックブラウンの3種類。1台あると何かと便利でおすすめの外付けハードディスクです。

スペック
容量 500GB、1TB、2TB、3TB
本体サイズ 幅7.5×奥行き11.2×高さ1.4cm(2TB、3TBは2.0cm)
重さ 約160g(500GB、1TB)、約220g(2TB、3TB)
インターフェイス USB 3.1(Gen1)

バッファロー(BUFFALO) 外付けHDD HD-ADU3シリーズ

バッファロー(BUFFALO) 外付けHDD HD-ADU3シリーズは、多くのPS4ゲームをインストールできるおすすめの外付けハードディスクです。容量は2TBから最大8TBまで5種類をラインアップし、すべてPS4の外部ストレージに必要なスペックを満たしています。使用する際はACアダプターに接続する必要がありますが、付属のUSBケーブルが1mと長いので本体の置き場所に困ることがないことも嬉しいポイントです。

本製品はファンレス設計なので冷却のための音がしません。内部の防振用シリコンゴムによってディスクの回転音も抑え、静かな場所で使用しても音が気にならないでしょう。PS4だけでなくパソコンやテレビ録画にも使用できる、大容量タイプの外付けハードディスクです。

スペック
容量 2TB、3TB、4TB、6TB、8TB
本体サイズ 幅11.4×奥行き17.1×高さ3.3cm
重さ 約900g
インターフェイス USB 3.1(Gen1)

テレビにおすすめの外付けハードディスク

エレコム(ELECOM) 外付けHDD ELP-EKT005UBK

エレコム(ELECOM) 外付けHDD ELP-EKT005UBKは、テレビ録画におすすめのコンパクトな外付けハードディスク。テレビの背面に取り付けるためのキットが付属しておりテレビと一体化できるため、すっきりと収納できます。

パナソニックビエラやソニーブラビアなど、USBハードディスクに対応した主要なテレビで使用可能。ファンレス設計なので、録画中の音が気になりません。テレビの周りに外付けハードディスクの置き場所がなくても使用することができるのでおすすめです。

スペック
容量 500GB、1TB、2TB
本体サイズ 幅7.8×奥行き11.5×高さ2.1cm
重さ 約358g
インターフェイス USB 3.0

バッファロー(BUFFALO) 外付けHDD HDV-LLD1U3BA/N

バッファロー(BUFFALO) 外付けHDD HDV-LLD1U3BA/Nは、常にテレビ番組を録画し続けたいという人におすすめの外付けハードディスクです。メーカーの工場で厳選されたドライブを使用し、24時間の連続使用でも安定した動作が可能。容量は1TBから4TBまで4種類をラインアップし、4TBなら地デジを最大で約499時間とたっぷり録画できます。

据え置き型の外付けハードディスクですが、効率的な放熱設計によってファンレス設計を実現。本体の内部に採用した防振用シリコンゴムにより振動音が少なく、深夜に録画が始まっても動作音が気になりません。気になるテレビ番組をたくさん録画できるおすすめの外付けハードディスクです。

スペック
容量 1TB、2TB、3TB、4TB
本体サイズ 幅11.4×奥行き17.1×高さ3.3cm
重さ 約900g
インターフェイス USB 3.1(Gen1)

外付けハードディスクまとめ

内蔵ハードディスクの交換には知識と技術が必要ですが、外付けハードディスクなら誰でも簡単に容量を増やすことができます。購入時の注意点は用途に合った製品を選ぶだけ。今回は、パソコン、PS4、テレビに使いやすい製品を厳選しました。容量不足を解消する切り札として、外付けハードディスクを活用してみると良いでしょう。

※価格はいずれも2019年6月時点のものです



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!